ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 02月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サボり。
スポンサーサイト
腰が痛い…。

毎週1回、必ず針に行ってるんですが、最近色々あって、3週間もあいてしまいました。
どうにかこうにか騙し騙しやってますが、そろそろ限界って感じです。

ちなみに、毎週水曜に行くようにしているんですが、3週間前はすっぽかし、先々週は嵐で外に出られず、今度こそと思っていた先週は風邪でダウンしてました。

腰自体も痛いんですが、それをかばうことによって、肩から背中までがすごくこるんですよ。
ある意味ではそっちのほうが痛いくらいに。

風邪も治ってきたし、嵐の予報もないし、今週こそは必ず行くようにしたいと…。
さらに一週間伸びるとなると、溜った痛みを取るのも、容易ではなくなってしまいますから。(変な日本語だ…
さぼりさぼりだけで終わらせようと思いましたが、それではあまりにもあれなので…。

一時期の最悪の体調からは抜け出しましたが、その後がどうにも良くなりません。
いつもは、いつか治るだろうとタカをくくり、薬なんかもらっても、最初の1回だけ飲んで後はほったらかし、というのが常なんですが、今回は早く治るよう、万全を期しているつもりなんですが…。

これ以上遅れるようだと、今後にも影響が出てきかねないので…。
ちょいと焦っています。





と、たったこれだけの文章を書くのも億劫な状態。
やっぱり、調子よくないんでしょうね。
さぼりさぼり。
発売から3ヶ月近く。
遅ればせながら、PS2版のデスティニーを買いました。
自分は、待ってでも安く買いたい派なので、これまで我慢していたんですが。
中古価格もここら(4000円)で下げ止まりそうなので、買っちゃいました。
あと一年くらい待てば、あと1000円くらいは安くなるんでしょうが、まあそこまでしなくてもってことで。

とりあえず、最初のほうだけやってみましたが…。
CCシステムってのが微妙…。
あとグレードは欲しかったかなーって感じです。
最初の飛行竜でルーティとマリーに遭遇したりと、結構変わっているところが多そうで、PS版との比べながらやるのも楽しめそうです。

ロード時間が短いですし、グラフィックも2Dだし、アビスよりは楽しめそうな感じです。
久々にやりこもうかなーと思ってみたり。


ちなみに、これを始めたおかげで、スタオー3は、「やりかけゲームリスト」入りが決定的です(笑)
実態は、「やりかけ」ではなく、「投げ出し」なんですけどね(笑)
徐々に良化してはいますが、完調には程遠いです。

とりあえず、家にある薬を飲んで、じっとしています。
もっとも、その薬、本当に効くのかどうかわかりませんがね。
四種類あるんですが、ボルタレンはともかくとして、その他3種が得体の知れない中国の薬。
しかも、買ったのが10年以上前のものですから(笑)
親父から、「毒じゃないだろ」とかって渡されたんですが、全然治る気がしません。
ていうか、こんなもん中国から持ち帰ってきてたのかよ、というのが正直な感想です。

3週間も針に行ってないから腰は痛いし、やりたいこともあるんですが…。
今日も一日寝ていることになりそうです。
以前私は、父をいたく尊敬していました。
それは、その生き方に共感できるとか、物事に対する考え方に筋が通っているとか、そういうレベルの話ではなく、小さな子どもの、単なる憧れ程度のものでしたが。

とはいえ、少なくとも、親父は私にとって、唯一絶対の存在であったのです。

が、何事にも終わりは訪れるものです(笑)
私も大きくなるにつれ、周りのことが少しずつ、見えてくるようになりました。
それにつれて、今まで見えていなかった、親父の正体(笑)がはっきりと見えてきたのです。


周りのことをまったく気にしない傍若無人さ。
自分の失敗を棚にあげる独善的な態度。
家庭のことを省みず自分の目的に向かう自己中心さ。


その他、両の手で数えても全く足りないほど、これについて語り始めれば一冊の本が出来てしまうほど、私の親父に対する恨みつらみ、鬱憤は、溜っているものと思われます。
どうにも文章だとうまく伝えるのが難しいですが、とりあえずあまり一緒にいたくない人間、一緒にいて楽しくなることはない人間であることは間違いないです。
この点はずっと同じ目にあってきた弟(もしかしたら姉も)は、それはもう、深く深くうなずいてくれることでしょう。

