FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 07月 に掲載した記事を表示しています。


うう…暑い…。
うっかりすると脳まで溶けそうです(笑)

今日は朝から親父に強制連行され、
東京ビッグサイトで行われた東京国際ブックフェアに参加してきました。
何もこの暑い中でわざわざ人のたくさん集まるところに行かなくても…。
ていうかこういうイベントはもっと涼しい時に開催してほしいです(笑)
車の中も暑いし、外に出ても暑いし、会場の中はもっと暑いし…。
帰ってきたら文字どおりバタンキューでした(笑)

このブックフェア、毎年開催されている日本最大のブックフェア(多分)
ていうか他にブックフェアと名のつくイベントがあるのか知りませんが(爆)
高校1年の時に親父に拉致られて参加した時以来なので7年ぶり?
あの時は子供だったのでこのイベントの楽しさが分かりませんでしたが、
今回はなかなかに楽しめました。
まあ個人よりも企業などが商談をするのが
メインになっている面がありますからねえ。
回っていても高校生以下と思われる人はほとんどいませんでしたし…。
子供が行くにはちょっと敷居が高いかな?と思います。
楽しめるのはせいぜい集英社のブースくらいかと(笑)

外国のブースもいくつかあるんですが、
これが各国の特色が出ていて面白かったです。
展示品はもちろんですが、担当者の態度にもその国の特色が(笑)
韓国のブースはとても力が入っていて
展示品も豊富で担当者も親切で積極的なんですが、
中国はまるっきりやる気なし(笑)
スペースも狭いし参加している出版社も中国の出版社の中では
それほど大きなところじゃありませんでしたし。
何より担当者が“みーてーるーだーけー”(笑)
図書目録が中国の紙の匂いがして(当たり前)
妙に懐かしさを感じさせてくれたことだけが収穫でした(笑)

他に気になったのはナントカカントカという(爆)外国語学習ソフト、
JUST SYSTEMの文章校正ソフトですかね。
そのほかにも色々たくさん、新しいものを発見できました。
自分から積極的に来たいとは思いませんが、
親父に連れて行かれたものの中では
“珍しく”行って良かったと思えなくもないイベントでした(笑)

そうそう、親父について「教育関係者」の札をつけていたので
その関係の呼び込みが多かったです(笑)
まあ私もその辺、特に外国語に関しては
興味を持っているので構わないんですけどね。
このジャンル分けって何か意味あるのかなと思っていたんですが、
その疑問は自分の身を持って解決されることになったのでした(笑)




白毛馬初のGⅠ制覇が期待されたユキチャンですが、
残念ながらじんましんにより競争除外だそうで。
ユタカファンからは「またぁ!?」という声が聞こえて来そうですな。

仕方ないので印打ち直し。

◎ナンヨーリバー
○サクセスブロッケン
▲イイデケンシン
△スマートファルコン
×モエレラッキー

まあ特に何が変わるわけではありませんけどね。
これで人気吸ってくれる馬がいなくなりましたし
ブロッケンを狙う手はなくなったかと。
ついても1.1倍が限界でしょうからねえ。
だったらナンヨーリバーで勝負したほうが妙味があるかと。




3歳ダートの大一番、ジャパンダートダービー。
今年はダート無敵のサクセスブロッケンが参戦。
さらに白毛馬初の重賞制覇したユキチャンに、
それぞれ交流重賞を勝っている2頭が参戦と
JRAのほうはなかなかのメンツが集まりました。
対照的に地方馬のほうはちょっとメンバーが手薄な感じ。
去年のフリオーソの再現は厳しい気がします。

◎ナンヨーリバー
○サクセスブロッケン
▲ユキチャン
△イイデケンシン
×モエレラッキー


◎ナンヨーリバー
前走は出遅れながらも力の違いで楽に勝利。
やや強引な競馬でしたがそれでも勝つあたり
この馬の強さを垣間見た気がします。
すでに地方で競馬をしたことがあるというのも強み。
前走後はここを目標に順調に調整され、
ヤネもここを知り尽くしているウチパクということで、
軸としてはブロッケンより確実かもしれません。

