FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。
黒です。今も昔もこれからも。
まあトシ取ったら白くなるかもしれませんが(笑)
ていうか、既にパッと見で分かるほどチラホラ白いのが見えるんですよね…。
いくら何でも早すぎるんじゃないかと思うんですけどねえ。
我ながら苦労しているんだな、と(笑)


まあ髪を何色にしようと個人の自由と言ってしまえばそれまでですが、個人的に髪を染めるのは好きではありませんね。
お金もかかりますし、手入れも面倒ですし、何より似合いませんし(笑)
上にも書いてある通り、今後も自分から積極的に髪を染めることはないでしょうね。
染めなきゃならないような状況に陥ったりしない限りは…(ってどんな状況だ?)。

自分以外でも、髪を染めている人を前にするとちょっと構えてしまいますね。
人を外見で判断するべきではないと言っても、判断材料が外見で見分けるしかないってことは結構多いですからね。
まあこげ茶くらいなら特に問題なし。
普通の茶髪もまあ今の世の中いくらでもいますし…。
さらに薄くなって白くなっていくとさすがにどうか…というのが私のイメージですね。
お年寄りの女性で、よく緑とか紫とかにしている人がいますが、さすがにあれはどうかと…。
はっきり言って似合ってませんし、もっと言えばキモチ悪いです。
ま、私の考えが古いだけかもしれませんが。


ウチの姉も髪染めていないんですが、ちょっと茶味がかっていて、日に当たると茶髪に見えたりするんです。
よく見ると、黒髪に3割くらい濃めの茶髪が混じっていて、根元のほうが茶色く、毛先に向かってだんだん濃くなっているようです。
天然の茶髪ということで、結構友達にも羨ましがられていたようです。
自分で染めようとしてもそう上手くはいきませんし、確かにあれはちょっとうらやましいかもしれませんね(笑)
スポンサーサイト



もうすぐ交流戦が始まるようですね。
イマイチきちんと日程をチェックしていないので、いつ始まるのかは知りませんが(爆)、周りの反応を見る限りはそろそろ始まるのでは?(ぁ
ということで、各チームの戦いぶりなんかの感想なぞを適当につらつら書いてみたいと思います。



阪神  現在1位


今年は素晴らしいスタートダッシュを見せましたね。
巷でさんざん言われていることですが、やはり先発投手の安定が快進撃の最大の要因ではないかと。
元々投手力、とりわけ救援陣の力には定評があったチームですし、先発が安定すればこれくらいの強さはあるチームだと思います。
ていうか、そもそも昨年の安藤や福原がひどすぎたってだけですし。。。

現在は開幕直後の勢いには翳りが見えてきてますね。
安定していた先発から福原・アッチソンが故障で離脱。
他の先発陣も打ち込まれる場面が見えるようになってきました。
現状では下柳が先発陣ではエース格になってますが、これはどう考えてもうまくないでしょう。
性格的にカッカしやすく、味方のエラーにグラブを叩きつけるなんてこともしますし、年齢的な面でもエースをやるべき投手ではないのではないかと。
やはりベストは安藤が軸になることなんでしょうが…彼もなかなか一皮剥けてくれませんねえ…。
何だかんだ言っても、毎年確実に200イニング投げて2ケタの勝ち星を挙げていたイガーくんは偉大だったということですね。

救援陣は相変わらず安定していますね。
しかし安定している反面、ここが打たれると弱いのも阪神の弱点。
JFKが打たれた試合は負けることが多いですし、言ってみればここが阪神の生命線ですね(まあリリーフが打たれても勝つというのはどこのチームでもそうあることではないですけど)。

そのJFK。
Jは外国人、Fは大リーグ希望、Kは勤続疲労と、それぞれが爆弾を抱えています。
とくに久保田は今年調子悪いですしねえ。
岡田監督は使い続けるつもりのようですが、いっそ二軍に落として一ヶ月くらい休ませたほうがよいのでは?
このままの使い方を続ける限り、今年中の久保田の復活はないかと。
FKもいついなくなるか分かりませんし、そろそろ次を考えたほうがよいのでは。

野手陣のほうは、まあ可もなし不可もなし。
赤星が出て新井・金本が返す。
非常にバランスのいい攻撃陣ですね。
守備も含めて、良くも悪くも平均的な戦力だと思います。

今岡の絶不調ぶりが問題になっていますが、これは前々から予想できたこと。
打点王になったりして目立っていませんでしたが、首位打者を取った年をピークに年々打撃成績は下がっていましたしね。
守備がザルである以上、この打撃では使う意味がないとは思いますが、代わりがいないのがネック。
試合で使いながら復活を待つってことになるのでしょうか。

今岡も問題ですが、最大の問題は野手陣の高齢化。
スタメンを見ても、若手と呼べる選手は鳥谷一人。
金本・矢野は言うに及ばず、赤星でさえ30を越えています。
主力が抜ける時期がJFKの崩壊する時期と重なった場合―その可能性は高いですが―低迷期に逆戻り…なんてことも考えられます。
せめて矢野の後釜(狩野?)だけはしっかり育てておかないと。

数年後のことは分かりませんが、今年ここからガクーンと落ちることも考えられません。
他のチームの状況を考えれば、最低でもCSには出れるでしょうね。


キーマン(この二人が抜けたらチームは終わり)

投 藤川(最後の砦)
打 新井(単純に打撃能力で)


続く