とにかく、それまで絶対的存在だと思っていた分、落ち込みも激しかったのだと思います。


で、今となっては、親父の嫌なところしか目に付かなくなってしまった私ですが、そういう風に見るようになったおかげで、新たな尊敬の対象を得ることとなったわけです。


はい。
というわけで、私が今も、そしてこれからも尊敬し続けるであろう人物は、他でもない、私の母でございます。

とにかくね、あの親父と何十年と一緒にいられるというだけで、尊敬に値します。
しかも、離婚しようなんて一度も考えたこともないっていうんだから。
私が同じ立場だったら、一緒になって、三日くらいで分かれると思いますが。

昨今、熟年離婚だとか何だとか、色々話題になっていますが、離婚の理由なんか見ても、たったこれくらいのことで…、と思うものがほとんどです。
もちろん、それぞれにそれぞれなりの言い分はあるんでしょう。
ですが、公平な目から見て、世間一般の離婚理由で考えた場合、うちのお袋は、10回以上離婚していてもおかしくないと思いますから。
今もって離婚しないのが不思議なくらいです。

毎日親父の罵声に耐え(ただし、親父は絶対に暴力だけは振るいません。言葉の暴力はすさまじいですが)、家のために働きに出てへとへとになり、その上で、寝たきり同然の親父の介護をする。
健気という言葉はあまり使いたくありませんが、健気としか言いようがありません。
それでいて、底抜けに明るいんですから、本当に頭が下がります。


以前、親父が主催した、モンゴル関係のシンポジウムの二次会で、親父とごく親しい人たちが親父について、

「○○さん(うちの苗字)もがんばるわねえ」
「奥さんが本当にご立派だから」()
「そう!本当に○○さんの奥さんはご立派よねえ」

とか話していました。
飲み会の席で、和やかな雰囲気の下での話ですので、別段親父を非難しているわけではありませんし、親父も笑いながら、「まいったな。何だか私立場がないなあ」とか言っていましたが。

とにかく、あの日あの時のあの会話、あれは絶対に、あの人たちの本音だと思います。
やばい。
本格的に風邪ひきました。

喉痛いし、鼻は通らないし、熱は出るし、咳は出るし、もう最悪。
よくもまあ、バイト中倒れなかったものです。

というわけで、パソコンする気力がなくなる前に寝るとします。





追伸

何日か前に作ったカレー、甘すぎて吐きそうになりました。
自分は極度の辛党だということを、再認識させられました…。
タイトルからも想像がつくと思いますが、カレーのお話です。

うちの人間(特に私と親父)は、大変な辛党で、カレーなんかを作る時は、当然めちゃめちゃ辛く味付けをします。
と言っても、他の家族も食べますから、まあある程度抑えますが(とはいえ、常識的に考えれば、それでも十分過ぎるほど辛いと思われます)。
で、皿によそった後、各々が個人的に、唐辛子(七味に非ず、赤唐辛子)をどばどばかけて食べるわけです。
まあ、普通の人が食べたら、一口で火を噴くこと請け合い(笑)
多分水は手放せないでしょう。
それを、「うん。今回のはいつもより辛くないな」とか言って食べてるんですから、我ながら味覚がおかしいんじゃないかと思ったり、思わなかったり。

この辛口好きのおかげで、小学校のデイキャンプの時、カレーは何口にするかの議論の時、一人で辛口と叫び続けて、皆の顰蹙を買ったりもしました(笑)
そんなこんなで、人には言えない苦労もしているわけです。

で、本題。
こんな自分なんですが、何だか急に甘口カレーが食べたくなりました(うちではこれを、学校カレーと呼んでいます)。
とはいえ、辛口をさらに辛くして食べる我が家のこと、甘口カレーのルウなど置いてるはずがありません。
そもそも、甘口カレーなんて作っても、お袋や弟はともかく、親父は絶対に食べませんからね。
かくいう自分だって、予告されずに甘口カレーがうちの食卓に出てきたら、かなり退くと思いますから。

で、仕方がないので、弟に甘口ルウを買って来てもらい、甘いのと辛いのを両方作ることにしたわけです。
ルウ入れる直前まで作っておいて、二つに分けてそれぞれにルウを入れるだけですから、特別に面倒だということはありませんから。

そんなわけで、後はルウを入れるだけにしたものを、一日煮込んで、置いといたわけです。
すぐにルウを入れられるように、甘口と辛口のを一箱ずつ出しておいて、準備は完璧!のはずでした…。
結果的には、この準備があだとなったわけですが…。