○サクセスブロッケン
ダートでつけた着差の平均が8馬身という怪物。
ただ、前走果敢に挑戦したダービーはシンガリ負け。
馬場か距離か、あるいは両方が原因かもしれませんが、
ここまで負けるのはさすがに想像外でした。
実力的に抜けているのは間違いないと思いますが、
急遽芝レースに方向転換したことと初めての負けがどう出るか…。
そう考えると前日オッズ1.1倍は???と思いますね。
ユキチャンがもっと人気を吸ってくれれば買い時かも。

▲ユキチャン
メンバーに恵まれた感のある前走ですが、
タイムと内容はなかなかでした。
最後は流していましたしもう少し詰められる余裕もありましたね。
しかしここは牡馬との混合戦。メンバーもかなり揃っています。
楽にハナを切れるメンバーじゃありませんし、
さすがに人気になりすぎなのではないかと。
個人的に勝ちきるのは厳しいと思いますが、
複勝圏なら結構な確率で残れるのではないかと。

△イイデケンシン
UAEダービー以来久々の出走。
UAEダービーの8着は…ビリにならなかっただけ頑張った?
色々と不確定要素が多すぎて強くは押しづらいですが、
唯一のGⅠ馬として意地を見せてもらいたいところ。
厩舎には勢いがありますし、それに乗っていければと。
同厩舎による芝・ダートのダービーダブル制覇なるか?

×モエレラッキー
かなり小粒なメンバーの地方馬の大将格。
前走はドリームスカイに敗れましたが、
展開もろもろ考えたら強い競馬をしたのはこちらのほうだと。
中央勢の壁は厚いですが、うまく立ち回れば3着くらいは…。



とにかくサクセスブロッケンがどう出るか、
すべてはそこにかかっていると思います。
展開次第ではあっと驚く結果になる可能性も。




忙しい!忙しすぎる!
宿題と仕事と試験に追われててんてこ舞いです。
とてもじゃないですがブログを更新している暇がありません(T_T)

あ、そういや英検の1次試験なぜか受かっちゃいました。
おかげで2次試験に出なければならないことに…。
やだな~、人前で話すの苦手なのに英語でとか絶対無理だし。
時事問題を扱うことが多いのでサミットのことなんか
出てくるんじゃないかとか言ってました…。
うわー、考えれば考えるほど絶望的だ…。
いっそのことケツまくっちゃおうかな(爆)


で、忙しい中微妙に暇を見つけてダビスタDSをやってました。
ダビスタは競馬ゲームの中では最もポピュラーですが、
私的にはそれほど好きでもなかったり。
位置づけ的には スタホ>ウイポ>ダビつく>ダビスタ って感じ。
携帯ゲーだからやる気になったって感じですかね。
前に出たウイナーズサークルがあまりにも酷い出来でしたので(笑)


上の中でスタホだけは家庭用ゲームじゃないんですよね。
成人式の日、式の後に友達とゲーセンに行って
初めてやったんですが、かなーりハマりました。
しかしメダルゲームなので懐の痛みが激しい…ということで
評判とかは気にせず目に付いたものを適当にヤフオクで購入。
それが当時のダビつくとダビスタの最新版でした。
で先にダビスタをやったんですが、実況がないことにショックを受け放出(笑)
やっぱ声があるのとないのとでは随分違いますからねえ。
しかもスタホは杉本さんが実況やってましたし。
基本10人用の筐体だからこそできることだとは分かっていますが、
やっぱり声がないと物足りないですからね。
というわけで、ダビスタは「お前やる?」「やる」「じゃあやる」
という文字にして読むとイマイチ分かりにくいやりとりの結果
友達の家にお嫁に行きましたとさ(笑)
でその次にやったダビつく、これはハマりました。
総プレイ時間は1000時間を軽く越えているのではないかと(爆)
まあ暇だった時代だったからこそできたことですけどね。
実況もありましたしこれの続編が出たら迷わず買おうと思っています。
で、現在進行中のウイポ。これは独特のシステムがいいですね。
実況はありませんがこのシステムの前には関係ない!って感じです。


って何の話をしていたんだっけ(笑)
そうだ、ダビスタDSだ。
まあ半分はキャスパーさんに感化された部分が(笑)
それはさておき、いざプレイ!

