FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 10月 に掲載した記事を表示しています。

週も半ばを過ぎて世間の興味がとっくに
今週のGⅠへと移っている中で先週の重賞回顧。


神戸新聞杯

1着 ディープスカイ
2着 ブラックシェル
3着 オウケンブルースリ

ここまでガチガチに決まったレースは久しぶりですねえ。
セントライト記念より遥かにレベルの高いメンバーでしたし、
それだけにレベルの差がそのまま表れたようですね。
ディープスカイは菊に出ないようですが、
ブラックシェルはどうやら方針転換して菊に向かうようですね。
レベル差もありますし、距離適性無視しても同世代と戦った方が
勝つ確率は高いと思うのでこの選択は正しいと思いますね。
幸い武豊騎手も3歳戦線は手空き、長距離は大得意ですし、
他に大したメンバーもいませんので勝負になる公算大かと。
3着のオウケンブルースリは菊で狙おうと思っていたんですけどねえ…。
思ったより目立ってしまったので菊でも人気になりそうですし、
正直あまり旨みはなさそうですねえ…。残念。
クラシックホース不在、セントライト記念組はパッとしませんし、
直線の追い込みが評価されたら下手したら1番人気かも…。
まあ騎手込みでブラックシェルがちょい上かもしれませんが。



オールカマー

1着 マツリダゴッホ
2着 キングストレイル
3着 トウショウシロッコ

えー、マツリダゴッホは強かった。いじょっ(爆)
ホント、どんだけ中山の鬼なんだよ、ってねえ。
天皇賞やJCではこの馬の取捨が最大のポイントかも。
切るか抑えるか、ヒジョーに悩みます。
まあ有馬では無条件で買いですが(笑)
キングストレイルは一気の距離延長が
どうかなと思ったんですがよく来ましたねえ。
元々同じ舞台のGⅡ勝っているわけですし、
マイルや短距離よりむしろこっちが本領なのかもしれませんね。



スポンサーサイト




はぁー…。
ついにやってしまいましたよ…。
親父と弟が大喧嘩。

直情的でことあるごとに衝突していた二人だけに
いつかやるとは思っていましたが…。

まあ中立の立場から見ると結局
どちらも悪いってことになるんですけどねえ。
事実だけ見れば自分の都合で学校に行かない
無気力な高校生を学校に行くよう親が叱咤した
ってだけですから一応親父に分があるんですが、
それにしても言い方ってものが…。

もうちょっとこう、相手の立場を思いやる
ってことが…できないんでしょうねえ。
元々俺様主義な上に相手は息子となったら、
親父の感覚からして譲る理由がないですからね。
持っている力からして最後に子供が泣きを見るのは
明らかなわけですが、弟もまた分かっていても
感情を抑えられない種類の人間ですからね…。

でも一応弟の方はちょっとは歩み寄りを見せたんですけどねえ。
学校に行かないでダラダラしているのは自分が悪いと、
そう認めた上で、どうしても親父に許せない所がある、と。
そして弟が言ったその許せないところというのは、
誰がどう見ても親父に非があると思われる部分で、
話の流れからしてその非を親父が認めさえすれば
話は穏便…というほどではありませんが、
それほど大きくならないまま終わったはずなんですが…。
相変わらず訳の分からん理屈をこねて自分の非を
認めなかった親父、それどころかその屁理屈でその
自分の非すら弟の責任にする始末…。ますます
ヒートアップした家族会議は収集のつかない方向へ…。

弟は弟で、どんなに正しいことでも親父の
言うことは絶対聞きたくないとか言い出すし。
それを聞いて一家の主たる親父がどんな
行動に出るかなんて分かっているでしょうに…。


「だったら家から出てけ!」



というわけで、楽しい一人暮らしを謳歌していた
我が家に居候が1人転がり込んで来てしまいました…orz
まあねえ、さすがに今にも首吊りそうなくらい落ち込んで
いるのをほっとくわけには行かないですからねえ。
今のままじゃ学校も卒業できませんし、
親父と離れるのはいいことだと思いますが…。
いい加減親父と弟のケツを拭くのも嫌になってきた今日この頃。
そろそろいい年なんだし、周りに迷惑かけないよう
考えて行動することを覚えてくれませんかね?なあ、弟よ。

親父に関しては…何かを期待するだけムダですから(爆)