ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 07月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず予想だけ。


◎トーセンキャプテン
○ピサノパテック
▲エリモハリアー
△ミストラルクルーズ
×コンラッド

53kg以下の軽斤量馬が狙い目なんですが今年は1頭もおらず…。
過去の傾向から先行よりどちらかと言うと
まくり気味に上がっていく馬を選びました。
エリモハリアーは単なる私の希望ですが(笑)
トーセンキャプテンが真ん中辺りでレースを進めてくれれば
結構イイとこ行くと思うんですけどねえ…。後方一気だけはご勘弁を。


スポンサーサイト

あー、だるい~。
あまり書きたくないんですけど
PO馬出走の記事だけは落とすわけには~(笑)

事情によりしばらく皆さまのブログへのコメント投稿が
減ると思いますがご容赦ください。


というわけで、世代最初のOP戦、マリーゴールド賞に
PO馬ツルマルジャパンが登場です。

新馬戦は評判馬セイウンワンダーとのマッチレースを
半馬身差抑えきっての見事な逃げ切り勝ち。
2着と3着の差が9馬身、次の未勝利戦をセイウンワンダーが
6馬身差で勝っていることからもこの馬の強さが窺い知れます。
この馬を応援する人の中でもクラシックを意識している人の中には
ここを使うことに反対の人もいるようですが、
元々速攻要員として指名したので私的には大歓迎。
新馬戦後一息入れるというのを残念に思っていたので
ここを使ってくれるのはうれしいですね。

出走頭数はわずか6頭、そのうち2頭は
未勝利馬とPOG的には願ってもない状況(笑)
前走で軽い道悪はこなしていますし、
馬体重の調整さえできていれば飛ぶことはないと思います。
バンガロールは怖いですが、力さえ出せれば充分勝てる相手だと思いますし、
ここはキッチリ結果を残してセイウンワンダーとの再戦に臨みたいですね。
馬券的にはまったく妙味のないレースですが、
とりあえず応援馬券単勝100円だけ買って応援しようと思います。
もしかしたら3連単の史上最低配当を記録するかもしれませんね(笑)



というわけで事故りました。
私の運転を知っている人は「いつもどおり暴走してたんだろ」
とか言うと思いますが、今回に限っては違うと断言させていただきます。
何しろ昨日は目的地まで40km近くの道のりを
チャリで行こうと思っていましたからねえ(爆)
体力を温存するためにもいつもより20km/h近く
スピードを落として走っていたんですが、
そういう時に限って事故に遭うんですから不思議です。

事故の形ですが、ありがちな左折車の注意義務違反。
私の3mほど前方を走っていたバイクが急に左に曲がってきて、
歩道を走っていた私が止まりきれず側面部にドカン。
ものの見事に私の体は前方に吹っ飛び
ゴロゴロと5回転ほどして止まったのでした。
この回転って勢いついていると本当に止まらないんですね~(笑)
すぐ止まるかなーと思ったんですが意外にもいつまでたっても止まらず、
無駄に抵抗してもどこか痛くするだけだと思い
流れのまま転がることにしました(笑)

怪我は…まあすぐには動けず救急車で運ばれたくらいですから何ともない
とは言いがたいですが、頭から落ちたのを何とか受身取って守れましたし、
大事に至るようなものはなかったのでよかったかなと。
この辺はモロ頭から落っこちた2年半前の教訓が生かされたのではないかと。
あんときゃヤバかったですからね~。
走馬灯が見えたのは後にも先にもあの時だけです(笑)

それにしてもバイクを運転していた人…。
とっても誠実な人で、警察や救急に適切な対応を
取ってくれたのはありがたかったのですが、治療の後に
私の家に直接お詫びに来られたのには参りました。
いや、そのこと自体悪いことではありませんし、
相手方からすればむしろ当然のことだと思いますよ。
逆の立場だったら私もそういう行動に出たと思いますし、だからこそ私も
来られたら困るとは思ったものの、そのことは口には出しませんでした。
まあ困るって言っても大した理由じゃあないんですけどね…。
でも相手方も男性でしたし私と同じ年代の時を過ごしたことが
あるのなら気づいてほしかったなー、と。私のワガママですが。
独身男性のアパートでの1人暮らし…となったら
考えられる理由なんてひとつしかないでしょう。

部屋が汚いんですよ(爆)

それはもう、泥棒に荒らされた直後の部屋とタメ張れるくらいに(爆)
いやね、相手だってその辺は気を使ってくれると思いますよ?
しかし今日会ったばかりの人間をこの汚い部屋に招き入れるという
行為は私にはあまりにもハードルが高すぎました(笑)
というわけで、治療と警察での事情聴取の後帰宅して大急ぎで家の掃除。
うう…。掃除なんて健康な時でもめんどくさくてやりたくないのに
何で動くのも辛いこんな時にやらねばならんのだ…(爆)

ということですので、事故直後のお見舞いは
相手を見たほうがいいですよー(笑)
相手が家族持ちならいいですが、1人の時は行かないで
あげることがその人のためになることもあるのではないかと…。
お前だけじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

ま、とりあえずしばらくは安静ですね。


事故に遭いました…。

生涯4度目の救急車。

詳細は後ほど。



暑いですねえ~。暑いです。
思わず繰り返してしまうくらい暑い。
その上胃がキリキリ痛むし…。
MAXの更新力を100としたら今は20くらいしかありません(笑)

ここ最近、我が家は原因不明の異臭に悩まされておりました。
イメージ的にはイカが腐ったような、そんな感じの臭いで、
どうも台所あたりから漂ってきているようでした。
最初は実家で食べきれなくて押し付けられたのを
そのままにしておいたキュウリが腐ったのの臭いかと
思ったんですがどうもそうではないみたいで。
一応それっぽいところを捜してはみたんですが臭いの
原因らしきものは発見できず…って言うかそもそも心当たりがない。
そうこうしているうちに臭いはどんどん強力かつ広範囲に(笑)
風向きが悪い時なんかはモロこっちにダイレクトに来るようになり、
酷い時にはそのせいでなかなか寝付けないことも(爆)

そんなわけでゴミ屋敷さながら…ってほどひどくはないですが、
とにかくそんな臭いの中での生活を続けて早2週間。
どうにかならんもんかなあと思いながら家に帰ると
台所にこげ茶色の水たまりができていました。
いや、電気つけてなかったので最初は分からなかったんですけどね。
とりあえず冷たい飲み物でも…と思って台所に足を踏み入れたら…。
え?何コレ?何この水たまり?つーか臭っ!これか!これが原因か!
ていうか靴下履いてなくて良かったー!!(爆)

とまあそんな感じで臭いの元をハケーン!
水たまりの流れを辿ると、夕方家を出る時に倒したままにした
ダンボールから見知らぬビニールが顔を覗かせていました。
恐る恐る中を覗いてみると…何じゃこりゃあ!!
そこには腐って茶色くなり既に原型を留めず
ドロドロになった元魚だったと思われるナゾの物体が(爆)
つーか何だコレ?この色、この臭い、この形。
シュールストレミングもビックリだぜ!(爆)

そんなわけで臭いの元を完全に断つべく台所掃除。
うう…疲れて帰ってきてなぜにこんなことをせねばならんのだ…。
ていうかこんなものうちにあったっけ?と思って袋を見てみると…。

姉貴だよ…。

家の鍵を今月3回も忘れて家に入れなくなり夜中の
12時に寝ている私を電話で叩き起こして鍵を開けさせたり、
風呂に入るたびに風呂がまの口火を消し忘れたり、
オーブンレンジの使い方が分からずラップやふたを取らないまま
コンビニパスタを中に入れ10分も温めるよう設定したり…。
私の平穏な生活はある圧倒的な存在によって激変したのでありました(爆)

今さらそのズボラな性格を直せとはいいませんし直るとも思っていませんが、
もうちょっと人間らしい生活が送れるよう心がけてくれることを切に望みます(笑)



