競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
凄い試合でしたねえ。ウィンブルドン男子単決勝戦。
セットカウント3-2でフェデラーが勝って15回目のGS大会制覇、
サンプラスの14度を抜いて史上最多記録を樹立したわけですが、
いやー、まさかあのサンプラスの記録が破られる日が来るとは…。


フェデラー 3( 5-7 7-6 7-6 3-6 16-14) 2 ロディック


相手のロディックも全米制覇の経験がある強豪ですが、
フェデは対戦成績18-2と圧倒していましたからね~。
ほとんどの人はフェデの圧勝を予想したでしょうが、最近不振だった
ロデがまさかここまでパワーアップして戻ってくるとは…。
プロ野球だったらカムバック賞が贈られるところですよ(笑)
フェデはもちろん強かったんですが、らしくないミスも多かったですし、
この試合を盛り上げたのはロディックが120パーの力を出したからでしょうね。
つーか、「このロデ本物?」とか思いましたよ(笑)
ビッグサーバーという異名には物凄いサーブを打つという以外にサーブ以外は
からっきし(というわけではなくてもトップレベルには劣る)という意味が
多分に含まれていると思うんですが、そんなことを忘れさせる神プレーの数々。
スライスだのドロップだのって、フェデックとロデラーとか言われていたのも納得です。
マレーが準決で負けた時、案外マレーもだらしないなあと思ったもんですが、
このロデ相手なら納得です。失礼なこと思ってさーせんでした(爆)

ただ、120パーのロデに対しフェデは80パーくらいですかね、
それでこんな試合になるんですからフェデの底力は凄まじいものがあります。
ロデはこれまで何度もフェデに負けていてその実力を分かっていると
思いますが、フェデが覚醒してから今回のような接戦になったのは初めてで、
だからこそ今までで一番力の差を感じたんじゃないですかね。今までよりいいプレーが
できた自覚はあるでしょうし、だからこそ、ここまでやっても勝てないのか、って。

で、結局フェデが勝ったわけですが、どちらかと言うとロデの方が押してたんですよねー。
最初の4セットを見てもフェデはタイブレークでギリギリ取ってきたって感じですし、
5セット目の20ゲーム超えるあたりまではブレークできる気配すらありませんでしたし。
やっぱ勝負の分かれ目は2セットの目、タイブレークでロデが6-2とセッポを4つも
握ってながらそこから4連続で落として結局セットを取られたとこですかね。
このあたりもそうですが、技術もさることながらフェデのメンタルの安定感は神の領域かと。
ホント、ブレるってことがないですからねえ。心臓に毛どころかキノコでも生えてるのでは(爆)
第5セットでBP握られた時も落ち着いてましたし、時に信じられないような凡ミスを
するのに、大事なところでは全くミスしないんですからね。普通逆だと思いますけど(笑)
試合時間は4時間18分。ゲーム数はGS最多記録を更新する77。
つーかフェデのエース50にウィナー100オーバーとか、もうね。アホかと(笑)
まあ、個人的にはフェデを応援しているのでずっとハラハラし通しだったんですが、
ここまで行くと正直もう終ってくれって気持ちの方が強くなってくるんですよね。
20ゲームあたりまでは両方とも危なげなくキープしてましたし、終る気配なかったですから。
ただ、22、3ゲームあたりからですかね。ロデの足が目に見えて止まったのは。
フェデのエースがポンポン決まり、リターンしても振られるとラリーにならなくなっちゃいました。
ロデのサービスの時もエースで何とか首の皮一枚繋がっているという感じで、
一度拾われるとラリーの方は完全にフェデラーに形勢が傾いてましたからね~。
サービスゲームでもジュースまで持ち込まれ、その度にエースで切り抜けてましたが、
30ゲーム目でついに力尽きてしまいましたね。その前のサービスゲームは2度続けて
ジュースになってましたから、フェデラーにしてみれば3度目の正直といったところ。
あの時はじわじわとフェデ優勢になっていくのが雰囲気的にも見て取れて、
そろそろ終るかな…という雰囲気が会場を包んでいた気がしました。
最後は体力がモノをいった形ですが、いやーロデも十分バケモンですって(笑)
何しろ4時間以上もあのプレッシャーの中で跳んで走ってラケット振ってるんですから。
練習で4時間乱打やるのもキツイのに、あの舞台、あの観客の前ですからね~。
こんな過酷な試合見た後だと、「野球って楽なスポーツだよな」なんて思ってしまいます(笑)



