FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 07月 に掲載した記事を表示しています。
バイト明けの金曜日、親父と姉と3人で誰ぞの講演会に行ってきました。
憲法9条やイラク戦争、日米関係をテーマにしたもので、1時間ちょいと、時間的にはそれほど長いものではありませんでしたが、中々に中身の濃い内容で、結構勉強になりました。

それはいいんです。それは。
だけどねえ、やっぱりバイト明けの昼間に出かけるのは辛いんですよ。
腰痛という持病もありますし、普段から腰を庇うようにしているので他の部分も疲れやすいですし。
それなのに昼過ぎに叩き起こされて強制参加ですからね…。

当人からすれば、昼になったから出かけるという、ただそれだけなんでしょうが、私は完全夜型人間ですからね。
昼間活動するようにはなっておらんのですよ。
しかもバイト明けだし。
言ってみれば、夜10時まで働き、10時半に帰宅して11時に眠りついた人間を、早朝4時に叩き起こして連れ出すようなもんですからね。

あーやだやだ。
たまにはゆっくりと平和に睡眠を堪能したいです。
スポンサーサイト



普通に考えると「変」とか「異」とか?
とにかく、あまりにも普通ではない人生だと思うので。
しかし、それではあまりにも芸がないですしねえ…。
何かいい文字は他にないものでしょうか。


というわけで考えてみた結果、「転」というのがピッタリくるのではないかと。


中学を卒業するまでに30回以上も住み家が変わったとか(転居)。
保育園、小学校、中学校、高校の全てで、2つ以上の学校に通ったとか(転校)。

まあこれは「転」という言葉が使われているということで、引っ掛けただけなんですけどね。

それよりも、これまでの人生で、転機となるべきところで怪我や病気になることが非常に多かったというのがこの文字を選んだ理由だったりします。
人生の転機に転んでばかりだった、ということで。


具体的に例を挙げると

中二の時病気で入院した挙句、1年間毎日学校を早退する羽目に。
内申点が下がり、志望校に入る道が閉ざされた。

高校入学後、元友人に腰に飛び乗られ腰痛に。
以後今に至るまで腰の治療を続けるが全く良くならず。
高校では許可をもらい、特別な椅子を使用。
何とか学校生活は送れたが、家に帰るとほぼ寝たきり状態に。

高三時、内モンゴルに留学中、自転車運転中に雪で滑って転倒。
臀部の骨を折り、冬休みに入るまでの1ヶ月半の間家で安静にしていることに。

2年前、一念発起してダイエット兼体力アップトレーニングを始める。
半年間続け、効果が出てきた矢先に車にはねられる。
入院&通院。腰痛悪化。


あー、普段は全然気にしていないんですけど、こうして書き出してみると、結構悲惨な人生送ってますね…(笑)

中でも、高校の時の腰痛は痛すぎました。
これのせいで、自分の中でどれだけの損失が生まれたか。
一時期、奴(原因となった元友人)を殺して自殺しようか、なんて真面目に考えている時期がありましたからね。
一般で言う鬱状態と言いますか、完全な引きこもりになっていました。
で、このままでは駄目だと、半寝たきり生活で鈍った身体を鍛えようと一念発起して頑張ったら事故ですからね。
そりゃヘコみますわな。

まあ、こんなこと書いてるところからして、一応立ち直ってはいるんでしょうけどね。

しかし、繰り返すのが歴史というもので、立ち直っている今は実は危ない時期なのかも(笑)
折りしも、仮免で車の運転を練習している最中。
私の人生の流れを見ると、ここでドカーンいくのが自然なんですが(笑)


…やめよう、縁起でもない。



ま、そんなわけで、これからも今までどおり、ボチボチやっていきたいと思っています。
ボチボチ。