ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 02月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日曜日のPO馬の出走は2頭。

まずは1頭目。
トライアンフマーチが阪神3R芝マイル未勝利戦に登場。
新馬戦から2戦を2着→4着と好走。
前走も着順は落としたものの持ちタイムを大幅に更新し、
高いレベルのレースへの対応力を見せてくれました。
手ごたえの割りには追ってからあまり伸びないのが難点ですが、
開幕週の馬場ということで前残りを期待したいところ。
新馬戦で当たったスイリンカが500万下のレースを
楽勝したあたり、この馬も相応の素質はあるはずですので、
今回は内容より結果を重視したいところですね。

ただ、今回は芝マイルという絶好の舞台設定もあって、
現級上位馬がわんさかつめかけ、この戦績のマーチでさえ
伏兵扱いになるほど、メンバー的にはかなり揃った感があります。
前走掲示板に載った馬が16頭中9頭、そのうち馬券に絡んだ馬は
6頭と、出るところを間違えなければ確勝級の馬ばかり…(爆)
人気はトランセンドやナリタクリスタルあたりでしょうか?
素質では負けていないと思いますので、何とか勝利を。

スポンサーサイト
例によって予想だけ。
あー、もっとしっかりした予想記事が書きたい…。



アーリントンC

◎キングスレガリア
〇ツクバホクトオー
▲ジョーメテオ
△アイアンルック
×ケイアイドウソジン




千葉S

◎ミリオンディスク
〇ガブリン
▲スリーアベニュー
△ダイワディライト


先月まで毎月勝利を続けていたチョルモン厩舎ですが、
今月は先週終了時まで1勝も挙げられず、未勝利。
先週の時点で今週出走すると分かっていたのが
日曜日のトライアンフマーチとジュウクタイザンだけだったので、
ラターシュが負けた時点でオワタ…〇| ̄|_と思っていたのですが、
プルシアンオリーブが予定を前倒して土曜の小倉に出走する
というサプライズがあったので何とか首の皮一枚繋がりました(笑)
これがマイネルクロッシュとかだったりしたらまたアレなんですが、
プルシアンオリーブだったら充分希望が持てますので…。
ここで途切れるのは勿体ない記録ですので、何とか。

で、プルシアンオリーブ。
新馬戦では重馬場を追い込んで3着を確保。
前が強かったので届きませんでしたが、ロスがあっての
この内容なら次は確勝と思わせるなかなかの走りでした。
まあ、結果的に勝てなかったのであまり大きなことは言えませんが、
もしかしたらダービーになら間に合うかもと密かに
期待している馬だけにここは通過点にしてもらいたいところ。
空き巣の小倉遠征だけにメンバーも前回より確実に弱いですし…。
前走2着のツルマルノホシと一騎打ちでしょうか?
記録云々抜きにして、ここは圧勝まで期待したいですね。


ぎゃーっ!4日間放置していたらスパムなコメントが大量にー!(爆)


というわけで、最近アホみたいに忙しくてなかなか更新できません(泣)
皆様のブログにお邪魔してもなかなかコメを残せませんで…。
あと半月くらいはこんな状態が続くかも?何卒ご容赦の程を…m(_ _)m


で、先週のPO馬の結果。


6着  ラターシュ


スタートで後手を踏んで後ろから。
せっかくゲトォした好枠が全くのムダに…(涙)
直線それなりに伸びてはいましたが、キレのある
馬ではないので中位まで押し上げるのが精一杯…。

んー、良馬場で好枠でスムーズに競馬できれば…って、
そんな好条件が揃うことの方が珍しいのかもしれませんが、
とにかく能力以前に勝負運がない馬だという印象が…(笑)
ロスなく乗れればこのクラスくらいアッサリだと思うんですけどねえ。
勝ち上がるにはもうしばらくかかりそうですね。


今年のJRAのGⅠ第一弾。
春のダート王決定戦?フェブラリーS。


◎ヴァーミリアン
〇フェラーリピサ
▲カネヒキリ
△エスポワールシチー
×ヒシカツリーダー


ヴァーミリアン、体調が心配されますが、
出てくるからには無様な競馬はできないでしょう。
オッズ的にもこの馬から入るのがベターかも。

前走長期休養明けで強い勝ち方をしたフェラーリピサ。
岩田騎手は昨日今日と同じ白井厩舎の所属馬に跨って
同じ条件のレースを連勝と、予行演習も完璧(笑)