予定では、昨日の夕飯をカレーにするつもりだったんですが、色々ありまして、急遽予定を変更することになりました。
で、夕飯の後、味ももう十分に出ているだろうと思い、ルウを入れようと思ったわけです。
中火にかけ、後は熱くなるのを待つばかり…だったんですが。
しばらくして、何だかにおいがおかしいと思い、鍋のふたを開けてみたんです。
そしたら、澄んでいるはずのスープが、黄土色というか、こげ茶色というか、早い話が、カレーの色をしていたんです(笑)
こっちはルウが入っているなんて思っていませんでしたし、だからこそ中火にしたわけで。
案の定、下のほうがこげてしまいました。
慌てて火を止め、出しておいたはずのルウを捜しましたが、案の定、どこにもありませんでした(ついでに言うと、空き箱が見つかりました)。
嫌な予感が頭をよぎり、弟に何か知らないかと聞いてみたら、「お袋が朝入れていったよ」とあっさり言われ、しばし呆然。
しかも、辛口と甘口両方入れたとのこと。
それってさあ、早い話が中辛入れたのと同じじゃん…。
お袋がルウを入れる時弟も、「両方入れたら中辛になるじゃん」と言ったそうですが、「1+1は2にならないでしょ」とか訳の分からんことを言われたそうです。

甘口が食べたかったのに甘くなくなっちゃったし…。
親父の口にあわせるためには、いつも以上に色々入れないと辛くならないし。
「帯に短し襷に長し」とはまさにこのことですね…。

お袋に文句言おうにも、昨日は当直だから帰ってこなかったしー。

はぁー。
ブログのネタになったということだけでも、喜ばないといけないんでしょうか…。
バッカス-コンコルド-グラス でした。

2・3番人気の決着で、馬連が15倍近くもつけるんですからねえ。
結構おいしかったのではないでしょうか。

勝ったサンライズバッカス、騎手の腕で勝ったとか言われてますが、タイムも良かったですし、実力があるのは間違いないんじゃないでしょうか。

一方、一番人気シーキングザダイヤは、直線全く伸びず、9着惨敗。
心情的に、ダイヤを応援していたので、掲示板にも載らないこの惨敗は、個人的にちとショックです。
もう6歳ですし、伸びしろはほとんどないとは思いますが、一つ上のブルーコンコルドがばりばりやってるんですから、奮起して欲しいですね。

それにしても、ダイヤが一番人気になったのは心情馬券のおかげでしょうか?
この馬にどうしてもGⅠを取らせたいという。
ダイヤを応援している自分の目から見ても、今回の一番人気はブルーコンコルドだと思ったんですが…。

今回、サンライズバッカスが新ダート王になったわけですが、あとはカネヒキリやアロンダイトが復帰してどうなるかですね。
個人的に、アロンダイトはともかく、カネヒキリの強さは一枚上と見ています。
もちろん、全盛期の強さでの比較ですが。
単純にタイムだけ見ても、今回はレコードタイムに0.1秒差とはいえ、時計のかからない不良馬場。
カネヒキリは、良馬場でレコードに0.2秒差ですから。
不良馬場なら、楽にレコードタイムを出していたでしょうから。

いずれにしろ、今回勝ったサンライズバッカスに、強さは見せたブルーコンコルド、アロンダイトにカネヒキリ、今回こけたが実力実績上位のシーキングザダイヤと、近年屈指の高レベルの戦いがダート戦で見られそうです。
彼ら全員が、順調にJCDを迎えられることを願うばかりですね。
風邪引いてて、ただ寝転がってるだけ、というのもあれなので、ちょっとずつ進めています。
えーと、今マリアが登場したあたりかな。

感想として、「テイルズとかわんねー」というのが一番でしょうか。
あと、雑魚敵のほうが、ボスより強く感じます(笑)
言い換えれば、他のゲームに比べて、雑魚とボスの実力差が少ないということでしょうか。

暇つぶしということで、攻略本など買わずにやっているので、なかなか先に進みません。
クリエイションなんてのもさっぱりだし…。
マップなんかも、無駄に歩き回ってコンプリートしちゃってますし、多分最短クリアの5倍は労力をかけているかと…。
もっとも、これが本来の、正しいゲームの楽しみ方なんでしょうけど。
悩みながらも、自力で解決策を探る、という。
あー、調子悪い。
頭は痛いし(色んな意味で)、腰は痛いし(いつものことだが)、喉は痛いし(暑さにやられた)、足は痛いし。

特に足!
原因は一昨日、夕飯が出来たと呼ばれて、部屋を出る時に、脚立に足をぶつけた。
ちょっと着地するところを間違えたおかげで、脚立にめり込むような形になっちゃいました。
結構大々的に皮が剥がれて、ティッシュ一枚が真っ赤に染まりました(笑)
しかもついてないことに、翌日がバイトだったんですよ。
いつもより仕事量が少ないのはよかったんですが、怪我した足をかばって歩くものですから(ちなみに左足の親指の付け根)、右足にばかり体重がかかって、そっちまで悪くしてしまいました(ついでに、左足の小指側も同じ感じ)。

