FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 01月 に掲載した記事を表示しています。

相変わらずウチは記事を上げるタイミングが
他よりワンテンポもツーテンポも遅いですね…。
ま、それがチョルモンクオリティということで…(爆)

というわけで、年末からせめて三が日までに
やっておかなければならないハズのPOG2歳戦振り返り。


2歳戦におけるチョルモン厩舎の成績は
計 7-3-4-17で11980P獲得して19厩舎中3位。
2歳戦首位こそ逃しましたがGⅠ好走馬を輩出した厩舎に
囲まれる形での3位は出来すぎと言ってもいいくらいですね。
ツルマルジャパンがマリーゴールド賞を勝った後と
シェーンヴァルトがデイリー杯2歳Sを勝った後、
半年のうち約半分程の期間で首位に立っていましたし、
正直ここまでやれるとは思っていませんでした。
改めて頑張ってくれたお馬さんたちに感謝ですね。

ここまで31戦の出走数は全体で6番目。
取り立てて多い方ではありませんが、ウチより出走数が
多い厩舎全部がデビューした馬2ケタ(ウチは9頭)ということを
考えると結構コンスタントに出ていると言えるかもしれませんね。
重賞に出る馬が結構多く、ここまで6回出走。
この後もシンザン記念、京成杯、共同通信杯に出走予定で、
勝てないまでもそこそこ好走していることがウチを
この位置に押し上げる大きな要因となっているようです。

6月~12月までの7つの月でそれぞれ1勝ずつ。
よくまあ、上手いことバラけたもんだと感心します(笑)
12月は最初の週に1つ勝って、その後も出走予定が多かった
ので一月一勝の呪いは解けるかな~と思ったのですが(笑)
毎月勝利達成のカギはマイネルクロッシュと
プラチナチャリスの未勝利善戦組ですかね。
この2頭が4月くらいまでもたもたしているようなら
達成の可能性がグッと高くなるのではないでしょうか。
まあだからと言ってその時期まで未勝利でいて欲しい
とは思いませんけどね(笑)早く勝つならそれに越したことは
ありませんし、最良はやはり皐月やダビを勝つことですから。

上位指名馬の獲得ポイントが1555P、
中位指名馬の獲得ポイントが1585P、
下位指名馬の獲得ポイントが9240Pと、
今のところ8割近く稼いでいる下位指名馬頼り。
ただ、元々指名戦略として上位は有力馬や大物候補を、
中位はコツコツ稼いでくれそうなタイプを、そして下位では
早い時期から活躍してくれそうな即戦力タイプを揃える
ハラだったので、そういう意味では予想通りの結果かも。
ただ、上位と中位が5頭のうち2頭ずつしかデビュー
しなかったというのは大きな誤算でしたね。
突発的なアクシデントは仕方がないですが、
情報や評判に流される形での指名となった馬もいますし、
その点はしっかりと反省して次回に繋げて行きたいです。


以下、全頭回顧に続きます。




トゥリオン好走の波に乗って未勝利突破だー!
…と意気込んだプラチナチャリスの未勝利戦でしたが、結果は。


4着 プラチナチャリス


今回もスタートは悪くなく、スッとマイポジションの5番手を追走。
スローペースで淡々と流れる展開はこの馬には絶好かと思いましたが…。
手ごたえ良く4コーナーを回り、逃げ馬を捕まえに行くものの
追ってから思ったほど伸びず、前を捕まえられないどころか
後ろから来た馬にも差され、熾烈な2着争いに敗れて4着。

うーん、残念ながら現時点での能力の限界を露呈した感じですね。
正直評判馬と呼べるような馬もおらず、初戦で“負けて強し”と
思わせたような馬もいない、この時期この距離に行われる
未勝利戦としてはメンバーにかなり恵まれていたレース。
内容も低調でしたし、勝ち馬にもあまり強さを感じられなかった
この展開で馬券に絡めないのは力不足以外の何ものでもないかと。
スパッと切れる脚を持っておらず、ジリっぽさを見せている
現状では未勝利戦の安定勢力というのが関の山でしょうかね。
春までに一つくらいは勝ってくれそうですが、それ以上の
大仕事を望むにはよほどの成長力がないと厳しいですね。

ひとまずザ・ロックの最高傑作というデビュー前の評判は
忘れて、まず一つ勝つことを目標に地道に応援して行こうと思います。

…と思ったら腰に疲れが出たとかで放牧に出されちゃいましたがorz


ところで、なぜか中距離の未勝利戦を走っていますが
デビューする前はマイラーという評判だったハズでは?
別にどっちを走っていてもいいんですが、あえて長い距離を
走らせる意味はないのではないかと思うんですが。
一度くらい千四を走らせて見るのも一つの手だと思いますけどね。



