FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 11月 に掲載した記事を表示しています。
さてさて、出直して行ってきました試験場。

前回行った時の感想なんですが、割と閑散としているところを想像していたんですが、とんでもはっちょん転んでぎっちょん(謎
どの部署も人でごった返していました。
まあ、全県から人が集まって来るんだからねえ。
当たり前と言えば当たり前のことに気づかなかった自分に閉口。


さて学科試験ですが、獲得点数96点で無事合格してきました。
わーい。

解いた感触では6分4分くらいかなと思ったんですが、意外と余裕でした。

解いてる時はブドウ糖が足りなくなってねえ…。
何しろ、朝から目刺し2匹しか食べていないんだから(笑)
なんかもう頭が痛くて、ちょっとグロッキーになってました。

おまけに、上がり症のせいで、試験が始まると全身をアドレナリンが運動会状態(笑)
いやー疲れた。
実に疲れた。

ま、そんなわけで無事合格してきました。
次は技能だ。

意外だったのは、受けた人の半分くらいしか受からなかったこと。
私のイメージでは、学科はほとんどの人が受かるもんだと思っていたもので。
意外と受からないもんなんだなあ、って。

とにかく、次の技能試験で、この長い戦いに終止符を打てるよう頑張ります。
スポンサーサイト



我が家では、とりあえず私ということになるんでしょうか。

姉が来るまでの我が家では、家事からハイテクまで、厄介なことはほとんど私のところに来ることになっていました。
それを、私が自分で処理したり、弟に下請けに出したり(笑)

姉が来てからは、家事の負担はほとんどなくなりました。
楽すぎてちょっと申し訳ないと思うくらいに。
ハイテクの方も、弟がやけにそちら方面にご執心なので、代替わりするのも時間の問題かな、なんて楽観視しています。
ただ、弟の場合は性格的な問題で、自分の興味範囲外のことはやりたがらないので、家のハイテク係となるとどうかな、という心配がないではないですが。

もっとも、ほとんどの問題の出所は親父なので、親父が自分でやればいいんですけどね。
BIOSとか、パソコンの最も基礎の部分に関してはめっちゃ詳しいですからね。
やろうと思えばできるはずなんですけどねえ。

ちなみに、母はまったくの機械オンチ。
パソコンについてはずぶの素人です。