身辺整理の続きです。
金曜日の話し合いでは決着のつかなかった親子問題。
まあ決着なんてつくわけないんですけどね。
親父が一方的に話しているだけで私は貝のように黙ったままでしたから。
しかし進展が何もなかったわけではなく、
親父から「もう来るな」という言葉を引き出せたのは大きな収穫でした。
今まで週に4回実家に親父の手伝いに通っていたのですが、
何をやるにしてもとにかく私にとってそれは負担でしかなく。
さりとて親父を突き放すこともできない私としては、
それはまさに「渡りに船」と言うべき言葉でした。
まあニュアンス的には私の奮起を促すような面もあったようですが、
そんなことはこっちは知ったこっちゃありません(爆)
そこにどんな意味が含まれていようと
こちらは自分に都合のいいように解釈するだけです。

というわけで日曜日に早速ボイコットを決行。
そしたら案の定かかって来ましたよ、家から電話が。
めんどくさそうになりそうなので居留守を使う(爆)
ここら辺はもう完全に駆け引きです(笑)
親子で何やってんだかと思われるかもしれませんが、
こちらとしては将来がかかっていますので真剣そのものです。
しかしこのまま放置しておくとバイトが入っている
月曜にアクションを起こされかねないのでやむなく
夜の英語塾の直前に実家に決着をつけに乗り込みました(笑)
家に入る前に塾に「親父と喧嘩しているので休むかもしれない」
と電話を入れて…まだ始まってないのに(爆)この辺は抜かりありません(笑)
で、勘当を言い渡されるくらいの覚悟で家に入って…面倒なので以下省略。
どうも親父は本気で来なくていいと思っている様子。
なので私が来なかったのも自分の発言に
原因があるのだと分かっていたみたいでした。
じゃあ何で何度も電話をかけてきたのかナゾですが…。
いずれにしても親父には本当に来ないでほしいと
思われているようなのでこちらとしても願ったり叶ったり。
とりあえず親父とは直接話をせず、お袋に本音を語っておきました。


そんなわけで一応は決着したと見ていいのでしょうか?
こちらとしても問題を長引かせたくはありませんからね。
とにかくストレスが溜まって、胃が痛むので病院で
診てもらったらストレス性の急性胃炎にかかっていました(爆)
胃炎→胃に穴が→胃潰瘍→胃ガン→ガ―(゚Д゚;)―ン!!
というルートもありますしこれ以上ストレスを溜め込むのは良くないかと。
キリキリ痛むし吐き気はするし、ある意味風邪より辛いです。
親父と顔をあわせないことで早く治ればよいのですが。



FC2トラックバックテーマ 「お給料・おこづかい日前にやっちゃう節約は!?」

普段から「節約魔神」なんてニックネームを
付けられるほど節約しているので給料日前
だからといって特に何をするわけでも…あった(爆)
馬券買う時にどうしても普段より買い目の数を抑えてしまいますね。
余裕がある時はBOX買いしたりもしますが、
お金がない時は軸を決めて3点、多くても4点買いとか…。

ここは「そのせいでいつもなら当たっていた馬券が
外れてしまったり」…と続くのが王道なんでしょうが、
そうは問屋が卸さないのありました(爆)
どっちにしろ当たらないので買い目を減らしたことで
損したことはありませんから(∀)エッヘン!
威張んな!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

そうそう関係ない話ですが、
本命馬券を買うのは給料日前がいいらしいですね。
何でも給料日前は皆お金がないので、配当も高めを狙うことが多く
穴馬のほうが売れるので本命馬の配当がいつもよりつくんだとか。
逆もまた然りで、穴馬券を狙うなら給料日直後を狙うのがいいんだとか。
まあ大した違いではないんでしょうが、
覚えていればいつか役に立つ時が来るかもしれません(笑)


ところで「節約家」と「ケチ」の境目って何なんでしょうね?
以前弟と議論を戦わせた時は
「本人がどうであるか」という結論に落ち着いたんですが。
つまり、自分は贅沢しているのに他人には節制を強いたり
するのがケチで、自分も言葉どおり節制しているのが節約家だと。
というわけで、自分ではケチではなく節約家のつもりなんですけどね(笑)
実際のところどうなんだか…。


マリーンSを予想…と思ったんですが
どう頑張っても面白い予想ができない(笑)
できるだけ本命ガチガチな予想はしたくないんですよね~。
そんなこと言ってるからいつも当たらないのかもしれませんが。


◎アドマイヤスバル
○フェラーリピサ
▲メイショウサライ
△イブロン
×キクノアロー


◎アドマイヤスバル
ゼンノパルテノンのプロキオンSでの凡走が
前走の評価に影を落としているんですかね?
まともならフェラーリピサより強いと思いますが。

○フェラーリピサ
前走の勝ち方は強いのひと言。
微妙にOP番長くさくなって来た感がありますが(笑)
逆に言えばここは勝てるってことかも(爆)

▲メイショウサライ
前走2着でしたがねじ伏せられる形での負けですからね~。
叩いて上積みどこまで期待できるか。
逆転は相当厳しいでしょうが上位争いまでなら。

△イブロン
一戦のみで見切りをつけるのは早計か。
しかし上位人気馬は相当手ごわいですからねえ。
やはり3着争いまでですかね。

×キクノアロー
前走で復調の兆し。
しかし上位人気馬は…以下略。
3着争いまでが…以下略。


見れば見るほどつまらん予想ですね(笑)
まあ当たるんならどんな予想でもいいんですけどね。
私の場合本命サイドで予想しても当たりませんから(爆)



PO馬がお休みだとどうにも競馬熱が…(笑)
すっかりPOG熱に侵されております(爆)


◎クーヴェルチュール
○アルーリングボイス
▲エイムアットビップ
△タマモホットプレイ
×サープラスシンガー


◎クーヴェルチュール
休み明けですが調教は問題なさそう。
人気的にもこの馬から入るのがいいかなと。
実力が出せれば大崩れはなさそう。

○アルーリングボイス
人気どおりには収まりそうにないので
牝馬の中でも人気がなさそうな馬をチョイス。
近走も僅差の競馬を続けていますし前崩れなら。

▲エイムアットビップ
昨年のアストンマーチャンと被る馬。
この斤量で惨敗はないと思いますが、
逆にここで勝負にならないようだと先行きが…。
ある意味ここは試金石かも。

△タマモホットプレイ
出たら必ず買うことにしている追っかけ馬(笑)
いつかこの熱意が馬券になると信じて…。

×サープラスシンガー
休み明けでいきなりはどうかだが…。展開も微妙ですし。
とりあえず休んでいる間にパワーアップしていることを期待(爆)


特に意識したわけではないんですが上3頭が牝馬に。
カノヤザクラは毎回人気になりますが…。
今回はあまりにも条件が整い過ぎたのが逆に怪しい(爆)



よく「今にして思えばあの時あの人は…」っていう話を聞きますよね。
うちの親父がよく話すのが、親父の親父が死ぬちょっと前、
死期を悟っていたかのように身辺整理をしていたということ。
その時はどうとも思わなかったらしいですが、そのすぐ後に
死んでしまったので「親父は分かっとったんかなあ」
なんて感慨が湧いてくるようです。
そんなこともあって、親父が「俺も身辺整理すっかな」
なんて言うとちょっと過敏に反応してしまうのですが、
よくよく考えたら親父、1年以上前からずっと言ってるのに
いつまでたっても始める気配がない(爆)
まあ「俺はあと5年で死ぬ」とか言いながら15年以上生きてる人ですからね(爆)
この様子を見る限りはまだまだ現役でいけそうですね。
何のだ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

何でこんな話を出したかと言いますと、
私もそろそろ身辺整理をした方がいいかなと思いまして。
最近親父とソリが合わなくなってきてるんですよねー。
今までは何が何でも親父優先でどんなに自己中的な理論を
押し付けられても我慢して来ましたが、さすがにそろそろそれも限界に来た感じ。
いつ夜逃げすることになってもいいよう少しでも荷物を減らしておこうかと…。
って紛らわしいわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
先のことは分かりませんが、今のところ自分が
死にそうな予感はこれっぽっちもしてないです。ハイ。

あ、でも身辺整理をしようかと思っているのは本当ですよ。
親父との関係に影が差してきていることも。
まあ元々私が親父に合わせなければ簡単に壊れる関係でしたからね。
あれだけ一方的な罵詈雑言を浴びせられてハイハイと
笑顔でいられるほどには私も人間ができていないということですね。
とりあえず読まなくなった漫画とか使えなくなったテレビとかを
少しずつ売ったり捨てたりして削っていこうかと。
いっそのこと住み込みの仕事でも見つけて
遠くに飛び出しちゃおうかと思う今日この頃です。


昨日は週に1度の木曜日でした!

