競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、わくわくドキドキPOG専属記録集計人のチョルモンです。

何じゃそりゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
つーか肩書き長いわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!



来年度に向けて、前回の記録と先着率や他のデータを合わせて
より詳細に他チームを分析しようと思ってたんですが、
忙しくて表だけ作って放置してるうちに徐々にやる気が…(´・ω・`)

まあ、気が向いたときに時間があったらやりたいと思います。
参考にはならんと思いますが、とりあえず表だけ置いておきます→コチラ




さて、前評判が例年に比べれば微妙に低かったドラですが、
試合内容はともかく、何だかんだで勝ちを重ねてますね。
今年は立浪さんがいなくなったこともあって、例年より注目してなかったのですが、
開幕戦のメンバー見たら何だか知らないチームになっててびっくりしました(笑)
和田や森野に頼ってる部分もありますが、何だかんだでブランコも打ってますし、
あとは荒木が万全になれば今後もそれなりに戦えそうですね。
クリーンナップが好調なうちに、起用されてる若手が試合慣れしてくれればと思います。
個人的にはあと嬉しいのが鈴木の復活ですね。実績あるピッチャーですし、
怪我する前ほど…とは言わないまでも防御率2点台くらいで抑えてくれれば
左腕の層が厚いドラのブルペンは鬼に金棒ですね。速球派が多い中で
技巧派というのも貴重ですし…でも140km/hくらいは普通に出るんですが(笑)
とりあえず今年もCS圏内にはいてくれそうなので、のんびり見たいと思います。


ところで、優勝候補筆頭はもちろん巨人なわけですが、
某掲示板の広島スレで広島ファンが打線について、
栗原がずらっと並んでるようなとこに勝てるかー!みたいなことを書いてました。

ふむ…そう書くと確かに凄そうですが、
ドラファンの自分にはイマイチイメージが沸かない…。
というわけで、ドラの選手でやってみました。

1番 走れる森野
2番 走れる立浪
3番 超森野
4番 ネオ森野
5番 森野
6番 森野
7番 長打型森野
8番 守れる森野
9番 投手

代打 森野 巧打型森野 長打型森野


…確かに勝てる気が全くしないわ(笑)





そういや今日の深夜から朝にかけて欧州CLの準々決勝が行われましたね。
自分はJリーグは特に贔屓チームとかありませんし、あまり見ませんが
(カズが好きなので彼の所属チームは応援してますが)、海外サッカーは結構見ます。

とか書くと海外厨乙とか言われそうですが(笑)こうなったのにも理由がありまして、
自分は小学生時代の結構な時間を中国で過ごしたわけですが、向こうって娯楽と
呼べるものがホント少なかったんですね。今からは考えられないくらいですが、
休日やヒマをつぶせるのはビリヤードとテレビを見るくらいでした。
まあ北京や上海みたいな大都市はさすがにもうちょっとマシ…でもなかったですね(笑)
どっちも15年前は人が多いだけの田舎でした。人口一千万超の大都市でもそうなんですから、
フフホトなんて地方都市、県庁所在地なんて言ったって街中を馬車やロバ車や牛車が
闊歩してそこら中に糞を撒き散らし、野ブタが食べ物を求めてゴミを荒らしてました。
これでも100万都市でしたからねえ(苦笑)あの頃の雰囲気の方が好きでしたが。

そんな中、元々バラエティなんて見る方でもないし、ニュースなんて見ても
さっぱり分かりませんでしたが、唯一CCTVの5チャンネルだけは見てました。
中央電視台のスポーツチャンネルなんですが、当時は国内スポーツが
あまり盛んじゃなかったせいか、海外のスポーツばかり流してました。
NBAやNFL、ボクシングの世界タイトルマッチ、F1などが多かったですかね。
そんな中でも最も多かったのがサッカーのヨーロッパリーグの中継でした。
CMが20分以上延々と続いたり、同じ試合を何度も何度も放送したりと
子供ながらにもその辺はどうかとも思いましたが、放送自体はとても楽しみにしてました。

