FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 05月 に掲載した記事を表示しています。
昨日も昨日とて車の教習。
昨日はS字とクランクをやりました。

一通りコースの説明を受けていざ挑戦。
一昨日にちょっとだけやってたこともあり、結構うまくできました。
教官にも一度も注意されず…と助手席をチラッと見たら、教官が靴を脱ぎ、胡坐をかいて寝ていました(爆

起こすのもあれなので、ひたすら言われたコースを回る私。
教官は終了時間の5分前にようやく起きました。
そして一言、「今何時?」。

そうねだいたいね~…じゃねえだろ!
仕事しろよ、仕事。

逆に言えば、教官を起こさないくらいスムーズに走れていたということで、自己満足に浸ることもできなくもないんですが、やっぱり起きててもらわないと何かあった時困りますからね。
仕事ですから、やっぱりちゃんとしてほしいです。
スポンサーサイト



皐月賞の4着馬でダービーの有力馬の一頭であるアドマイヤオーラが武豊騎手から岩田騎手に乗り換わるそうです。
それに伴い、ダービーで武騎手は、トライアル京都新聞杯勝ち馬のタスカータソルテに騎乗することになったとのこと。

うーん、ユタカでも降板させられるってことがあるんですねえ。
まあ競馬界においては当たり前にあることですし、逆にユタカに他の騎手から乗り換わったなんてことは、メジロマックイーンを始めとして、いくらでもありましたから。
ただ、逆はあんまり例がなかったと思いますが…。

オーナーからユタカに、直接乗り換わりを伝える電話があったそうなので、馬主の意向であることは間違いないんですが、理由などは明らかにされてないんですよね。
ユタカが今シーズン不振だとか、皐月賞での騎乗に不満だったとか、果てはヴィクトリアマイルでのキッスの乗り方に不満があったとか、まあ色々と考えれる原因というものはあるんですが。

ただ、ユタカが不振だと言っても、「ユタカにしては」というだけで、普通のレベルから見れば十分な成績ではあるんですがね。

オーラに関しては、まあ仕方がない部分があるのかもしれませんが、オーナーとの関係が悪化して他の馬まで降板させられやしないか、それが心配です。
ベガやマックスやムーンなど、アドマイヤの主戦だったんですからねえ。
それを降ろしたというのはよっぽどのことがあったのか、それともこの時限りで済むのか。
ムーンなんかは、ずっとユタカが乗ってきたわけですし、やっぱり引退までコンビを組んでほしいと思います。


それはともかく。
オーラが乗り換わったことにより、ダービーの予想がより簡単になりました。
乗り換わりがあっても、オーラは有力馬の一頭に変わりありません。
「大舞台で有力馬に乗った岩田は沈む」の法則が適用されるわけですな(笑)
何てったって本命馬を躊躇なく切れるんですから、これは大きいです。
岩田騎手も、いいかげん大舞台でも実力を発揮できるよう一皮むけないと。
オーラで二桁着順になったりしたら言い訳がききませんよ。

あと武豊騎手。
タスカータソルテも勝つ力は十分ある馬ですし、前人未到のダービー5勝目を上げて自分を降ろしたオーナーを見返してやってほしいですね。
うーん、あんまり印象に残っている料理ってないんですよね。
一応、生まれてから基本的にはお袋の料理を食べて育ってきているんですが。

どれもそれなりにおいしいんですが、あえて「これだ」と言えるものがないんです。
スパゲティとか唐揚げとかは好きですが、その料理自体が好きなのであって、お袋の作ったものが特に好きってわけではありませんから。

一応挙げるとすれば、コロッケとチキンカツですね。
これに関しては、店のものとかよりも断然、お袋が作ったものの方がおいしいと思います。
単に味付けの問題かもしれませんが、それはそれで大事ですしね。
特にコロッケは、弟は元々嫌いなんですが、お袋が作ったのだけは喜んで食べます。

お袋がうちのメインコックじゃなくなって久しいので(ちょっと前までは私、今は姉)、最後に食べてから随分経ってますし、やっぱりたまには食べたいなと思います。