…当たり前だろって声が聞こえてきそうですね(汗)
意訳すると週に1度のお休みでしたってことです。ハイ。

と言っても休日だからと言って特に何をするわけでもなく。
特にここ最近の休日の過ごし方と言ったら

・ネットをしながらゴロゴロする
・何もせずゴロゴロする

って同じだろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

そんなわけで、いつもは家でゴロゴロして疲れた体の回復に
使っていた休日、昨日ももちろんそのつもりでおりました。
しかし、ふとここ最近遊びに出かけたことあったっけ?と思いまして、
前回遊びに行った日を検索してみるとなんと5月の半ばまで遡ることに…。
つまり私はこの2ヶ月間、仕事と食料の買出し以外ではただの1度も
外出しておらず、先月は娯楽のために1円も使っていないということ…。

イマドキの若者としてコイツはどうよ?(爆)

ということで、出かけることに決めたのでした(爆)
しかし出かけることに決めたものの、外に目をやると
入ってくるのはギラギラと照りつける真夏の太陽。
何かそれを見ただけで決心が鈍ると言いますか、
やっぱ家でゴロゴロしていたほうがいいんじゃ…なんて(笑)

行くとしたらカラオケかビリヤードだよなあ…。
でももうカラオケのフリータイムの開始時間に間に合わないし…。
どうせ行くなら目いっぱい時間使いたいし、
そうすると今から行ったんじゃ1時間の損に…。
じゃあビリヤードにするか?でもこの炎天下をチャリ漕いで
4時間も1人ビリヤードやれるほど体力は残るか?
ああめんどくさい、やっぱ行くのやめようかなあ。
でも買いたいものもあるし今日を逃すと次は1週間後か…。
何するかは向こう着いてから考えるとしてとりあえず
買い物だけになっても行くことにするか。

って感じで悶々として時間を浪費しながらもついに出かけることを決断。
買う物買って用事を済ませ、結局はカラオケに行くことにしました。
やっぱり20kmもチャリ漕いだ後にさらに運動する気には…(笑)
で、3時間くらい歌った後眠くなってしまい、フリータイム終了時間まで爆睡。
折角出かけたのに何やってんだか…と思わないでもないですが、
まあこれが体が覚えている習慣ってヤツなんでしょうね。
ちょっともったいなかったとは思いますが、まあ3時間だけとは言え
歌いましたし、何もかもが無駄だったというわけではないのでいいかなと。
いつもの私ならそんな風には思わないんでしょうが、
そう思ってしまうくらい暑さに体力を吸われているんでしょう(笑)
クーラーの効いた部屋でゆっくり寝れて良かったと思っています。


そうそう今回の買い物ですが、去年一度も行かなかった
プールに通おうかと思って水着とゴーグルを買って来ました。
以前使っていた黒い水着がなぜかオレンジ色に変色してしまって
使い物にならなくなってから使える水着がなかったのですが、
この夏はもうちょっと健康的な生活をしてみようかと思いまして(笑)
早速今日からでも泳ぎに行こうかなと思って
家の近くの市営プールの案内ページを覗いてみました。

「施設緊急工事のため当面の間使用できません」


・・・(;゚д゚)ポカーン





そして俺たちの夏は終わった…○| ̄|_



FC2トラックバックテーマ 第532回「アイス派?カキ氷派?それともシャーベット派?」



いやー本当に暑いですよねえ。
今なら北極の海にも喜んで飛び込めそうなくらい(笑)
あんまり暑いので最近はアイスと果物ばっかり食べてますよ。
それこそ主食と言ってもいいくらいに。

え?夏バテする?
だーいじょうぶですよー。
もうとっくにしていますから(爆)

というわけでアイスの話題です。
この手の食べ物はどれも好きなので甲乙付けがたいですねえ。
ほとんど横並び、みんな同じくらい好きですが、
夏という季節に限定するならとりあえずアイスは1番下ですね。
いやね、あまりの暑さにどうせ食べるならとお徳用2Lアイスを
買ってきて食べているんですが、値段から絶対ラクトアイスだと
思っていたのにアイスクリームだったんですよ。
いやーもう濃くて濃くて…。
汗かいてさっぱりしたい時にこの濃厚さはある意味拷問です(笑)
せめてアイスミルクだったらなと思う今日この頃。
夏以外だったら喜んでいるところなんですが…。
サッパリした氷系の棒アイスを買って来たいと思っても、
狭い冷凍スペースはこの2Lアイスが幅を利かせているし(笑)
さっさと片付けたくても濃くてちょっとずつ削るのが精一杯…。
ないよりはマシなんですが買ったことをちょっと後悔しています(笑)

ということで目下のターゲットは氷系。
シャーベットもこっちに近いのでこの2つはどちらという拘りはないですね。
どっちも食べ過ぎると頭にキーンときますし(笑)
そうそう、さっき濃いのが嫌だとか言っといてナンですが、
カキ氷は練乳入りが好きです(笑)
ついでに抹茶味なら言うことなしですね。
まあ味的には爽やかとは程遠い組み合わせですが、
氷がサッパリしているのでそれでバランスが取れるという考え方で…。



あまりの失速ぶりにこのまま5位まで一直線
-最下位ではない-かと思われた我らがドラゴンズ。
ここ2日間危なっかしい戦いながらもジャイアンツに連勝、
ようやくどん底状態から脱出したようです。

で、ドラゴンズの話題ではないのですが、
昨日の試合で問題になっているのが上原&原采配。
まあ原采配については今に始まったことじゃないですし、
その辺はジャイアンツファンが論じればいいことですので触れませんが、
問題はオリンピックと絡みのある上原のほう。

現状でのネット上での意見をまとめると

・使えないから出てこないでほしい
・星野だし何が何でも選ぶだろ
・好きな選手だし頑張ってほしいが…
・ていうか内海のほうがいいんじゃね?

といった感じ。
上原を擁護する意見もあるにはありますが、
そのほとんどが「ファンだから」とか「今まで柱だったし」とか
現在の野球の実力を評価してのものではないです。
まあ上原に個人的な恨みはありませんが
(ドラファンとしてはいくらでもありますが(爆)、
今の状態を鑑みればそれも致し方ないところかと思いますね。
現状では出ると打たれるの状態で、出て来て味方に
安心感を与えるどころか敵に喜ばれるような状態ですからねえ(爆)
まだ登場することによって敵チームから歓声が上がるような
伝説(石毛@巨人・佐々木@横浜)を作るまでには至ってないようですが、
この状態が続けば遅かれ早かれそうなるかと。
オリンピックで日本を応援する立場からすれば、
大事な場面では使ってくれるな、というのが本音です。
一発勝負のトーナメントでそんな場面があるかは分かりませんが、
敗戦処理が関の山じゃないかなと思いますね。
往年のピッチングを考えると寂しい話ですが。

私の個人的な意見では、選出には賛成だが起用するのは反対って感じですね。
国際試合の経験豊富な上原を連れて行って精神的柱の立場に立たせるとか、
そんな位置づけにするのが適当なのではないかと。
もっとも、使いもしない選手を連れて行くのは枠が勿体ないという
考えもありますし、それはそれで正しいと思いますが、
あくまで「連れて行くなら」という考えの中での話ということで。
連れて行かないなら連れて行かないで問題ないと思いますし、
戦力的な期待からすればそういう決断を下したとしても
批判の声はそれほど上がらないのと思いますね。


しかしまあオリンピックの選手選考は難しいものですねえ。
サッカーの方でもOA枠など随分問題になっていましたが、
あまり贔屓にしているチームがいないので鷹揚に構えていたのですが、
野球のこととなると話は別です(笑)
ドラから何人引っこ抜かれるのか心配で心配で…。
川上・岩瀬は確実。アライバもほぼ決定。
さらに森野まで連れて行かれた日には…。
まさしく“そして誰もいなくなった…”状態に(笑)
その他にもチェンが台湾代表で抜けるのが決定していますし、
もしかしたらビョンも韓国代表で?…ってこれは別にいいですが(爆)
いずれにしろそんなことになったらとてもじゃないですが戦っていけませんよ。
合戦中の関が原に丸腰で放り込まれるようなものじゃないですか(笑)
ドラの選手が評価されるのは嬉しいですが、
連れて行かれるとなると色々と複雑な感情が…。
そう考えるとクラブからすれば勝負かかっているわけですし、
主力の派遣に難色を示すのも理解できなくはないなあ、と。

