FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 11月 に掲載した記事を表示しています。
モンゴルの友達とですが、結構よく賭けをします。
その場で決まるようなものではなく、長期的な賭け。
長く楽しめるように、とのことですが、お陰で賭けの存在を忘れることも…。

ちょっと前まではNARUTOのコミックスが35巻までいくかどうか賭けていました。
ひょんなことから私がNARUTOの欠点を指摘したことから始まった気がしますが、細かいことはよく覚えていません。
とにかく、NARUTO好きの友人からそんな勝負をふっかけられました。
たしかその時、コミックスは15巻くらいまでしか出ていませんでした。

そんなわけで勝負。
友達は当然35巻まで行くに賭け、必然的に私は行かないに賭けました。
結果はご存知のとおり。
35巻を楽に通り過ぎ、現在も絶賛刊行中でございます。

ちなみに、負けたほうは10年後に勝ったほうに100ドル払うことになっています(爆
10年の間に忘れてくれることを祈っているんですが…(笑)


現在そいつとは、ダイエット勝負を行っています。
私が次に内モンゴルに行くまでに、どちらが指定体重まで近づけるか。
近づけるかなので、痩せすぎてもだめというわけです。

勝負開始時、私はその時点-16kg、向こうは-11kgを目標に設定しました。
予定では来年の春以降に行く予定ですが、さてどうなることやら。
話を聞くと、向こうは3kg太ったそうなので、まずは安心といったところでしょうか。
私のほうは、9kg痩せて順調に目標に近づいています。

今回は100元賭けたんですが、100ドルにすれば良かったです(笑)
スポンサーサイト



ディラントーマスが回避したことにより、世界最強馬決定戦から日本最強馬決定戦に格下げされた感のある今年のジャパンカップ。
今年の焦点は、メイショウサムソンが勝つかどうか、これだけだと思います。
ついでに、武豊のJCダブル制覇なるかどうか。
というわけで、予想。


◎メイショウサムソン
○インティライミ
▲ポップロック
△ウオッカ
×フサイチパンドラ


◎…メイショウサムソン
人気でも逆らうわけにはいかないでしょう。
実力、距離、コース、臨戦過程、騎手、すべてOK。
ていうか、切る理由が見当たらない。
前のほうから末脚を伸ばせますし、よほどのことがない限り、負けることはないかと。

○…インティライミ
ようやく本格化したディープ世代の実力馬。
ていうか、ちょっと遅すぎた感も。
ここ二戦で見せた末脚は脅威。
京都大賞典からのローテも、過去何頭もの好走を生み出した黄金ローテ。
差し切る可能性も充分かと。

▲…ポップロック
ここのところずっと好走を続けている堅実馬。
勝ちきれないところが難だが、確実に伸びる末脚は信頼できる。
距離は長いほうがいいので、ここはあっと言わせる場面があっても。

△…ウオッカ
快勝したダービーと同じコース、距離で行われるここは大きなチャンス。
末脚の鋭さは一番で、古馬にも充分通用すると思う。
持ちタイムも上位だし、斤量が軽いのも有利だが、やはり3歳牝馬。
宝塚と同じように沈む場面があってもおかしくない。
元々目標にしていたレースではないし、脚の状態も気になる。
ここは抑えまで。

×…フサイチパンドラ
前走エリザベス女王杯では好位から脚を伸ばして2着。
距離が伸びた時のしぶとさを改めて見せてくれた。
国内トップクラスが集う舞台だが、去年も5着と健闘している。
展開しだいでは残る可能性も。



アドマイヤムーンは、やっぱり距離がちょっと合わないかなという感じです。
コース適正も人馬ともに良いとは言えませんし。

ドリパスは流石に今回はきついのではないかと。
オッズ的には今回が狙い目ですが…次回に。

外国馬は…良くわからないのでとりあえず消しで(爆
来た時は潔くあきらめることにします。