とまあ、そんなこともあって、朝方眠い目をこすりながらCL準々決勝
CSKA-インテル、そしてバルセロナ-アーセナルの試合を見てました。

CSKA-インテルは一言で言えばつまらん試合でした(笑)
期待していた本田が不発というか空気だったこともありますが、
本田というよりCSKA自体がチームとして機能してませんでしたね。
アウエーゴール方式によって、この試合1点取られた時点でCSKAは
3点が必要になったわけですが、ボールを全く前に運べませんでした。
というか、インテルの試合運びがものすごく上手かったですね。
網にかけるとはこういうことかと、巧妙にパスコースを消していました。
おまけに前半で退場者を出して1人少なくなるし、お手上げって感じでした。
アウエーで0-1だったということで、何とかなるかなーと思ってましたが、
とんでもなかったですねえ。せめて初戦が1-2の負けだったら
もうちょっとインテルにプレッシャーをかけられたんでしょうが…。


メッシ-アーセナル、もといバルセロナ-アーセナルは…。
もうやめて!アーセナルのライフはとっくにゼロよ!とか思っちゃいました(笑)
バルサは結構好きなチームなんですが、マンうやバルサが勝ち上がっても意外性も
何もないですし、プレミアで小差の3位につけてるアーセナルなら何とかしてくれる!
と思ってどっちかというとアーセナルを応援してたんですが…(-ω-;)ウーン
ベントナーが先制点を決めた時は、これで勝つる!と意気込んだんですが、
あれがスイッチになっちゃったんですかねえ。ドイツW杯での日本-ブラジル戦に
通じるところがありますが、スイッチが入った後はメッシの独壇場でした。
1ゴールめはペナルティエリアの外から相手DFに壁パスさせて(笑)の豪快なシュート。
きっちりコースに決めるのも凄いですが、ほとんどスペースがないのにシュートできる、
シュートモーションが恐ろしく速いですよねえ。モーションと威力が全然釣り合ってない(笑)
2ゴールめは自分が起点になってすばらしいパス回しから最後ゴール前詰めてゴール。
これはメッシが、というよりパス回しが良かったですが、きっちりベストポジションを
取ってるあたりさすがですよね。ペドロは今日微妙でしたがここは仕事しましたね(笑)
3点めのループシュートも落ち着いてキレイに決めてましたが、後半にメッシの
フリーキックから似たような状況になって誰だったかがキーパーと1対1になって
同じようなシュートを外したのを見ると、これもさすがだと思ってしまいますね~。
んで最後の4ゴールめ。前半で勝負が決まった感もあってバルサはボール回しで遊んでいた
感じでしたが、このまま終わるかな~という雰囲気でも、チャンスでのギアの切り替えが
すごいですね。一回キーパーに防がれても落ちついてキーパーの股抜きですから…。
それと、ゴールにはなりませんでしたが、後半に見せた抜け出しは凄かったです。
一瞬でDFを置き去りにしてペナルティエリアに一直線。そのままシュートかと思いきや、
ここでの切り返しが凄かったです。あんな動きされたらとてもついていけませんって(笑)
相手の重心移動とか体の動きを見て横を抜く、一瞬の観察眼がズバ抜けてますし、
それに応える身体も、あの切り返しで倒れないボディバランスも凄いですね~。
これでまた22歳ですか…。末恐ろしいとはまさにこのことですね。先制ゴールを決めた
アーセナルのベントナーも同い年のホープですが、こんなプレーを見せられたら自信喪失
してしまわないか心配です(笑)日本にもこんな選手が…いても生かせないでしょうけどね(爆)


こんな選手がいて、他にもタレントが揃っているアルゼンチンがなぜあれほど苦戦したのか、
監督のせいという声もチラホラ聞こえますが(笑)前回大会はロナウジーニョのための大会
という前評判でしたが、今回はメッシのための大会と呼ばれることになりそうですね。
評判倒れにならないことを願いつつ、本番を楽しみにしたいと思います。