カネヒキリは言うまでもなく能力は最上位ですが…。
内側に包まれてスムーズな競馬はできなさそう。
ヴァーとの差は紙一重なだけに…。

おそらくハナを切るであろうエスポワールシチー。
芝とダートの違いはあるが、タップの逃げ再現なるか。

ハマったら強烈なキレ味を発揮するヒシカツリーダー。
去年のJCDのトウコンのような飛び込みがあるかも?
あー、気がついたら2月もすでに22日…。
菜の花忌、出席しようか迷っていたら当日になっちゃいましたorz
でもさすがに夜勤明けで大阪に行くのはちょっと…。
向こう行って式に出てそのまま帰るだけならともかく、
立場的に式の手伝いしなきゃならないでしょうし、
式終了後に飲み会になるのは確実なので…うーん。
去年は東京だったんですが、終電に間に合わず、
家まで20km以上の距離を歩く羽目になりましたからね(爆)
わざわざ年賀状に「手伝いに来てね」と念押しの一言までもらった身としては
何とか行きたかったところですが、残念ながら今回は見送りですかね。
来年は東京なので何とか出席したいです。

ところで、菜の花忌ってずっと、司馬遼太郎の
命日である2月12日に行われて来たんですよね。
開始から去年まではたまたま休日に当たっていたのが去年は平日で、
仕事で来れない人とかから苦情が来たので今年は日程をずらしたとか。
何だか趣旨が変わっているような気がしないでもないですが、
やっぱりたくさんの人に来てもらえる方がいいですからね~。
あとは、来場者の9割以上が年配の方たちなので、
もう少し若い人にも足を運んでもらいたいところですが…。

東京のメインレースは3歳牝馬のGⅢクイーンC。


◎ミクロコスモス
〇パールシャドウ
▲メイショウボナール
△ダノンベルベール


POG的にはここを勝たれると厳しいのですが、
ブエナの対抗馬に出てきてほしいという意味も込めて
ちょっと底が見えた感じのダノンベルベールよりも
大物感のあるミクロコスモスを応援したい。
出遅れさえなければ問題なく勝ち負けなのでは?
1kg軽いここで負けたらブエナ云々言ってられなくなるので、
ここは通過点と思わせるような走りを見せてもらいたい。

対抗には前で堅実な脚を使えるパールシャドウと
新馬戦でリクエストソングを破ったメイショウボナール。
後者は阪神JFでも穴指名していたので、改めて。

実績から1kg重いダノンベルベールを抑えに。


湿った馬場に人気の追い込み馬…。
荒れる匂いがプンプンしますが、果たして…?




今日の京都メインレースは伝統の中距離GⅡ京都記念。
毎年春の天皇賞を目指して一線級が始動するレースですが、
今年もなかなかのメンバーが揃いましたね。


◎アドイマイヤオーラ
〇アサクサキングス
▲カワカミプリンセス
△タスカータソルテ
△サクラメガワンダー


アドマイヤオーラは順調に使えないのが難点ですが、
3歳の時とは言えダイワスカーレットをガチで負かしたことがある
数少ない馬ですから、能力的には現役でもトップクラスのハズ。
昨年と似たような臨戦過程で今年こそGⅠを。

前走有馬記念はらしくない惨敗だったアサクサキングス。
その前までのレースは褒められた着順ではないものの、着差的には
それほど負けていなかっただけに…激戦続きで疲れが出たのでしょうか?
相手も軽くなりますし、得意の舞台で巻き返しを。

この中では抜けて安定感のあるカワカミプリンセス。
他馬との兼ね合いで3番手評価ですが、軸ならこの馬の方が?

福島記念で評価を落としたタスカータソルテですが、
この馬は直線平坦でこそ走る馬。ということで狙い目。

人気のサクラメガワンダーですが、前走楽勝とはいえ
今回のメンバーは2枚は違う相手ですので…未練としての抑え。


さてさて、本格的なトライアル戦線開幕を前にして
すっかりトーンダウンしてしまったチョルモン厩舎。
まあ、シェーンヴァルトがケガさえしなければとりあえず
皐月とダビ、もしかしたらNHKマイルCにも1頭送り込めることは
確定しているのですが、その後が続いてこないのが辛いところ。


そんな落ち目のチョルモン厩舎、今週の出走馬は1頭のみ。
ラターシュが土曜京都ダート1800の500万下平場戦に登場。

昇級戦で2着になった時はすぐにでも勝ち上がれるかと思いましたが、
その後2戦するも不利な外枠と苦手な時計の出る馬場で敗戦。
この馬なりに頑張っていると思いますが、どうにも勝負運に欠ける感じです。
今回は願いが通じたのか待望の内枠を引き当てたわけですが、
昨日からの雨で京都のダートはまたも足抜きのいい馬場に…。
これで4戦連続湿った馬場ということで、これは相当な雨男なのでは?(爆)