店内は暖房で20℃もあるし、仕事が終わった時は、下半身の疲労と頭痛でふらふらでした。
私が独裁者だったら、「暖房の温度は15℃まで」という法をまず作りますね(笑)。
それでも暑いくらいです。

もしバイトを変えるなら、ガソリンスタンドにします。
昨日書いた、「金のかからないものにはまる」。
早速実行にうつしました(笑)

しかし、どこかの誰かが、長い間使わなかった頭を、「錆付いた上にほこりがかぶった頭」と言っていましたが(うちの姉だ)、まさにその状態の私の頭。
回転の遅さでは、誰にも負けない自信があります。
そんな私に突拍子もない事を考えつけるはずもなく、ましてや、「この機会にやれる仕事をなるたけこなそう」なんて発想が、生まれるはずもありません(笑)

そんなわけで、久々に、プレステでもやることにしました。
とはいえ、デスティニー2に1200時間も注ぎ込んでいたなんてのはもはや過去の話。
元々一つのゲームをとことんまで遊びつくすというスタイルだったのに、競馬に傾倒したおかげで、途中までしかやっていないゲームばっかりという状態です。
終わっていないものをやろうと思ったんですが、途中で投げ出しただけあって、どれもイマイチ気乗りがしない。
そんなわけで、新しい気分でやれるものを、ということで、昔何かのゲーム(テイルズの何か)をヤフオクで買った時におまけでついてきて(出品者としてはおまけではなく2本セットという形で出品してましたが、自分はテイルズが目的だったので、一緒についてきたものは、おまけだと思い込んでいました)、ケースを開けてみることすらせずにしまいこまれたゲームをやってみることにしました。
ソフト名は、「スターオーシャン3」。

そう、あの「スタオー」です。
名作RPGに名を連ね、MEGA Hitsシリーズで廉価版も出ているスタオーです。

このゲーム、有名なゲームだけあって、おまけとしてついて来たのを手に取った時、「ああ、あのスタオーね」ぐらいは一応頭に浮かびました。
結構知られているゲームであり、友人にはまっていたのがいたので。
まあ、逆に言えば、その程度の認識しかありませんでしたが。
今回思い出したのだって、競馬の名馬物語で、サクラスターオーの項を読んでいて、「そういやうちにスターオーシャンってゲームあったよな」てな感じで思い出したくらいですから(笑)

もっとも、「やってみよう」という決め手になったのは、やはり世間で評価されているゲームだということでしょうね。
やはり、競馬もゲームも、決め手があるとないとでは大違いです(謎
要は、ディープインパクトとナイスネイチャの違いです(さらに謎

ちょっとやってみた感じ、テイルズに似ているので、とりあえず結構楽しめそうかなって感じですね。
顔文字は使いません!以上!





現実的には、使いたいけど使えないって感じですね。
うまく使っている人を見ると、羨ましいとは思いますし、自分でも使えるようになりたいとは思うんですが。
携帯を持ってないんで、メールを打つこともあまりありませんしね。

使い所をわきまえて使えば、顔文字は、相手に親近感を与えるなど、有効なものだと思うので、使えるようになりたいとは思っているんですが。
どうもそういうガラじゃないっていうか…。

難しいです。
やばい。遊ぶ金がない。
やっぱり、月5回のバイトじゃ自分の小遣いでせいいっぱいですね。
いっそ競馬にでも金を突っ込むか…。(破滅への第一歩)

とりあえず、今日から一週間は、家でおとなしくしていることにします。
雨降る日も多そうですし。

何か、金のかからないことに夢中になれればいいんですけどねえ。
去年の今頃は、ダビつくにはまっていました。
結局4ヶ月くらいやったのかな…。
その間、せいぜいカラオケにたまに行くくらいだったんで、欲しいと思っていたものを、片っ端から買いました。ていうか買えました。

ま、今こんなにひーひー言っているのは、去年パソコンが壊れたということが一番大きいんですけど。
最終的に6万くらい使ったのかな?
ちょっと、と言うか、かなり誤算でした。

お先真っ暗。
WINDVDで、プレイリストを編集しようとした時の話。

私は普段DVDを流す時、基本的にエンドレスリピートをかけます。(ちなみに音楽DVDの話です。映画などは全く見ません)
が、何を思ったのか忘れましたが、とにかく、聴く曲を厳選しようと、プレイリストを作成しようと思い至りました。
しかし、前述の通りなので、プレイリストなんぞ作ったことがありませんで、そんな時のお助け本、世に言う説明書を引っ張り出したわけです。