ついでに日本も頑張れ~。
ってついでかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


スポンサーサイト
世のドラファンにはおせーよ!と言われそうですが…。
立浪が昨日引退を正式に表明、本拠地最終戦が行われた
ナゴドでは試合後盛大に引退セレモニーが催されました。
立浪は3安打を放ち、最後はタイムリーツーベース。
打った打席は全部ストレートしか投げて来てなかったので邪推するなら
相手が華を持たせてくれたのかも…なんて考えもありますが、
まあ、そんなこと関係なしにみごとなバッティングでした。
PLのOBも清原、桑田、片岡、橋本、そして中村元監督と揃い踏み。
片岡は神宮で解説の仕事があったらしいですがキャンセルしたのかな?
野村や宮本がいなかったのが残念ですが、彼らも仕事がありますしね(笑)
つーか清原、何だアレ。どこの893さんかと思いましたよ(爆)
演出も凝っていましたし、さすがミスタードラゴンズと言われるだけあって
球団も相当配慮しましたね。今シーズン最多観客数を記録したそうですし、
チケットが手に入らず枕を涙で濡らしたドラファンもたくさんいそう。
この時ばかりはレフトの巨人ファン自重wチケ譲れよwとか思っちゃいました(爆)
この試合はCBCが立浪がタイムリーツーベースを打った最終打席の、
まさにインパクトする瞬間に放送を打ち切るという神業を見せてくれましたし、
TBSも試合後立浪のスピーチの直前に打ち切るという、
家で見ている人にとっては色んな意味で泣ける試合でしたからねえ…。
なおさら現地の人が羨ましくなりますよね。
昨日だけで相当数のドラファンがTBSとCBCのアンチになったのではないかと。
そして井上の扱いとのあまりの差にちょっと泣いた(笑)

それにしても、何かあまりにキレイに終わっちゃったんで、
この後ビジターでの試合が何試合かあるのがちょっと心配。
あれだけ感動を演出しておいて実はまだ出ますとか(笑)
CS出るのは構わないと思うけど、レギュラーシーズンは…(-ω-;)ウーン


ところで、名古屋とは縁も所縁もない生粋のドラファンな私ですが、
実はチームの中で特に好きになった選手って立浪しかいないんですよね。
例えば、自分の中でのドラ最高のエースは今でも今中なんですが、
それは純粋に投手として今中が凄いと思っているからで、今中が好きだからではない。
いや、もちろん今中は好きですが、それは井端と坂本どちらが好きかと
聞かれたら当然井端が好きだと答える、そういうレベルの話なわけです。

そんなわけで、自分の中では立浪は唯一と言っていい別格の存在。
物心ついてドラを応援し始めた時から今まで常に一線にいた唯ニの選手ですしね。
10年以上試合があった日はとりあえず立浪の成績だけはチェックしてましたし、
ヒット3本も打っていればチームが負けてても安らかに眠れました(笑)
ここ数年は特に代打での出場でしたから、試合に出ないことも多かったですし、
たまにタイムリーやホームランを打った時はとにかく嬉しくて…。
それだけに、昨年末に今年限りの引退が発表されましたが、今年の活躍なら
引退撤回もあるんじゃないかな~と、淡い希望を抱いていたんですけどねえ。
もちろん、あの発言には本音もあったんでしょうが、本人の意図しないところで
周りが勝手に盛り上がって引退が規定路線になってしまった感じなのが残念でした。
まあ、ボロボロになって晩節を汚して引退する人が多い中、これだけ惜しまれながら
引退するのは理想的ですし、昨年を考えれば最高の引き際なのかもしれませんが。

何にしても、22年間おつかれさまでした。いずれは監督として戻って来るんでしょう。
選手立浪には寛大だった名古屋のファンも監督には容赦ないですからね(笑)
勝負の世界なので結果が出なければ批判されるのは当然とはいえ、
やっぱり好きだった選手が監督になって批判の的になるは見たくないです。
願わくば、今後の野球人生にも幸多からんことを。