あっさり破産しました(爆)

これは意外と難易度高いですねー。
ある程度軌道に乗るまでは常に破産と隣り合わせです。
2回目は自分の馬に複勝5000万円賭けを
3回成功させて何とか軌道に乗せました(笑)

気になるのは戦法としての逃げが弱すぎること。
道中先頭を走っていた馬はほぼ例外なく直線で逆噴射。
よほど力の違いがなければまず逃げ切ることはできませんね。
あと新馬戦を勝つのが難しすぎる!
2着や3着でも快挙と言っていいくらい。
普通の馬はほとんど2桁着順に大敗します。
他にはレースを必ず見なきゃならないので時間がかかる。
パドックを見る時見たい馬を選べない。
ってあたりが気になるところですね。
まあそれでもさすがに1番支持されている競馬ゲーム。
ウィナーズサークルとは雲泥の差です(笑)
何しろウィナーズは最初に持った馬があっさり
3冠取っちゃったりするゲームでしたから(爆)


で、8年目くらいにフローラSで重賞初制覇。
14年目くらいにフェブラリーSでGⅠ初制覇。
そして23年目、これは!という馬が誕生しました。
新馬戦勝ちから破竹の5連勝で阪神JFを勝ち、
悲願のクラシック制覇が見えた!と思ったその時!

データが消えました…orz

寝ぼけた頭でやっていたのが悪いのでしょうが、
なんとなくボタンを連打していて気づいたら消していました(爆)
プレイ日記でも書こうかと思っていたんですけどねえ。
これですべておじゃんです(T_T)

はあ…。何か一気に冷めた…。
またやる気が起きるまでしばらく封印します…。




もはやドラのことについて書く気があまりしなくなってきた今日この頃。
阪神に3タテを食らい、巨人には序盤大量失点と
終盤中継ぎがリードを守れずという、それぞれ最悪の形での負け越し…。
何つーかこう、どこがいいとか悪いとかじゃなくて、
全体としての流れが悪い方向に向かっているという感じです。
これで阪神とは11.5ゲーム差。
まあ完全優勝はとっくの昔に諦めているので、
今さらこの差がどれだけ開こうがさしたる問題ではないのですが。
それより問題は巨人との差が0.5ゲーム差しかないってこと。
2位と3位では気分的にもCSでの興行的にも随分違いますからね。
何とかこのポジションだけでもキープしてほしいところですが…。

それにしても6.5ゲーム差のタイガース戦。
竜虎決戦だの首位攻防戦だのって、
毎度のことながらマスコミはどうしてこうなんでしょうね。
ここでドラが3タテ食らわして初めてそういうフレーズが
しっくり来る状況になるんであって、
誰が見たって首位攻防戦なんていう
緊張感に包まれた状況ではないでしょうが。
阪神からすれば、とりあえず全部負けなきゃいい
くらいの位置づけだったはずですし、
こういう言葉が紙面に踊っている姿は滑稽以外の何物でもないかと。


ついでに関係ないですがテニスの話題。
3年連続で同じ組み合わせとなったウィンブルドン男子シングルス。
フルセットにもつれ込む死闘の結果、
ナダルがフェデラーを下しウィンブルドン初制覇となりました。

ナダル 6-4 6-4 6-7 6-7 9-7 フェデラー

うーん、凄い試合でした。
ウィンブルドン史上に残る死闘と言っても過言ではないのではないでしょうか。
フェデラーも2セット落としてからよく踏ん張ったんですけどねえ。
最後の最後、ナダルの勢いが勝りましたかね。
それにしてもフェデラーはこのタイトルを取れなかったというのは痛いですね。
クレイではナダルには歯が立ちませんし、ハードコートでも苦戦。
挙句に最も得意なグラスコートでやられてしまっては…。
5年後くらいに「あの試合が王者交代のターニングポイントだった」
と言われているような気がしてなりません。
何より本人が得意の舞台で負けたことによって弱気になっていないか心配です。
何とか復活してもらいたいところですが…。