星野さん、後生ですから森野だけは連れて行かないでください



先週は速攻要員の3番手、
シェーンヴァルトが新馬戦に登場しました。

結果

1着 フォーレイカー
2着 シェーンヴァルト


1番人気はサトノエンペラーで決まりとして、
2・3番人気になるかなーと思っていたら単勝8.2倍の4番人気。
いつもなら弱気になるところですが、勝負になる自信はあったので
この人気のなさに思わずニンマリしてしまいました(笑)
馬券は単勝とフォーレイカー・サトノ・ラヴェリータへの馬単を購入。
(自分にしては)久々にガッツリと勝負をしてみました。

結果…クビ差の2着orz

惜しかった!…というくらい走れたのはPOG的には喜ばしいことなんですが、
あそこまで行ったら交わして欲しかったというのが本音ですね。馬券的にも。
まあ最後は騎手的に格負けした、ってところでしょうかねえ。
上位人気馬3頭の按上がホワイト・アンカツ・ヨコテンに対してこちらは北村J。
今回北村Jにミスがあったとは思えませんし、むしろ良く乗ったと思いますが、
それ以前の問題として騎手として名前負けしている事実は否めないところ。
このレースが行われた日、北村Jは勝ち星なしの2着3回。
その3回は全てクビ・クビ・ハナ差という僅差でした。
一流Jは1着が2着より多いものですし、一皮剥けるためにはこのあたり
勝ち切る勝負強さを身に付けなければならないのかもしれませんね。


それはさておきシェーンヴァルト。
3・4番手の外追走から楽な手ごたえでコーナーを回り、
直線では外を良く伸びて勝ち馬を追い詰める好走。
上がりは35.4を記録しており、スローペースだったとは言え
同日行われた3歳馬の短距離未勝利戦の上がりタイムと同程度の
水準というのはなかなか今後に期待を持たせられる材料なのではないかと。
距離伸びて良さそうという言葉通りもっと距離が伸びても大丈夫そう。
あとはトニービンの産駒の特徴を受け継いでいるのか、
一瞬のキレ味より長くいい脚を使うタイプだと思いますね。
そういう意味では函館というのは微妙な舞台かも…。
もっと広い競馬場のほうが力を発揮できると思います。

次の想定は8/10 函館 1800未勝利戦。
メンバーのほとんどは今回負かした相手になるでしょうし、
ここは順番通りキッチリ決めてもらいたいですね。


そういえばサトノエンペラーの掲示板が炎上してましたねえ。
これも期待の大きさゆえ…ってところでしょうか。
2着したシェ-ンヴァルトの板は平穏そのもの、書き込みもまばら。
先着したのにこれはちょっと寂しいかも(笑)


本日のナイター競馬は地方交流重賞、
川崎でスパーキングレディーカップ。


◎メイショウバトラー
○ラピッドオレンジ
▲ニシノナースコール
△テンイムホウ


◎メイショウバトラー
一頃の勢いはなくなったとは言えここでは明らかに格上の存在。
ここはあっさり勝って節目である重賞10勝を達成したいところ。
ていうかこの陣営、10勝目を挙げるまでは何が何でも走らせる気では(笑)
ここを取りこぼすようなら先行きが少々暗くなる感が。

○ラピッドオレンジ
人気になったエンプレス杯では直線で失速して6着敗退。
しかし前走はメイショウバトラーに食い下がって2着好走。
最後はちょっと格の違いを感じさせられる負け方でしたが
引き続きマイルで行われるここも上位争いは充分可能かと。

▲ニシノナースコール
エンプレス杯ではラピッドオレンジに先着。
その後は大敗が続いていますが着差は全て1秒未満。
前走は4着と良化の兆しも見せています。
この馬の場合はこの距離はちょっと短い気もしますが…。

△テンイムホウ
ダートで新味を出してくれることに賭ける(爆)
まあ初ダートってわけではありませんが、今までの出走は
デビュー直後とどん底だった時期ということで参考にしづらいので。
重賞を勝てればそれだけでラムタラの代表産駒に(笑)



プロキオンSはレコードにコンマ1秒差まで迫るスピード決着。
しかし今回もレコードが出た時も良馬場。
阪神ダートは乾いている時の方が時計が出やすい?


1着△ヴァンクルタテヤマ
2着▲ワイルドワンダー
3着  サンライズバッカス
4着  バンブーエール
5着◎シルクビッグタイム
6着  リミットレスビッド
  ・
8着×ラインドライブ
9着○ゼンノパルテノン
  ・
以下略


1着 ヴァンクルタテヤマ
3番手追走から抜け出して追ってきた
ワイルドワンダーを抑えきって先頭でゴール。
このペースを3番手から勝ち切るとはなかなか強い。
前走といい時計勝負には強いのかな?

2着 ワイルドワンダー
力は出しきったが前にいるはずのない馬がいた(笑)
完全な負けパターンと言えばそれまでか。

3着 サンライズバッカス
GⅠ馬の力なめてました(笑)
先々週も同じようなことを言った気がしますが…。
この斤量でこの脚、やはり実力は上位か。

5着 シルクビッグタイム
古馬との初対戦でこの結果は立派…だが、
期待からするともうちょっと頑張ってもらいたかったところ。
これでもまだ距離が長いのかも?

6着 リミットレスビッド
絶好調だったがやはり中央場所では苦戦か。
あとは体重がちょっと重すぎたのかも。
次走マイナス体重で見直し。

8着 ラインドライブ
自分の持ち時計分は走っているので力負けか。
時計がかかるような展開だったら或いは掲示板くらいあったかも。

9着 ゼンノパルテノン
やはり内枠ではだめだった(涙)
情に流されて対抗評価にしたがやはり外枠でこその馬。
しかし勢いを考えたらここまで負けるとは流石に…。



荒れることには定評のある七夕賞。
御多分に洩れず今年もしっかり荒れました。
…が、メンバーのレベルがアレだったせいか
気分的にはそれほど荒れたような気がしていません(笑)
まあある種必然的な波乱だったということで。


1着  ミヤビランベリ
2着  ミストラルクルーズ
3着△マイネルキッツ
4着  キャプテンベガ
5着  ヴィータローザ
6着◎カネトシツヨシオー
7着○グラスボンバー
8着▲トウショウヴォイス
  ・
以下略


1着 ミヤビランベリ
やはり展開勝ちな感は否めないか。
荒れた部分とそうでない部分の差がある
今の馬場に助けられたという面も…。
次も馬場が渋れば。

3着 マイネルキッツ
このままローカルハンデ戦を続戦でしょうか?
次も背負わされすぎなければ。

5着 ヴィータローザ
さすがバラ一族…。しぶとい…(笑)

6着 カネトシツヨシオー
騎乗振りが批判されていますが
自分の競馬を貫いた結果なので仕方ないかと。
追い込み馬の宿命ですね。
次人気落ちるようなら買い。

7着 グラスボンバー
近走を考えたらちょっと背負わされすぎたか…。
しかしそれを考えたら復活傾向にあるのは間違いないか。

8着 トウショウヴォイス
4kg差でもグラスボンバーに先着され。
前走に続いてひとつ下の着順…。
まさに目の上のタンコブ(笑)


夏のローカル重賞はこんなレースが続くんでしょうね。
もうちょっと人気薄を積極的に狙ったほうがいいのかも。



FC2トラックバックテーマ 第530回「ゴキブリに出会ってしまったらまずどうする?」


しかし不思議ですよねえ。実際のところ
ゴキが出る家と出ない家にはどんな違いがあるんですかね。
寒いところには出ないと聞いたことがありますし、
それはそうなんだと思いますが、他にも色々ありそうですね。
ゴキブリを飼っている(by親父)実家ではよく姿を見かけたのですが、
そこから3kmほどしか離れていない今住んでいる
アパートでは全然見かけませんからねえ。
特にゴキブリ対策としてガードを固めるようなことはしていませんし、
台所も清潔とはとても言いがたい状態…。
食べたその日に食器を洗わないということを考えたら
実家よりもむしろ汚いのではと思うほど。
住む環境としては大して変わらない思うんですけどねえ。
…不思議です。