索引から、「プレイリストの作成」は51ページ、と…。

その51ページに書かれていた内容。



・プレイリストの作成の仕方
プレイリストの作成の仕方については、51ページの「プレイリストの作成の仕方」の項を参照してください。




…。

……。

………。





びりびりびり(嘘




えーと…。
今までで一番、「使えねー!」と思った説明書でした…。
今日も今日とて、眠い目をこすりながら、キーボードを叩いているチョルモンです。こんにちは。

昨日は、共同駐輪場に置いてある不要自転車を処分するということで、作業にかりだされてしまいました。
あーめんどくさい。
そりゃ確かに、集まったメンバーは年寄りばっかりだし、若い手があったほうがいいんだろうけど。
かごを取り外したり、チューブを外したりで、手がいかれてしまいました。

特に大変だったのはかご。
3年以上放置していたので、ネジなんかは酸化しちゃって使い物にならなくなっていました。
のこぎりだの金槌などを駆使して何とか外しましたが、かご一つに一時間以上もかかりました。
かごがあんなに丈夫なものだとは思いませんでしたよ。

終わった直後は、手が痛くて、マウスも使いたくないほどでした。
それなのに、親父はそんなことお構いなしに買い物とか頼むし。
しかも、その買い物は、初め弟が頼まれたのが、弟が行きたくないとごねて、こっちに回ってきたものだし。
家庭平和のためにも、渋々行きましたが、帰ってきたら親父は寝てるし、弟は遊びに行っているし。
その上、買い物を人に押し付けて遊びに行ったふざけた野郎は、風邪をひいて帰ってきて、役立たずになりさがるし。

ああもう、ふざけんな!!

一応、家庭内においては我慢強い私ですが、そろそろ堪忍袋の緒が切れそうになっています。
今年のクラシック戦線は何だか妙に盛り上がりに欠けますね。
何というか、軸馬不在といいますか。

実績ではフサイチホウオーが抜けてますが、強い!って感じがしないんですよねー。
オースミダイドウは怪我でいないし、オーシャンエイプスもこけちゃったし。
文字通り、群雄割拠、戦国時代って感じです。

何が勝つか分からない、というのも、それはそれで面白いかもしれませんが、それでもやっぱり、軸となる存在は必要だと思いますから。

まあまだ始まったばかり、弥生やスプリングSで圧倒的な強さを見せる馬が現れるかもしれませんので、結論を今出すのは早計だとは思いますが。

個人的には、99年クラシック組(オペラオー・トップロード・アドマイヤベガ)以来の、「3強の戦い」なんてのを見たいなと思っています。
眠いです。はい。

「眠い」という単語が、最もいっぱい出てくることで有名なブログの管理人チョルモンです。こんにちは。

それにしてもおかしいんですよ。体が。
とくに何をしているというわけでもないのに眠いんです。
ここ数日、夜と午前中と午後の、三回寝ないと駄目になってます。
ていうか、文面だけ見ると、一日中寝てるようにも見えますね(笑)

とりあえず、教習所に通うのは三月からになりそうですし、やれることは今のうちにやっておかないと。

それにしても、24時間中12時間も、毎日勉強していた時代が、自分にもあったんですからね…。
はー…。あの頃の情熱は今いずこ、といったところです。
友達とでも出かけない限り、ほとんど外食しないチョルモンです、こんにちは。

何ていうか、外で食べるより自分で作った方が安い(ついでにおいしい)→お金がもったいない→食費を節約しよう→遊ぶ金に回そう(爆

って感じです。
実際、一人で出掛けることは結構多いんですが、9割方お茶一本で済ませますね。
お金も節約できるし、ダイエットにもなるし、おなかが空くので夕飯がおいしくなるし、いいことばかりじゃあないですか!(そうか?

前置きが無駄に長いですが、そんな私の外食の定番メニューとは。


1 たぬきそば
安い、早い、うまい。と、どこかの外食屋さんのキャッチフレーズそのままです。
さすがに友人を誘って行くような所ではありませんが、迷った時は例外なくそば屋に入りますね。
難点は、駅そばだと、ほとんどの店でたぬきがないということ。
きつねや天ぷらはあるのになぜ…。

2 ハンバーガー(マック)
セットを頼んでも、最後にハンバーガーを必ず、一つ二つ頼んでしまいますね。

3 卵カツ丼
丼物の定番ですね。
ちゃんとした店に入った場合、大抵これを頼みます。
理由は…、まあ好きだということでしょう。


ちなみに私、外食の定番である、ラーメン屋にはもう10年近く入っていません。
ただし、日本に限ればですが。
内モンゴルに留学していた時は、昼飯は必ず、ラーメンを食べていました。
その影響が多少あるのかもしれませんね。
ただ、日本のラーメン屋には入らないだけで、日本のラーメン自体は、中国のものより数段おいしいと思っています。
その辺り、ちょっと矛盾していると思わなくもないですが。
一つ言えることは、日本にはラーメン以外にも、おいしいものがたくさんあるということですね。
向こうでは、朝はともかく、昼飯を少しでも早く終わらせようと思ったら、ラーメン以外の選択肢がなかったものですから。
眠い。ひたすら眠い。

