FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。
GWももうすぐ終わり、ということで、どこに行っても車だらけ。
家の前の海岸線は、あの向こう遥か彼方までずらーっと車の列ができています。
時間帯と車の向きやナンバーから察するに、この辺で遊んで帰る車の列だと思うんですが、こういう車の列を見るたびに、「こんな辺鄙なところによくもまあ…」と思いますね。
いやホント。なーんにもないですもん、ここ。
住んでいるとそういうものが見えないのかもしれませんが、客観的に考えてみても、せっかくの連休に遠くから来るほどの価値があるかと言うと。

・・・・・。

やっぱり何もないのでは…。
秋のみかん狩りとか、夏の海水浴とかは分かりますが、少なくともこの時期にこの辺に来る理由はないと思うんですけどねえ。
見所なんてなーんもないし、この地を代表する土産物なんかも何もなし。
人口だけは多いので都会のようなイメージはありますが、そうみせかけてド田舎な所。
うん、考えれば考えるほど来る価値のない所だ。
都心からはそれなりに離れてますし、ガソリン代も馬鹿にならないでしょうに…(笑)



さて、主要な道路はどこも長蛇の列ということで、そんな風にトロトロ走っている車の脇を自転車でスーッと抜いていくのは爽快でなかなか優越感にひたれたりします(ヤなやつ
いつもびゅんびゅん抜かれているのでたまには抜いてやんないと(笑)
でも普段この辺を走っていない車が多いので、道が分からずふらふらしてたりして結構危なっかしいんですよね。
裏道でもぶっ飛ばしてたり、かと思ったら急に止まったり。
あといきなり方向転換したり、窓から犬や子どもが首を出してたり(笑)
あと隊列組んで走ってる中年暴走族とか(笑)

暴走チャリンカーの私には走りにくくてしょうがないです(ぁ

これまで、人生の節目の時期に怪我や病気を繰り返してきた(大きな病気や怪我をしたからこそ節目のような形になってしまっているのかもしれませんが)ので、とにかく事故だけは起こさないように気をつけたいです。
スポンサーサイト



あー、青葉賞の回顧するの気が進まないんですよねー…。
それはもう、ものの見事に外したので…。
なんだいつものことじゃないかと言われたらハイそうですねと答えるしかないですが(笑)
ただ、その外し方が年にそう何回もないほど完璧な外し方だったもので。



青葉賞

1着 アドマイヤコマンド
2着 クリスタルウイング
3着 モンテクリスエス


ということで、カスリもしませんでした。
印をつけた馬で最高着順がニシノエモーションの5着。
9頭に絞ってそこからさらに5頭選んだんですが、残った4頭が1~4着を独占してしまいました(泣)
うう…いじめだ…。

アドマイヤコマンドはなかなか強い競馬でしたが、例年のレベルならダービーまで期待するのはどうか…ってくらいのレースだったと思います。
がしかし、空前絶後のどんぐりの背比べの牡馬クラシック。
本番でも勝負になる可能性大だと思います。

1番人気のマゼランは12着惨敗…。
直線では完全に走る気なくしてましたね。
調整の失敗か、他にかみ合わない要素があったのか…。
それともやっぱりクロフネ産駒はこの時期で駄目になってしまうってことなのでしょうか?




端午S

サクセスブロッケンは強かった!以上!

うーん…伏竜Sの上位馬が手も足も出ませんでした…。
今年の3歳はダートの方が逸材が多いですが、シルクビッグタイムなどと比べてもこの馬は数枚上のような気がします。
ここまでダートばかり使われて全て圧勝しているわけですが、案外ダービーに出てみたりしても面白いんじゃないかなー、とか思ってみたり。



朱雀ステークス

実は先週のレースで心情的メインはこのレースだったり(笑)
私のイチオシ馬、ヒカルオオゾラがこのレースを勝ち、めでたくオープン入りしました。
前走の準OPは道悪と伏兵に足をすくわれクビ差2着。
しかし、良馬場なら突き抜けていたと思われます。
それを証明するかのように、今回はトップハンデにもかかわらず3馬身差の圧勝。
やはりここでは力が違った感じです。
前からも後ろからも末脚が使える馬で、順調に行けばGⅠ戦線をにぎわすのは間違いないと思います!
まずはOP特別なりGⅢなり勝って秋に備えて賞金を増やしてほしいですね。



スイートピーS

アロマキャンドルが勝ちました。
…が、正直オークスで通用するような内容ではなかったのではないかと。
今回の末脚はなかなか見事でしたが、基本的にはこの馬距離は短めのほうがいいと思うんですよね。せいぜい2000まで?
2400はさすがに長すぎかと。