で、私がゴキに会ったら。
…フツーにスルーですね。
わざわざ追いかけるの面倒ですし。
まあゴキブリなんてただカサカサ動き回っているだけで
つーか直接的な害はないんだからそんなに気にしなくてもいいのでは、
…というのが子供の頃から家でゴキに囲まれて生きてきた私の考え(爆)
親父がゴキに対してやけに神経質なところがありまして、
たった1匹チビっこいのが現れただけでポットを持ち出して
いると思われる周辺にお湯をぶちまけるんですよ。
ゴキにどんだけ恨みがあるのかは知りませんが
後片付けする身になってみろ…ってなもんです。
私的にはゴキなんかよりこっちのほうがよっぽど問題ですね。
それにウチには卵大のゴキブリも平気で素手で叩き潰す
最強のゴキバスターがいますからね(笑)
わざわざ私が気張る必要もないかと。




先週の重賞回顧とかやりたいんですが、
さすがに夜勤明けにそんなことをする気には…。

というわけで、おバカなネタを投下(爆)






エアーマンが倒せない        作詞/作曲:せら

気がついたら 同じ面ばかりプレイ そしていつも同じ場所で死ぬ
あきらめずに 消える足場に挑戦するけど すぐに下に落ちるよ
アイテム2号があれば楽に 向こうの岸まで着くけど
何回やっても 何回やっても エアーマンが倒せないよ

あの竜巻 何回やっても避けれない 
後ろに回って 打ち続けても いずれは風に飛ばされる
タイム連打もためしてみたけど 竜巻相手じゃ意味がない
だから次は絶対勝つために 僕はE缶だけは最後まで取っておく


気がついたら ライフもう少ししかない そしていつもそこでE缶つかう
あきらめずに エマーマンまでたどり着くけど すぐに残機なくなる
リーフシールドがあれば楽に エアーマンは倒せるけど
何回やっても 何回やっても ウッドマンが倒せないよ

落ちる木の葉は 何回やってもよけれない 
後ろに下がって距離を取っても いずれは距離を詰められる
タイム連打も ためしてみたけど あいつのジャンプをくぐれない
だから次は絶対勝つために 僕はE缶だけは最後まで取っておく


アイテム2号があれば楽に 向こうの岸まで着くけど
何回やっても 何回やっても エアーマンが倒せないよ

あの竜巻 何回やっても避けれない 
後ろに回って 打ち続けても いずれは風に飛ばされる
タイム連打もためしてみたけど 竜巻相手じゃ意味がない
だから次は絶対勝つために 僕はE缶だけは最後まで取っておく






ニコ動やようつべで大人気の歌ですね。
これって正規のものだと思っていたんですが
実は同人音楽なんですってね。そう考えるとすごいクオリティです。

歌詞は…ロックマンをやったことがないのでよく分かりませんが
似たようなアクションゲームをやったことがあれば何となく頷けるのでは?(笑)
私はこの手のゲームが大の苦手なのでほとんどやりませんが。
何せ初代マリオで最初のクリボーで5回に1回は死ぬんですからね(爆)
それでもまあ気持ちだけは何となく分かります。

しかしこの曲と言ったらやっぱり替え歌ですね。
いろいろ乱立しているのでひどいのもありますが
中にはネ申!と叫びたくなる面白いのもあります。

エアーマンが倒せない(TEAMねこかんversion
基本中の基本。動画も面白い。
サイバイマンが倒せない
ドラゴンボールネタ。ヤムチャに幸あれ(笑)
原作を知らないと楽しめないかも。後から聞いたら神じゃない!吹いた。
坊や哲が倒せない
哲也ネタ…って見れば分かりますね。
こうして見ると哲が悪に見えるのが不思議(笑)
原作知らなくても麻雀を知っていれば楽しめるかも。
ニコ動のほうがコメントがあって面白いです。
中日ドラゴンズが倒せない
こんなところでもビョンはアライバのダシに…。
こっちのほうが映像付きでいいかも。歌がありませんが。
中日ドラゴンズが倒せない2
こっちのほうが1より面白いと思います。
まあ今年の立浪さんは空気読めていませんが…(T_T)

もうひとつ面白いのがあるんですがネタ的にここには載せられず…。
まあ関連動画から辿れば簡単に分かると思いますが。


曲  A
詞  A
総合 A




愛オークス、未勝利馬ムーンストーンが制す

ヨーロッパではまた面白いことが起きましたね。
日本でも制度上は実現可能な記録ですが、
現在の出走ラッシュの中では未勝利の身で
トライアルに出走するのはほぼ不可能ですからねえ。
やはりこれは登録料が高くて重賞で馬が集まりにくい
ヨーロッパならではの記録と言えるでしょうね。
それとも日本の状態のほうが世界的に見れば特殊なのでしょうか?

この馬、未勝利戦勝てなかったのに次走重賞挑戦。
それも勝てなかったのに次はオークス挑戦ですか。
日本なら各所から非難轟々バッシングの嵐に
さらされることになるのは確実ですが、
向こうではそういう使い方が普通なのでしょうか?
結果を残したからこうして外国の競馬ファンの目が
届くところにまで出てきたわけで、同じような使われ方で
結果を残せず消えていった馬がたくさんいたのかも。


オブライエン調教師は今年GⅠ13勝目…って、
武豊の独占禁止法違反とかとはスケールが違いますね(笑)




今日も暑いですねえ…。
暑すぎて何を書こうとしていたのか忘れてしまうくらい(爆)

そうそう、昨日は英検の2次試験がありました。
元々1次試験もダメ元みたいなものだったので2次なんて
なおさら受かる気はなかったのでバックレようかとも思ったのですが、
なんだかんだで結局行って来ました。
炎天下の中必死にチャリ漕いで。
しかし悪いことに前日から夜勤が入っていたので
試験会場に向かう前から心身ともに疲労困憊。
普通の夜勤ならそこまで疲れないんですけど花火大会でしたからねえ…。
10時から仕事なんですが、8時過ぎには花火は
終わっているというのにいつまでも帰らない人の群れ。
海岸の近くということもあり若者グループなんかは
そのまま続戦ってことなんでしょうけど
こっちからしたらたまったもんじゃありません。
にこやかに挨拶しながら「さっさと帰って寝ろや!」
と心の中で毒づいてました(爆)
うう…祭りなんて嫌いだ。

というわけで、試験はボロボロでした。
まあ体調万全でも受かったとは到底思えませんけどね。
とりあえず1次受かっておけば1年間1次免除になるので
それだけでも今回は収穫があったかなと。
そもそも最初からそれが狙いだった節がありますしね。
まあ落ちたことが決定したわけではないんですが、
これで受かっていたら英検に価値などないと断言しちゃいますよ(笑)

それにしても炎天下のチャリは効きました…。
もう頭がカッカして仕方がない。
爆発寸前の火の玉と言うか、とにかく頭部が
すごい高い温度になっているのが分かりました。
これって多分もうちょっといくと熱中症だったんでしょうね。
節約のために出先では絶対飲み物を買わないようにしている私ですが、
倒れてしまっては何にもなりませんからね。
状況を見てもうちょっと柔軟に対応しなければと思いました。
公園で頭から水かぶるとか(爆)




チョルモン厩舎、4週連続で新馬戦にPO馬が登場でございます。
しかしここまで複数頭出走した週はなし。
4週全て1頭ずつとはまたうまい具合にバラけたもんですね(笑)

というわけで、函館1800の新馬戦にシェーンヴァルトが登場。
かなり早い段階からここを目標に調整され、直前追い切りでは
函館の芝で 64.3 48.7 36.2 11.5 というなかなかの動きを披露。
世間の注目はサトノエンペラーに集まっているようですが、
去年も新馬戦で苦戦したシンクリ産駒だけにつけ込む余地はあるかと。
その他では有力馬の1頭ディバインフレイムこそ回避したものの
ラヴェリータやホーカーハンター などなかなかの顔ぶれ。
まあ入厩した時点で“なるべく強いところにぶつけたい”と
言っていた陣営なのでこれはのぞむところなのではないかと。
むしろそれだけ先を見据えてやってきたならこの相手でも
きっちり結果を残してくれるはず…と好意的に受け止めておきます(笑)

マイネルクロッシュ、ラターシュと惨敗したPO馬ですが、
前者は脚部不安がありましたし後者はそもそも
こんなに早く出てくる馬ではなかったのではないかと。
しかしシェーンヴァルトは元々速攻要員として指名した馬、
今のところネガティブな情報は伝わってきていませんし、
チョルモン厩舎の悪い流れをきっと変えてくれるはず。
このメンバー相手に強い競馬ができれば視界が大きく開けますし、
少しでも上位に入れるよう頑張ってもらいたいですね。




底力が問われる阪神ダート戦。
過去の結果を見ても実績馬が順当に結果を出すことが多いです。
なかなかのメンバーが揃った今回は果たして?


