FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 12月 に掲載した記事を表示しています。

先週のPO馬の出走結果。
まずは1頭目、マイネルクロッシュ。


14着 マイネルクロッシュ

ハイ、ずるずるのずぶずぶのバテバテでした(涙)
やはり懸念していたように多頭数でペースが
早くなってしまったのが最大の原因でしょうね。
結局逃げられなくて3番手追走でしたし、
逃げられなかった時点で勝負ありって感じでした。
まあ、あっと驚く逃げ切りがある一方で派手な逆噴射が
あるのも言ってみれば逃げ馬の宿命みたいなものですからね(笑)
でも自分の時計分は走っているわけですし、
力を出せなかったわけではないと思います。
逆に言えば現状ではこれが精一杯なわけで、
残念ながらここら辺が時計面の限界なのではないかと。
あくまで“現状では”の話ですが。

キレる脚がないのでパターンが決まっているのが辛いところ。
こんな感じでしばらくは未勝利戦で好走と凡走を繰り返しそうですね。
勝つとしたら好走した前2走のように少頭数でマイペースの逃げが打てた時。
来年のダービーまでにひとつくらいは勝てると思いますが、
その時がいつ頃になるのか全く予想がつきません(笑)
今回も6番人気だったように、好走しても人気にならない馬なので
当たった時はデカそうですが、それまで懐がもつかどうか…。
とりあえずはレースの度に人気薄同士での“行った行った”を期待します(笑)

この後はどうするんでしょうね?
勝っていたらさすがに休んでいたと思いますが、
放牧に出されていないところを見ると続戦でしょうか。
まさかまた中1週ってことはないと思いますが…。
使うにしても、年末に使えたら1戦だけ使う、
くらいの気持ちでリフレッシュも考えたほうがいいと思います。


スポンサーサイト




カズ年俸1000万円ダウンも横浜FC残留


昨日のニュースですが、サッカーの話題なぞひとつ。
カズさんが来年も現役続行するそうですね。

最近サッカーは国際大会くらいしか注視していませんし、
日本代表にどんな選手がいるかも分からない状態ですが、
小学生時休み時間といえばサッカーだったように、
実は見るのもやるのも結構好きだったりするのです。

で、私の年代のヒーローとなるとやっぱりカズなわけで。
後はラモス、ジーコ、ストイコビッチ、リトバルスキー、ビスマルク。
日本人では武田、北沢豪、木村和司、福田、岡野、高木など。
今は監督やコーチをやっているJリーグ創成期のスターたちですね。
さすがに中田や稲本くらいは知っていますが、この後の選手となると
どうにも印象に残っていなくて全然名前が出てきません(笑)
城彰二は私の中では永遠に天才少年のままです(爆)
で、その中でもカリスマ性ではやはりカズが抜きん出ていると思います。
イチローや田臥、大畑など、活躍しているその世界の範疇を超えたスター、
サッカー界ではやはりこの人が1番だと思いますね。
もうこの年になるとワールドカップ云々なんて話にはならないですが、
どんな形でもプレーしていてくれるだけで嬉しい選手。
サッカー選手の平均的な引退期なんてとっくに過ぎていますし、
後何年やるか分かりませんが、なるべく長く元気な姿を見せていてほしいですね。

それにしても、サッカー選手の年俸って安いですよね~。
この3000万という金額もこの世界では結構高いほうですよね?
まあ、野球のように毎日試合をするわけにはいかないので仕方がない
面もあるのですが、比較するとどうしても安いと思ってしまいます。
逆に言えば野球が高すぎるということなんでしょうけどねえ。
ホント、この不況下でよくもまあ2億だ3億だと景気のいい話が出ると…。
大リーグと比べたらまだまだですが、あまりにバブリーだと思いますね。
高額年俸の選手の中で、成績、集客の両面から見た場合、本当にそれだけの
活躍をしている選手は片手で数えられるほどしかいないと思うんですけどね…。