さて、まあこの通りとても素晴らしい試合だったわけですが、
この試合が史上最高の決勝戦というのはちょっと違うんじゃないかと。
記憶に新しい昨年の決勝戦、フェデラーvsナダルの試合を超えた!
という向きがあるんですが、確かに試合単体としては甲乙つけがたい
内容でしたし、こっちを最高の試合と挙げる方がいても異論を挟む気はありません。
ただ自分は、この試合は「最高の試合」であったことは認めても、
「最高の決勝戦」ではなかったと思いますし、そもそもどんなに素晴らしい試合を
やってもフェデラーvsロディックでは「決勝戦」として昨年を超えるのは不可能だと思います。

やっぱりね、前提条件が違いすぎるんですよ。今年と去年とでは。
去年の試合は王者と王者のぶつかり合い、プライドを賭けた死闘でした。
特に全豪で決勝に進めず、さらにクレーでナダルにコテンパンにやられた
フェデラーにとってはこのウィンブルドンは言ってみれば最後の砦でしたから。
それまでクレーでは好成績を残しても芝やハードではどうしてもフェデラーに
勝てなかったナダルが全豪、全仏と連破してついにフェデラーの本丸まで迫った。
このナダルの勢いと全仏でのフェデラーの負け方、今までは何だかんだで
フェデラーのほうがナダルよりはっきり格上と見られていましたが、
ウィンブルドンを迎えた時、初めて王者交代というものをファンは意識したと思います。
そしてフェデラーの最も得意とするコートで、力勝負の末ナダルが勝った…。
大げさに言えば、この決勝は時代が変わった試合(と当時は思った)だったんです。

対して今回、まずナダルが参加しない時点で興味はフェデの
新記録なるかの一点に絞られたと言っても過言ではないと思います。
そして決勝戦に勝ち上がったのは対フェデラー2勝18敗のロディック。
こう言うと失礼かもしれませんが、2人の勝負付けは既に済んでいます。
ここでロディックが勝ったとしてもこれで王者交代!とはなりませんし、
言ってみればフェデラーにとっては新記録を達成できないということ以外に
失うものが何もない試合だったんですね。もちろん、ロディックの復活とか、
盛り上がる要素は他にもあることはありますが、やはり昨年とは比べるべくもない。
そういう意味で、やはり今回の試合は「最高の試合」ではあったが
「最高の決勝」ではなかったと、個人的にはそう思いますね。

言ってみれば、テンポイントが勝った有馬とヤマニンゼファーが
勝った天皇賞秋はともに歴史に残る激闘でしたが、ゼファーの方は
テンポイントの有馬ほどには伝説になれないと。こんなところでしょうか(笑)
って、最後は結局競馬かい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

リアルタイムで見てない分、個人的にはゼファーの天秋の方が好きですが(;^_^A



スポンサーサイト

ついにやりましたね~!フェデラー!
去年から完全にナダルに押されっぱなしで、
芝ならともかくクレーでナダルに勝つのは夢のまた夢、
正直もうダメかと思っていたものですから、
生涯グランドスラムの達成&GS大会最多タイの14度目の優勝、
ダブルで快挙達成!ずっと応援してただけに嬉しいですね~。

とにかく最後まで残ったこのレッドクレーのタイトルに
立ちはだかったナダルが途中で消えた絶好の展開、
まさに千載の一遇のチャンスをキッチリ生かしきりました。
観客も完全にフェデラーの応援一色で、対戦相手のSODは
初めてのGS決勝の上、相手は今まで9度対戦して一度も勝てた
ことがないフェデラー、その上完全アウエーと、あまりに気の毒でした。
その上フェデラーがこのチャンスを逃すまいといつもより
気合入ってるものですから、第1セットは完全にピエロでしたね。
それでも2セット目に入ると徐々に落ち着いてきっちりキープしてタイブレークまで、
第3セットも第1ゲームをブレイクされたもの最後のほうは勝ちを急いだ
感のあるフェデラーにミスが出たのもあってブレイクチャンスを掴んだりと、
徐々にプレーは良くなっていったんですけどねえ。
惜しむらくはエンジンかかった時には既に試合終了目前だったこと(爆)

そんな感じで試合内容としては物足りない、とてもアッサリ風味でしたが、
まあ、準決勝が神すぎただけで世界ランク2位と20台の戦いとしては妥当でした。
むしろ2セット目をタイブレークに持ち込んだだけでも良くやったと言えるのかも。
それに去年の大会だってクレーの魔人が降臨したせいでさらにヒドかったですからね(爆)
あの時はフェデラーは一生レッドクレーではナダルに勝てないと思いました。
まだ実際勝ってませんし。しかしまあ、禍福は糾える縄のごとし、人生万事塞翁が馬。
去年ピエロ役を演じることになってしまったフェデラーが、1年後に圧勝で生涯GSを
達成することになるとは、さすがに誰も想像していなかったんじゃないですかね。

