FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 12月 に掲載した記事を表示しています。

こんにちは。まだ寝足りないのですが、
クリスマスローズSのために頑張って起きてきました(笑)
決してJCダートのためじゃないところがポイント(爆)

で、今日のメインレース、リニューアルJCダート。
天皇賞やジャパンカップで出走馬の総GⅠ勝ち数が話題に
なっていましたが、そんなもの物の数ではありません(笑)
もしかしたら1レースの数としては史上最多かも?


◎ヴァーミリアン
〇カネヒキリ
▲カジノドライヴ
△サンライズバッカス
×メイショウトウコン


◎ヴァーミリアン
かつてこれほど死角のない絶対王者が
存在したでしょうか。いやいない(反語)
ウオッカやダイワスカーレットなんかより
よっぽど負ける要素が少ない、ていうかないです。
いくら考えても乗り替わりくらいしか思いつきませんし、
もしユタカが乗っていたらホントに何もないところ。

〇カネヒキリ
詳しくはコチラコチラ参照(爆)
それにしても結構人気しちゃってますね。
元が元だけにもしかしたらもしかするかも。

▲カジノドライヴ
未知の魅力にかけて。

△サンライズバッカス
また3着に飛び込んできそうな気が…。

×メイショウトウコン
流れが速くなれば出番もあるかと。



時間がないので途中から適当になってしまいました(;^_^A
サクセスブロッケンは色々不確定要素があるので
オッズと相談して思い切って切ってみました。
ま、来てしまったら素直にごめんなさいということで…。



スポンサーサイト




週に3頭のPO馬出走ラッシュ、
トリを務めるのはこれまた3ヶ月のご無沙汰、
チョルモン厩舎の現エース、ツルマルジャパンであります。
え?エースはシェーンヴァルトじゃないの?
という声が聞こえてきそうですが、やはり思い入れ的に
ツルマルの方の肩を持ちたくなってしまうもので…。
シェーンヴァルトが朝日杯でそれなりの結果を残したら
エース交代もあるかもしれませんが、しばらくはこのままで。
まあ言ってみれば内海が台頭して結果を残しても
エースは上原のままというあの論理と同じですね(笑)

さて、新馬戦ではセイウンワンダーを完封し、
マリーゴールド賞はレコードでぶっこ抜いた本馬。
あの時は“こいつぁ強い!”と胸が高鳴ったものです。
が、その後は不本意ながらも陣営の本意によって短距離路線へ。
小倉2歳Sで負けたにも関わらず復帰戦に
短距離戦を選ぶ意図が正直分かりませんねえ。
しかも朝日杯には目もくれずさざんかSに向かうと
言うんですから…何をかいわんやです。
まあここに来てちょっと色気が出てきたらしく、
結果や状態次第で朝日杯に向かう選択肢もあるとの情報が
流れていますからちょっとは目をくれているのかもしれませんが(笑)
いずれにしても短距離路線を進むにしても春の最大目標は
NHKマイルCになるわけですから今から純粋な
短距離路線を歩む意味はないと思うんですけどねえ。
それともまさかクリスタルCを最大目標に置いているとか?(爆)
そもそもまだ距離の限界を露呈したわけでもないのに…ブツブツ

閑話休題。
というわけで、ツルマルジャパンがクリスマスローズSに出走。
小倉2歳Sは負けはしましたが、前に辛い展開や
輸送条件その他もろもろ良くないことが重なりましたし
おまけに腰まで悪かったそうですからあの結果も仕方ないでしょう。
笹針を打って2ヶ月以上休んで英気を養って来ましたし、
栗東坂路の追い切りでも 52.7 38.5 24.9 12.4 という好時計。
これまでは全体時計がよくても最初飛ばして終いバタバタという
パターンばかりでしたが、今回は前半抑えて最後切れるという
今までにない上々の内容だったと思います。
後はこれをレースで出せれば自ずと結果はついて来るはず。
外枠、そしてテン乗りとちょっと不安要素はありますが、
この中ならどこからどう見てもグリグリの本命候補ですし、
ここは力の違いを見せつけてもらいたいものです。