3週連続PO馬出走となった先週の新馬戦。
結果はこうなりました。

ラターシュ 9着

んー、予想通り…ってところですかね。
調教のタイムがあれでしたので駄目かなと
思っていたのですが、その通りになってしまいました。
それでも一応は期待していたので、この結果はちょっと残念です。
この馬は攻め駆けしないタイプなんだと
自分に思い込ませていたんですけどね。
世の中そう甘くはありませんでした(笑)

道中真ん中からちょっと後ろの外目を追走。
ポジション的にはそれほど悪くなかったと思うんですけどね。
3コーナーでは騎手の手が動いてしまっていました。
手ごたえがなくなったというよりは単純な能力不足かなと。
直線でもまったく伸びずに勝ち馬から2秒近く離されてしまいました。
関係ないですけど勝った馬はなかなか強い競馬でしたね。
武騎手、これで3週連続の新馬戦勝ちですか。さすがです。

でもまあこの1戦だけでダメだと断じるのは早計ですね。
マーベラスは初戦からというタイプでもありませんし、
使いつつ良くなってくれるのではないかと。
予想…というか半分希望ですが、4戦目くらいで
勝ち上がってくれるのではないかと淡い期待を抱いております(笑)
パドックでは馬っけを出していましたし、次です。次。


3週連続の出走となったPO馬ですが、
ツルマルジャパンの勝利のあとは2戦とも惨敗。
逃げて失速かあと思っていましたが、
よくよく考えてみればここまで出走したのは
12位から14位で指名した馬なんですよね。
期待の上位指名馬はまだ1頭も登場していないわけで、
まだまだ悲観的になることはないのかと。



テイルスオブシンフォニアの続編、
ラタトスクの騎士が気になって仕方がない今日この頃。
ネットの評判を見るとなかなかに高評価ですし、
ヴェスペリアともどもやりたいと思っているんですけどねえ。
生憎我が家にはハードがPS2しかないもので(T_T)
Wiiはともかく、XboX360で出すメリットはあまりないと思うんですけど…。
いっそのことWiiを買っちゃおうかとも思ったのですが、
先立つものもないですし、買ってもやる時間がなさそう…。
それにシンフォニアの時同様、あとでプレステに移植された時悔しいし(爆)
最近は特に出したがりのナムコなので、
とりあえず1年くらいは見守ろうと思います。

それはさておき。
新作も結構ですが、以前ハマったものの続編というものは
出来不出来に関わらず無性に気になります。
続編を出すことに抵抗感がある人もいるようですが、
私的には問題ない…ていうか、むしろ歓迎です。
前作のキャラたちがその後どうなったのか、
それを見るのは楽しいですからね~。
まあD2ではスタンが死んでしまってますが…(T_T)


で、見守ることに決めたはいいものの、
やっぱり気になるものは気になるもので。
ニコ動に行けば最初から最後までの詳細なプレイ動画が
見れるので見ようかなとも思ったんですが、
さすがに50時間以上他人がゲームをやっているところを
見ていられるほど私は気が長くありません(爆)
それに見ているとやりたくなってしまいますしね。

ということで、ようつべでちょこっとだけ覗いてみました。
前作にハマった身として気になるのはやはり前作のキャラ。
主人公とヒロインはとりあえずどうでもいい(爆)
まあ今作の話の流れを知らないので見たままの感想。
ロイドは相変わらずロイドなようで…。
両親父の魂の傑作、マテリアルブレードはきっちり使っているんですね。
個人的にはロイドよりダイクとクラトスがどうしてるかが気になる(笑)
コレットも相変わらずコレット…みたいな?特に秘奥義が…。
ていうかこれって誰エンド後なんでしょう?やっぱりコレットですか?
セイジ姉弟も特にお変わりなく…ってジーニアスの背が伸びていない…。
結局プレセアに想いは通じたのでしょうか。
しいなも声がちょっと低くなったくらいで特に変化なし。
里での地位が上がっても服装とかは変わらないのね。
変わったキャラと言えばやっぱりブライアン伯爵でしょう!
ちゃんと貴族っぽい服を着てます!手錠もなし!
外したからにはより強力な手の技も使ってほしいところですが。
プレセアもちょっとは明るくなったのかな?
前作ではある意味1番酷い目に遭ったキャラなのでこれはいいことですね。
あ、そういえばゼロスが生きてますね(爆)
最初にシンフォプレイした時ソッコーでクラトスルートに突入したもので、
ゼロスが死ぬのが正規ルートだと思い込んでいる節が…(爆)
個人的にはクラトスのほうが見たかった気もしますが…。