単勝1.3倍のリーチザクラウンの勝ちっぷりが注目されたレース。
ここもあっさり通過できればクラシック戦線不動の本命馬だったんですが…。


3着 トゥリオンファーレ


え?リーチザクラウンの話じゃなかったのかって?
まあこれはPOG馬出走結果の記事ですから(笑)
紛らわしいんじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

というわけで、トゥリオンファーレ頑張りました!
午前中は20倍前後をうろうろしていた単勝倍率は
レース前に跳ね上がって30倍超と、大きく離れた7番人気。
持ち時計も平凡でこの評価も仕方ないところではありますが、
低評価に反発するかのごとく、馬券に絡む激走を見せてくれました。

散々書いてるようにこの一族は活躍馬含めてみな晩成傾向。
レース内容がどうだとか、後ろから行ったのにバテたとか、
そういった細かいこと抜きにして、単純にこの母の仔が
この時期に重賞で3着したということがスゴいと思いますね。
皐月やダービーで確勝と言われたダンスインザダークも
ラジたんの時にはロイヤルタッチに4馬身差をつけられていたわけで、
そのでんで行けばこの馬が順調に成長すれば皐月での逆転も可能かと。
少なくともそういう希望を抱かせるだけの快走だったと思います。
まだ半年近くありますから、じっくり成長していってもらいたいですね。

まずは次の京成杯、ナカヤマフェスタやマッハヴェロシティがいますが
ロジやリーチと比べればいかにも小粒なメンツですし、ここはクラシック戦線に
名乗りを上げるためにも確実に賞金を稼いでもらいたいですね。
中山が合わない気がしないでもないですが…阪神をこなしていましたし
何とかしてくれるんじゃないですかね。ベストは京都だと思いますが。
陣営の強気のレース選択、戦略が当たることを祈っています。



えー、去年のことなんで既にあまり覚えてないんですが(;^_^A
脳みそ溶けたか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


9着 アドニスラモーサ


出遅れました。

追って伸びませんでした。

完敗でした。


・・・・・・。



すみません。
他に書くこと思いつきません ○| ̄|_

とりあえず次に期待ということで…。



大分遅くなっちゃいましたのでポリシーを
曲げることになりますが2頭まとめちゃいました。
まあ、これから忙しくなりそうなので、こういうことが
多くなりそうだから早いうちにやっといた方が後々楽かなあ…なんて(笑)
1回遅刻するとその後遅刻する割合が増える、アレです(爆)

というわけで、既に記憶の彼方に飛んでいる朝日杯。
2頭出しで意気込んでいた(気がする)チョルモン厩舎でしたが、結果は…。


7着  シェーンヴァルト
14着  ツルマルジャパン


やっぱり現実は甘くありませんね(T_T)

…と言っては見たものの、現実的には2番目に高い確率で
あることだと思っていたので大してショックはありませんでしたが。


シェーンヴァルトは人馬ともに若さが出てしまいましたね。
前に行っていたら勝てたとは思いませんが、勝敗は別にしても
あの後ろからの騎乗では到底好結果は望めないと思います。
馬が前に行かなかったらしいですが、スタートは良かったですし、
それで下げてしまったのはいささか消極的だったと思いますね。
中山のマイルの傾向くらいは知っていたでしょうし、
ちょっと強引にでも前に行かせるくらいで良かったと思います。
まあ、前のレースで同条件のレースで降着食らっちゃった影響が
精神的な部分であったのだと思いますが、それも含めて若さってことで。
何にしても、人気馬の中で1番存在感のない走りだったことが残念でした(笑)

今後は共同通信杯→弥生賞→皐月賞→ダービーというローテを歩む予定。
まずは今年初戦、条件はぐっと良くなりますし、朝日杯は
コースが合わなかっただけだというところを見せてもらいたいですね。
まあそれはそれでその後の2戦に不安が残るんですが(笑)
伸び伸び走らせれば素質は劣っていないと思いますので、巻き返しに期待。



ツルマルジャパンの方は…(涙)何をコメントしたらいいものやら…。
調教師も素人にあれこれ言われたくないでしょうが、
やっぱり違うローテなら…って思ってしまいますよね。
このまま唯一セイウンワンダーを負かした馬というだけで終わるのは
哀しすぎますので何とか復活してもらいたいですが、道のりは厳しそうですねえ。

