FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 04月 に掲載した記事を表示しています。
書きかけの記事を間違って消しちゃったりすると萎えるよね…。

半分以上書いたところで、間違って消しちゃったんで、めんどくさくなって、今書いてるこの記事を書き始めました。
ですが、内容が内容だけに、センバツの決勝が終わっちゃたら書きようがなくなるので、仕方なく、もう一回頑張って書き直しました。
いつも消したら絶対書き直さないんですけどね。

あとはまあ、決勝が順延されないことを祈るばかりですね。
順延されたらキレます。
明日書いても間にあったじゃねーか!ってかんじで(笑)
スポンサーサイト



ほとんど見ない間に、いつの間にやら決勝戦。
今年の決勝のカードは、常葉菊川VS大垣日大だそうです。


…どこ?ていうかどこ?


いやね、知ってますよ?静岡と岐阜の学校ってことくらいは。


でもぶっちゃけた話、これを言っては身も蓋もないですが、センバツの決勝がこの組み合わせでいいの?って感じなんですよ。
こんなこと言っては、頑張ってここまで来た、両校の選手や関係者に申し訳ないですけど。

ですが実際問題として、これが例えば横浜VSPLだったりすると、それっぽい感じがする気がしません?

常葉菊川VS大垣日大
PL学園VS横浜

どう考えても、後者のほうがおもしろそうですよね。

それに、例えば準決勝の組み合わせが、上の二カードになったとします。
普通、どんな感想を抱くでしょうか。
多分大多数の人が、横浜とPLが決勝の前に当たってしまったことを残念に思うでしょう。
少なくとも私はそう思いますね。
決勝で横浜とPLが当たればよかったのに、と。


今回の出場校で言えば、報徳、大阪桐蔭、広陵、帝京あたりが上でぶつかればそれっぽくなったんですがね。
準決勝に出てきた、熊工VS帝京でもまだ許容範囲だったんですが、よりにもよってまったく逆の結果となってしまいました(笑)


一応書いておきますが、両校が弱いとか、決勝に出てくるに値しないとか、そういったことは思っていません(多分)
ただ、決勝に出てきた学校の名を聞いたとき、まずどんな感想を抱くかと言えば「どこのイモ学校がまぐれで出てきたんだか」ということなんですよね。
実際は、両校とも強豪校を破って来てますし、組み合わせに恵まれたと言うわけでもないんですが。


勝負事は実力もさることながら、「格」というものも大事なんだなと、つくづく感じました。