昨日は0時(本当は一昨日の21時)~4時、10時~17時、21時~24時(本当は今日の3時)と、14時間も寝てしまいました。
特に疲れていたわけでもないし、理由はよく分かりませんが。

いわゆるあれですかね。
春眠暁を覚えず。
気候が春だけに、身体の方も敏感に反応しているのかもしれません。

あー眠い眠い。
やらなきゃならないこともたくさんあるので、今日は頑張って起きていようと思います。
壊れているのに気付かないふりして使っているもの…。

ていうか、周りを見渡せば、どれもこれもどこかしら不具合を抱えているものばっかりなんですけど。
わりと物持ちがいい方で、ボロボロになるまで使うので、ある意味仕方のないことなのかもしれませんが。

とりあえず、目につくものをいくつか。

まず、自転車。
主力で使っているものは、悪いところはありませんが、サブで使っているのはボロボロです。
後輪のブレーキは全く利かないし、前輪もかなり緩い。
チェーンを回転させる部分はガタガタだし、ギアチェンジも後輪しかできない。

そんなわけで、この自転車は、雨とかでメインの方を使いたくない時用として使っています。
ブレーキがあんまり利かないんで、滑る雨の日なんか、本当は使わないほうがいいんですが。
元々、今使っている自転車と、事故で使えなくなった自転車の繋ぎとして買った自転車なので、まあ自転車には申し訳ないんですが、あんまり愛着とかもありませんので、使いつぶそうと思っています。


次。財布。
7年前に買ったもので、文字通りぼろぼろです。
小銭入れの部分がチャックなんですが、その引っ張るための部分が根元から折れてしまって、ありません。
カードを入れる部分なんて、出し入れする所以外の3辺のうち、1か所の皮が完全に破けている状態。何とか、紐一本だけで支えている状態です。
あとは縫い目がほつれているところが多数あるし、まともなのはお札を入れる所だけ、というありさまです。

が、なかなか買い換えられないんです。
何度か新しい財布を求めて、店を回ったりしてみたんですが、どうにもピンとくるものがなくて。
何より、この財布自体、中学の時に、少ない小遣いで買った、初めてのまともな財布なので(2500円でした)。
開くたびにカードが飛び出したりして不便なことこの上ないですが、多分本当に使い物にならなくなるまでは、使い続けると思います。


最後に、鍵につけるキーホルダー。
これはもう、壊れているというか、何というか…。
早い話が、くっついていた鈴が取れてしまって、わっかだけになっちゃってます。
これは、別にわっかさえあれば機能的には何の問題もないんですが。
ちなみにこのキーホルダー、鍵に付けたのが9歳の時だったので、正味12年も使っていることになります。
ついていたのは青い鈴だったんですが、5年くらい前には、メッキが剥げ落ちて、銀色になっちゃってました。
今ではその鈴もなくなっちゃいましたが。
個人的には、このキーホルダーを使い続けてる=小学生の時から鍵を一度も失くしていないという証拠、みたいな風に考えています。
これからも、失くさないように大事にしたいと思っています。



他にも色々ありますが、やっぱり一番は、自分の頭でしょうね。
これはもう、修復不可能でしょう。
昨日の続き。


あんな番組が放送されちゃった後なので、昨日は意識して車道を走るようにしました。
番組を見た歩行者に捕まったら、声高に説教されかねませんので。
歩道を走る時は速度を落とし、ベルを鳴らさないようにと…。


…………。


ごめん。無理。
ありえないほどストレス溜まるわ。
何があったかとか、詳細は省きますが、人間慣れないことはするもんじゃないと改めて思い知った一日でした。
昨日夜7時半から、NHKで、自転車と歩道についての番組が放送されました。

我が物顔で歩道を走るとか。
歩道を猛スピードで駆け抜けていくとか。
歩行者との衝突事故が相次いでいるとか。

やべえ。
身に覚えがありすぎるわ(爆


歩道なんてバリバリ通ってるし。
元々スピード出すのが好きだし。
二度ほど猛スピードで歩行者に突っ込んで宙を舞ってるし(笑)