次走は何と今週のシンザン記念に登録。
…この調教師は自分で言ったことを覚えてないんでしょうか。
マイルは長いと言いながら登録するというのは…どうなんでしょ。
陣営が迷走している感がヒシヒシと伝わってくるようですねえ。
今度はデビュー時から手綱を取っていたユタカに戻るようなので、
今さら厳しい感は否めませんがそこに一縷の望みを託したいですね(笑)
今までのように逃げるも良し、無理やり抑えて末に賭ける競馬を試すも良し、
どんな形でもいいので復活への道を探ってもらいたいものです。



遅ればせながらPOGの相性表更新しましたー。
いやー、やっぱ3週分も溜め込んでいると大変ですね(笑)
年末は7頭立てがあったり39頭も出走したりで頭が追いつきません。
先週競馬があったので既に最新版じゃなくなっているのが
ちょっと切ないですが…(笑)要はサボるなってことですね。


というわけで、3週間も経つと結構変わるもんですねえ。
やっぱりあの7頭立てはかなり影響が大きかったようで、
このレースを勝利したナルトーンさんは先着率5割から
大きくジャンプアップして6割超になり上位争いに参戦!
(更新していませんが、先週の福寿草特別込みの話です)
逆に7頭の中で最低着順だったよしおさんは…(;^_^A

でも対戦数自体が少なければ先着率で下位にいても
巻き返しは比較的容易にできますからね。
借金が5くらいだったら1週間で返済することも可能ですし、
そういう意味ではけい♀さんあたりはダークホースかも?

3強の様相を呈していたトップ争いは1チーム(ていうかウチ…涙)が
脱落してけせらせらさんとキャスパーさんの激しいつばぜり合い(笑)
先週分含めると1勝1敗を追加したけせらせらさんの先着率がわずかに下がり
キャスパーさんがトップに立つのですが、その差なんとたった1厘!(爆)
まさにハナ差の激戦ですね。両チームに共通しているのは平均的に
メンバーのレベルが高く、どの馬もどこに出しても勝負になること。
今後も大崩れはなさそうですし、しばらくは2強のまま進みそうですね。
この間に割って入るには…弥生賞や皐月賞など、メンバーが集まりやすい
レースでトップに立って一発逆転を狙うしか手はなさそうです(笑)

個人的な目標としては、先着率トップは負け数の多さ的にもう狙えそうに
ないので対戦数の多さを生かして最多先着を狙いたいですね。
これまた先着数28がトップで3人並んでいる激戦ですが、先行していた
お二人にウチが並びかけたということで、勢い的にはウチが1番有利なはず(笑)
率と違って負けても数が減らないので安心して見ていられますしね(笑)



一年の計は元旦にあり…ということで、
本来はもっと前に書かなきゃならない記事なんでしょうが…。
まあ、まだ今年になってから一週間経ってないしまだセーフですよね(笑)
アウトじゃボケ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

そんなわけでいくつか目標を挙げてみたいと思います。


1 どこでもいいから一度競馬場に行く

恥ずかしながら私、これだけ競馬のことばかり書いているのに
実は一度も競馬場に足を踏み入れたことないんです(汗)
去年も一度くらいはと思っていたんですが、もともと出不精
ということもあって結局達成されることなく終わってしまいました。 
というわけで、今年こそはということで。


2 万馬券を当てる

元々ワンコイン馬券でちょびちょび堅い馬券で楽しんでいるもので、
いまだに万馬券なるものを当てたときの喜びを知らずにいます。
まあ、当てるより先に買わなきゃしゃーないんですが…(笑)


3 チャリでの走行距離4000km

毎年3000km以上走っていたのが去年はだらけていたこともあって
2000kmをちょっと超えるくらいしか自転車に乗りませんでした。
初心に戻って今年は例年くらいは自転車を乗り回したいですね。
去年の1日の最長移動距離は90kmだったのでそれにも挑戦したいです。



えー、まずはこんなところですかね。
他にもPOGのこととかブログを続けることとかありますが、
ちょっと具体性に欠けるのでここでは見送りました。

ここに書くまでもないことですが、1番の目標は
大きな怪我することなく無事に1年を過ごすことですね。
去年は事故に遭ってしまっただけに…。



今日もまた時間がないので印だけ。


◎マルカシェンク
〇アドマイヤオーラ
▲アドマイヤスバル
△ショウナンアルバ
×タマモサポート


ファリダットはもうちょっと大事に使ってあげて欲しいなあ。



例によって夜勤明けでグロッキーな私。
でも今日は重賞もないしゆっくり寝よかーと
思っていたら…中山金杯があったんですね(汗)
京都金杯が明日なので中山の方も
明日行われるんだと思っていました(笑)

