FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 08月 に掲載した記事を表示しています。

今週からいよいよ2歳重賞がスタート。
新潟では夏のマイル王決定戦 関屋記念。
まさに夏真っ盛りといった感じの番組。


関屋記念

◎トップオブツヨシ
○リザーブカード
▲トウショウヴォイス
△マシュリク


「死んだ種牡馬の仔は走る」という格言がありますが、
ただそれだけの理由でトップオブツヨシを本命に指名(爆)
まあ昔デインヒルが死んだ時、その直後の重賞レースで
明らかに実績不足のミッドタウンが1番人気に祭り上げられた、
なんてこともありましたしね(ビリーヴやサニングデールを抑えて)。
タイミング的に出来すぎな気もしますが、たまにはこんな予想もいいかと。



函館2歳S

◎コパノマユチャン
○アイアムカミノマゴ
▲ナムラミーティア
△サダムテンジン


コパノマユチャンの巻き返しに期待。
オッズも下がってここは狙い目。
意外と芝1200以外を勝ち上がった馬が活躍するので
ダートを勝ち上がったアイアムカミノマゴを対抗に。
ナムラミーティアを完全無視するのは流石に危険。
サダムテンジンの前走、初芝であれだけ走れば上々。
芝2走目でさらに上がり目があれば面白い。


スポンサーサイト




ここまで下位指名馬ばかりデビューしていた
チョルモン厩舎ですが、いよいよ上位指名馬が登場します。
というわけで、新潟芝マイルの新馬戦にプラチナチャリスが出走。
スクミが発症したと聞いた時はどうしたもんかと思いましたが、
ここまで早く回復するとは思っていなかったので嬉しい誤算ですね。
まあその前の誤算を計算に入れていなかったので
-だからこそ“誤算”なんですが-厳密に言えば
嬉しくないということになるはずなのですが(笑)

それはさておきプラチナチャリス。
マイルGⅠを勝ったブラックホーク、ピンクカメオが近親にいて、
父はヨーロッパの競馬史に残るチャンピオンマイラー“ザ・ロック”こと
ロックオブジブラルタル、まさにマイルを走るために生まれた馬と言えます。
新馬戦にもわざわざマイル戦を選んだくらいですし、
前評判からも大いに期待!…と言いたいところですが、
正直な所不安半分心配半分といった感じです。
って期待はどこ行った!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
不安要素として大きいのが気性の激しさで、
ここまでの調教はかなり多めに本数をこなしているものの
テンションを上げすぎないために全て馬なり。
このことからも気性の激しさが窺い知れると思います。
一応追いきりでは初めてそれなりの時計を出しましたが、
美浦の坂路で 51.7 37.5 24.6 12.3 と決して早いとは言えない内容。
さらに内田騎手の「動きはまあまあよかった。まだ成長段階だから
先々の馬という気もするけど、乗り味がよくていいモノを持っている」
というコメントも相まって不安は膨らむばかり(笑)
意訳すると「ちょっと初戦は勝負になりそうにないな~、評判馬だし貶す
わけにもいかないしどうしよ、当たり障りのない言葉でお茶濁しとくか、
もしかしたら走っちゃうかもしれないし」という風に見えませんか?(爆)
見えねーよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

どんだけネガティブなんだと言われそうですが、常に最悪の事態を想定する、
それが持って生まれた思考パターンだけに今さらどうすることも…(笑)
私に某思い入れ系の方の1割でもポジティブさがあればこのブログも
もうちょっと明るい雰囲気になるんでしょうけどねえ(笑)

ま、とりあえず怪我しないように1周回ってきてくれればと。
もちろん前にいる馬が少ないほどいいとは思いますが(笑)