FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 05月 に掲載した記事を表示しています。

宝塚記念の前哨戦、金のシャチホコ賞。略して金鯱賞(爆)

ワケわからんわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

このレースは毎年各路線からかなりのメンバーが揃うので、
GⅠレース以外では1・2を争うくらい好きなレースだったりします。
時期や立ち位置は全然違いますが、距離とコースが同じの昔の宮杯の
伝統を受け継いだレースと言えるのではないでしょうか。


◎サクラメガワンダー
○エイシンデピュティ
▲ローゼンクロイツ
△アドマイヤオーラ
×カネトシツヨシオー


◎サクラメガワンダー
前走は出遅れとユタカのファインプレーに阻まれて際どいハナ差の2着。
しかし休み明けや斤量差、そして負けた相手がオーシャンエイプス
だったことを考慮すれば決して悲観するような内容ではなかったと思います。
一叩きされたここはまさに走りごろ。
本来ならGⅠを走っていてもおかしくない馬だと思いますし、
そろそろオープン番長の座から抜け出したいところですね。

○エイシンデピュティ
前走の大阪杯、あのメンバー相手に2着は見事。
距離不足とか調整失敗とか言われていたとは言え天皇賞2・3着馬
に先着した実績は素直に評価したいと思います。
今回もベストの2000m。
道悪は走ると思いますし、ここでも充分勝ち負けかと。

▲ローゼンクロイツ
コースに抜群の適性を示す中京巧者。
前走は同じ舞台で行われた中京記念で7着と案外な結果に終わりましたが、
休み明けトップハンデで、4角先頭と積極的にレースを運んでの0.2秒差。
歴代の勝ちタイムを見ても高速決着が多く、
このコースのレコードを持っているのが当馬であることを考えると
ここでも外せない存在かと。

△アドマイヤオーラ
金杯に始まって京都記念、阪神大賞典、そして天皇賞と、
ことごとくアドマイヤに難癖をつけては返り討ちに(爆)
いつもなら「ドバイ遠征明けだから」とか何とか難癖つけるところですが、
ことここに至っては逆らわないのが賢明かなと(笑)
まあ実際のところドバイ明けが不安なのは確かですが、
能力は折り紙つきですし、順当ならあっさりもあるのではないかと。

×カネトシツヨシオー
天気とともに荒れ模様な最近の重賞戦線。
先週も東海Sでド万馬券が飛び出しました(ついでにオークスも)。
有力馬が揃ったここは格でそのまんまスンナリいって欲しいところですが、
どの馬もそれなりの事情を抱えていて、どうも波乱の匂いが抜けません。
というわけで、ここは当馬を穴指名。
京都金杯では斤量2kg差あったとは言え、
今回最有力馬のアドマイヤオーラとクビ差、
エイシンデピュティとはクビクビ差の接戦を演じています。
渋った馬場に小回りの中京、追い込み不発は充分考えられますが、
流れひとつで突っ込んでくる可能性もあるかなと。




良馬場で見たかったところですが、まあ天気を恨んでも仕方ありませんね。
まさにGⅠ級のメンバーが揃ったこのレース。
春競馬のクライマックスに主役として名乗り出るのは果たして誰か。
注目したいと思います。

スポンサーサイト




ふっふっふ。私に親のこと語らせたら長いですよ(爆)

あ、私はファザコンでもマザコンでもありませんから。悪しからず。
最初の文がアレですのでちょっと誤解を招きそうかなあ、と(笑)

とりあえずあんまり長々と語っても仕方がないので適当に。
まずは母親からです。(=´ー`)ノどうぞ


えーひと言で言うと天然です(爆)
そのひと言で全てを言い表せる気が…。
とにかく勘違いが多くてしょっちゅう家の中でもトラブルを起こしています。
でも親父が働けない中ずっと一人で家計を支えて来ましたし、
失敗は多いですが何事にも一生懸命取り組む人です。
小柄なので家の中をいつも忙しなく動き回っている印象がありますね。
ついでに言うといつも笑顔でニコニコしています。
天然ボケキャラで、よくドジをして、でも一生懸命で、いつも笑顔でニコニコ。
…何だか漫画の世界にいそうなキャラ立ちですね(爆)


親父が超のつく自己中で、時代遅れなくらいの亭主関白で、
ありえないほどのオレ様主義なので、
その子である我々姉弟は正直うんざりしているんですが、
この母親は一向に意に介さないんですよねえ。
まあたまーに爆発することもありますが。
喧嘩する2人を見て、子供心に「何で離婚しないんだろ?」と思っていました。
っていうか今でも思っていますが。
とりあえずあの親父の相手が出来るのはお袋だけ。
これは確実に言えることだと思います。
現代の価値観を持った女性なら3日ともたずに別れるでしょうね(笑)


化粧はまったくしませんねえ。
って原因は実は私の心ない一言にあったりなかったりするんですが(汗)
まあ元々化粧気はなかったらしいのですが、私が5歳くらいの時に
友人の結婚式に行くとかで珍しく化粧をしていたんですが、
見慣れない母の姿を見て私が一言「魔女みたい…」と…(爆)
ええ、子供って素直であるがゆえに残酷ですよね(笑)
それ以来、私が知る限りでは1度しか化粧はしていませんねえ。
とりあえずこの場で謝っておきます。ごめんなさい。


そうそう、女性の天敵であるゴッキーを全く苦にしませんね。
親指ほどの大きさのゴキでも平気で素手で叩き潰します(爆)
私もあんまり苦手な方ではないのですが、さすがにそのサイズの
ゴキに素手で立ち向かう勇気はありませんね(笑)
姉はゴッキーが苦手な女性そのまんまなんですが…。
親子でもやっぱり似ないことってあるんですねえ。


親父もお袋にはそれなりに感謝はしているようですが、
いかんせん言葉や態度に表さないものですからねえ…。
私的にはあの親父に連れ添っているというだけで、
それだけで尊敬してしまうのですが(爆)、
それを抜きにしても、尊敬できる素晴らしい母親だと思います。
家族の中の誰か一人のために何かをするとしたら、
私は母のためになることをすることを選ぶでしょうね。

そのうち恩返しがしたいなあと思いつつも、
迷惑をかけ続けてしまっている、今日この頃です(笑)