FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 04月 に掲載した記事を表示しています。
ほとんどのレースで日本馬が着外に沈む中、アドマイヤムーンがやってくれました。

リンガリとの叩きあいをを制し、ついに念願のGⅠ馬の称号を射止めました。
しかも、その辺の名前も知らないようなレースじゃありませんからね。
正真正銘、世界最高峰の舞台ですから。

世代最強と言われながら、昨年のクラシックではいいところがありませんでしたが、これで国際GⅠで連続連帯を果たし、世代の一番手であることを、自力で証明する形となりました。
次の香港では、おそらく本命として出ることになるでしょうけど、きっと活躍してくれるでしょう。

ダイワメジャーも3着でしたし、芝のトップレベルは、日本馬でも活躍できるということが証明された感じです。

ダートのほうは、まだまだ遠そうですが…。





「猛追テツニー届かず」

スポニチの記事の見出しです。
16馬身差の5着に、猛追も届かずもないでしょうが!
大風呂敷広げるのは結構ですが、加減を考えてほしいものです。
スポンサーサイト



買い物のついでにバイト先に今月のシフト表を取りに行った帰り、久々にパークゴルフをしてきました。

高校二年の修学旅行で、北海道に行ったんですが、その時初めてプレイしてはまったわけでして。
帰ってきてからすぐ、どこか近くにパークゴルフ場はないかと捜したら、家から自転車で15分のところにあったと、そういうわけです。

友人に、一緒にはまってしまったのがいたので、月に1回くらいのペースで一緒に通ったものでしたが、いつの頃からか行かなくなり、ここ二年くらいは、とんとご無沙汰でした。

バイトに行く時に、ゴルフ場の隣を通るんですが、通る時間が22時近くと、朝6時過ぎでは、開いてるはずもなく。
そんなわけで、久々に昼間に通ったら、むらむらと昔の血が騒いできて(笑)
買い物帰りだったので、野菜とか牛乳とか抱えていたんですが、お構いなしに特攻しました。


プレイしてみた結果。

ショットがヤヴァイ。
ミートしない、飛ばない、まっすぐ行かないの三拍子が見事に揃い踏み。
稼ぎ時の、最初の1ホール目のパー5で8叩いたときは、結構本気で帰ろうかと思いました(笑)

その後は適当にボギーとパーの繰り返し。
前半は44でした(パー33)。
まあベスト自体70(パー66)ですから?
元々大したことないんですが、やっぱりブランクは感じましたね。

と思ったら、後半は結構調子よく進み、33を記録。
ショットは相変わらずでしたが、パットが前より格段にうまくなってるって感じでした。

77は久々にしては十分です。
ちょっと通えば、もしかしたら念願のアンダーパーも行けるかもしれませんね。