と、これだけだと、いかにも具合が悪いので、つらつらと言い訳を述べてみます。

自分は、基本的には車道を走るようにしています。
自転車は車道を走ることを義務付けられていますし、ぶっちゃけ歩道の方が危ないので。
車に乗っている人のほうが、歩行者よりも、遥かに周りに注意を払ってますし、動きが直線的なため、読みやすいところがありますからね。

あと、何よりも重要なのが、車道ではスピードが出せるということ。
基本、私は時速30キロ以上出す人間なんで、歩道なんて走ってられないんです。
歩道を猛スピード、と言っても、歩行者はいるし、障害物は多いしで、現実的にはせいぜい20キロくらいが限界なんです。
誰も事故に遭いたいと思って乗ってるわけではありませんからね。
それに対して、国道県道なんてスピード出し放題。
調子のいい時、追い風なんかが吹いていると、時速60キロ以上でますからね。
チャリで車を後ろから抜いたときは最高に気持ちいいです(笑)
よく、時速10から15キロくらいで、のったらのったら走ってる人を見かけますが、私にはそんな真似は、ひっくり返っても出来ません。
20キロでもいらいらしてくる人間ですから。



最後に、私が自転車で轢いた、元気なじいさんの話でも。

2年くらい前ですが、歩道を時速30キロくらいで走っていたんです(さっきと話が違うぞとか突っ込まないでください)。
その道は、店の戸口が直接道路に面していて、自転車で走るにはかなり危ない道でした(そんなとこでそんなスピード出してたのかとか言わないでください)。
で、快調に飛ばしていたら、骨董屋の戸が開いて、壺でも入ってるっぽい風呂敷を抱えたじいさんが出てきました。
と言っても、そんなことを認識したのは後での話で、現実的には、「あっ」と思った時にはドカーンとぶつかっていました。
衝撃で宙を舞う私(笑)
頭から落ちなくてよかったです。
漫画だと、じいさんが、「つ、つぼが…!50万もしたつぼが~!」とか言い出しそうな展開ですが、あいにくとそういう展開にはなりませんでした。
そのじいさん、時速30キロでつっこんきた自転車と衝突したというのに、ちょっとよれただけで、倒れてすらいねーの。
それどころか、「あまりスピード出すと危ないよ~。わしじゃなきゃ大変なことになっとったよ」とか言って、壺を持ってすたすたと歩いていっちゃいました。

何者だよ、このじいさん…!


このことがあって以来、以前よりは安全に気を使うようになったと思います。
ていうか思いたいです。
多分、私の運転を知っている人間は、口を揃えて、「嘘つけ!」と言うでしょうが(笑)
書くネタが思いつかないので寝ます。
おやすみなさい。

で終わらそうと思っていたら…。



よくよく考えたら、今日誕生日じゃん、自分(笑)
考えないと思い出せないのか…。

という訳で、21回目の誕生日を迎えることと相成りました。

昔は家族の誕生日が来るのを楽しみにしていたんですがねえ。
そんな時でもないと、寿司やら何やら、豪華な食卓を囲むなんてことはありませんからね。
それが今では、「誕生日~?いいよ、何もしなくて。金もかかるし」ですから。
ちょっとトシを取ったことを実感しています。
大人になったと言えば聞こえはいいですが、大事な何かをなくしているような気もします(笑)
それと同時に、「次の自分の誕生日、お寿司にしてー!」と臆面もなく言える弟が、ちょっとまぶしく見えたり。


来年は、もっと楽しい気分で誕生日を迎えられるといいんですが…。
暖冬~~~?
ここまで来ると、もはや暖冬ではない!「暑冬」だ!と叫んでみる。
いくら何でも、二月の初旬に、外で半袖でアイス食いながら団扇で扇いでいるというのは、ちょっとおかしいかと。
やっぱり冬なんだから、コタツで蜜柑とか、みんなで鍋をつっつくとかしたい。
アイスなんて、夏にいやでも食べるんだから。


それは置いといて、とにかく暑がりな自分にとっては、今年の冬は、地獄としか言いようのない状況なのです。
この時期、半袖でいても、5℃が丁度良く、7℃で汗ばみ、10℃になると汗だくになる、というくらい暑がりなのです。
しかるに、今年の暑さは何なんですか。
17℃て、17℃て。
ホンマにもう、冗談は休み休みにして欲しいですわ。

これ、生活形態が昔のままだったら、暑さでぼーっとして、なーんもやる気が起きなかったでしょうね。
幸か不幸か、深夜にバイトをしている関係で、基本的には、昼間寝て夜起きているという、夜型の生活なので多少助かっています。
暖冬でも、夜中は5℃くらいまで下がるので、半袖で丁度いいくらいなので。