というわけで、時間もないので印だけ。


◎キングストレイル
〇ネヴァブション
▲マイネルキッツ
△アドマイヤフジ
×ダイワワイルドボア



基本的にテレビではニュースと競馬と野球しか見ない私、
この時期は普段に輪をかけてつまんないテレビ番組ばかりですが、
スポーツは好きなので箱根駅伝とラグビーは見てました。
やっぱり箱根駅伝は正月の風物詩ですからねえ。
紅白歌合戦はなくなっても全然構いませんが、
箱根駅伝がなくなったら多分泣きます(笑)

その箱根駅伝、東洋大の5区の柏原選手が快走を見せ、その後の
選手も安定した走りを見せて東洋大が初の総合優勝を飾りました。
2位の早大との差は41秒ということで最後まで盛り上がりましたね。
優勝の立役者はやはり5区の柏原選手、山登りのきつい区間を
区間新の走りで5分ものタイム差を逆転するという快走でした。

ただ、この記録を持って“山の神”を超えたとする
向きが多かったのが個人的にはちょっと“?”でした。
まあ、タイムとしては超えたのでしょうが、イメージ的に
今井選手が見ている者に与えた“衝撃”までは超えられなかった印象。

毎年何百人もの選手が走るこの箱根駅伝で、何となく
見ていただけの人間にも数年後まで名前を覚えられている
選手なんて片手の指に足りるくらいの数しかいないと思います。
まだ数年前のことなので印象に残っているということもあるのでしょうが、
今までで最も興奮したのが今井選手の最初の山登りの時でした。

その時と比べたら今年の騒がれっぷりを見ると
“まだケツの青い小童がぁ!”なんて言いたくなったり…(爆)
贔屓目があるのは百も承知なんですけどね(;^_^A
なので、今回だけでは私は神を超えたとは認めません!
ま、あと2年続けて同じような走りを見せてからですね。


それにしても駒大はどうしちゃったんでしょうねえ。
私が最も箱根を熱心に見ていたのは神奈川大学が3連覇した時で、
当時3強と呼ばれていた順大と駒大の動向は常に気にかけて
いるのですが、今年は3校とも2ケタ順位に沈没してしまいました(涙)
往年の強さを思えば今の状態は寂しい限り。
順大なんて5区で小野選手が区間2位の力走で最下位から
5つ順位を押し上げたのが唯一の見せ場ってんですから…。
一昨年の優勝校がここまで落ちぶれてしまうとは…。
ホント、青っぽいユニフォームばかり(山梨学院大含めて)が
トップ争いをしていた頃が懐かしいです(笑)



こんにちは。大晦日の夜から昨日までの丸2日間、
ダラダラと寝正月を堪能したチョルモンです(爆)

いやー、時が経つのは早いですねー。
うっかりしていたらもう3日ですよ、3日(笑)
まったく、人並みにやった正月らしいことと言えば、
年越しそばや雑煮やお節を食べたことくらいで、
初日の出なんて見る気もおきずにぐーすか寝ていましたし、
初詣なんて人ごみに特攻する気なんかさらさらないのでスルー。
そもそも日ごろから神様なんて信じてもいませんし、
こんな時だけ祈ってもしょうがないので(笑)

昔は正月になると家族で百人一首や麻雀などを楽しんだものでしたが、
今年は食事時以外はゴロゴロしながらテレビ見たりゲームしたり
しただけで、みんなで何かをやるということはしませんでした。
でもまあ、いつも五月蝿い親父も昔から正月だけは
ごろごろしていても何も言って来ませんでしたから、
思う存分何も言われない喜びを堪能したということで(爆)

外を見てもたこあげ、羽根突きなんてやっている子はいませんし。
独楽回しとか福笑いとか双六とかって今の子たちはやるんですかね?
私が小学生くらいの時(15年ほど前)は結構やったもんですが…。
10年ひと昔ってホントなんだなあと、改めて実感させられますね(笑)


そうそう、この年になって何ですが、お年玉もらいました(オイ)
いや、別に寄越せとねだったわけじゃないですよ?
当たり前じゃ(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
祖父母から送られてきた年末恒例の荷物の中に
入っていたのでこちらとしては不可抗力と言いますか、
送り返すわけにもいかないので貰うしかないわけで…。
素直に嬉しかったと言え!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやもう、ホントすみませんm(_ _)m
ありがたく金杯の馬券購入資金に充てさせて頂きますので…。
このバカモンがー!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


というわけで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。