はぁ…。ヤクルトだめっすなぁ…。
2週間くらい前はCS争いが面白くなるから
失速も歓迎ムードで見ていたんですが、
さすがにここまで来るとちょっと気の毒と言うか…。
阪神に抜かれるにしても残り5試合くらいのところだったら
面白かったのに、まだ20試合も残ってますからねえ…。
ここから反発する力は今のヤクルトにはないでしょうなあ。
まあ、もっと恐ろしいのはこれだけ負けまくっても
最下位が全く見えないという事実だったりするんですが(爆)
いずれにしても、チーム状態を考えたら3位争いは
◎阪神○広島▲ヤクルトと印をつけざるを得ないでしょうね。
最下位のベイス相手にあんな試合してるんですから救いようがないです。
おかげでサンスポにこんな記事書かれちゃうんですからね(笑)
これどう見たってスワが勝つと思って書いてた記事の差し替えでしょ(笑)
いくら予想外の展開になって時間がなかったからって、
最後の2行で何とかしようとしたにしても不自然すぎてきもちわるい。
プロを名乗るんだったらこれくらいの記事書き直せっつーの。

さて、そんな中、相変わらず空気を読めないのがドラゴンズ。
上も下も見えないんだから負けてやってもいいじゃん…という
空気の中で相手に大きなダメージを与える形で勝つあたりさすが(笑)
はー、CS争ってる3チームの中ではカープに勝ってもらいたいんだけどなー…。
おみゃードラファンだろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやー、そりゃそうなんですけど、だから困ってるんですよ(;^_^A
妥協案として阪神が負けてくれればドラがカプに勝っても差が開かないので、
最低限現状維持はできるということで納得しようとしているんですが、
なんか巨人に勝っちゃうし、そもそも巨人が勝つとこなんか見たくないし(爆)
どないせーちゅーんじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
この組み合わせで上手く収まること自体なさそうではありますが、何とかなりませんかね。
広島が今後他2チームに全勝してくれるなら全てが丸く収まるんですが…。


も…燃え尽きたぜ…まっしろに…。


というわけで、終わりましたねえ、いろいろと。
いや、試合自体は首位攻防らしい素晴らしい試合でしたよ。
ただ、イムさんが打たれた時点でこのシリーズ3タテしか
ないと思っていましたが、チェンで落としたのは痛すぎます。
背後まで迫りながらもなかなか追い越せないこの雰囲気、
なんとなーく数年前阪神に突き放された時と似てるなあと
思ってましたが、いやな予感が当たってしまった感じです。

この後2連勝すればまだまだ…ですが、中日は今勢いがありませんからね~。
何カードか連続で勝ち越してはいますが、勢いがあったころなら
横浜に負けた2試合や今日の試合なんかも勝ててたと思うんですよね。
まあ、逆に言えば勢いがなくても勝って行けるくらい、中日は「本当に」
強くなったのだと思いますが、元々強い巨人が今勢いを増していますからねえ。
もちろんまだ諦めるほど離されたわけではありませんが、
逆転の確率が今日の試合で2割ほど下がったような、そんな印象です。





そういや高校野球の方は中京商業が勝ちましたねえ。
自分の地元の高校と出身地の高校に勝ってくれやがった花巻東を
ボコにしてくれたこととドラつながりで応援していたので嬉しいですね。
最後1点差まで迫られましたが、チーム力では2枚は上だったと思います。
それでも最後の日本文理の猛攻、高校野球は本当に最後まで分かりませんね。

それにしてもクリーンナップの破壊力たるや凄まじいものがありましたねえ。
腕立てとどーりん、両方ドラに来てくれないかな~、なんて(笑)
特に腕立ての打球の速さは目を見張るものがありますからねえ。
これは鍛えたからってそう身につくものでもありませんし、
どーりんと比べるとちょっと確実性に欠ける感じですが、
守備もいいですし足も速く、上手くすれば福留みたいになるかも。
どーりんもピッチャーでは完全に底が見えてますし、
外野がファーストの強打者候補で取るのがよろしいのでは。

あとはやっぱり明豊の今宮、井端の後釜に欲しいですね。
身体は小さいですが全身野球センスの固まりって感じです。
ピッチャーでは県岐商と敦賀気比の両山田投手がいい感じ。
上背もありますし、両投手ともなかなかの好素材だと思います。
それから常葉橘の庄司投手、投手より野手として開花しそうな気がします。
この辺ですかね、自分が見ていい選手だなー、ドラに欲しいなーと思ったのは。