とまあ、こんなところでしょうか。
やっぱりシンフォニアチームは安定していいものを出してきますね。
個人的にはEやD2のような2Dの戦闘システムのほうが好きなんですが、
これはこれでまた良しですね。
しかしこうして過去作の続編が出ると他の続編も期待したくなりますね。
今のところ出たのがDとSなわけですが、個人的にはこのチョイスは不満が。
どっちも好きですが、テイルズの中ではそこまで…って感じなので。
次出すんならFかD2かEかAにしてもらいたいです。
まあD2はちょっと無理ですかねえ。
リオン=ジューダスがいなくなってしまいましたし、
Dのリメイクやら何やらでずいぶんフォローされましたから。
個人的にはリメイクDのリオンとスタンの
友情物語っぽい演出はあまり好きではないのですが…。
やっぱり上で挙げた中ではAの続編が1番やりやすいですかね。
シンフォニアチームさん、ぜひご一考を。




先々週、先週に続いて3週連続でチョルモン厩舎から出走馬が。
今週は世のマーベラスサンデーファンの期待を
一身に背負って(笑)ラターシュが出走します。
…ってドリームゼニスもマーベラス産駒でしたね。
ではマーベラスファンの期待を二身に背負ってということで。
何じゃそりゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

しかしこのラターシュ、調教では
全くと言っていいほど動いてないんですよね…。
結構前から坂路で乗り込んでいるんですが
時計がなかなか詰まりません。
スタートから最後にかけてハロンごとのタイムが
徐々に早くなっているいうのは好印象ですが、
それでも全体で55秒台の上がりが13秒台…。
1800mの新馬戦ということでかなりのメンバーが
揃いましたし、正直厳しいと思いますね。
あとは調教より実戦向きであることを祈るしか…。
とりあえずは掲示板に載ってくれればってところですかね。
まあここで駄目でもこの馬はダートでも走ると思うので。

相手は武豊ロジユニヴァースとブロスアンドコンズ(けせらせら厩舎)の2強に、
オダギラーとツルマルボーイ産駒の希望の星・トモダチ(花道厩舎)、
それに3日に1番時計を出したロードジーニス、それにドリームゼニスですか。
うーん、見れば見るほど強力なメンバーですねえ。
勝ち方次第ではクラシックも意識できそうですね。
とりあえずは怪我なく無事に回ってきてほしいと思います。



仕事明けに競馬予想はきついですねえ(笑)
そろそろ寝ないといい加減頭が痛いので簡単に。


函館スプリントS

◎スピニングノアール
○トウショウカレッジ
▲プレミアムボックス
△ルルパンブルー
×タマモホットプレイ

◎スピニングノアール
中団から前でレースができるので安定感があるかと。

○トウショウカレッジ
前走1番人気。見限るのは早計。

▲プレミアムボックス
前走は位置取りが後ろ過ぎたかも。

△ルルパンブルー
距離得意、この舞台なら時計勝負にはならないので。

×タマモホットプレイ
出る時は買うと決めている馬。大外を飛んでくることを夢見て(笑)

キンシャサは今回1本かぶりが嫌なので敬遠。
この馬は人気がない時の方が走る気がします(笑)



ラジオNIKKEI賞

◎ノットアローン
○ダイバーシティ
▲モンテクリスエス
△スマートギア

◎ノットアローン
前走の負けが気に入らないが実績は断然。あとはハンデがどうか。

○ダイバーシティ
やはり無敗というのは魅力。昨年のロックに続けるか。

▲モンテクリスエス
ここでは格上。最内枠をうまく捌ければ。

△スマートギア
同距離のレースを連勝。乗り替りはマイナスだが一発も。


抜けた馬がいないのでかなり荒れそうな予感。




料理ですか~、そういえば最近自分向けにはやってませんね。
最近は節約とダイエットのため凝ったものは作ってないんですよねえ。
まあ実家に夕飯作りに行った時はそれなりのものを作りますけど。
そうしないと親父がうるさいですからねえ…。
そういう意味では我が家の食事のクオリティの維持のためには
親父の存在は必要不可欠だったりして(笑)
何しろ子供のころ親父がいない時
私と弟に姉が昼飯を出したんですが、
茹でていない茹で面をどんぶりに空けて「しょう油かけて食べて」
なんてことがあったりしましたからね(笑)
親父がいる限りはそんなことはまずできないかと。

