競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日の報道に嫌気が差してきた。
口を開けばメダルメダルと、始まる前と同じことを繰り返す。
そんなにメダルが欲しけりゃゲーセンにでも行って来い!
スケートの競争で相手選手が転んだらレポーターが大喜びするし。
なんちゅう浅ましさだ。
大体誰でもかれでも安易にメダル候補に祭り上げるなっつーの。
複合団体もメダルが期待されるとか言っといて6位。
よくよく聞いてみれば、優勝候補のスウェーデンだかが選手の体調不良により棄権して、残るドイツ、フィンランド、オーストリアの争いになったと。そんでもってそのうちの一角を崩れればメダルが見えてくると。
あほかっつーの。それすでにメダル候補じゃないって。
メダル候補というからには常にトップ争いをしていなければそうとは言えないのにどこかがこけてくれなければ勝てる見込みがないチームのどこがメダル候補なんだー!案の定6位に沈んだし。
もっと客観的に実力を判断して報道しろって。
情報に惑わされるのは一般人なんだから。



早く野球始まらないかな…。
スポンサーサイト
日本勢苦戦が続いてますねー。予想はしていましたけど。
加藤が沈むのは予想していたけど及川が4位と健闘するのは予想外でした。
清水は…もう年ですから。
関係ないですけど「予想外」って聞かなくなって久しいですね。
「想定外」に取って代わられてしまって。
堀江が使うのは別にいいですけど、新聞記事とかで見ると違和感がある。
上の場合も予想外のほうがしっくり来ますね。

閑話休題。
女子のスケートのほうは岡崎が頑張りました。
これは大健闘だと思いますね。年齢的にも。
後の選手は…ノーコメント。
しかし、こうなると表彰台を望めるのはフィギアぐらいしか残ってないですね。
とりあえず戦前の目標の、メダル5個は絶望です。
やっぱりぽっと出の若手がいきなり勝てるほど甘い世界じゃないってことで。
それにしてもニュースも中継も日本人選手が出ない競技も流せっつーの。
カーリングとか好きだから結構見たいんだけど。
バイアスロンとかカーリングなんか下手したら存在自体知らない人がいそうだ。
とりあえず
女子HP
今井メロ 転倒
他の三人決勝に出るも完敗。
どう見ても上位の選手との力の差がかなりあるし。
やっぱり上の選手は安定感が違う。見ててもこけそうにないし。
スピードスケートも清水はともかく加藤は失敗したのでは。
まあ前の選手のアクシデントの影響もあったんだろうけど言い訳にはできんし。
そんな中で日本代表の中では常に三番手扱いだった及川選手が三位と0.01秒差の4位と健闘。
加藤選手が銅を取るという予想は外れそうだが、及川選手が取ってくれるかも。
女子モーグル上村5位、里谷15位。
男子ハーフパイプ全員予選落ち。
ついでにジャンプ原田も予選落ち(失格)。
やはりこれが現実。
若い選手は皆五輪の重圧に潰される結果となった。
たかがと言っては何ですがワールドカップで一回や二回勝ったぐらいでメダル候補を名乗れるほど甘い世界ではないってことだろう。
上村や里谷もここが現時点ではいっぱいなのでは。里谷はあれだけトラブルが続いた中で、よくここまで戻したと思う。
期待されている選手ではない選手がいきなり金でもかっさらえば盛り上がるんではないか。
原田はまあ良くも悪くも原田らしさが出たということで。
ラージヒルと団体戦、出るのか出ないのか知らないけど有終の美を飾って欲しい。
いよいよ…ってほど別に待っていたわけではありませんが、始まりましたトリノオリンピック。
昨日マスコミがメダルメダル言ってうざいと書いておいてなんですが、日本の獲得メダルの予想をしてみます。
もっとも、根がネガティブなもので某週間少年誌みたいに「歴代最多!長野五輪を超える13個獲得濃厚!」なんて現実味のかけらも無い予想は立てませんが。
というわけで結論から行くと日本の獲得メダルは、
…2個です!!
少ないですねー。
まあ13個とは言わないまでも4、5個くらいなら取れるかもしれませんが、希望的になってしまうので銀と銅1個ずつの2個ということで。
競技はフィギアの誰か一人とスピードスケートの加藤選手で。
個人的には清水選手のほうが好きなので頑張って欲しいのですが、今年の感じだと入賞がいっぱいいっぱいだと思います。
加藤選手も世界新を出したときの滑りができればもちろん金濃厚ですが、五輪初挑戦ですし、まあ世の中そんなに甘くないということで。
フィギアは誰、とは限定しません。…ていうか分かりません。
三人のうち誰か一人はいい演技を見せてくれるだろう、ということで。
これ以外の競技は、正直望み薄かな…と。

まあ、あくまで予想は予想なのでいいほうに外れるよう応援したいと思います。
本番に向けて盛り上がってきているトリノ五輪。テレビでもどこの局でも特集を組むなどして盛り上げています。
夏季五輪に比べれば注目度は幾分低いのは仕方無いですが、4年に一度の祭典ですし、大会が成功すればとは思います。

そこでテレビ局に対して言いたい。
日本の選手を優先して取り上げるのはいい。
私も日本で生まれ育ったものとして日本の選手に頑張って欲しいとは思う。
それにしてもだ。外国の選手をもっと紹介してもいいと思う。
番組を見ているとまるで日本の選手しかいないような錯覚を覚えるほどに偏った報道がされている。
私が知っている今回の五輪に参加する外国人選手はフィギアのイリーナ・スルツカヤとスピードスケートのジェレミー・ウォザースプーンくらいだ。それは報道で外国の選手をあまり紹介しないことに主因があると思う。
挙句の果てに長野での金メダル獲得シーンをだらだら流し続ける始末。
過去のことを振り返って懐かしんでないで選手の紹介でもしろっつーの。
そして、毎度お馴染みメダルの皮算用である。
前述のとおり私も日本の選手団にはがんばって欲しいと思う。
しかしマスコミでは、ここでは金が期待できるだの、あちらでは銅以上が濃厚だという話ばかりしている。
昔メダルを期待された水泳の千葉すず選手が負けてインタビューされたときに、インタビュアーの発言に切れて放送禁止用語を叫んだ(「日本人はメダルキ○ガイです!!」)が、その気持ちはよく分かる。これだけメダルメダル騒ぎ立てられたら、周りで見ている立場でもいらつくのだから選手にかかるプレッシャーは尋常ではないはずだ。

マスコミ各社にはもう少し工夫を凝らした報道を心がけて欲しいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。