FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 04月 に掲載した記事を表示しています。
4月9日の日記のその後なぞ。

初めて姉の運転する車に乗ったんですが、曲がる技術とか、そういった点は特に問題なく、安心して乗ってられました。

が、普段から抜けているというか、ちょっと周りが見えていないところがあるんですが、それが運転にも如実に現れていました。

その一つがウインカー。
曲がることで頭がいっぱいなんでしょうね。
店の駐車場から出るときなんかも、ウインカーを出さないため、入り口の誘導しているおっちゃんが困ってました。どっち行くのーって。


もう一つ。通行帯が見えてない。

おかげで9日も、親を送った後、長いドライブをする羽目になりました。
親を降ろした駅は、前がロータリーになっているので、降ろしたあとそのまま進んで、出口から出ることになります。
出口から右に曲がれば、10分もせず家に到着。
やれやれ朝からご苦労さん。となるはずだったんですが…。

ミスって左折専用通行帯に乗っちゃった~よ!
後ろから車が来ちゃって車線変更できなくなるし。
目の前では警察官が交通整理してるし。
「どうしよう、どうしよう」って、進むしかありまへんがな。

そんなこんなで、ぐるぐる回って11時ごろようやく家に到着。
まあ他の用事もこなしたんで、ただ帰るだけに2時間以上もかかったというわけはありませんが…。

とりあえず、まず道を覚えるところからですね。
車を運転するならある程度広い範囲までの道を覚えないと。
逆に言えば、車を運転するようなことがないと、道を覚えないんですね。
電車とバスの移動じゃ、道なんか覚える以前に通りませんから。

姉を見て、何でこの道も知らないの!?って何度も思ったんですが、冷静に考えたら、知らなくて当たり前だったんですね。

ちなみに私は、この辺の道なら大抵知っています。
ダイエットで毎日40kmマウンテンバイクを漕ぎ続けたことが、思わぬところに副産物をもたらしてくれました。



4月9日の日記で、「自分が行く意味なんかあるのか!?」とか書いてますが、ごめんなさい。
大いにあったと書いておきます。
一方で、「犠牲者が1人から2人に増えるだけ」と書きましたが、そのとおり、1人から2人に増えました(笑)



ちなみに、この翌日もバイト明けでしたが、姉に付き合って、姉の運転する車に同乗しました。
あちらこちらで、「姉の旦那」と勘違いされて、生暖かい視線を送られましたが、まあそれはスルーします。

とりあえず、前日のことがあったんで、姉が何をやっても特に驚きませんでした。
ええ、驚きませんでしたとも。
間違って右折専用通行帯に乗っちゃって、知らない山を上り続ける羽目になっちゃったってことくらいでは。
スポンサーサイト



ランドセル背負ってー元気良くー♪
というわけで、ランドセルです。

これに関しては黒しかありません。
昔も黒。今選ぶとしても黒。永遠にくr(ry

とにかく、シンプルイズベストなわけです。
緑や水色なんて持っての他。ましてやピンクなんて…。



そういや昔、弟が小学校に入る時、ランドセルを選ばせたら赤を選びましたよ。
うちには姉がいるので、私と姉が使ったランドセル、赤と黒両方があったんです(二人とも最後まで壊さずに使いました)。
で、こんな高いものを何度も買うこともあるまい、ということで、私が使っていたものをお下がりで使うことになったわけです。
で、せっかくだからどちらの色のランドセルがいいか聞いてみました。

私「おまえ、赤と黒のランドセルどっち使いたいんだ?」
弟「赤!」(即答)

えー、0.3秒(推定)で即答されました。
その上、赤をこの上もなく褒め称えた後、黒をケチョンケチョンに貶す弟。
ええい、そこまで言うなら、入学式の時絶対赤のランドセル背負っていけよ、と言ったら「だからそうするってば」だって。
結局、事実を知ったらあっさりと黒に乗り換えやがりましたけどね(笑)

まあ、事実を知ってもなお赤を背負っていけるほど、弟も勇者じゃなかったってことですな。


そんなおバカなことを言っていた弟も、いつの間にやら中学最終学年。
時が経つのは早いですねえ…。(しみじみ
一年も前のことなんて、な~んにも覚えていません。
でも大丈夫!こんな時のためにブログを書いてたんですから(違