◎シルクビッグタイム
○ゼンノパルテノン
▲ワイルドワンダー
△ヴァンクルタテヤマ
×ラインドライブ


◎シルクビッグタイム
前走は勝った馬が強すぎたが地力で2着を確保。
元々は強い3歳ダート勢で3本の指に数えられたほどの馬。
前走の走破時計もなかなか優秀ですし、
距離短縮に斤量軽減とプラス材料も豊富。
騎手はテン乗りですが…まあ大丈夫でしょう。

○ゼンノパルテノン
心情的にはこちらを本命に推したいのですが、
今年のユタカの重賞での…以下略(爆)
古馬になってからは良績が外枠に集中しているのも気になるところ。
揉まれずにスムーズに運べればいいのですが、
枠的にも人気的にも目標にされやすいのが辛いところ。
その上調整が上手くいかず急仕上げという情報も…。
力を出せれば勝ち負けだとは思いますが…。

▲ワイルドワンダー
人気、実績、勢い全て揃った思わず蹴飛ばしたくなる本命馬(爆)
個人的にこの馬はGⅠでは善戦までが天井かなと見ているんですが、
それだけにここは勝負がかかっている印象が。
まあ順当に行けばここも勝ち負けでしょうが、
前が止まらないような展開になれば末脚不発もあり得るかと。

△ヴァンクルタテヤマ
前走最後までフェラーリピサを苦しめた粘りはなかなか見事。
勝ち馬と同タイムのレコードは何はともあれ賞賛されるべきかと。
今回メンバーはさらに強化されますが、
あの粘りが発揮されればこのメンバー相手でも
そうやすやすと先頭を譲ることはないはず。
展開次第ではあっと驚く逃げ切りも。

×ラインドライブ
ベスト条件のダ1400に戻った2戦を3着→1着でOP入り。
その前の2走は芝やら千八やらに出て惨敗でしたが
…ていうかなぜそんなところを使ったのか疑問ですが、
自分に合ったレースではきっちりと結果を出してきました。
引き続きベストの条件のここは上位食い込みも。


実績馬有利な傾向のレースだけに本命サイドの予想に。
まあ唯一のGⅠ馬が抜けていますが…。
前走を除けば安定して走っているのに
これだけ人気にならないGⅠ馬も珍しいですね(笑)




福島最終週を飾る名物重賞。
これなくして福島は語れませんね(笑)


◎カネトシツヨシオー
○グラスボンバー
▲トウショウヴォイス
△マイネルキッツ


◎カネトシツヨシオー
強豪と僅差の競馬を続け1番人気に支持された前走をあっさり勝利。
小回り福島でいつもどおり後ろからの競馬ながら楽に前を交わした
レースぶりは今の充実ぶりを物語っていると思います。
引き続き同じ福島で行われるので舞台適性は問題ありませんし、
手薄なメンバーからここはあっさりまであるのではないかと。

○グラスボンバー
12番人気と低評価だった前走エプソンCは直線良く伸びて3着。
健在ぶりをアピールするには充分な内容でした。
福島は 1 2 2 2 の得意舞台ですし、
七夕賞も2年連続3着したことがある相性のいいレース。
昨年出て3着なら今年は大記録に挑戦できていたのに(爆)
3度目の正直なるか、注目です。

▲トウショウヴォイス
前走は後方から追い込んで4着。
ハイペースで展開が向いた感はありますが、
なかなか見事な末脚でした。
前走より3kg減となるハンデは恵まれた印象。
流れ次第では食い込みも充分かと。

△マイネルキッツ
重賞初挑戦となった前走は僅差の5着に健闘。
まずはOPで戦っていくメドがついたと見ていいでしょう。
ここ6戦は1着5着1着5着1着5着。
ということは今回は1着になるのが自然の流れ(爆)
キレ勝負になると分が悪いと思うので、
好位でうまく流れに乗れれば。


今回人気になりそうなキャプテンベガは正直過剰人気ではないかと…。
もちろん勝つ可能性は充分あると思いますが、
このオッズほどは???って感じなのでちょっと手が出ないですね。
ベガの仔じゃなければもうちょっといいオッズになるんでしょうけどねえ(笑)
騎手も失礼ながら有力どころじゃありませんし、勝負までは?




うう…午前中だというのに何この暑さは…。
じっとしていても汗が滲み出てくる…。
しかも今夜は近所で花火大会があって売り子の仕事が。
雨天の場合は中止になるので雨になることを祈ったんですけどねえ…(爆)



津軽海峡特別

◎ヘイアンルモンド
○ナムラハーン
▲アリアドネズライン
△ロトブルースター

少々低レベルなメンバーが集まった印象。
ここはこのクラスで今度こそ◎馬に順番か?
○は前走古馬との初対決をあっさり勝ったナムラハーンで。
あとはともに前走惨敗で軽視されそうな2頭を。



テレビユー福島賞

◎エイシンパンサー
○コスモベル
▲マルカフェニックス
△グリーンアラモード

実質ハンデ2番手でもエイシンパンサー。
重賞を勝っていてもおかしくない素質馬、
ここは順当に勝ちあがってほしい。
前走同じ舞台で圧勝したコスモベルが2番手。
あとはトップハンデが嫌われそうなマルカフェニックスと
初芝で穴期待のグリーンアラモード。



灘ステークス

◎フラムドパシオン
○ダノンビクトリー
▲フィールドオアシス
△ベルモントプロテア

単勝1.1倍でもフラムドパシオンでしょうがないか…。
2・3番手にはこのクラスで堅実に走っている両馬。
ベルモントプロテアは正直Vマイル参戦の意味が分からないが…。
ダートのほうが走るのは間違いなさそうなので。




久しぶりすぎていつ以来か覚えていないこのシリーズ。
時間がなかっただけで決して忘れていたわけじゃありません(笑)

というわけでダービー編ラストです(=´ー`)ノどうぞ



2000年  勝ち馬:アグネスフライト

「河内の夢も飛んできている!」
「エアシャカールか!それともアグネスか!」
「河内の夢か豊の意地かどっちだー!?」

このレースも思い出深いですねえ~。
実況の素晴らしさもさることながら、
ハナ差の決着というレース内容とマッチしていて
非常に印象に残っています。
河内騎手、21年目でのダービー初制覇。
レディー、フローラと続く所縁の血統の仔での制覇だけに
喜びもひとしおだったのではないでしょうか。
まあユタカを応援していた私的にはすんでのところで
ダービー3連覇を阻まれて悔しかったのですが(笑)
古馬になってからは重賞すら勝てなかった
この世代のクラシックホースたちですが、
クラシック戦線自体は名勝負が多かったです。


1990年  勝ち馬:アイネスフウジン

「中野栄治!若者には負けてられない!」

えと、この馬に関しては私が語っても仕方がありませんので(笑)コチラへ。
個人的にこのレースで凄いと思うのが、
脅威のダービーレコードを刻んだ時計を生み出したラップタイム。
恐らく12秒フラットくらいのタイムを刻むつもりだったのでしょう、
ペースが落ち着く3ハロン目以降の正確なラップの刻みはまさに職人業。
1000m通過後に2ハロン連続で12秒5前後を記録したのは
意図して息を入れたのでしょう。
その後はまた正確に12秒1を刻み、ペースアップしやすい
3コーナー通過も11秒8と最小限の誤差に留めています。
最後はバテて12秒7でしたが2分25秒3のレコードタイムでゴール。
12秒1を刻み続ければ2分25秒2になるわけで、
このレコードタイムはまさに中野騎手の手綱捌きによって
生み出されたと言っても過言ではないでしょう。
もちろん、馬にそれに応える能力があったから
できたことだというのは言うまでもないことですが。


