FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 01月 に掲載した記事を表示しています。

前回の続き。全頭回顧後編。


8位 テーオーストーム  1-0-0-2  1330P

新馬戦をなかなか強い勝ち方をした後挑戦した札幌2歳Sでも
あまり良い条件が集まらなかった中で見せ場ありの4着と健闘。
前途は明るいかと思われましたが、レース中に無念の骨折でリタイア…orz
クラシックを期待するほどのスケールの大きさは感じられませんでしたが、
重賞やOPで崩れることなくコツコツ走ってくれるタイプのようで、
POG的には非常に大きな戦力だっただけに戦線離脱は残念のひと言。
既に手術は終わっているそうですが、どの程度の骨折だったのか
分からないので先の展望はしたくてもしようがありませんね。
軽いものだったらダービーの時期に1回くらい自己条件を走れるかも?
何はともあれ、しっかり治して元気にターフに戻ってきてもらいたいですね。


9位 サクラローンスター  0-0-0-0  0P

サクラプレジデントとサクラキャンドルの仔ということで、期待ばかりが先行
してロクに情報がないまま特攻したのですが…POG的には大失敗(涙)
やはりPOGを勝負と見る以上は思い入れだけで指名してはダメですね。
次回は好きな血統の仔でも情報がない以上は指名しないようにします。
まあ、まだ時間はあるので結果がどうなるのか分かりませんが、
願わくばダービーに間に合わんことを。


10位 ジュウクタイザン  0-0-0-0  0P

こちらも期待していたプレジデント産駒ですが…今どうしてるんでしょ?(笑)
札幌が終わったら連れて来るという話だったのがここまでズレるとは、
体質の弱さか故障か…いずれにしても何かあったのは間違いないでしょうね。
この馬に関してはデビュー時の情報まで出ていたので指名したことは
後悔していないのですが、それだけに出てきて欲しい思いも強いですね。


11位 シェーンヴァルト  2-1-0-1  4580P

速攻要員その1にして現在のウチの稼ぎ頭。
新馬戦2着→未勝利勝ち→デイリー杯2歳S勝利と、
POG初参加のウチに早々に重賞勝ちをもたらしてくれました。
デイリー杯の勝ち方が強かったので朝日杯でも期待していたのですが、
ジャンポケの鬼門、中山に力いっぱい跳ね返されました(笑)
ともあれ、これから走るレースで中山マイルより条件が悪いレースは
ありませんし、期待はこれっぽっちも萎んでいませんよ~。
まずは共同通信杯、例年よりメンバーが集まりそうですが、
ダービー父子制覇の期待を一層強くするような走りを期待ですね。


12位 ツルマルジャパン  2-0-1-2  3100P

速攻要員その2として期待通りの走りを見せてくれましたね。
新馬戦開幕週の阪神芝マイル戦を好タイムで勝利。
しかも後の朝日杯勝ち馬セイウンワンダーを抑え切ってのものでしたからね。
次走マリーゴールド賞もレコードで楽勝、期待はさらに高まりました。
それだけに、その後の転落ぶりが残念でならないのですが…。
でもまあ、一時でも夢を見させてくれたのですから、感謝こそすれ落胆とか
そういった気持ちはありませんし、これ以上の期待をかける気はないです。
もちろん、あの強さが戻ってくれればいいなあとは思っていますけどね。
期待より願い、そんな気持ちです。


13位 ラターシュ  1-1-0-3  830P

マーベラスの代表産駒を!と意気込んで指名したものの、
芝ではそれなりの走りは見せたものの代表になれるようなものではなく。
放牧に出て帰ってきたらダート馬になっていました(笑)
しかし初ダートの未勝利戦をあっさり…ではないけど勝ち、昇級戦も
なかなか見所のある競馬で2着と秘めている素質がついに開花しました。
とりあえずダービーまでに最低でも500万下クラスは卒業できそうですね。
ここまでダート戦に出たのはこの馬だけなので、
そっち方面を一手に担ってもらうという方向で(笑)


14位 マイネルクロッシュ  0-1-1-3  330P

速攻要員その3…ですが、1回出た後すぐ引っ込んでしまい、早くからという
目論みは外れてしまいました。帰って来てから未勝利戦を数戦こなすも、
好走はするものの勝ちきれず、現在は連戦の疲れを取るため放牧中。
現状では500万下で頭打ちになるでしょうが…放牧での成長に期待です。


