FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。
ブロッケン追加登録料払ってダービーへ


これは楽しみなニュースが入って来ましたね~。
ダートでぶっちぎりの圧勝を続けているサクセスブロッケンが、追加登録料を払ってダービーに参戦するそうです。
前々からダービーに出ても面白いんじゃないかと思っていただけに、調教師と馬主の英断に拍手ですね。
シンボリクリスエス産駒は芝の活躍馬のほうが多いですし、母も芝で活躍した馬。
最大のダークホース…どころか本命候補と言っても差し支えないでしょう。
こういう取捨に困る馬は馬券を買う立場からすればあまりありがたくないかもしれませんが(笑)

しかし勝った場合、次のレースはどうするんでしょうね?
元々脚元が弱いためダートを使ってきたとのことですし、ここまで大事に使われてきているところを見ても無理使いはできないでしょう。
芝路線を進むのか、ダート路線に戻るのか。或いは両刀?
負けたらダートに戻ればいいだけですけどね(笑)
勝たなくても惜敗だったらどうするのか?とか、興味は尽きません。

ライバルと呼ばれていたカジノドライヴは先日アメリカで衝撃的なパフォーマンスを見せ付けました。
実績面を考慮すれば遥かに上に立っていたブロッケンに対して未勝利戦を勝っただけの馬をライバル呼ばわりすることには正直違和感を覚えずにはいられませんでしたが、先日の一戦でカジノはブロッケンのライバルと呼ばれるに相応しいということをあっさり証明して見せました。
むしろ現時点で両者の立場は逆転したと言えるかもしれません。
日本のOP戦勝ち馬とアメリカのダート重賞勝ち馬。
どう考えても後者のほうが格上ですよね。
たとえその勝ちっぷりがいかに圧倒的だったとしても、所詮はOP戦なんですから。
両者が競い合ってこそ輝くライバル物語、今度はブロッケンが力を見せる番です!
スポンサーサイト



1人でトリプルプレー達成 大リーグ・インディアンズ


これは珍しいですねえ~、1人での三重殺。
またの名を無捕殺三重殺。
完全試合よりもはるかに少ないプレーで、大リーグでも14回しか記録されていないとか。
まあトリプルプレー自体が約300試合に1回しか出ない非常に珍しいプレーですからねえ。
それを1人でやるってんですから、ありとあらゆる偶然に恵まれなければ達成は不可能でしょう。
今回の場合、エンドランがかかっていたのと、ベースの付近に打球が飛んだのが決め手でしたね。
しかしエンドランがかかっていたとは言え、ライナーをセカンドが捕った時点で1塁走者は2塁ベースを回っていたって…どんな足の速さなんでしょうね(笑)
せいぜいベースの手前までが関の山だと思うのですが。。。

ちなみに日本では過去に一度しか記録されていなかったと思います。
昔読んだのでうろ覚えですが、2人目がアウトになるまでの過程は今回のケースと同じで、3人目だけ違ったのではなかったでしょうか。
たしかライナーを捕られたことに気付かなかった1塁ランナーがそのまま走ってきたところをタッチして成立、という感じだったと思います。
コレもまた、偶然の産物ですよね。
1塁ランナーが途中で気付いて塁に戻っていたら、少なくとも1塁に送球しなければトリプルプレーは成立しないわけで、その場合送球した時点で捕殺が記録されてしまいますから無捕殺ではなくなってしまいます。


観に行った野球の試合で、ノーヒットノーランを目撃するのは野球ファンにとって最大の幸運である、という言葉があります。
滅多に起こらない試合を目撃できたということが幸運であるのは間違いないですが、それ以上に、完全試合を含めて、ノーヒットノーランの試合ほど1球1球に集中し、熱狂し、興奮できる試合はないというのがその言葉の最大の意図するところです。
今回のプレーは一瞬で終わってしまう出来事ですし、興奮するような類のものではありませんが、10年20年に1回しか起こらないプレーということで、これを観戦していたファンはやはり幸運だと思いますね。