ともあれ、今回は内枠で今までと比べれば楽に先行できると思いますし、
内側をロスなく走れれば後は豊富なスタミナで押し切ってくれるのではないかと。
メンバー的にもここ2戦よりは恵まれた感じですし、
勝てないまでもある程度の前進を期待したいものです。


さて、先週のPO馬の回顧をば。
新馬勝ちを期待したプルシアンオリーブでしたが、結果は。


3着  プルシアンオリーブ

んー、レースっぷりは良かったんですけどね~。
折り合いは問題なく、初戦から差す競馬ができましたし、
勝負所で上がっていって最後までしっかり伸びてましたしね。
4コーナーで外に膨らんでしまったロスがあったのと、前2頭が
止まらなかったので届きませんでしたが、内容としては上々、
贔屓目もありますが、先着した2頭より将来性では上だと思いました。

あとは騎手のコメントや戦評にもありましたが、
トビの大きな馬なので重馬場で終始ノメっていたとのこと。
それであの走りですから、良馬場なら?と思ってしまいます。
4着以下は大きく離していますし、今回のレースを見る限り
これでピリッとしてくれば次はほぼ確勝級なのではないかな~と。
皐月はともかくダービーでは…と思わせる走りでしたね。

次は3月8日の芝2000の未勝利戦?
時期的にもあまりのんびりしていられませんので、
ここはキッチリ勝ち上がってもらいたいですね。



それにしてもウチの指名馬、新馬戦の惜敗多すぎ…。
新馬戦15頭で6勝ってどんなマジックなんだか…(笑)



撮影ご遠慮ください、保護者から不満も 田辺中学卒業式

なんかもうね、アホかと。
日本の教育現場ってどんだけ面白いことになってんだよって思いますよ(爆)

つーかさ、個人情報保護法がによる規制がどうだとか、
学校側の責任がどうだとか、理屈はいくらでもこねられるんでしょうが、
そういったこと抜きに単純に考えて「卒業式で子供の晴れ姿を撮影できない」
ことの方が明らかにおかしいでしょうが。そんなん法律の方が無効でえーやん。
それに、そんなことでいちいちクレームつけてくるような
頭のおかしな保護者なんぞ相手にしなきゃ良いのではないかと、
そうやって権利を盾にとって無理難題を押し付けてくる輩は
どこかできっちり線引きしないと益々つけ上がりますからね。

でもこれが法律に抵触するって、新聞に載ってる写真なんかはどうなんでしょ。
祭りの様子とか、あれやこれや言い出したらキリないですが、
写っている人全員の了解を取っている訳じゃないですよね?
あれなんかも厳密に言ったら法律違反ってことになるんですか?
それともクレームさえ来なければそれでおkってことなんでしょうか?

まあそれはそれとして、撮影を禁止する理由が個人情報保護法云々
じゃなければ一考の価値アリと思うんですけどね。
最近の運動会や入学式、卒業式での撮影厨の保護者の
マナーの悪化は目に余るものがありますからねえ。
ズームを使わずに厳粛な雰囲気の中でもおかまいなしに
最前列に乗り出し、あまつさえ「こっち向いて~」なんて…(爆)
私が子供の立場だったら撮影なんかしないでいいから
恥ずかしいから出てってほしいと思いますけど…。
運動会なんかは最前列なんかどこの事件現場だよって思うくらい、
マスコミの取材合戦のごとくビデオカメラが林立してますし、
保護者も子供の活躍よりそれを撮ることに神経が向いちゃって…。

去年だか一昨年、弟の体育祭に行った時の近くにいた
親子の会話には思わず笑ってしまいましたよ。
どうやら100m走だかに出走したらしいのですが、

子「お母さんちゃんと見ててくれたー?」
親「ええ。バッチリ撮れたから心配しないで」
子「うん、ありがとう」
親「ところで〇〇は何位だったの?」マテ


撮影するのもいいですが、子供の走ってる
姿くらいちゃんと見ていてあげましょうね(ニッコリ)


まあどっちにしても撮影禁止までするのは行き過ぎだと思いますけどね。
つーか、学校側がここまで情報云々に過敏になるのも
クレームだ何だと訳分からんことを言って来る保護者のせいなんですよね。
って何だ。悪いのはモンスターなペアレンツだったんじゃん(爆)


ってことで、結論としては保護者自重wということで(爆)