これで残る記録は今回サンプラスに並んだGS優勝記録を伸ばすこと。
昔ほど圧倒的な存在ではないですし、年齢的にものんびりしてられないでしょうが、
芝でならやはりまだまだナダルより安定感はあると思いますし、
4強と呼ばれるジョコやマレーに遅れをとることはないでしょう。
次戦のWBにはナダルは間に合うか微妙ですし、間に合ってもベストな
状態にはほど遠いでしょうから記録を更新するには願ってもないチャンス。
こうなってくると昨年連覇の記録が途切れたのが惜しまれますが、
得意のグラスコートでの記録達成で完全復活をアピールしてもらいたいです。


足利事件の報道について思うところを書いてみました。
見方によっては警察や検察を擁護する文に見えないこともないような…。
ちょっと過激な意見?と言うか、我ながら賛同を得られそうにない内容ですので、
「警察検察は絶対悪だ!擁護すんじゃねえ!菅家さんが気の毒だ!」
というような正義派の方はこの先見ないことをオススメします。
見られた後で不快な気分になられても一切感知しませんので。


※非常に誤解を与えやすい内容ですが、問題視しているのは
警察や検察の姿勢ではなく、マスコミの報道姿勢ですので、
先に進む方はそのことを前提に読んで頂ければと思います。

今某巨大掲示板群に行って元県警幹部の叩かれっぷりを見て
無性に怖くなりましたもので(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル





あー、気がついたら2月もすでに22日…。
菜の花忌、出席しようか迷っていたら当日になっちゃいましたorz
でもさすがに夜勤明けで大阪に行くのはちょっと…。
向こう行って式に出てそのまま帰るだけならともかく、
立場的に式の手伝いしなきゃならないでしょうし、
式終了後に飲み会になるのは確実なので…うーん。
去年は東京だったんですが、終電に間に合わず、
家まで20km以上の距離を歩く羽目になりましたからね(爆)
わざわざ年賀状に「手伝いに来てね」と念押しの一言までもらった身としては
何とか行きたかったところですが、残念ながら今回は見送りですかね。
来年は東京なので何とか出席したいです。

ところで、菜の花忌ってずっと、司馬遼太郎の
命日である2月12日に行われて来たんですよね。
開始から去年まではたまたま休日に当たっていたのが去年は平日で、
仕事で来れない人とかから苦情が来たので今年は日程をずらしたとか。
何だか趣旨が変わっているような気がしないでもないですが、
やっぱりたくさんの人に来てもらえる方がいいですからね~。
あとは、来場者の9割以上が年配の方たちなので、
もう少し若い人にも足を運んでもらいたいところですが…。


撮影ご遠慮ください、保護者から不満も 田辺中学卒業式

なんかもうね、アホかと。
日本の教育現場ってどんだけ面白いことになってんだよって思いますよ(爆)

つーかさ、個人情報保護法がによる規制がどうだとか、
学校側の責任がどうだとか、理屈はいくらでもこねられるんでしょうが、
そういったこと抜きに単純に考えて「卒業式で子供の晴れ姿を撮影できない」
ことの方が明らかにおかしいでしょうが。そんなん法律の方が無効でえーやん。
それに、そんなことでいちいちクレームつけてくるような
頭のおかしな保護者なんぞ相手にしなきゃ良いのではないかと、
そうやって権利を盾にとって無理難題を押し付けてくる輩は
どこかできっちり線引きしないと益々つけ上がりますからね。

でもこれが法律に抵触するって、新聞に載ってる写真なんかはどうなんでしょ。
祭りの様子とか、あれやこれや言い出したらキリないですが、
写っている人全員の了解を取っている訳じゃないですよね?
あれなんかも厳密に言ったら法律違反ってことになるんですか?
それともクレームさえ来なければそれでおkってことなんでしょうか?