あ、自分は菊池投手はあまり好きではありませんので悪しからず…。
某カープのオーナーも言ってましたが阪神でいいんじゃないでしょうか(オイ







最後にひと言。

スタメン表にビョンの名前はもう見たくない(T_T)


思えばドラゴンズは歴代ストッパーを見ても
非常に抑えに恵まれているチームだと思います。

郭源治、与田、森田、アンパンマン宣銅烈、ギャラード、大塚、岩瀬。

新人王コンビが2年目のジンクスにドはまりしたとか、
宣の1年目がヒドかったとか、大塚とギャラードの併用とかありましたが、
ケガとかで一時的に決まらないことはあっても、
あまり間を置かず次が決まっていた印象があります。
この辺り、決まらないところはホントいつまで経っても決まりませんし、
現在の横浜、西武、ロッテ、オリックス、楽天その他を見れば、
ドラのそれなんてかわいいもんだと思います(笑)
そして、これも結構大きい部分なんですが、どの選手も
全盛期においてはリーグを代表する活躍をしてるんですよね。
つまり、抑えが出てきた時仮に打たれたとしても、
「こいつが打たれちゃしゃーない」という心境で見ることができました。
瞬間風速的に大魔神佐々木とか藤川とか西武時代の豊田とか
神がかり的な活躍をするストッパーが他球団にいたことはありますが、
やはり長いスパンで見た時、最も安定して抑えが活躍してるのはドラだと思います。

つまりですね、何が言いたいかと言いますと…。


NG川さん、ちゃんと抑えてください!(ドラ戦除く)


広島の抑えがしっかりしてればドラが首位に立っていたかもしれないのに…orz

いやー、あれだけ「どうせ打たれるんだろうなー」と思いながら
抑えピッチャーのピッチングを見守ったのは久しぶりでした(爆)
知り合いのカプファンから「ナガカーが…」と散々愚痴を聞かされてましたが、
いざ応援する立場に立ってみたらその気持ちがよーく分かりました(笑)
今後は岩瀬が劇場開演しても前より穏やかな気持ちで見れる…かも。




しかし今日のドラ戦見に行ったドラファンは気の毒ですね~。
や、まだ終わってませんが、どこからどう見ても捨てゲームでしょう。
まあ、勝つ時はしぶとく負ける時は豪快に、というのがドラなので
家でラジオ聞いてる身からすればこれもまた良しかなですが、
ドームに見に行って初回からこれじゃあまるで拷問じゃないですか。
川井はボコボコですし、井端はエラーするし、ブランコは落球。
三振ゲッツーに淡白な攻撃、いい当たりは真正面と、
よくもまあと思ってしまいますが、悪い膿は今日全部出すつもりで。
今日の展開なら三重殺打っても笑い話にできますんで、
打ちたい方はぜひとも今日の内にお願いします(笑)


あづいですねー、ニッポンの夏。
むしむしジメジメ、ほんとやんなっちゃいます。
自分は寒いのどんと来いな人間なんで断然冬派ですが、
一般的には夏派とどっちが多いんでしょうね?
やっぱ調節が容易な分冬派の方が多いんでしょうか?

ただ、食べ物は冷たいものの方が好きなのでこれに関しては夏派。
先日冷蔵庫に入れといたご飯が全滅したので、
これを機にご飯派改め麺派になっています。元々麺類好きですし。
ここ1週間つけめんと焼きそばと冷やし中華のローテです(笑)
つーか、2日で全部腐るって冷蔵庫の意味ないじゃんorz
まあ、1人なのに冬の感覚で4合炊いてたのは多かったかもですが。
でも何度もとぐの面倒だし、どうせ炊くなら…って思っちゃうんですよね~。