何もしてない保護者からすると、とばっちりもいいところですが…。



ウイニングポストワールドPC版2月20日発売!
プレステ2 プレステ3 Wii版は4月2日発売→公式


というわけで…。

ウイニングポストの続編ktkr


待ちに待ったウイポの続編が発売ですよ~。
前作ウイポ7から3年?4年?
こりゃもう発売日に突撃するしかないってもんですよ(笑)
何しろ前作はハマり過ぎてプレイ時間を口にするのも
憚られるくらいやりこみましたからねえ(〇000時間)…。
今回はさらに騎手モ-ドや調教師モードまであるということで、
前作以上にやりこみ要素が充実しているようですし。
昔ほど時間を持て余しているわけではないのでそこまで
やってる暇はないでしょうが、無理に時間作ってでもやりたいですねえ。
何しろここ最近期待した競馬ゲームは、初めてもらった馬が
簡単に3冠馬になってしまうアホゲーだったり(ウィナーズサークル)、
新馬戦は絶対勝てず、絶対に先行策を支持をしてはならない、
細心の注意を払って展開が追い込みになるようにしなければならないという、
およそ老舗とは思えないものだったり(ダビスタDS)でしたから…。

いやー、とにかく楽しみです、ウイポワールド。
後はダビつく6が出てくれれば完璧なんですけど(笑)
とりあえずこれから1年はワールドの方をやり尽くすと思うので、
やり終わったあたりで出てくれないかなあ、と。。。



先週から減量がなくなった三浦皇成騎手。
そこそこ騎乗馬は集まっていたものの
未勝利に終わり、某所では散々叩かれていますね。

それはさておき、結構マスコミに取り上げられている
三浦ジョッキー、一般的な知名度はどうなんでしょうね?
競馬ファンの中では結構大きな名前ですが、
それはあくまで逸般的な世界での話ですし。。。(爆)



というわけで、競馬のけの字も知らないお袋に聞いてみました。


私「ねーねー、浅田真央って知ってる?」

母「ああ、スケーターの?」

私「石川遼は?」

母「ゴルファーのでしょ?」

私「錦織圭は?」

母「テニスで活躍している…」

私「んじゃ田中将大は?」

母「ああ、まーくんね」

私「エアーケイは?」

母「あのテニスの子のジャンプして打つやつでしょ」


私「じゃあ、三浦皇成は?」

母「こうせい?ああ、柔道のね」


そりゃ井上康生だっつーの!ヽ(´∀`) ビシ!!



気を取り直して…


私「横山典弘は?」

母「知らない」

私「安藤勝己は?」

母「知らない」

私「岩田康誠は?」

母「しらn(ry」

私「武豊は?」

母「そりゃ競馬のでしょ」



というわけで、鋭意調査の結果、ジョッキーで一般的にも知られているのは
武豊だけなんだな~と、分かり切っていた答えが得られました(笑)
あれだけ騒がれている三浦君の名前も興味がない人の耳には
届いていないとは、名前くらいは知っていると思ったんですが…。
やっぱ知られているのって武豊とディープインパクトだけなんですかねえ。
あとはせいぜいオグリキャップとハイセイコーくらいですか。
でもウチのお袋、なぜか福永洋一のことは知っていたんですよね、
ケガして引退したことは知らなかったみたいですが。
でも知っていたのが福永洋一と武豊だけってのが、
やっぱりそういうことなんだなあと、なんとなく納得させられました(笑)




時間もないので例によって予想だけ。


◎フローテーション
〇ドラゴンファイヤー
▲モンテクリスエス
△ビービーファルコン


長距離のレースは好きなんですが、
もうちょっとメンバー集まってもらいたいですねえ。



夜勤明けでも日曜の午前中にPO馬の出走がないと
記事書かなくていいんでゆっくり寝れていいですね(爆)


◎リーチザクラウン
〇ダノンカモン
▲ベストメンバー
△リクエストソング


クラシックを盛り上げるためにもやはりここは
リーチに勝ってもらいたい…と言うか負けてほしくない。

後の3頭は横並びだと思いますが、オッズ的には
前走で評価を落としたダノンカモンが魅力的。
東スポ杯の上位馬がその後も活躍してますし、
体調が戻っていればこのメンバーなら力上位。