で、私の得意料理…って言うかとりあえず作れる料理。
一応高校時代から何年か家の炊事を引き受けていたので
大衆向けのメニューはほとんどできますね。
ただ、私はレシピとか見ないで調味料の量なんか全部適当にやるので、
かなり自分(or家族)向けと言いますか、
一般のものとは結構違うものになっていると思います(笑)

カレー、シチュー、ハンバーグ、肉じゃが(煮物)、親子丼、ナムル、
ビビンパ、コロッケ(その他揚げ物)、ミートソース、コンナムルパブ、
マーボー豆腐、マーボー茄子、羊料理、お好み焼き etc.

まあ料理は得意ってほどではないですが、
とりあえず人並みくらいには作れると思います。
この中でもビビンパとコロッケと親子丼は得意と言えるかもしれませんね。
でもどれも1人用に作るような料理じゃないんですよね…。
たまには食べたいなーと思うんですけどなかなか機会が…。
実家で作る機会があればいいんですけど、
当たり前のことながらあちらの食材の管理はしてませんからねえ。
行ってみて、ある食材を適当に組み合わせるしかありませんから
なかなか自分の作りたいものを作るってことはないんですよね。

あ、なんか書いてたら久しぶりに創作意欲が湧いてきた(笑)
たまには予算のこととか考えずに
ぱーっと自分の食べたいものを作ってみようかな。



これまた今さらながら先週のPOG馬出走新馬戦回顧。

前評判の高かったマイネルクロッシュですが、
あっさり12着に惨敗してしまいました。
ただ、戦前から色々と不安要素が伝えられていましたし、
この結果も充分予想の範囲内だったのでそれほどショックはありませんが。
この前と言ってることが違うぞ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

でもまあ実際脚を痛めていたようですし、
この結果も致し方ないところだと思いますね。
単勝倍率8.8倍の4番人気というのは、
馬券を買う者の期待と不安を如実に表していると思います。
もし体調万全で調教も順調だったなら
ダイワバーガンディの次くらいに支持されていたと思いますので。

結局レース後はリフレッシュも兼ねて放牧に出した模様。
そんな不安があるんだったら使わないで最初から放牧に
出していれば良かったのに…と思わないでもないですが、
まあそれは私が言っても仕方のないことですしね。

とにかくしっかりと体調を戻して、万全の状態で戻ってきてもらいたいですね。
今回の結果がこの馬の実力だとは毛スジほども思っていませんし、
次こそは前評判通りの走りを見せてくれることを期待します。

次回は人気も落ちそうですし、この馬を頭でガッツリいってみようかと(笑)



<モンゴル暴動>首都に非常事態宣言 5人死亡300人負傷

うーん、やっぱりモンゴル人はエネルギッシュですねえ。
死者も出ているわけですし滅多なことは言えませんが、
これくらいの覚悟で選挙に臨むということが
本当の意味で政治に参加するということなんでしょうね。
もちろんこの暴動を支持しているわけではありません。
平和的に解決することができるならそれが一番ですし、
民主国家としてはそうあるべきなのだと思います。
ただ、この暴動を見てある種の感動を覚えたのも確かです。
ああ、この国の国民からは活気が感じられるなあ、と。
日本なんてそんなものカケラも感じられませんからねえ(笑)
今の日本の状況ってハッキリ言って末期も末期、
モンゴルなんかよりよっぽど追い込まれた状況にあると思うんですけど。
それなのにだーれもこんな風に行動に出たりしませんものね。もちろん私も。
それが成熟した国家のあるべき姿だという意見には一理あると思いますが、
今の日本ってそんなこと関係なしに国全体が消沈していると思うのですが。