話は変わって野球の話題。
相変わらずドラはヤクルトに弱いです。絶望的なまでに。
しかも負け方がねー。ボコボコにやられるならまだしも、
毎回接戦になって負けるんですから、余計に相性とか意識しちゃいます。
3戦目3点勝ち越したときは楽勝だと思ったんですが、
最近安定していた岩瀬がボコボコですからね。
2点目が入った時点で正視に堪えなくなってチャンネル変えました(笑)←超チキン

それはさておき、ドラと巨人とヤクルトの首位争いも熱いですが、
個人的に今最も熱いと思っているのが横浜vs広島のカード。
一昨日までの3連戦、バント失敗、悪送球、トンネル、盗塁フリーパス、
暴投、落球、ルンバ采配と、どっちもそんなに勝ちたくないのかと
見ている方が勘ぐりたくなる壮絶な譲り合い合戦(笑)まさに抱腹絶倒(爆)
これがまた7回以降の終盤に集中して出るから面白すぎる(笑)
まあ、両チームのファンからしたら笑い事じゃないでしょうが、
どちらのファンでもない立場から見るとこんなに面白い試合はありませんね。

ところで、貧打にあえぐ広島打線ですが、この3連戦は一部のファンから
「ビッグレッドマシン」と言われた頃の打線が蘇ったかと思う爆発でした。
確かにあの頃のカープ打線は凄かったですからね~。
自分はドラファンですが、自分がリアルタイムで見た打線の中では
あの頃のカープ打線が最もバランスが良かったと思いますね。
野村、正田、前田、江藤、金本、緒方、浅井(町田)、西山、投手。
足もある上パンチ力のある1番、小技もあるしぶとい2番、
チーム最強打者の3番にパワー抜群の4番、安定感ある5番。
6番も他チームならクリーンナップを張れるような打者ですし、
とにかく個人的にはこの打線がバランス的に理想系だと思っています。
今年のドラは結構近づけた気がしますが…森野が3割、
シゲさんが2割5分打って藤井にもう少しパンチ力がついて
7番に今の藤井くらい打てるのが出てくれば…うん、まだまだですね(爆)



おほほほほほほほほほほほほほっほっほっh
ってまたそれか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

だって中日が強すぎて…以下略。

えー、昨日の鳥肌ものの神展開の試合とはうって変わって、
今日は我が軍らしい、じみ~な試合になりましたね。

初回から攻め立てるもあと一押しが足りず2点止まりとか、
その後もヒットやフォアでランナーが出るも追加点が取れないとか、
中盤に急に朝倉が崩れて同点に追いつかれるとか、
結局初回のスミ2のまま後半に突入してしまうところとか、
8回裏にジミーな男がジミーなタイムリーでジミーに勝ち越すところとか。
ま、最後の岩瀬の3凡だけはらしくなかったですけどね!(爆)
死神様はやはり4凡がデフォだと思ってる自分ガイル。

逆に言えば今日はきっちり自分たちの試合ができたということで、
オールスター前最後のゲームをいい形で締め括ることができましたね。


ところで、話は変わりますけど今のオールスターって存在価値あるんですか?
地盤沈下は前からさんざん言われていますし、今年に至っては
1イニング限定起用を要請したとか、ペナルティが嫌だから参加するけど
出られそうにないとか、もうね。オールスター出られない選手は休めていいなー、
なんて風潮ですからね。そんな選手たちが嫌々参加してる試合なんか
見たくないですし、もう廃止しちゃいなよユーって感じなんですけど。
毎年毎年組織票で選手が選ばれるのももううんざり。
打率1割台の選手がファン投票で選ばれるって、もう末期でしょ。
つーか、選ばれる選手も可哀想ですよ、これじゃあ晒し者以外の何者でもないですし。
廃止がダメなら大リーグみたく1試合にしたらどうですか?
どうせ延長戦なんかやらないんですし、ピッチャー9人選んで全員1イニングずつ
投げさせりゃ文句も出ないでしょ。どうせ勝ち負けなんで誰も興味ないんだしね。
まあ、そんな試合を見たいかって言われたら見たくないと即答しますが。。。


フフフフフフフフふふふふふふふ不不府腑腐f
キモいわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

いや、だってドラが強すぎて笑いが止まらないんですもん(爆)
小笠原が4点取られた時は正直\(^o^)/ オワタ と思いましたが、
その後の試合運びはどこの最強チームのものなのかって(笑)