アルデバランS

◎ウォータクティクス
〇タガノエクリプス
▲エスケーカントリー
△ネイキッド


とにかく魚拓の勝ちっぷりを見るレース。
秋には2大巨頭を脅かす存在になっていてほしいですね。




バレンタインS

◎コレデイイノダ
〇トウショウカレッジ
▲テンイムホウ
△アポロドルチェ


好調の按上に導かれて内側からスルスルと。
トウショウカレッジが追いすがるも届かず…みたいな感じで。



今週のPO馬の出走は1頭のみ。
土曜京都5R芝1800新馬戦にプルシアンオリーブがデビュー。

いやー、待ちました。
10月に入厩した時にはまさかデビューが
2月の半ばになるとは夢にも思いませんでしたから。

やっぱり指名馬にもそれぞれ指名した意図というものがあって、
私が本気でクラシック制覇を期待して指名した馬って
トゥリオンとパンチョス、それにチャリスとテーオーストーム、
そして最後にもう1頭、この馬を合わせて5頭だけなんですよね。
さんざん言っている通りタクティクスは取れると思っていなかったですし、
他も速攻要員やらマイル要員やらで、上の中でもチャリスや
パンチョスはダビや樫に駒を進めるとは思っていませんから、
明確に春のクラシック全体を意識して指名したのは残りの3頭だけということに。
残念ながらテーオーストームは骨折、いい雰囲気だったトゥリオンも
賞金を加算できないまま放牧と、ダビはともかく皐月は厳しくなった模様。
強力馬を抱える厩舎に挟まれた中でお先真っ暗なチョルモン厩舎を
救える可能性があるのはもはやこの馬だけしかいないのです。

順調さを欠いてここまでデビューが遅れたのは誤算でしたが、
昨年無理して使わず放牧で良化を促したのは確実に良い方向に出たようで、
放牧前最高で56秒台しか出なかった栗東坂路で最終追い切りでは
53.1 38.8 25.8 13.3 となかなかの時計で3歳OP馬に先着。
帰厩してから3週間での出走ということで、まだ追い足りないところは
あると思いますが、ようやく素質に仕上がりが追いついて来た模様。
ここから本気でクラシックを狙うなら仕上がりがどうとか言ってられないのです。
相手はトランセンド、トップオブパンチ、ゴッドフェニックス、さらには
アドマイヤアゲインに今日という日にダイレクトな名前のハマノバレンタインと、
良くもまあこれだけ集まったもんだと思う豪な華面子ですが、そんな中で
堂々の一番人気。素質ではこの仔も決して見劣ることはないはず。
ここらで一発、遅れてきた大物登場!となってほしいものです。


突然ですが、実は我が家にはテレビというものがなかったり。
実家の方にはあるんですけどね。まあテレビ自体はあるのですが、
アンテナ繋がないで専らゲームの画面として使用しています。

繋いでもどうせ競馬と野球とニュースしか見ませんし、
この3つでさえ、前2つは結果が分かればそれでも充分、
増してやニュースなんてネットでいくらでも見れるということで、
あった方が良いとは思いますが金かけてまで
見たいとは思わないというのが正直なところなので。
ただ、やっぱり競馬中継だけは馬券を買ってリアルタイムで
レースを見るのとレースが終わって10分後に結果を知るのとでは
盛り上がりが全然違いますので、できれば…とは思いますが。


で、先週の日曜は共同通信杯が行われたわけですが、
PO馬のシェーンヴァルトが出走するということで、
こればっかりはテレビで見なアカンと思ったのですよ。
幸い親父は旅に出かけて実家の方はもぬけの殻、
これはもう見に行くしかない!となるのは当然なわけで、
ウチから実家まではたった2kmちょっと、チャリで5分。
親父がいないからテレビを自由に見れるという事実を
認識した時、私の脳内議会では満場一致で実家に
共同通信杯を見に行くことが決定されたのであります(笑)

しかし、当初は早めに行ってメイン以外のレースも見ようかと
思っていたのですが、何となくめんどくさくなってしまい、
7R…8R…と進んであっという間に3時過ぎに。
ここまで来たらもうメインしか見れないので、早く行って
開始をドキドキしながら待つのもいやなのでレースの
開始時間(3時45分)ギリギリに着く様に算段していたのですが…。

そろそろマズイと思って動き出したのが3時30分。
まあでも着替えて向こうに行くだけなら充分間に合う時間でした。

3:30  「あ!藤沢さんからコメントが入ってる!」コメント返信
3:33  「そういやまだ馬券買ってねー!」PATにログイン&入金
3:36  「やべー、急がないと…」急いで馬券購入
3:40  「ぎゃー!間に合わねー!」家を飛び出す

とまあ、こんな感じで急に慌しく(爆)
おまけに日曜で道が混んでいてスムーズに流れて
なかったりして思うように進めず、焦れったいったら(笑)
それでも全速力ぶっ飛ばしたおかげで何とか間に合ったか?と、
ドアも閉めずにテレビの前に一目散、そしたら丁度ゲートインが
終わったところでした(笑)いやー、マジで危なかったです。