それはさておき、やっぱり知っている国だけに心配は心配ですねえ。
昨今は治安も悪化していて犯罪件数がどんどん増える中でこの事態。
街中では戦車もうろついてるということですから相当な“ヤバい”のでしょう。
私も去年行ったとき白昼堂々襲われただけに人ごとではありません。
とりあえずはありきたりですが家やホテルから出ないのが得策かと。


でもこれからが観光シーズン本番ですから
観光業界にとっては相当な痛手でしょうね。
たとえ近日中に事態が収束したとしても、
この夏いっぱいは影響が残るでしょうからねえ。
モンゴル国内における観光の市場規模は決して小さくないですし…。
何しろウランバートルのノミンデパート前をうろついていれば
1日に軽く3ケタの欧米人とすれ違うくらいですからね。
顔が同じでわからない日本人や韓国人、中国人などを含めたら
1日でいったいどれだけの外国人とすれ違っているのやら。
今の状態では観光客の半減は確実ですし、
あとはこの騒動がこれ以上長引かないことを祈るしかないですね。



え?カラオケの正統な楽しみ方ってヒトカラじゃないんですか?
ってくらい1人カラオケ大好きです。
最近はほとんど行っていませんが、
一時期は週2ペースで通ってました(笑)
自分のペースで休み休み歌えるし、
人前ではどうかと思うような歌も堂々と歌えますし、
フリータイムをフルに使えば金のかかる遊びの中では
最もコストパフォーマンスに優れているもののひとつですし、
悪いことなど何ひとつないと思うのですが。
まあカラオケ自体好きなので複数で行っても楽しいですけどね。
基本歌いたがりの人間なので、人数があまりに多くなってしまうと
なかなかマイクが回ってこなくなるのであまり楽しめなくなりますね。
聞いているだけで楽しいという人も中にはいますが、
私的にはカラオケは歌ってナンボだと思っています。

それにしてもそんなにヒトカラって寂しい人種に見えますかね(笑)
私的には1人でカラオケ行こうが焼肉食べようが
その人個人の勝手だと思うんですけど…。
よく言われる「家に帰ったとき電気が真っ暗だと~」なんて話も
私からすれば何が寂しいのかさっぱり…。
まあ帰ってきて暖かいご飯が用意されている生活は自分で
ご飯を作らなくていいのでそういう意味ではいいと思いますが(爆)

きっと私は普通の人と比べて“寂しい”という感情に乏しいのでしょうね。
10歳の時に親から離れて1人で留学なんてやってしまったものですから、
どうも1人でいるということに慣れてしまったのかもしれません。
友達といるのもまた楽しいですし、そういう時間を過ごすことは
すばらしいことだと思いますが、1人でいる時間もそれはそれで違った
楽しみ方があって、その時間を自分なりに楽しめばいいのだと思います。



サボっていたせいで書きたいことがめっちゃ溜まっています。
1日4回更新しても消化するのに1週間以上かかりそうです(笑)

まあそうは言ってもまだ体調が戻っていないので自粛。
そのかわりに考えなくても済むどうでもいい話題をひとつだけ。
月間1万円切りを目指していた先月の食費ですが、
約9900円でギリギリ目標を達成することができました!
後半ちょびちょび買い物してちょっと危なかったのですが、
何とか踏みとどまりました(笑)
しかしおかげでいまだに念願の麻婆カレーは食べられず…。
値段もそうなんですが、一応ダイエット中なので、
1食1000kcalというのを見ると二の足を踏んでしまいます(笑)

ところで、これだけ節約しているのに生活に余裕が出てこないのは
なぜなんだろう…と友人に訊ねてみたら、
「目標達成するたびにさらに厳しい目標を設定するからだろ」と言われました。
なーるほど~!目からウロコが…(笑)
節約した分お金が浮く云々はともかくとして、
自分をさらに厳しい状況に追い込んでいるんですから、
生活が楽になる感覚がなくて当然ですよね。
働けど働けどわが暮らしなほ楽になら不りぢっと手を見る(爆)

