FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2008年 12月 に掲載した記事を表示しています。

一年の締めくくり、あなたの夢が走ります有馬記念。
がしかし、残念ながら私の夢は走りません有馬記念(爆)
特に応援したくなるような馬はおらず、強いて挙げるなら
メイショウサムソンに花道を飾ってほしいと思うくらい。

◎マツリダゴッホ
〇メイショウサムソン
▲アルナスライン
△エアシェイディ
△ドリームジャーニー


◎マツリダゴッホ
言わずと知れた中山専用機。
ダイワが人気を吸ってくれるここはまさに狙い目。

〇メイショウサムソン
ディープ引退後の競馬界を立派に支えてくれました。
何とか引退の花道を飾ってほしいですね。

▲アルナスライン
能力はここでもヒケを取りませんが…。体調がどうか。

△エアシェイディ
後ろから突っ込んで来ーい!

△ドリームジャーニー
後ろから突っ込んでk(ry


ダイワスカーレットはねえ、ファンが多い馬なのであんまり
言いたくないんですが、ぶっちゃけ好きじゃないんですよねえ。
でも何でと聞かれると困ると言いますか、厩舎もジョッキーも
そして馬自身にも特に嫌いになる要素があるわけではないんですが、
好きか嫌いかの2択を迫られると、好きと答えることはできないという…。
思うに、私の好みの馬って無事是名馬というか、強いということ以上に
出るべきレースにきちんと出てくるということが条件になっているようなんですね。
なので、クラシックなら牡牝とも3冠とそのトライアルレース、
古馬になってからは中長距離の王道路線に出てきっちり勝ち負けする。
そうやって大きいレースに必ず出てきて楽しませてくれる馬が好きなんですね。
まあ中にはオペラオーみたいにまさに上の条件を完璧に満たすにも
関わらず嫌われている例外もいたりするわけですが(笑)
ウオッカとダイワスカーレット、どちらが強いかと聞かれれば、
議論百出、人それぞれ色んな基準があると思いますが、
贔屓目無しに見てダイワスカーレットのほうが強いと、様々な条件で
マッチレースをやったらダイワの方が勝ち越すんじゃないかなと思います。
でもどちらが好きかと聞かれたら、これはやっぱりウオッカの方が好きです。
ダイワの実力は認めますが、私的に現役最高の名馬はメイショウサムソンですし、
その次がウオッカ、実績考慮でダイワスカーレットを渋々3番手…みたいな(笑)

なんて、長々書くあたりやっぱりダイワスカーレットのことは意識してるんでしょう。
また懲りずに印回さなかったけど来ちゃったらどうしよう…なんて(笑)
でもやっぱせっかく夢を託す有馬記念なんですからここは
現実を見ないで(=ダイワを外して)馬券を買うことにします(笑)
ま、大した額を賭けるわけでもなし、元々夢なんて見ようともしない
人間ですんで、ダイワが勝ったらそれが現実ということで。しゃあないです。



スポンサーサイト




中央競馬の開催も今年は今日が最後。
密かに狙っていたわくわくドキドキPOGの2歳時の1位は
朝日杯で一気に抜かれたことにより残念ながら逃すことに。
昨日のトゥリオンに一縷の望みを託していたのですが、
頑張ってくれたものの3着止まりで、今日の未勝利戦を
プラチナチャリスが勝っても花道さんには届きません。
そんなわけなので、自分的にはここは勝っても
負けてもどちらでも…構うに決まってます、ハイ(爆)
昨日は期待のアドニスラモーサが新馬戦で沈没し、
いよいよ黄色信号が点灯したチョルモン厩舎牝馬路線。
最大の期待馬スマートウェーブは一度入厩したものの
2ヶ月前に放牧に出たまままるっきり行方が掴めませんし、
そもそも指名馬が3頭しかいないわけで、ここは当初の
評判からもプラチナチャリスに頑張ってもらわねば。

期待された前走は放牧明けで前より長い距離を道中引っかかったり
壁が立ちふさがったりで思うような競馬ができず7着敗退。
しかし思ったより着差もつかず、騎手が引っ張るほどの
不利だったことを考えればそこまで気にすることもないのかも。
前回は相手もかなり強力でしたが、今回は上手いこと谷間に
なったのか1・2頭を除けば低調と言っても差し支えないメンバー構成。
こっちも5着→7着ではあまりでかい口を叩くわけには
いきませんが、ここは未勝利を脱出する又とないチャンス。
逆に言えばここは前2走とは違って言い訳のきかない正念場ですね。
ここで馬券圏内にすら来れない様では見通し暗いと言わざるを得ません。
前走も不利がなければどうなっていたか分かりませんし、
とにかく素質は間違いなくある馬ですから、今からでも遅くはないので
前評判に違わぬ走りを、その片鱗だけでも見せてもらいたいですね。
追い切りの動きも良くなって徐々に鋭さも出てきた模様、
叩いて変わり身必至の今回は勝ちきりの場面まで期待です。