そうそう、馬券はシェーン頭の馬単をブレイク、マッハ、
トーセン、ダイワへ300円ずつと控えめに。
予想は◎ブレイクランアウト〇マッハヴェロシティ▲シェーンヴァルト
△トーセンジョーダン×ダイワプリベールだったんですけどね(爆)
ちゃんと予想通り買えや!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
それとブレイクとトーセンの馬連を…と思ったのですが6倍じゃ
おいしくないということで、12倍以上ついていたブレイク→トーセンの
馬単を〇千円分購入。100円馬券が基本の私としては結構大勝負でした。

結果はご存知の通り、1着ブレイクランアウト2着トーセンジョーダンで
期待したシェーンヴァルトは後ろから伸びきれず5着まで。
てか、実はレース中はシェーンヴァルトばかり見ていたのでゴール
した時は何が勝ったのか分からなかったんですよね(笑)
それよりシェーンがカノンコードを交わしたのか、そっちの方が気になって(爆)
で、冷静になってブレイクが勝ったことを知り、2着はと目を向けたら抑え…と
いうかむしろ本線で買ったトーセンジョーダンが来ているではありませんか(喜)

こんな大勝は久しぶりなものでシェーンが負けたショックなんて
あっさりと忘れ、浮かれ気分で払い戻し金の照会っと!



カチカチ…。

???

アレ?(・ω・。)キョロ(。・ω・)キョロ

払い戻しが0円なのは何でだ?

???

???


(゚д゚ )ハッ!


購入 馬単 3-5  〇000円

         ↑ ↑ ↑

番号逆だった…〇| ̄|_





あの時慌ててたからなあ…って慰めにもならない…。

急いては事を仕損じる…って昔の人はいいこと言いますね…。

まあ、アレです。今回の教訓。


(時間の)ご利用は計画的に!





ううっ…家で大人しくしてれば良かった…(´・ω・`)ショボン



たーのーしいときはーやがてーさりーゆーきー♪
というわけで、予定より1週間早く親父が
韓国から帰って来てしまいました(´・ω・`)ショボン
体悪いんだし、そう簡単に行ける所でもないんだから
せっかく出かけてった時くらいあちこちゆっくり
回ってくればいいのに。…オイラの自由のためにも。
って結局それかー!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

で、気がつけばもう週末は目の前。
先週のPO馬出走回顧、メインの馬がまだでした(;^_^A
共同通信杯に出走したシェーンヴァルト、結果は。


5着  シェーンヴァルト


スタートで出遅れ、後ろへ。
馬自身は前に行こうとしていたみたいですが、
騎手がガッチリ抑えて道中は折り合い欠いたまま。
直線で外に持ち出すも外は伸びない馬場で
内側を走っている馬の勢いは衰えず、
こちらもジリジリ伸びたものの掲示板が精一杯。

まあこんな感じ。ていうか朝日杯とほとんど同じ(涙)
直線が長い分だけ掲示板に届いたって感じでした。
スムーズでもブレイクには勝てなかったと思いますが、
見切るにはちょっとロスが多すぎて…微妙ですね。
他馬より1kg重い斤量、出遅れ、後ろ過ぎる位置取り、
伸びない直線の外を上がり3番目でそれなりに伸びた。
…とまあ、擁護する材料に事欠かないのが何とも(笑)


さておき、過大な期待をかけるほどでもないので、
今回の結果はPOG的には結構大きいですね。
上位とはジリジリと離されてきてますし、
正直なところ自分の中では「終わった」って感じです。
あとはどれだけ上位で踏ん張れるか、熟をさんやよしおさんの
持ち馬を考えたら後は落ちる一方になること濃厚なのが…(涙)
まあ明日デビューするプルシアンオリーブが圧勝したり
タクティクスがまさかの変わり身見せたりしたら
あっさり撤回するんでしょうけど(笑)少なくとも今この時点では
「まだだ!まだ終わらんよ!」と言う元気はなかとです。ハイ。




先週のPO馬の出走結果。
未勝利戦の2頭、特にそのうちの1頭は個別に
記事にできるほどネタがないのでまとめてしまいます。




というわけで1頭目、トライアンフマーチ。
土曜京都の芝マイル未勝利戦に出走しましたが、結果は。


4着  トライアンフマーチ


結果的に4角で5番手までにいた馬が掲示板を独占しましたが、
未勝利戦にしては早いペースで前にいた馬には厳しい競馬。
掲示板に載った5頭中4頭が単勝倍率ひとケタで、
勝った馬もそれに続く7番人気、沈没した2頭も合わせると
レース開始から4角までを7番人気までの全ての馬が前7番手
までを走っており、前残りというよりは後ろの馬が弱かっただけかと。

