FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 04月 に掲載した記事を表示しています。
今日は、親父とお袋は朝からささやかな銀婚旅行に行くそうで。
近くの駅まで、姉が二人を送っていくそうです。

そう、そこまではいいんです。
問題はその先。


「帰り姉一人じゃ不安だから、お前一緒について来てくれ」by親父


つまり、二人を降ろしたあと家に帰るのに、姉の運転はまだ多少不安があるから、何かあった時のために、サポート役として乗っかっててくれと。

…私運転できないんですけどね。

だいたい、何か意味あるんですかね?
何も起きなければ、文字通り何も起きないんですから、私が乗っていなくてもいいわけですし、何か起きたら犠牲者が一人から二人に増えるだけだし、何もいいことないと思うんですけど。

いやまあ別にいいんですよ?姉の運転も上達しているようですし。
基本的には信頼はしてます。多分。

でもやっぱりコワイというか、全幅の信頼がおけないというか…ゴニョゴニョ…



ま、なるようにしかなりません。
明日の朝日が拝めるよう、頑張ることにします(爆
スポンサーサイト



昨日は投票日でしたー。

結果は特に波乱なし。
現職が全員再選という、味も素っ気もない結末。


私も、選挙権を取得してから、記念すべき最初の選挙ということで、粛々と投票に…行くわけないですな、はい(爆)

多分誰もが思ってる、もしくは一度は思ったこと、「誰がなっても変わらない」「自分ひとり投票しなくても大勢には影響しない」。
それがまあ、私の頭の中をぐるぐる回っているわけです。
そこまででなくても、「わざわざ出かけて行って投票するほど、期待できる候補者がいない」というくらいは考えていたはずです。
言い換えれば、私に「桜花賞を見るのをあきらめてでもこの人に投票したい」と思わせる人がいなかったということです(爆
もっとも、昼間は寝ていることが多いので、誰がどんな主張をしているかなんて、なーんも知らないんですけどね。

ま、なんやかんや言っても、結局のところは「めんどくさい」の一言で、全ての説明がつくんですけど(笑)

おそらく、同じような理由で選挙に行かない人の半分でも投票に行けば、政治もちょっとは変わってくれるんでしょうが。
あいにく、私にはそんな元気も志もありませんです。

何はともあれ、今日からは騒音に悩まされることなくぐっすり眠れそうです(駄
一着 ダイワスカーレット
二着 ウオッカ
三着 カタマチボタン



七着 アストンマーチャン



以下略


ということで、やっぱり3強で堅かったってことですかね。
一馬身以上の差をつけたんですから、完勝と言っていいでしょう。ウオッカが思ったより伸びなかったという声もありますが、勝ったダイワを褒めるべきじゃないでしょうか。

ただ、三頭の叩きあいが見たいと思っていたので、興奮したかどうかで言えば、少々物足りないと言うか、ちょっと普通のレースになってしまったのが残念でした。
叩きあいでなくても、同じく3強が争った、97年の春天みたいなレースが見たかったな、と。
直線でマーチャンとスカーレットが競り合い、外からウオッカが迫る、みたいなね。

ま、終わったことをぐだぐだ言っても仕方ないですね。
結果だけ見れば、スカーレットがウオッカに雪辱。
しかも思った以上の着差をつけたということで、オークスへ興味をつなぐという意味では、最高の結果となりました。
次回は一騎打ちでしょう。

マーチャンは…まあ、元々オークスには出るつもりなかったでしょうし、早めに距離の限界を知ることができた、ということにしておきましょう。
センロクでも長いということがほぼ確定したわけですが、マイルCにはでるのでしょうか?
今日のレースを見た限りでは、府中の長い直線でズブズブになりそうですが。