FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。
横浜   現在6位


現在最下位を独走中(爆)
開幕前から苦戦するだろうことは予想していましたが、
よもやここまでブッちぎるとはさすがに思いませんでした(笑)


このチームの場合は何を置いても投手が問題。
野手のほうは基本的に問題なし。
ていうか、俊足、巧打、長距離砲、クラッチヒッターと揃っていて、
打線のバランスの良さはセでも上位に位置すると思います。
点を取るのが下手なのと、
投手陣とのめぐり合わせが悪いのが問題ですが。
って問題あるじゃん(爆)


いずれにしても、問題は野手よりも投手。
とりあえず、三浦以外先発がいないという状況をどうにかしましょう。
一応毎年ポツポツと活躍する選手は出てくるんですが、
なかなかローテーション定着とまではいかないんですよねえ。
門倉しかり、寺原しかり。
そういえば工藤はどうしているんでしょう?
帰ってきたらローテに戻るんでしょうかね?
今のメンツを見る限り、ローテに入るのはそう難しくないように思いますが。

三浦もねえ、ホント気の毒ですよねえ。
防御率1点台なのに2つ負け越すなんて、
そう簡単に出来ることじゃないですよ(笑)
横浜以外のチームにいたら、楽々150勝くらいしていたでしょうねえ。

先発陣もコマが足りないが、中継ぎ・抑えも同じくらいに壊滅的。
とにかくある程度失点を計算しなければならないピッチャーばかりで、
ベンチは心休まる時がない。
ていうか、コマが足りない先発陣から寺原を引っ張ってきている時点で、
どれだけ苦しいか、その台所事情が窺い知れるというもの。
今中継ぎをやっているメンツを眺めてみても、
ここから調子を取り戻すとか、上積みを見込める投手が全くいない。
いっそのことベテランと若手を総入れ替えしてしまったらどうでしょう。
意外なところから掘り出し物が見つかるかもしれませんし、
既に最底辺にいる今、恐れるものは何もないかと(笑)


今年も最下位濃厚。低迷期脱出は遠い。




キーマン(この二人が抜けたらチームは終わり)

投 三浦(説明不要。文字通りの大黒柱)
打 誰だろ?村田くらいしか候補がいないが。

スポンサーサイト



広島   現在3位争い


毎年毎年主力を他球団に取られ…。
今年はついにエースと4番が出て行ってしまいました(涙)

というわけで、新しく4番に座った栗原ですが、
金本が出てっ行った直後の新井よろしく4番の重圧に悩まされています。
相手のマークもキツくなっているんでしょうねえ…。
次のバッターがあまり怖くないバッターなので、
相手投手もフォアボール覚悟でストライクゾーンを広く取れますしねえ。
しかし、ここは我慢の時。
新井が極度の不振を乗り越えて押しも押されもしないカープの4番に育ったように、
今年の経験は必ず今後に生きてくると思います。
カープのスタメンは他球団と比べても若手が多く、平均年齢も20代。
つまり、まだまだ成長途上の未完成のチームということ。
今は3位争いに加わるので精一杯ですが、各選手が順調に成長した場合、
来年以降セ・リーグの台風の目になるかもしれません。
3位争いをしている以上、育成に専念することはできないと思いますが、
栗原が一人前の4番になるよう、長い目で見守ってほしいと思います。

今年売り出し中の赤松、阪神時代から素質は高く評価されていましたが、
ここに来てようやくその才能が開花したもよう。
まだ荒削りですが、今年一年レギュラーを張れれば、
来年以降、赤星のような存在になれると思います。

若い選手が多いので仕方がないのかもしれませんが、
長距離砲がいるわけでもないのにやけに攻撃が大雑把な気がします。
1試合で14安打放って3点とか5回まで10安打放って2点しか取れないとか。
うまく回れば二ケタ取ってもおかしくないというのに…。
まだ必死にやるだけでなかなか細かいところまでは手が回らないのかも
しれませんが、そういったところも改善していかなければならないと思います。


打撃陣に比べると投手陣はかなり貧弱。
形の上では黒田から大竹がエースの座を引き継いだことになっていますが、
正直なところ役不足です。
現状では中4日でフル回転しているルイスと、
好調のベテラン高橋建の両輪に全てがかかっている感じ。
大竹が昨年並みに投げられればまだ希望があるんですけどねえ…。
ただ、ルイスはいついなくなるか分からない外国人。高橋建は39歳のベテラン。
今年はともかく、この2人が活躍しても来年以降には繋がって行きません。
やはり生きのいい若手が何人か出てこないとブルペンが活性化しませんよね。


地力ではやっぱり巨人に劣りますし、CS出場は厳しいかなあ。


キーマン(この二人が抜けたらチームは終わり)

投 ルイス(絶対的先発のコマ不足)
打 アレックス(栗原1人じゃ荷が重い)


ぐずぐずしていたら交流戦はもう目の前!
詳しく書いている暇はないので要点だけちょこっと。
ていうか、元々これくらいに収めるつもりだったんですが(笑)


そうそう、ヤクルトじゃなくて東京ヤクルトだろ!
というツッコミは受け付けておりませんのでご容赦を。


ヤクルト  現在3位争い

開幕シリーズは巨人に3タテを食らわせる好スタート。
その後も青木・田中・宮本を中心に打線がよく繋がり、
下馬評以上の戦いぶりをみせています。
青木が離脱した後もあまりその影響を感じさせない戦いぶり。
野村監督時代からの、「なぜか上位に来るヤクルト」は健在なのかも。
懸念材料としては、青木と宮本が五輪期間中いなくなること。
田中はシーズン通してこの打率を維持できるか疑問ですし、
大砲がいないこの打線で二人の離脱は致命的かも。
代わりとなる野手の選手層も厚いとは言えませんし、
先のことを考えると…うーん…。

投手陣は小さなエース石川が復調。
5月はちと下降線ですが、試合を壊したのは1度だけですし、
そこまで問題ではないのではないかと。
問題はそのほかの先発陣。
村中くらいしかまともな先発がいないってのはちょっと…。
館山、川島とこのあたりが確実に二ケタ勝ってくれるようにならないと、
ヤクルトの未来は暗いと言わざるを得ないでしょうね。
ていうか、石川がエースをやっているようじゃ駄目だと思う。
中継ぎが頑張っているだけに、先発さえまともなら…と思ってしまいます。

中継ぎと抑えは去年より確実にランクアップ。
特に抑えのイムの安定感は藤川並みかも。
中継ぎ陣も新戦力や若手が力を発揮し、ロケットボーイズ全盛時以来の安定感。
今のところ、この点に関してはあまり問題はないと思います。
とりあえず、五十嵐の時代は終わったと。


安定感という意味では広島より上だと思いますが、選手層の薄さがネック。
オリンピック期間にどれだけ踏ん張れるかがカギかと。
個人的予想では、3位争いで最初に脱落するのはここではないかと。



キーマン(この二人が抜けたらチームは終わり)

投 石川(エースですからw)
打 宮本(攻守の要であり精神的支柱)