何にしろ、一年前に書いた記事を覗いてみる。
うわ~。テンション高っ!
今では考えられないくらいテンションが高いです。
それだけ毎日が、まだ楽しかったってことでしょうか。

かすかな記憶を辿ると、あの時は競馬(ダビつく)とボウリングにはまっていた気がします。
競馬はさらにどっぷりとはまって予想なんか始めてしまってます。
ボウリングは、ホームにしてたセンターが去年の9月だかに閉館してからは一度も行ってません。
やりたいとは思うんですけどね…。
一応、市内にももう一ヶ所だけあるんですけど高いんですよね。
自分らがやってた時って、ナイトボウルっつって、夜10時から12時までの二時間、6人まで使えて2600円だったんですよ。
それを毎回高速でプレイしていたので、二時間でだいたい、ひとり11ゲームくらいでした(いつも二人でプレイしてました)。
1300円で11ゲームだから、1ゲームあたり120円弱。これと比べるとちょっと…。
まあこれはいくらなんでも安すぎですが…。

話がそれました。
とにかく一年前は、バイトも今の倍くらいやってましたし(減ったのは私のせいじゃないですけど)、夜遊びもよくやってましたし(風俗とかじゃないですよ。念のため)、すべてにおいて今より活動的だったと思います。

何つーか、一年前に比べて「ここが良くなった!」と、胸を張って言えることが無いというのが寂しいですな。
新入生の時にやった失敗…。

こういうのって、転入したばかりの時とかでもいいんですかね?

転入直後って回りに知り合いがいなくてめっちゃ心細いんですよね…。
小から中に上がる時なんかは、結構知り合いも一緒ですけど。

それに、転入生ってことで、新しく入ったクラスでも、注目を一身に集めることになりますからね。
そう考えると、転入直後の失敗のほうが、結構記憶に残っていたりすると思うんですけど。どうでしょう。

かくいう自分も、家が何度も引越しをしたせいで、よく学校が変わりました。
何てったって、幼小中高すべてで、二校以上通いましたから。


で。
転入した直後は、当然友達なんていません。
なので、まずやることは基本的な人間関係の構築ですよね。
こういうとき人気者体質(明るく活発、運動神経良など)の人はあっさり溶け込むことができるでしょうけど、あいにく私にはそういったものはありません。

というわけで、最低限皆に悪印象を持たれないような言動を心がけてました。
もとより、親に「石橋を叩いても渡らない」と評された私の性格、慎重と言えば聞こえはいいですけど、悪くいえば臆病ということでしょう。
基本的に、少々時間がかかっても、それなりにスムーズにクラスの輪に入っていけてたと思います。


それでもやっぱり失敗したこともあるわけでして。

中学一年の年末に、例によって引っ越したんですが、3月に年度が終わるまでは、転校せずに電車通学をしてました。
で、学年が変わるのにあわせて転校。

そんなわけで、中学二年の時、転入してあまり時間が経ってない頃の話です。

保健の授業の時間。
既に何についての授業だったか覚えてませんが、先生が自分の喉の出っ張りを指して、「これのことを何と言うか」と質問しました。

まあ普通に考えれば「のど」でしょうね。あるいは「のどぼとけ」。
多分、後者を答えてほしかったんでしょうが。

ですが、私の頭には別の答えが浮かんで、頭ん中をぐるぐる回ってました。
この時点で、何故かは知りませんが、私は冷静さをちょっと欠いてた気がします。
その上、自分の出した答えが絶対正しいのだと、確信していました(なぜかは覚えていません)。

先生が質問した10秒後くらいに、他の誰かが答えました。
「のど」と。
そこで発言が途切れたので、付け足すように私は言いました。

「ち○こ」と(核爆

昼下がりの教室、しかも授業中に何言っちゃってんのアンタ。

その後、当然のように爆笑に包まれる教室。
縮こまる私。
「穴があったらはいりたい」という気分を、思う存分味わわせて頂きました(笑)

今思い返しても、何であんなこと言ったんでしょうねえ…。
せめて、全部一人で言っていたら、ただ間違った…で済むことはなかったでしょうけど、あそこまでの恥はかかずに済んだんじゃないかと。


この時のことを考えれば、一ヶ月前、自動車の教習所の初授業で遅刻した、なんてことくらい、どうってことありませんね。