FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 10月 に掲載した記事を表示しています。

札幌の最終週、メインは札幌2歳S。
約1ヶ月ぶりにPO馬が登場であります。
ホントならもう1頭、シェーンヴァルトとのタッグで
ワンツーフィニッシュ、1点で馬券も当たって
ウハウハの予定だったんですけどねえ(爆)

あ、いや、今回お仲間の馬が1頭も出ないので
ちょっとくらいいいかと調子に乗ってみました(笑)

というわけで、シェーンヴァルトは残念ながら除外で
送り込めたのはテーオーストーム1頭のみ。
どちらかと言うとシェーンヴァルトを頭で勝負しようと思っていた
んですけどねえ…、色んな意味で思惑が外れてしまいました。

まあそれはさておきテーオーストーム。
新馬戦は好位を追走して直線半ばで楽々抜け出すという
なかなかセンス溢れるレースを見せてくれました。
最後は抑える余裕もありましたし、タイムも
なかなか優秀、ここでも充分期待できそうです。
追いきりは芝コースで 64.0-49.8-36.0-11.1 と絶好調。
特にラスト1ハロン、北海道の芝で出すとは、
新馬戦で見せた抜かせない勝負根性に加えて、
瞬発力もなかなかのものがありそうですね。

外枠がちょっとアレですが、まあ本当に力があるなら
これくらいのことは何とかしてくれるでしょう。
キングスレガリア、マイネルエルフ(とついでにシェーンヴァルト)
が除外され前述のようにわくわくドキドキPOGからの出走はこの馬のみ。
ここまで函館2歳S、小倉2歳S、新潟2歳Sと、
ここまで行われた2歳重賞全てお仲間の馬が勝っている
だけに記録が続くか責任重大なのであります(笑)

まあその辺りは本当はおまけのついで程度で、
勝たないまでも何とか賞金を加算してもらいたいところです。



スポンサーサイト