で、トライアンフマーチ。デビュー戦より着順は落ちましたが、
早いペースを3番手で追走してのこの結果は上々だと思います。
相変わらず走りに幼さを残していましたが初戦ほどでは
ありませんでしたし、手ごたえ良く直線向いて思ったほど
伸びなかったのもまだ絞りきれていなかった馬体重のせい
だとすれば、次はさらに変わり身が期待できると思いますね。
単純に比較はできませんが、牝馬限定戦とは言え同日に
行われたOP戦より早い時計で走り、持ち時計を大幅に短縮。
今後も短い間隔で使っていくとのこと、時計にもメドが立ちましたし、
次はきっちり体を絞って決めてもらたいものです。





もう1頭のマイネルクロッシュは日曜東京芝のマイル未勝利戦に出走。


11着  マイネルクロッシュ


好位でレースを進めるも直線であえなく失速。
どうも鉄砲は得意じゃないようですね。
休み明けを叩かれた次走に期待したいと思います。

しかし鉄砲苦手で使い減りするって、難儀やなあ(笑)



週イチ更新改め月イチ更新になった相性表。
1ヶ月ぶりに更新しましたので良かったら覗いてやってください。


わくわくドキドキPOG相性表

わくわくドキドキPOG相性表2008-2009

総合成績表



んー、1ヶ月分となるとやっぱり結構変わるもんですねえ。
長らくキャスパーさんと2強態勢を築いていたけせらせらさんですが、
先週の共同通信杯で3勝6敗だったのが響いて3位に後退。
しかし先着数の方は着実に数を重ねてこちらも3位に浮上、
手駒の質を考えたらまだまだ伸びそうですし、トップも目の前。
で、代わりに先着率2位に浮上したのがお宝さん。
POGの順位を考えるとこれは驚異的と言えるかもしれません。
4位~7位は特に変わりばえはなく安定している印象。
そして、POG順位でもトップに立ったもんぺさん、
ここ1ヶ月驚異的な先着率で一気にジャンプアップ!
10近くあった借金を完済してあっという間に貯金生活に。。。
勢いを考えるとこちらも先着数トップを狙うダークホースと言えそうです。
この1ヶ月間の全体的な傾向として、上位チームは率を下げ、
下位チームは押し上げたという印象がありますね。

先週のシェーンヴァルトの敗戦でウチとしては「本戦」の方は終わった感が
漂っているので、何とかこちらの方で存在感を発揮したいところです。




モンゴルで日本語教師の女性遺体、強盗殺人か…北海道出身


※ここから先にニュースの感想を書いていますが、
被害者の方に否定的な内容が含まれています。
被害者に酷く感情移入してしまう方などは回れ右をオススメします。
不快に思われたり、読んだ後に「お前は血も涙もない鬼畜か!」とか
言われても困りますので、その点ご承知置きください。



というわけで、共同通信杯予想。
PO馬を贔屓したくなる気持ちはありますが、
そこはグッとこらえて(笑)客観的に見ています。多分。


◎シェーンヴァルト
で、これかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


失礼しました(;^_^A


では改めまして(=´ー`)ノどうぞ

◎ブレイクランアウト
〇マッハヴェロシティ
▲シェーンヴァルト
△トーセンジョーダン
×ダイワプリベール


まあこんな感じで。

プロコンはネオユニに新馬戦で半馬身差に迫ったーなんて専門紙でも
書かれていますが、ネオユニがその後順調に成長しているのに
対してレースぶりとか含めてあまり成長が感じられないんですよね。
それにホッコータキオンを物差しに考えると、やっぱりブレイクが上かなと。

レベルが高かったラジニケで4着ならマッハも充分威張れるのでは。
コース経験もありますし、スムーズに行けば勝機充分。

シェーンヴァルトについてはコチラ参照。とにかく頑張ってほしいです。

あとはやっぱりトーセンジョーダンは無視できませんね。
この3連勝を見ているとあの新馬戦は何だったのかと思いますが(笑)

牝馬とは言えGⅠ2着馬ダノンベルベールを負かした
ダイワプリベールを穴として抑えまで。



京都のメインレースは短距離GⅢシルクロードS。
イマイチ盛り上がりに欠ける現在の短距離路線、
スペシャリスト不在と言いますか、スター不在で
勝ったり負けたり、どうも興味が長続きしないようです。
そんわけですので何とかファリダットに一本立ちをお願い…。
出ねーよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