ミスター3ラン
ブラムラン
ミスター2ベース
河原自演劇場
浅尾パーフェクトリリーフ
死神貫禄の4凡


正直ミスター3ランとミスター2ベースはもう死語だと思ってましたからねえ。
それが4点差つけられた直後に1点差に詰め寄る一発と
同点からの勝ち越し2点タイムリーとして同時に見れたんですから。
ブラムランもどう見てもぽpだったのに力で持っていくブランコならではの当たりでしたし。
7回表は河原のパーフェクト自演劇場なんて粋な演出(笑)
3人ともカウント0-3→2-3→ぽpって、何だこれ(爆)
まあ、抑えたんでいいですけど、くれぐれも他のピッチャーは真似しないように。

それにしてもいいなー。今日の試合をドームで見れた人。
こんな見所いっぱいの試合が見れるなら2万出しても惜しくないですね。
え?2万とかしょぼい?貧乏なんで勘弁してください(汗)


しっかしまあ、ブランコは凄いですねー。ホントに凄い。
今日のもそうでしたが、とにかく効果的な一発が多いです。
ほとんどが先制、同点、逆転という殊勲の一打。
特に6月以降、今みたいに打ち出してから上に当てはまらないのは4本?5本?
それにしたって例えば楽天戦で先制HR打った後の1試合2発目だったり、
記憶に新しいつい先日の横浜戦の打ち直し場外HRだったりと、
どれもこれも試合の中で意味のある一発ばかりですからねえ。
数字だけならウッズやカブレラやブライアントも同じくらいでしたが、
真の4番という意味ではバースやブーマーに迫るものがありますね。
気の早いドラファンからは史上最強助っ人いう声もチラホラ上がってきてますが、
現時点ではまだまだだと思いますが、そうなる可能性は十分にあるかと。
今日もファインプレーを見せたように守備も上手くなっていますし、
とにかくここまで3拍子揃った外国人選手は初めて見たかもしれません。

でもこうなって来ると久々にドラの試合を見に行こうかな、なんて思うんですが、
何ぶん自分はドラにとって死神みたいなもので(岩瀬のことじゃないです)、
今まで観戦した試合は全部ドラ負けてるんですよねー(笑)
自分の観戦がドラの試合結果に影響するなんて本気で思ってるわけじゃないですが、
今の良い流れの時に余計なことはしない方がいいかなー、なんて(笑)



昨日は競馬以外にも野球とかテニスとかスポーツが色々。
その中でも交流戦は色んな意味で面白い試合が多かったですね(笑)


星vs鴎

セとパの暗黒対決(笑)
初回に押し出し押し出しGSで鴎が6点を先制(爆)
ベイスはコツコツと得意の“追いつかない程度の反撃”で対抗。
内川のソロムランなどでじわじわと追い詰めるも2点差まで。
つーか内川の今シーズンのHR11本全部ソロムランだわ(爆)
9回裏に村田が2ランを放つもしっかり表に2点追加されてた罠。
全員合わせてヒット16本、1番バッターが5回出塁した上、
クリーンナップが全員HR&マルチヒットで負けるチームがあるらしい(爆)


虎vs鷹

鷹は虎戦得意の杉内が初回に2点失う不安定な立ち上がり。
というか、ブラゼル来たばかりで打ちすぎなんですけど(笑)
それでも結局初回だけで、その後も不安定ながら抑えたのはさすが。
そうこうしている間にホークスが逆転、杉内は6回2失点で降板し、
後は鉄壁のリリーフ陣が抑えて…ここで馬原劇場キタ━━(゚∀゚)━━!!
連打と四球で満塁、アニキにサヨナラヒットを打たれてジ・エンド…orz
馬原はこれで虎戦は3戦続けてリリーフ失敗…。勘弁してください(T_T)