まあそれはそれとして、撮影を禁止する理由が個人情報保護法云々
じゃなければ一考の価値アリと思うんですけどね。
最近の運動会や入学式、卒業式での撮影厨の保護者の
マナーの悪化は目に余るものがありますからねえ。
ズームを使わずに厳粛な雰囲気の中でもおかまいなしに
最前列に乗り出し、あまつさえ「こっち向いて~」なんて…(爆)
私が子供の立場だったら撮影なんかしないでいいから
恥ずかしいから出てってほしいと思いますけど…。
運動会なんかは最前列なんかどこの事件現場だよって思うくらい、
マスコミの取材合戦のごとくビデオカメラが林立してますし、
保護者も子供の活躍よりそれを撮ることに神経が向いちゃって…。

去年だか一昨年、弟の体育祭に行った時の近くにいた
親子の会話には思わず笑ってしまいましたよ。
どうやら100m走だかに出走したらしいのですが、

子「お母さんちゃんと見ててくれたー?」
親「ええ。バッチリ撮れたから心配しないで」
子「うん、ありがとう」
親「ところで〇〇は何位だったの?」マテ


撮影するのもいいですが、子供の走ってる
姿くらいちゃんと見ていてあげましょうね(ニッコリ)


まあどっちにしても撮影禁止までするのは行き過ぎだと思いますけどね。
つーか、学校側がここまで情報云々に過敏になるのも
クレームだ何だと訳分からんことを言って来る保護者のせいなんですよね。
って何だ。悪いのはモンスターなペアレンツだったんじゃん(爆)


ってことで、結論としては保護者自重wということで(爆)


何もしてない保護者からすると、とばっちりもいいところですが…。



モンゴルで日本語教師の女性遺体、強盗殺人か…北海道出身


※ここから先にニュースの感想を書いていますが、
被害者の方に否定的な内容が含まれています。
被害者に酷く感情移入してしまう方などは回れ右をオススメします。
不快に思われたり、読んだ後に「お前は血も涙もない鬼畜か!」とか
言われても困りますので、その点ご承知置きください。



基本的にテレビではニュースと競馬と野球しか見ない私、
この時期は普段に輪をかけてつまんないテレビ番組ばかりですが、
スポーツは好きなので箱根駅伝とラグビーは見てました。
やっぱり箱根駅伝は正月の風物詩ですからねえ。
紅白歌合戦はなくなっても全然構いませんが、
箱根駅伝がなくなったら多分泣きます(笑)

その箱根駅伝、東洋大の5区の柏原選手が快走を見せ、その後の
選手も安定した走りを見せて東洋大が初の総合優勝を飾りました。
2位の早大との差は41秒ということで最後まで盛り上がりましたね。
優勝の立役者はやはり5区の柏原選手、山登りのきつい区間を
区間新の走りで5分ものタイム差を逆転するという快走でした。

ただ、この記録を持って“山の神”を超えたとする
向きが多かったのが個人的にはちょっと“?”でした。
まあ、タイムとしては超えたのでしょうが、イメージ的に
今井選手が見ている者に与えた“衝撃”までは超えられなかった印象。

毎年何百人もの選手が走るこの箱根駅伝で、何となく
見ていただけの人間にも数年後まで名前を覚えられている
選手なんて片手の指に足りるくらいの数しかいないと思います。
まだ数年前のことなので印象に残っているということもあるのでしょうが、
今までで最も興奮したのが今井選手の最初の山登りの時でした。

その時と比べたら今年の騒がれっぷりを見ると
“まだケツの青い小童がぁ!”なんて言いたくなったり…(爆)
贔屓目があるのは百も承知なんですけどね(;^_^A
なので、今回だけでは私は神を超えたとは認めません!
ま、あと2年続けて同じような走りを見せてからですね。


それにしても駒大はどうしちゃったんでしょうねえ。
私が最も箱根を熱心に見ていたのは神奈川大学が3連覇した時で、
当時3強と呼ばれていた順大と駒大の動向は常に気にかけて
いるのですが、今年は3校とも2ケタ順位に沈没してしまいました(涙)
往年の強さを思えば今の状態は寂しい限り。
順大なんて5区で小野選手が区間2位の力走で最下位から
5つ順位を押し上げたのが唯一の見せ場ってんですから…。
一昨年の優勝校がここまで落ちぶれてしまうとは…。
ホント、青っぽいユニフォームばかり(山梨学院大含めて)が
トップ争いをしていた頃が懐かしいです(笑)



まったくやる気が起きないんですよね~。
ていうか、私的にテイルズの最大のウリは
爽快感のある戦闘システムだと思っているので
DSでチマチマとやるのは性に合わないというか…。
電車やバスで移動するならまた別かもしれませんが、
普段から自転車で移動する私には無縁のものですし。
まあチャリ漕ぎながら漫画を読むというのはやったこと
ありますが(オイ)さすがにゲームはできませんね。
当り前じゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