いくら暑がりでも、年に2・3度、半袖じゃ寒いと思う日があるものですが、今年は長袖の出番はなさそうですね。
はぁー…。
どうやら私にも、車の免許を取る日がやって来てしまったようです。
正直、自分的には取らなくてもいいと思ってるんですが、親がやいのやいのうるさくて…。
今月中にも、教習所に通い始めることになりそうです。

あー、正直気が乗りません。
めんどっちいし、めんどくさいし、面倒だし。
何より、お金がありません。

まあそれはともかくとして、運転できるに越したことはないので、何とかやる気を出そうとはしているつもりです。
この文面からそんなものは微塵も感じられないとは思いますが(笑)

で、とりあえず今は教習所選びをしています。
と言っても、うちから通えるところなんて二ヵ所しかありませんが。
一応、頭を絞って考えてはいますが、正直言って相当煮詰まっています。
だって、違いなんて分かんないし。
一番簡単に決めるとしたら、授業料ということになるんでしょうが、それも同じですし。
家からの距離だって5分くらいしか違いませんしね。

どうしよ、どうしよ、o(ry


あーそうそう。
二つのうちの一つのHP上の施設紹介に、学科教室の紹介があったんですが、その紹介文が、「みんな一生懸命。居眠りなんていません!」というものでした。
「居眠りOK!」だったら、そっちの教習所に即決したんだけどなあ(笑)
昨日は風が強かったですねー。

私はどこに行くにも自転車を使う、チャリンコ人間なので、それはもう、もろに影響をくらう羽目に。
とにかく、いくら頑張って漕いでも、中々前に進まない。
イメージ的には、「泳ぎ疲れて、いくら水をかいても前に進まなくてアップアップになっている状態」って感じ。

その上、用事その他で、4ヶ所を計6回移動したのが、何故か全部向かい風。
何故に?
ていうかいじめ?
そんなさ、わざわざこっちが動くのに合わせて風向き変えてくれなくてもいいじゃん(泣

方角的にも、東西南北、全ての方向に向かって走ったのに、全部向かい風。
せめて最後だけでも追い風になって欲しかった…。
家に帰るには避けて通れない、地獄坂を上ってるときは、マジでくたばるかと思った…。
4日ぶりにパソコンをつけました。
どうにもこうにもやる気が起きなくて…。
これはネットに限ったことではなく、ほかの事に対しても言えますけど。

あー、本格的にやばい感じ。
やばいなんて隠語、あまり使いたくないんだけど、それくらいやばいかも。

とりあえず、今月から教習所に通うことになると思います。
車の免許取るため。
覚えることもたくさんありそうですし、あまり気乗りしないんですが。
これが何かのきっかけになってくれるといいんですけど。
他人に通じない我が家の常識…とのことですが…。
非常識の宝庫と呼ばれた我が家(誰に?)ですから、そういった話には枚挙にいとまがありません。
むしろ常識に倣っていることのほうが少ないような気がしますが。

とりあえず、思いつくままに箇条書き。


・親の呼び方が「父たん」「母たん」
家庭内ではこれで通ってますが、私個人では親父、お袋を使っています。
それにしても、痛い呼び方ですね(笑)

・エアコンがない
冬はいいですが、夏は辛いです…。

・誰も携帯電話を持ってない
家を出た姉は持っていますが。

・冬でもいつでも半袖
ただし男衆のみ。
他の点で見ても、うちの女家族は、どちらかというと常識的だと思います。
うちが非常識なのは、ほとんど男家族のせいだったり(笑)

・パソコンが6台稼動している
部屋が狭いので、場所ばかりとって…。
このうち3台はいらないと思います。
だって、麻雀ゲーム専用なんてのもあるんですから(笑)

・スパゲティが嫌いな奴がいるということ
だから何だとか聞かれると、答えに窮してしまいますが。
ほとんどの人が、好物だと答える、大衆メニューってあるじゃないですか。
カレーとかハンバーグとか。
このあたりだと、ほとんどの人が好き、悪くても嫌いではない、って感じだと思うんですよ。
少なくとも、カレーが嫌いだって人に出会ったことはありませんし。
で、スパゲティも、そんな感じだと思うんです。
ですが、まあ、今まで出会った人の中で、唯一スパゲティを嫌う人間が、一番身近にいたと、そういうことです。

・お年玉が「数え年×5」円
どういうことかと言うと、数え年の数だけ、5円玉くれてたんです。
なので、その年10歳になるとすると、5円×10枚で50円というわけです。
友人は、皆5000円とか10000円とか言ってはしゃいでました。
それを遠い目をして眺める私(笑)


その他諸々。

非常識は、我が家の常識。
ということです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。