FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2006年 11月 に掲載した記事を表示しています。
眠いです。だるいです。疲れてます。これから遊びに行きます(爆

昨日弟の進路について話をしたんです。二時間以上。
学校行かないし、勉強しないし、運動しないし、ごろごろ転がっているだけだし、ゲームばっかりやっているし、本読まないし、朝いつまでも起きないし、夜遅くまで寝ないし。
たまに学校に行けば、クラスの奴らはバカばっかりだとほざく始末。
あのさ、自分の胸に手を当てて自分の行いを省みてみれば?
そいつらはそれでも学校行ってるんだから。
お前にそいつらをとやかく言う資格があるかっつーの。
大体そのだらけた生活態度に学校なんか関係ねーじゃん。
要はやる気がないだけだってば。
あーあ、巻き込まれた姉が不憫だ。
せっかく弟のためを思って決断してくれたことだろうに。
肝心のこいつがこれじゃどうしようもない。

ちなみにその弟、結局昨日、朝早く起きて身体を鍛え、勉強もちゃんとやると宣言したわけですが、朝7時10分現在、未だ夢の中に居ます。
昨日も、話の中で、もうパソコンを遊びや趣味のためには使うなと言われたんですが、話が終わってからすぐ、早く寝ろと言われているのに、パソコンをつけて音楽を聴き始めて怒られたり。
…ホント、何ともならんね。
箸にも棒にもかからんというのはこういうことを言うんでしょうか…。

はあ…。
スポンサーサイト



中学時代の部活は面白い話も何もないので、高校時代の話をば。

えー、高校時代はソフトテニス部(以下軟庭)に所属していました。
中学も1年の時は軟庭をやっていたんですが、そこに二年の先輩がいなくて、新入部員が私しかいなかったため、3年が引退して一人になってしまいました。
それから程なくして幽霊部員と相成ったわけでございます。

で、学校生活も割りと落ち着いてきた6月。
どの部活に入るか決めかねた挙句帰宅部になっていた私に顧問の先生から勧誘が来ました。
正直なところ、軟庭に入ろうかと考えたこともあったので、割とあっさり入ってしまいました。友人二人を巻き込んで。
実は軟庭に入るなら硬式の方がいいかなと思ったこともあったんですが…。
これがまあ、やはりメジャーだからなのか、部員が60人以上いたんですよ。
対して、軟庭は私と友人二人が入っても10人(笑)
コートは硬式が2つ持ってましたが、それでも一度に打てる人数は限られているわけで。
どうせやるならたくさん球が打てる方がいいということで、軟庭の方に傾いたわけです。

その後、友人二人は1年程で辞めてしまいましたが、自分はぎりぎりまで引退しませんでした。
ていうか、一年後に入ってきた後輩5人が皆素人だったこともあり、部の主として君臨していたような(笑)
部活前に、ランニングや準備運動を行わない悪しき伝統は私が作りました(爆
ま、今はどうだか知りませんけど。

初心者で入ってきた後輩達は、私が引退したあと、前年に県大会で優勝した地区最強校を破る金星を挙げるまでになりました。
それを伝え聞いた時はやはりうれしかったですね。
自分がその場にいれたらもっとよかったんですけども…。

とりあえず、たった二年間でしたが、本当に充実した部活動でした。
というよりも、部活のためだけに学校に行っているような感じでした。
なんてったって、部活と体育の時間以外は全部寝てましたから(笑)
おかげで、付けられた名が「居眠り大王」だったり(笑)

あの頃に戻れたらどんなにいいかと…。