FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。
いつからここは競馬ブログになったんだ?っていうくらい競馬のことばかり書いてますね…(汗)
他に書きたいことがないわけでも、ネタがないわけでもないんですが、気がつくと競馬のことばかり書いている…やっかいですな、競馬病(笑)

今日仕事に出かける時、家を出てすぐの所で学校帰りの小学一年生と思しき子供とすれ違ったんですが、その時に元気よく「こんにちは!」と挨拶されました。
あまり唐突だったものですから、面食らってしまい、呆けながらも「オ、オッス!」とどもりながら返すのが精一杯でした(笑)
それに対して子供はもう一度会釈して、元気よく駆けて行きました。

うーむ、今の荒んだこの世の中にこんな旧き良き時代の原風景に出くわすとは…。
不覚にもちょっと感動してしまいました(笑)

まああの年齢くらいまでは、子供もまだ素直ですからね~。
もう2年くらいすると、無駄に知恵をつけてしまい、大人の言うことも聞かなくなってしまいます(笑)
上と下に分けて、小学校高学年と低学年と言いますが、あのあたりが境目なのではないでしょうか。
あの子もあの素直さを持ったまま成長してくれればいいのですが(笑)


それにしても、最近は本当に挨拶をしなくなりましたよねー(自分もですが)。
近所の人に挨拶しても聞こえてないのか何なのか、無視されることも多いですし、小声でボソボソ言われるだけだったりってことが非常に多いです。
子供にこんな風に挨拶されたのなんて生きてて初めてですし。

それどころか、以前保育園の隣を通っている時、柵の内側に居た4歳くらいのガキに、いきなり「おい、ブタ!」とか言われましたからね(爆)
さすがに「プチッ」と来ましたが、相手にするのも大人気ないですし、冷静を装ってその場を離れましたが、腹の中ではよっぽどぶん殴ってやろうかと思いましたよ。
なにぶんずいぶん前のことなのでよくは覚えていませんが、確か10秒くらいそいつのことを柵の外から睨んでいたような…って全然冷静じゃありませんね(笑)
挨拶しないならまだしも、知らない人に対してそういうことを平気で言うって、親はどんなしつけをしているんでしょうね?
その子供も今は小学校の高学年になっているはず。
はてさて、どんな風に成長しているのやら…。


何はともあれ、挨拶は大事!
ということを、不覚にも小学生のお子ちゃまに学ばされた午後のひと時でありました。
スポンサーサイト



ポルトフィーノ骨折、母娘3代オークス制覇の夢消える


今度はポルトフィーノが故障…orz
それともまたもやと言うべきでしょうか?
オークスでこそ、と思っていただけに残念でなりません。
エアグルーヴが大好きだったので、オ-クスはこの馬と心中しようと決めていたんですけどねえ…。

これでオークス母娘3代制覇の夢も泡と消えました。
来年以降もエアグルーヴ産駒はデビューするとは言え、全てが牝馬とは限りませんし…。
牝馬が生まれても順調にデビューできるとは限りませんしねえ…。
アドマイヤグルーヴは不完全燃焼で敗退、イントゥザグルーヴはトライアル惨敗で権利取れず。
そして今度こその期待を抱かせたポルトフィーノは直前で骨折…(涙)
言葉で偉業だとか言うのは容易いですが、こうして見ると2代制覇でさえとてつもない偉業なんだなと改めて思わされます。
挑戦した結果敗れたというのならまだ納得できるんですけどねえ。
勝負の舞台に上がることなく…というのが無念でなりません。
全治3ヶ月以上ということで秋の復帰も微妙…。
こうなった以上はしっかり治して万全の体調で来年出てきてもらいたいです。


それにしても、最近のユタカは本当に巡り合わせが悪いですね…。
乗り馬が故障で出走取り消したり、怪我したり。
NHKマイルの上位3頭も以前乗っていた馬ばかりですし。
ダービーのステップレースもことごとく以前乗っていた馬に先着されましたしね。
1ファンとして、どこかでこの流れが止まることを願うばかりですが…。