15位 アドニスラモーサ  0-0-0-1  0P

えー、この馬ってホントに語ることないんですよねえ(笑)
指名した理由もほとんどカンのようなものでしたし…。
未勝利戦1戦のみ、しかも内容が内容でしたので…うーん。
ちょっと重すぎたきらいがあるので、叩いたことにより絞れれば前進も?
数少ない牝馬の戦力ですので、何とか未勝利くらいは。



スポンサーサイト




前回の続き。全頭回顧。


1位 トゥリオンファーレ  1-0-1-1  1410P

ドラ1ということで当然期待していたわけですが、
デビュー前は調教であまり走らずちょっとやきもきさせられました(笑)
しかしデビュー後は2戦目で勝ちあがり、重賞で強敵相手に3着と
前評判に偽りがなかったことを証明して見せました。
まだまだ成長途上、相当に奥がありそうな感じですし順調に
成長してもらいたいですね。ここまでは私の指名馬の中で
期待や予想と結果が1番釣り合いの取れている馬だと思います(笑)


2位 タクティクス  0-0-0-0  0P

なかなか情報が入らずに姉と同じ運命を辿るかと思われましたが…。
先月末に入厩、調教も順調のようで今月半ばにも出てくるかも?
そうするとフォゲッタブルと当たることになるようですが…。
この馬の場合は体質が心配なだけで、無事デビューを
迎えられれば能力自体はあると思っていますので。期待大です。


3位 プラチナチャリス  0-0-0-3  145P

未勝利戦を3戦するも勝ちきれず…。
惨敗するわけでもなければ、さりとて惜敗でもないという…。
現状では未勝利戦の安定勢力といったところでしょうか。
前評判を考えれば寂しいですが、まずは1勝目指して。


4位 プルシアンオリーブ  0-0-0-0  0P

11月に入厩して順調にケイコを積み12月デビュー予定でしたが、
思ったより内容が良くならず、良化を促すため放牧に…orz
牧場でもきっちり乗り込んでいるようですし、故障したわけではないので
そういう意味では安心ですが、この時期に出戻ったのは正直痛いですね。
順調に勝ち上がれたとしても青葉賞→ダービーが現実的な目標でしょうか。
もうそろそろ帰って来そうですし、放牧での成長を期待したいですね。


5位 トライアンフマーチ  0-0-0-0  0P

待てども待てどもなかなか良い声が聞こえず、
たまに入る情報も牧場で乗り込んでいるという類の話ばかり。
そういう意味では非常にタクティクスとキャラが被りますね(爆)
先月末にようやく入厩、今月~来月のデビューを目指すのもそっくり(笑)
何と言ってもあの快足キョウエイマーチが遺した仔ですからね。
勢いに乗るスペ産の代表産駒になれるような活躍を。


6位 スマートウェーブ  0-0-0-0  0P

10月頃入厩し、デビューまで秒読みだったのですが、
ある日突然坂路から姿を消して今日まで全く音沙汰なし。
坂路入りをやめてからしばらくは在厩していましたが、
2週間後くらいには放牧に出されてしまったようです。
調教では既に勝ち上がっているエリザベスムーンと
互角以上の走りを見せていたと聞きますし、
3頭しかいない牝馬の筆頭格として期待しているんですが…。
ここまで情報がないと無事デビューできても桜は無理ですし…。
何とかオークスには間に合って欲しいですね。


7位 ロスパンチョス  0-0-1-1  255P

ロスマリヌスの仔ということで心情的には1番期待しているんですが…。
デビューから2戦、いずれも人気で惜敗と素質はかなりありそうなんですが、
両レースとも出遅れたり前が詰まったりと何だかチグハグなんですよねえ。
しかも2戦とも1回走っただけで短期とは言え放牧に出ちゃいましたし…。
普通に回ってくれば未勝利はすぐに脱出できると思いますし、
思い入れ込みですが皐月やNHKマイルCも取れる馬だと
思ってますので、何とか次で未勝利を脱出してほしいですね。



長くなったので一旦ここで切ります。後編に続く。