まあそうやって自分をコントロールしていかないと
今の世の中生きていけませんからね。
というわけで、今月の目標金額は9000円で。
どこまで抑えられるかにチャレンジです。



既に週末になっているというのに今さらながら簡単に宝塚の回顧…。
コメント下さった皆さま、お気遣い頂きありがとうございました。
返信が遅れてしまい申し訳ありませんでした。


1着○エイシンデピュティ
2着◎メイショウサムソン
3着  インティライミ
4着  サクラメガワンダー
5着  アサクサキングス
  ・
8着△カンパニー
9着×ドリームパスポート
10着 アルナスライン
  ・
12着 ロックドゥカンブ
  ・
14着 アドマイヤオーラ


今さらレース内容について語っても仕方がないと
思いますので各馬についてひと言ずつだけ。

1着 エイシンデピュティ 
世間で言われているように重馬場がプラスに働いたのは
間違いないんでしょうけど馬自身も相当パワーアップしてますねえ。
トップレベルの馬として全幅の信頼を置けるという感じはしませんが、
これからも安定して走ると思いますね。
あとは良馬場で勝ちきれるかどうか…。

2着 メイショウサムソン
このコンビは今年は本当に運に見放されていますねえ。
サムソン、着差が着差ですし、去年の流れなら
春のGⅠ両方とも勝てていたのではないでしょうか。
ユタカもオークス、ダービーに続いてGⅠでの不利…。
スランプは脱出したと見て間違いないでしょうが、
どうにもスッキリしない感じが残ってしまいました。
それにしてもこのイマイチっぷり…。
競走馬としての成績の流れが同父のオペラオーそっくりですね(爆)

5着 アサクサキングス
何とか掲示板を確保だけはしましたが、
あの競馬でこの結果はちょっと厳しいですねえ…。
まあ個人的には上手くいってもこれくらいかなとおもっていたので、
この結果はある意味では満足なのですが…。
この馬が世代で最上位、今のところ頭角を表してきている馬も
ほとんどいませんし、世代的にちょっと弱いという感は否めませんね。

9着 ドリームパスポート
天春に続いて9着、人気も徐々に落ちてついに8番人気。
さすがにもうトップレベルとは言えないですかねえ。
いつかGⅠを…と思っている馬なので立ち直ってほしいところですが…。

10着 アルナスライン
重賞未勝利馬がいきなり勝つにはちょっと家賃が高すぎましたかね。
まあそれにしても負けすぎだと思いますが。
まずは重賞勝ってから来い!ということなんでしょうか(爆)

12着 ロックドゥカンブ
競走馬としてこれからという時に思いがけないアクシデント。
左後繋靱帯断裂という重傷…。
関係者は復帰を諦めていないようですが、正直厳しいと思いますねえ。
予後不良の1歩か2歩手前クラスだと思いますし、
死ななくてよかった…くらいのものだと思います。

14着 アドマイヤオーラ
全く見せ場もないまま大差シンガリ負け…。
さすがに負けすぎだと思っていたら後日骨折が判明しました。
順調なら競馬界を背負って立つくらいの存在にも
なり得ていたと思う馬だけに度重なる故障は残念のひと言です。
それにしてもこれでいよいよ西暦末尾が7の年のクラシック世代の不幸説
この世代でも現実になって来たような…。



マイネルクロッシュの惨敗に体調を崩して
3日間寝込んでしまったチョルモンです(爆)

うーん、ちょっと無理がたたりましたかねえ。
何とかコメントを返すだけはしたのですが、
それ以上はどうにも体力と気力がもたなくて…。
改めて某不眠不休系ブログ
その管理人様の偉大さをかみ締めているところです(笑)

久しぶりに皆さまのところにも伺ったのですが、
ちょっとコメントを残す元気が残っていませんもので…。申し訳ないです。
とりあえず宝塚と新馬戦の回顧は近日中にするとして、
それ以外は今週は自粛しようかと思っているところです。
でも今週もPO馬が1頭出走する予定なんですよね…。
こうも毎週出てこられると気になって精神力がもちません(爆)

今月からは今まで以上に忙しくなりそうですし、いっそう頑張らねば。

という、とりあえず生きてますという報告でした(爆)