FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2007年 12月 に掲載した記事を表示しています。
上げといたはずの日記が…。
サーバーかなにかの異常でしょうか?
あーヘコむ…。

それはそれとして、もう背中から腰から足からどこもかしこもバッキバキです。
しょっちゅうしていたから慣れているとは言え、やっぱり引越しって疲れますね。

何しろ、それまで主力を務めていた人間が揃って戦力外ですからね。
1人は体力の限界を理由に引退(親父)、もう1人はまだまだ戦力にはなるものの腰と首に爆弾持ち(私)。
前回の引越し時はまだ小さくて、トラックの荷台で遊んでいるだけだったのがドラフト1位の即戦力で入団したんですが、これが練習嫌いの怠け者で…(弟)。
やればできるのに、文句ばかりであんまり役に立たなくて…。
見逃し三振は多いけど(ミスは多いけど)小技(掃除とか)が得意な二番打者と(母)、状況に応じたバッティングは苦手なものの(仕事をテキパキやらず)たまに大きな仕事をする(いざという時には何だかんだで頼りになる)六番打者(姉)が結局主力となっております。
おかげでなかなか終わりません。

まあ、何とか今日で大体のところは終わらせられそうではありますが…。

とにかく親父に怒鳴られてばかりで、精神的に疲れるんですよね。
自分が昔得意だった分、ちんたらやる我々に対してイラつくのはわかるんですが、半分は別に怒鳴るほどでもないようなことですから。
肉体労働をして疲れているところに、精神的に疲れるような追い討ちはやめてもらいたいところなんですが。
スポンサーサイト



1着 マツリダゴッホ
2着 ダイワスカーレット
3着 ダイワメジャー
4着 ロックドゥカンブ
5着 ポップロック
6着 ドリームパスポート
7着 レゴラス
8着 メイショウサムソン


11着 ウオッカ


以下略



というわけで、かなり意外な結果になりました。
それにしてもマツリダゴッホとは…。
せめてドリパスあたりだったら分かるんですがねえ。
いくら中山巧者とはいえ、ちょっと買えませんでした。

私の予想は大外れでしたが、姉の予想は当たったんですよね…。
名前の字面だけを見て選らんだ3頭の中にマツリダゴッホがいました。
素人予想ってすごい…、って私もまだまだ素人の域は出ませんが。
ていうか、そもそも自分の予想だけでは足りない気がしたので、全く競馬を知らない姉に選ばせたんですからね。
その目的から言えば買っておいて然るべきなんですが…。
結局、姉が選んだ馬をもう一回「私の考え」というフィルターに通してしまっているんですよね。
それでは姉に聞く意味がないというのに…。

サムソンが沈んだせいで人気馬が総崩れのようなイメージがありますが、8着までのメンツは順番はともかくとしてやはり実力上位の馬が並んでいます。
そういう意味では、これもアリだったのかな、と。
1着馬以外は、そこそこ順当な結果に収まったのではないかと。
まあ7着の馬がちょっとアレですけど(笑)



以下各馬雑感


マツリダゴッホ

いや、こんな強い競馬をして見せるとは思いませんでした。
中山で好成績を残していますが、阪神なんかどうでしょう?
もしかしたらメジロパーマーみたいな成績を残すかも。
グランプリの時だけ爆走する、みたいな(笑)


ダイワスカーレット

ホントに強いですね。
良馬場だったらまた違った結果だったかもしれませんが、それは全て馬に言えることですからね。
ウオッカとの勝負付けは完全にはついていないものの、とりあえず上に立ったのは間違いないでしょう。
来年の活躍に期待したいですね。


ダイワメジャー

最後までキルトクールでした(笑)
まあ、この馬とはそういう相性なのだともう諦めていますが。
二桁惨敗後の引退式なんてシャレにもなりませんし、この結果は万々歳だったのではないでしょうか。
現役時代より強力なライバルが多いですが、種牡馬としても頑張ってほしいです。


ロックドゥカンブ

来年以降の活躍を思わせる走りでした。
ただ、なんとかダイワメジャーに先着してほしかったですね。
いつか大きいところを取れる、そんな可能性を感じさせる走りだったと思います。
菊花賞の時も切りましたし、正直まだ実力を疑っていたんですが(笑)


ポップロック

またもイマイチな結果となりました。
年齢的にも先があまりありませんし、今回は最大のチャンスだったのですが。
来年も走るのでしょうか?
走るにしても、悲願のGⅠ制覇がちょっと遠くなった感じがします。
私的には、春の天皇賞が最後のチャンスかな、と。


ドリームパスポート

復活へ手応えアリ、ですね。
不利がなければ、もしかしたら掲示板に載れていたかも。
まだ完全ではないと思いますが、実力は誰もが認めるところですし、来年こそは復活してくれると思います。
そのためにはまず騎手を固定してもらいたいところですが…。


レゴラス

良く頑張りました(笑)
なんてったって、あのメイショウサムソンに先着したんですからね。
人間だったら一生の自慢話にするところです(笑)
まだ走りとしたら、次は人気になりそうですね。


メイショウサムソン

謎の大失速。
ありがちですが、目に見えない疲れが…ってやつでしょうか?
武豊の手綱も動きっぱなしでしたね。
押しても押しても前に行かないのが見ててもよく分かりました。
疲れさえ取れれば復活してくれるとは思いますが…。
次走に注目ですね。


ウオッカ

この馬に関しては、まあこんなものではないかと思います。
ダービーでは確かに強かったですが、その後は正直ちょっと人気が先行しすぎていたと思います。
とにかくマスコミが騒ぎすぎだと。
常に今年の競馬シーンの中心にいたので、そういう意味ではこの馬が年度代表馬なのでしょうが…。
ただ、戦前から不安要素がいくつもあったわけで、そういう意味ではまだ同情の余地はあるわけで。
それでも、ここまで崩れるとちょっと春先の栄光が霞んでしまった感が否めません。
サムソン以上に、次どんな走りを見せるか真価が問われると思います。



ところで、テレビで「マツリダ、マツリダ、マツリダゴッホだー!!」と実況していましたが、これって「祭りだ!祭りだ!マツリダゴッホだー!!」とも聞こえますよね。
意識して言っていたとしたら、なかなか味のある実況だとおもうのですが、どうでしょう?


とにかく、今年の有馬のことはさっさと忘れます(笑)

また来年頑張ることにします。