1973年  勝ち馬:タケホープ

「ハイセイコーは3番手、ちょっと届きそうもありません」

怪物ハイセイコー初の敗北。
東京競馬場では敗戦のショックでその場で
卒倒して倒れてしまった人が何人もいたとか。
連勝記録は14でストップしたわけですが、
このまま連勝記録を伸ばしていたら
ハイセイコーブームはどこに向かったのか。
ちょっと興味があります(笑)


1965年  勝ち馬:キーストン

「キーストンリード!キーストンリード!」
「キーストンリード!ダイコーター敵わない!」
「キーストンリード!キーストンリード!キーストン逃げ切った!」


最期のシーンがあまりにも有名なため忘れられ勝ちなキーストンのダービー。
ひたすらキーストンリードと繰り返すアナウンサー(笑)
トーンも低く淡々としていて、昔の実況だなあと思わされます。
このレースの直前、最有力馬で実際1番人気に
支持されたダイコーターの馬主が変わったそうで、
そのトレード理由が「ダービーを勝ちたかったから」。
当時としては破格の金額でトレードされたそうです。
その野望をあっさりとキーストンに砕かれた時の心境やいかに(爆)
まあダイコーターは秋に菊花賞を勝ってますから
トレード自体はダービーを勝てなかったことを除けば
成功したと言えるんですけどね。


1963年  勝ち馬:メイズイ

「メイズイ2番手以下をグーンと離しました」
「メイズイの独走であります」
「メイズイ強い。メイズイラストスパート。あと200メーター」
「メイズイ悠々とゴールイン。メイズイゴールまであとわずか」
「メイズイダービーを完全に制覇しました」 


MG対決と呼ばれ、メイズイとグレートヨルカの一騎打ちが注目されたダービー。
結果はダービー史上初めて2分30秒を切る驚愕の時計で
メイズイが6馬身差の圧巻の逃げ切り勝ち。
ダービーどころか古馬の記録まで破る日本レコードで、
そのあまりの強さに菊花賞ではレース前に
優勝トロフィーにメイズイの名が刻まれたとか(笑)
キーストンの時同様ものすごく淡々とした口調で
本当にレースの様子をただ伝えているだけという感じです。
その証拠に!マークが全然ありません(笑)
レース展開からして仕方がない部分もありますが、
直線に入ってから名前を呼ばれたのはメイズイただ1頭(爆)
カメラもメイズイをアップにしていますし、
おかげで後ろの様子がさっぱりわかりません(笑)
あと、まだゴールしていないのにゴールインと言ってます。
ゴールインと言った後に“ゴールまであとわずか”って、
ゴールしたんとちゃうんか!と思いますね(笑)
まあ時代を感じさせるという意味ではいい実況ではないかと。



というわけで、ダービー編がやっと終わりました。
次は…皐月賞編?それかクラシックトライアル編で。




FC2トラックバックテーマ 第528回「環境にいいこと何かやっていますか?」

特に環境を意識して何かをやるということはありませんが、
結果的に環境のためにいいことはやっているような気が。
まあ“環境のため”とか“地球のため”とか言っても
所詮それは人間のエゴでしかなくて、環境が悪化しても
ただ単に人間その他動植物が生きていけなくなるだけなんですが。
地球という星自体は地震が起ころうが大気が汚染されようが
存在するためにそれが問題になることはないわけで、
地球のため=人間のため というのが真実なのではないかと。
まあそれが全てだとは言いませんが、
少なくともそういう側面があるのは事実だと思いますね。

まあそれは置いといて、何か環境のためにやっているかと聞かれても
自分の主観ではなかなか難しい部分があるのではないかと。
ペットボトルリサイクルに出してますとか言っても、
それは自分が環境を意識しているわけでも何でもなく、
他の誰もが当たり前のようにやっていること。
ていうかきちんと分別しないと持って行ってもらえませんし(爆)
古紙配合100%のノートを使ってますとか言っても
相次ぐ偽装発覚で実際のところどうなのか分からないですしね。


それでも探せば何かしら見つかるんですけどね。
私の場合はまず移動手段の95%が自転車だということ。
片道20kmまでは絶対電車その他交通機関は使わないことにしています。
慣れてしまえば5kmも20kmも感覚的にはあまり変わりませんし、
乗っていて楽しいので結構遠い距離も意外にスイスイ行けますよ。
車ほど交通状況の影響を受けないので
目的地までかかる時間も車とそれほど変わりませんし、
出先で何ヶ所も回る場合電車で行くよりよほど楽な場合も。
止める場所にも困りませんし、個人的には最強の乗り物だと(笑)
まあ強いて難点を挙げれば雨に弱いってことですかね。
そういう意味では雨人間の私とは相性最悪なんですが(笑)
パンク直しなど整備も自分で簡単にできるので必要なのは労力だけ。
とにかく自転車!コレは絶対オススメです!

次、照明器具を使わない(爆)
私は基本的に夜行性なので夜中起きてることが多いのですが、
何をやる時もすべてパソコンの画面の明りで済ませています(笑)
大抵それで済ませられますし、パソコンはほぼ24時間稼動しているので
それに使われている電気を利用しない手はないかと。
まあ目には良くないかもしれませんが、元々悪いので気にしない(爆)
それに照明って点いてるだけで暑いので嫌いなんですよ。
そもそも私は明るいところより暗いところが好きな人間ですし(爆)
あ、物理的に暗いところが好きってだけでそれ以上の意味はありませんから。
傍からどう見られているかは知りませんが、
少なくとも自分ではネクラではないつもりです(笑)

次…って結局私の貧困な発想力では
節約する=環境のため 以上のことは思い浮かばないんですが(汗)
まあ人が日常暮らしている中でできることなんて高が知れていますから
それでも構わないとは思うんですけどね。
こういうのを堂々と書けるようになるためには
砂漠で植林ボランティアやるくらいしないといけないのかも。
現状で私にできることは光熱エネルギーの消費を抑えることくらいですが、
それが環境に対して大したプラスにならなくても、
その結果自分のためにもなるのなら喜んでやろうかと。
結局自分のためかい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

まあそれが私という人間の今の限界ということです…。
今後もこの限界を超える予定はないですが(笑)




ユキチャンが競争除外になりいささか拍子抜け。
焦点はサクセスブロッケンがどんな走りを見せるかの一点に。


1着○サクセスブロッケン
2着△スマートファルコン
3着  コラボスフィーダ
4着  ドリームスカイ
5着◎ナンヨーリバー
6着×モエレラッキー
  ・
15着▲イイデケンシン


サクセスブロッケンが快勝。
ダービーの後遺症も全く感じられず、
ダートではモノが違うということを改めて見せ付けました。
2着に3馬身差ということで思い描いていたような
“圧勝”ではありませんでしたが、その後ろは8馬身差開いていますし、
2着馬が予想以上に頑張ったというところでしょうか。

しかしこれで完全にダート馬としての評価が固まってしまった模様。
芝では全く駄目だということを見せてしまっていますし、
今後芝レースに出ることはほぼないでしょうね。
これだけの能力を見せた馬だけに子供にも期待したいですが、
種牡馬としての価値はこの勝利で皮肉にも下がってしまったかも…。
アドマイヤドンのように芝のGⅠ勝てとは言いませんが、
せめてゴールドアリュールのようにダービーで
掲示板に載るくらいはしてほしかったところ。
それくらい走れていればまた評価も違っていたのではないかと。

スマートファルコンが2着に健闘。
さすがに勝ち馬には離されましたが、まさにダ変わりと言える走りを披露。
芝のOPを勝っているとは言え、ここのところずっと苦戦が続いていたので
これで陣営も一安心といったところでしょうか。
これでダートでは4戦2勝2着2回のパーフェクト連対。
秋には意外なダークホースとして注目されているかも。

ナンヨーリバーは5着に惨敗。
このメンバーでこの着順は惨敗と言わざるを得ないでしょう。
楽に逃げていたと思いますし、ペース的にも悪くなかったと思うのですが
直線であっさり交わされたら後は離される一方でしたね。
それでもせめて地方馬2頭には先着してもらいたいところでしたが…。
勝ち馬との力の差は歴然、現状では逆転はほぼ不可能でしょうね。

イイデケンシンは…数日前のモンテクリスエスを髣髴とさせる惨敗(爆)
ドバイ組ではアドマイヤオーラが同じような状況に陥っていますが
あちらは骨折という明白な理由がありますからねえ。
まだ遠征疲れが取れていないのなら立て直しには
相当な時間が必要と見ていいでしょう。
距離が長かったにしても3コーナーまでもたないのは
さすがにそれだけが原因だとは思えませんし。




今さらながら…って毎週言ってますね(汗)
先週の重賞回顧を簡単に。


函館スプリントS

1着  キンシャサノキセキ
2着○トウショウカレッジ
3着  キングストレイル
4着▲プレミアムボックス
5着  ゴスホークケン
6着◎スピニングノアール
  ・
以下略

断然人気のキンシャサノキセキ、着差以上の完勝でした。
ゴスホークケンがぶいぶい飛ばしたせいで
完全に差し馬有利の展開になる中で3番手から残るとは…。
ごめんなさい、GⅠ2着の実力をなめてました(笑)
ていうか函館でこのタイム、かなり早いんじゃないですか?