それでもハーツ自体にやりたいと思わせる魅力が
あればちょっとは触手が動くのかもしれませんが…。
CGエディションとアニメエディション?何このポケモン商法(爆)
つーかCGエディションってナニコレ?FF?
いのまたさんのキャラデザ意味ないやん!(爆)
テイルズっぽくないというか、ぶっちゃけキモいんですけど。


ハァ…。いつからなんでしょうねえ、
テイルズをそう熱心にやらなくなったのは。
多分中澤氏がキャラデザを担当したLからだったと思いますが。
別に他のかたくななファンのように藤島さんかいのまたさん
じゃなきゃいやだというわけではないんですけどね。
絵が気にいれば他の誰でもいいんですけど、
単純に中澤氏の絵が私に合わなかったってだけなので。
でもねえ、それ抜きにしてもシナリオ等全体的に
質が落ちている感は否めないんですよねえ。
ま、こうも乱発してれば作品の質も落ちて当然なんですけど。
どうもやっつけ仕事っぽいというか、薄くて細部まで
練りこんでないってーか、マンネリっぽいというか…。
ここは初心に帰って2年くらいじっくり時間をかけて
ひとつ大作を作ってもらいたいと思うんですけどねえ…。

つーか、こんなん出してるヒマがあったら
さっさとヴェスペリアをPS2に移植してくれー!(笑)
久しぶりにやってみようと思えるテイルズが
出たと思ったらXbox360なんだもんなあ…。

とりあえず、来夏に新作発売!
なんてニュースが流れないことを祈ります…。



カズ年俸1000万円ダウンも横浜FC残留


昨日のニュースですが、サッカーの話題なぞひとつ。
カズさんが来年も現役続行するそうですね。

最近サッカーは国際大会くらいしか注視していませんし、
日本代表にどんな選手がいるかも分からない状態ですが、
小学生時休み時間といえばサッカーだったように、
実は見るのもやるのも結構好きだったりするのです。

で、私の年代のヒーローとなるとやっぱりカズなわけで。
後はラモス、ジーコ、ストイコビッチ、リトバルスキー、ビスマルク。
日本人では武田、北沢豪、木村和司、福田、岡野、高木など。
今は監督やコーチをやっているJリーグ創成期のスターたちですね。
さすがに中田や稲本くらいは知っていますが、この後の選手となると
どうにも印象に残っていなくて全然名前が出てきません(笑)
城彰二は私の中では永遠に天才少年のままです(爆)
で、その中でもカリスマ性ではやはりカズが抜きん出ていると思います。
イチローや田臥、大畑など、活躍しているその世界の範疇を超えたスター、
サッカー界ではやはりこの人が1番だと思いますね。
もうこの年になるとワールドカップ云々なんて話にはならないですが、
どんな形でもプレーしていてくれるだけで嬉しい選手。
サッカー選手の平均的な引退期なんてとっくに過ぎていますし、
後何年やるか分かりませんが、なるべく長く元気な姿を見せていてほしいですね。

それにしても、サッカー選手の年俸って安いですよね~。
この3000万という金額もこの世界では結構高いほうですよね?
まあ、野球のように毎日試合をするわけにはいかないので仕方がない
面もあるのですが、比較するとどうしても安いと思ってしまいます。
逆に言えば野球が高すぎるということなんでしょうけどねえ。
ホント、この不況下でよくもまあ2億だ3億だと景気のいい話が出ると…。
大リーグと比べたらまだまだですが、あまりにバブリーだと思いますね。
高額年俸の選手の中で、成績、集客の両面から見た場合、本当にそれだけの
活躍をしている選手は片手で数えられるほどしかいないと思うんですけどね…。




首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言


ああ…うん…えーと…その、なんだ。
そろそろ黙った方が身のためなんじゃないかな(笑)
ていうか、いい加減脊髄反射でものを喋るのはやめた方が(爆)
別に麻生さん支持でも不支持でもないですけど、っていうか、
誰がなっても同じだと思うので今さら何を言う気もありませんが、
あまりにも頻繁に同じようなニュースが流れるので
このおっさんは何考えて発言しているのかな~と(笑)

まあ、次の航海で必ず沈没すると分かっている船の
船長に任命されて航海に出ちゃったみたいなもんですから、
少しくらい自棄になるのも分からんでもないですが。。。
とりあえずオバマさんとの初対面で「Who are you?」
とかだけは言わないようにしてもらいたいですね(爆)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。