竜vs猫

初回にドラが幸先良く先制…って、これって最近のドラは
完璧負けフラグなんですよね~(笑)いきなり点取るとそれで
安心してしまうのか、その後さっぱり点取れなくなるんですよね。
そうこうしてる間に点を返されて、逆転されて…こちらの点は初回のままで(爆)
今日も何だかそんな気配ぷんぷんで、実際そんな感じの展開になりましたが、
今日は投手陣が踏ん張って何とか2点リードで抑えの岩瀬まで繋ぎました。
しかしまあ、今年の岩瀬は2点あっても安心できないんですよね~。
そんなわけで、今日も今日とてヒットを浴びてランナー2・3塁のピンチ!
そんな心臓に悪い試合でしたが、最後は何とか抑えて貫禄の5凡(爆)
それはさておき、監督、お願いですからQさん出してください…orz


虚vs鷲

解説の坂東氏が「牛のよだれみたいな試合」と言ってましたが、
まさにそんな感じで無駄なヒットと四球と拙攻の連続のバカ試合。
楽天を応援している人はなかなか点が入らない展開に胃がキリキリ、
巨人を応援している人は毎回四球でピンチを背負う展開に胃がキリキリ。
東野やマイケル、豊田はともかく、空気に流されて風神雷神までもが(笑)
そんなんだから最後クルーンが劇場開催したのは当然のながれでしたね(爆)
楽天がまともなチーム状態なら楽に10点くらい取れそうな感じでしたが、
暗黒に足を踏み入れた今の楽天では残塁の山を作るのも仕方のないところか。
結局積もりも積もったり残塁の山はパの記録に後1まで迫る17残塁。
1イニングにつき2人残塁って、サッカー日本代表も真っ青の決定力不足でんな。


親父に呼び出されて行った実家。
ふとテレビをつけたらWBC初戦、日本vs中国が。
ありゃま、知らない間に始まっちゃってたのねん←無関心
てなわけで、別に他に見たいものもないので適当に眺めてました。


…で。

4-0で日本が勝ったわけですが、とにかくアナウンサーがウザすぎ。
ことあるごとに「あと1本が出ず重い雰囲気」だの、
「前回大会では18-2で圧勝でしたが現在まだ4-0です」だのって。
なんかもう、「中国ごとき格下相手なら15-0くらいで楽勝だろ」
みたいな意識がそこかしこに見え隠れして非常に不愉快でした。
中国の野球のレベルが上がってきているのは紛れもない事実ですし、日本の、
少なくとも野球の発展を願っている人たちはそうなることを望んでいたはず。
日本の一人勝ちではなく、アジア全体の野球のレベルが上がり、
お互い切磋琢磨する。非常に結構なことじゃないですか。
てか、世界大会の予選で20-0だの10-0なんて試合見せられたって
つまらないと思うんですけど。いくら日本が勝っても、そんな試合を見るくらいなら
勝てるか分からない…ていうか、勝つ可能性の方が低い、サッカーの
日本とブラジルやイタリアとの試合を見たほうがよっぽど楽しめると思いますが。
野球の方が好きな自分でもそれならサッカーの方を見たいと思います。
そりゃあ、WBCに対する思いや考え、感じ方は人それぞれですから、
アナウンサー個人が日本が中国をボコボコにするとこを見たかったんだとしても
真に結構なことだと思いますが、その感情を公共の電波で露にしてくれるなと。

つーか、そもそもこの試合結果に何か問題あるんですかね?
確かにスコアは4-0と思ったより僅少差になりましたが、少なくとも、
最初から最後まで見ていて、日本が少しでも負そうな気がした“瞬間”は
なかったですし、私見ですが重苦しい雰囲気など少しも感じませんでしたが。
たった4点差でもそこには歴然とした実力差が感じられ、
点差以上に危なげない勝利だったと思うんですけどねえ。
競馬で言うなら、前回のスコアがマルゼンスキー@朝日杯や
テスコガビー@桜・樫のような絶対的能力差の表れたようなものだとしたら、
今回の試合はディープ@弥生賞やスペシャル@天皇賞(春)みたいな、
いわゆる“着差以上の完勝”ってやつだと思います。
そんな試合で重たい雰囲気がどうのなんて、お前が暗くしてどうすんだって(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。