FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 12月 に掲載した記事を表示しています。

というわけで、ラジオNIKKEI杯の予想。
珍しくPO馬が◎じゃないです(笑)


◎リーチザクラウン
〇ファミリズム
▲トゥリオンファーレ
△イグゼキュティブ
△ロジユニヴァース


◎リーチザクラウン
クラシック戦線を盛り上げるためには
ここはこの馬に是が非でも勝ってもらわなくては。

〇ファミリズム
終いは確実、マイルの流れになれば突き抜ける可能性も。

▲トゥリオンファーレ
PO馬という贔屓目もあるが…。末は確実なので食い込みを。

△イグゼキュティブ
安定感はこのメンバーの中でもピカイチ。
他馬の実力を測るモノサシになりそうな気もするが…。

△ロジユニヴァース
人気や休み明け、その他を考慮して。
実力は認めているので未練としての△。



スポンサーサイト




今日の中山メインは冬の風物詩、中山大障害。
春の大障害は中山ナントカジャンプとか言う変な名前になっちゃいましたが、
長年中央競馬1年の締めくくり、トリを務めて来た伝統のこのレース、
ここの名称変更だけは絶対にしないでほしいですね。ノスタルジーに浸って
古き良き時代の競馬を思い出せる数少ないレース(名)だと思いますので…。
お前いくつやねん!(+`・д・)≡○)゜д。)ノ 22 デスガナニカ?


◎マルカラスカル
〇メルシーエイタイム
▲キングジョイ
△スプリングゲント


…退屈な予想でスミマセン(汗)
いや、前走のアレを見せられると負ける要素が見つからないです。
おまけに今飛ぶ鳥を落とす勢いのグラスワンダー産駒。
それこそキングスポイントの悲劇でもない限りは…。
縁起でもないことをーっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!





ところで、マルカラスカルって名前覚えにくくないですか?
半年かかってようやく覚えましたが、それまでは
マスカラスカルだのマルカララスカルだの間違えまくりでしたよ(笑)



クラシックの登竜門、ラジオNIKKEI杯2歳S。
チョルモン厩舎からは期待のドラ1馬トゥリオンファーレが登場。
チョルモン厩舎の重賞挑戦はこれで6回目?
これって結構多い方なんですかね?どうなんでしょう。


それはさておき、ラジニケの話。
前評判ではここは怪物候補リーチザクラウンがどんな走りを
見せるかに注目が集まり、ここまでセンス溢れる走りで重賞含めて
2戦2勝のロジユニヴァースがいるにも関わらず一本被りの人気。
トゥリオンファーレはかなり離された7番人気に留まっています。
まあ、時計も大したことないですし仕方がないですけどね。
むしろこれでも人気になっている方だという考え方もできるかと。
大物だというデビュー前の評判がなかったり、地味な血統だったら、
或いは別の厩舎の馬だったら、下手したら50倍ついてもおかしくないですしね。
それが7番人気とは言え20倍台の人気を集めているのは
期待の表れなのだと、ポジティブに受け止めておくことにしましょう(笑)

本音を言うとユタカファンの私としてはここはリーチに無事突破
してもらいたいという気持ちの方が強かったりするんですよね~。
もちろんトゥリオンにも頑張ってもらいたいですが、こちらはまだ成長途上ですし、
順調に成長してくれさえすればいいので、ここではまだ多くは望みません。
できればリーチが後続を離してブッ千切った!ってところでトゥリオン1頭が
馬群から抜け出して追いかけてくる…なんてのが理想なんですが(笑)
とりあえずここで3着以内に来るようなら成長力加味して考えれば
この先かなり期待できそうな感じ。出世レースだけに2頭の他にもファミリズムや
イグゼキュティブなど相手は揃いましたが、リーチとロジを除けば3番手争いは
横一線ですし、コース経験を生かしての好走を期待したいですね。



どうもお久しぶりでございます。
頭が痛くても競馬の時だけは復活するチョルモンです(爆)

いや、別に朝日杯の結果には全然ショックとかなかったんですけどね。
シェーンヴァルトの適性がここにはないというのは分かっていたことですし、
ツルマルも前走を考えたら沈没する可能性は多分にありましたから。
まあ、馬券的にはPO馬に義理立てて2頭を中心に据えていたので
結構ダメージを食らったので痛かったですが、セイウンからの
抑え馬券が当たったのでガミりながらもほぼトントンでしたし、
そういう意味ではほとんどショックとかはなかったですね。あのアタマ差が
なかったらこんなのん気にはしていられなかったでしょうけど(笑)

そういうわけなので、ここ1週間音沙汰なかったのは
嘘から出たマコト君と言いますか、年末で忙しかったのと
週の半ばにホントに風邪を引いてしまったのが原因だったり。
ツルマル、シェーンとも次の予定も決まったようですし、
改めてこれからの活躍に期待したいと思います。


閑話休題。


このところすっかり新馬デビューが止まっているチョルモン厩舎、
約1ヶ月半ぶりに新たなデビューを迎える馬が出てきてくれました。
始めの頃は結構順調にデビューしていただけに、これがまだ9頭め
というのは自分のことながら意外な感じがします。
土曜阪神6R芝マイルの新馬戦にアドニスラモーサが登場。

いつまで経っても馬名登録がされず、注目馬ではないので
情報も全く入らず半分諦めていた時期もあっただけに、
無事デビューを迎えてくれたことは素直に嬉しいですね。
血統とかあまり気にしない私ですが一応1頭くらいはと思い
あまり注目されていなさそうなところから選んだタキオン産駒。
え?タクティクス?あれの獲得は予想外なので気にしないよーに(笑)

再入厩してから1ヶ月足らず、追い切りの全体時計も微妙ですが、
追ってからはしっかりしているようで併せるときっちり先着するようで
どちらかと言うと実戦に行って力を発揮するタイプのようですね。
相手を見渡してもこれ!という大物はいないようですし、
早くから動けるタキオン牝馬、ここは当然期待したいところです。

どうなるかと思われたタクティクス、トライアンフマーチも入厩、
プルシアンオリーブも年明けに再入厩するようですし、1戦しただけで
また放牧に出てしまっていたロスパンチョスもようやく帰ってきました。
スマートウェーブだけは行方が掴めませんが…1度は入厩した馬なので
年が明けた頃には帰って来てくれるでしょう…多分、きっと。
俄かに活気づいて来た上位指名馬たち、思えば主役級の活躍を
期待していたのはこの面々なわけで、よくもまあ飛車角落ちで
この位置に踏みとどまっているなあというのが正直な感想ですね。
2位に落ちちゃった(今週さらに順位を落としそうですが)チョルモン厩舎ですが、
勝負は年明け、まずはアドニスラモーサに反撃の狼煙を上げてもらいたいですね。