トウショウカレッジ、上がり最速で追い込んできました。
やはり前走は展開が敗因だったかと。見切るのは早計でしたね。
展開が向いたからとも言えなくもないですが、
あそこまで行ったら差してほしかったかなと。
なんとなくこのまま差して届かずのポジションに落ち着きそうな予感(笑)

ゴスホークケン、この距離でも長いようで(笑)
アメリカで行われている400mのレースに参加してはいかが?(爆)
現状ではこの辺が限界のようですね。

スピニングノアール、まさかシンガリ追走とは…。
いくら展開が後ろ向けとはいえこの短い直線でシンガリ一気では…。
まあ終い確実に伸びていますし、これで次人気を落とすようなら狙い目。



ラジオNIKKEI賞

1着  レオマイスター
2着◎ノットアローン
3着○ダイバーシティ
4着△スマートギア
  ・
15着▲モンテクリスエス
  ・
以下略

印を打った3頭が2・3・4着という、ある意味最悪の結果(笑)
勝ったレオマイスターは…ウチパクの好騎乗でしょうか。
人気で勝ったわけではありませんし、秋につながるかは…。

ノットアローン、ハンデが嫌われたとは言え
さすがに6番人気はないのでは…。
別定時代なら楽に勝っていたでしょうねえ。
自分の競馬ができればやっぱり強いです。

ダイバーシティ、土がつきました。
オーソドックスな競馬で僅差の3着。
夏に一回り成長できれば。

スマートギア、最後方一気で1頭だけ次元の違う脚。
でしたが直線の短い福島では…。
やっぱり乗り替わりはマイナスでしたかね。
もっかいユタカで見てみたい。

モンテクリスエス…(涙)
何が原因だったのか分かりませんが、さすがにこれは酷い…。
距離不足?何にしてもじっくり立て直してほしいです。




ウチは子供の頃親父の方針で
禁欲生活を強いられていましたからねえ(笑)
アニメなんて見出したのはごくごく最近なんですよね。
何しろ小学校低学年時まではテレビ自体ありませんでしたから。
想像力を育むためだとか言ってラジオを聞かされていました。
テレビが家に来てからも見るのはニュースと野球中継だけ。
親父曰く「アニメを見るとアホになる」だったので、
見たいといっても絶対見せてもらえませんでした。

そんな状況の中、子供の頃ハマったのが
「タイムボカン」「星闘士☆聖矢」(字、これで合ってますっけ?)
10歳の時に内モンゴルに留学したんですが、
その時現地のテレビで毎週流れていたのがこの2つ。
中国語の吹き替えでしたが、ホームステイ先の家で
その家の子と一緒に毎週夢中になって見てました(笑)
まあ中国語だったので細かい部分までは理解できませんでしたが。
おかげで登場人物の名前や技名をすべて中国名で覚えてしまい、
日本の正式な名前に違和感を覚えるように(笑)
私にとって主人公の必殺技は「天馬流星拳」であり、
「ペガサス流星拳」なる技は存在しないのです(爆)

その後日本に帰って来た後しばらくはアニメなしの生活に戻りましたが、
17歳時に再び内モンゴルに留学した時、
私は出会ってはいけない物に出会ってしまったのでした。

海賊版DVDです(爆)


私のHNチョルモンの元であるチョルモン本人…ってややこしいですね(笑)
まあここでは私がチョルモンなので彼のことはC氏と呼びましょう。
このC氏、私とは10年以上の付き合いがある
言わば幼馴染なんですが、これが無類のアニメ好きでして。
中でもお気に入りは「NARUTO」で、
最初に覚えた日本語が“忍法影分身の術”という…(爆)

で、このC氏とあと2名の友人と連れ立っていった店。
それが俗に言う海賊版DVD屋でした。
ここ20年間くらいの間に放映されたアニメがほとんど揃っていて、
DVD1枚に最長3時間収録されてお値段たったの60円(爆)
今まで見れなかったために何かが弾けました(笑)
見たかったもの、その日だけで20タイトルも買い漁りました。
ところでこのDVD屋。
(我々の常識からすると)違法な商品を扱っているにも関わらず、
ちゃんと認可もされているらしく表通りにきちんと店を構えているんですよね。
このあたりが何とも中国らしいと言うか…。

で、問題なのはここから。
戦利品を持って帰った我々は私の家で早速鑑賞会を開きました。
昼ご飯食べてから夜中までずーっと。
それでも翌日が学校ということで、10時くらいにはお開きにして
3人は自分たちの家に帰って行きました。
「お前夜更かししないでちゃんと寝ろよ」という言葉を残して(笑)
でどうなったか。まあ既にお分かりかと思いますが、
夜通し見続けて朝にダウンしてしまったんですね。
仕方がないので学校に風邪を引いたという連絡を入れ熟睡(爆)
そして起きたのは夕方。学校が終わった友人たちが
ウチに来た音で目を覚ましました(笑)
で10時までアニメを見て…以下無限ループ。
気がつけば2ヶ月以上学校サボっていました(核爆)
最初の1週間くらいは学校にも(嘘の)連絡を入れていましたが、
次第に面倒になり終いには放置。
学校では日本からの留学生が2ヶ月以上音沙汰ないということで、
けっこうな問題になっていたようです。
当たり前だろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
ていうか最後のほうはサボりまくったせいで行きにくくなってしまって。
正直どのツラ下げて顔出せばいい…ってなもんですからね。
それでも日本に帰る前に一念発起して3ヶ月ぶりに学校に行きました。
骨折したふりをして腕を吊って(爆)

…まあ若気の至りってことで勘弁してください。
留学から帰ってきて「ネタがいっぱいだよ~」と言って
友人に話したら「ていうかネタしかないじゃん」と言われました(笑)
ちなみにこの話、うちの親は知りません。
知られたらどうなるか…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル
本当はここに書くのも怖いのですが(笑)

私と上記の3人、お互い8歳くらいからの幼馴染なんですが、
勉強もせず遊んでばかりということで、私の滞在中、
学校内で「フフホトの四悪人」として有名でした(笑)
遊びに行くのもご飯食べに行くのも、いつも一緒でしたからねえ。
ただ、彼らの名誉のために言っておけば、
学校サボっていたのは私だけですからね。
んなこた分かっとる!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
特にC氏は学年2位の成績で
難関と言われる北京の大学に進学しましたし。
10年後くらいにみんなで集まったらこの話、
いい酒の肴になると思いますね(笑)


閑話休題。脱線しすぎました。
そんなわけでその時見た中で好きなアニメ。

「幽☆遊☆白書」
原作漫画もアニメも大好きです。

「NARUTO」
C氏に触発されて(笑)アニメで見たほうが原作より面白い。

「HUNTER×HUNTER」
富樫漫画はアニメと相性がいいのかな?


最近はガンダムにちょっと興味を持っています。
今まで見たことはなかったのですが、
OPやEDの曲は好きなのが多く、よくカラオケで歌っていたので。
XとWとSEEDの最初の方だけ見てみました。
何つーか、まあ普通に面白いかなと。
ガンプラ買う気は起きませんが(笑)暇を見て最後まで見てみようかと。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。