◎サープラスシンガー
〇アポロフェニックス
▲ソルジャーズソング
△ウエスタンダンサー
×タマモホットプレイ


サープラスシンガーの逃げ切りを期待しつつ、
例によってタマモホットプレイの追い込みを!(爆)
どうも軸が不安定な印象なのでやや穴狙い気味に。




さて、今日の東京メインレースはクラシックを
占う意味で重要な位置づけにある共同通信杯。
ダービー前の数少ない府中での重賞レースということで、
朝日杯1番人気のブレイクランアウトや3連勝中の
トーセンジョーダンをはじめ、なかなかの好メンバーが揃いました。

わくわくドキドキPOGからも6頭が大挙として出走。
中でも私が勝手に優勝候補筆頭だとニラんでいるけせらせら厩舎からは
有力馬ばかり3頭が出走ということで、ここでワンツースリーでも
許したらこれまでずっと接戦だった流れが一気に傾いてしまいます。
ゲームとしての面白さをなくさないためにはここが分水嶺、
負けられない戦いががそこにある!(爆)って感じです。

で、上位独占を阻むべく、ウチから送り出される刺客、シェーンヴァルト。
いやまあ、唯一の重賞ウィナーを刺客呼ばわりは失礼だと思いますが、
ここは言葉のアヤと言いますか、ノリ重視という方向で(笑)
前走朝日杯は展開やら何やらが向かず7着と不完全燃焼の競馬。
条件は合わないと思っていたので負けたこと自体はどうとも
思っていませんが、掲示板にも載れなかったのは少々予想外でした。
次から次へとクラシックの有力馬が登場するレベルの高い
今年の牡馬戦線にあって名前を忘れられないためにもここは
巻き返しを期待、デビューから手綱を取ってきた北村騎手を降ろして
ウチパクを按上に据えるなど陣営の本気が窺えるわけですが…。
現在のところ5番人気って…いくら何でも舐められすぎじゃないですか?
ブレイクやトーセンはともかく、賞金400万のショウナンアルディや
プロコンにまで人気で遅れを取るのは納得いかないんですけどー。
しかもそれがピンポイントでけせらせら厩舎の馬だというのがまた(笑)

さておき、中山マイルから府中の中距離に変わるのは
この馬にはプラスにはなってもマイナスにはならないはず。
元々府中でこそと言っていた馬なので上記云々
抜きにしてもここは期待せずにはいられませんね。
ていうかこの馬がこけると春の楽しみがなくなってしまいそうなので(笑)、
勝てないまでも見せ場だけは作ってもらいたいなあ、と。←急に弱気




さて、今日の東京メインは共同通信杯ということで、
チョルモン厩舎のエース、シェーンヴァルトが登場するわけですが、
その前座?の未勝利戦にマイネルクロッシュが出走します。

3着→2着と来て今度こそと期待した前走はまさかの14着大敗。
さすがに中1週で3戦した疲れが出てしまったようですね。
レース後は放牧休養、今回が復帰戦ということで、
是非ともリフレッシュ効果は見せてもらいたいところ。
まあ、前走は連戦の疲れに加えて、逃げられなかった時の脆さ、
さらには時計面での限界など負の側面が多々見られましたし、
リフレッシュで元気になったとしても課題は山積みです。
その上そこそこ揃ったメンバー構成に休み明け、人気もあまり
ありませんし、気楽に先行して着を拾えたら…って感じですかね。
あまり夢を見ると懐の痛みが激しいので、程々にしておこうかと(爆)
それに客観的に見て、たとえここを勝ち上がったとしても
上のクラスで頭打ちになるのは目に見えていますし、もうしばらく
未勝利戦でちょびちょび稼いでもらいたい…なんて思いもあったりして。
まあそれでも勝ったら勝ったで嬉しいですが、帰厩してたった
2週間余りでの出走ですから、果たしてどこまでやれるか。
何にしても次に繋がるレースをしてもらいたいものです。



小倉大章典

◎バトルバニヤン
〇ヤマニンキングリ-
▲フィールドベア-
△ノットアローン
×アサカディフィート

個人的にはアサカおぢさんのまさかの3連覇を期待(笑)
人気はないようですが、そもそもこの馬は穴馬ですしね。
他力本願ですが、展開さえ向けば、或いは。



すばるS

◎セレスハント
〇クィーンオブキネマ
▲ガブリン
△ペプチドルビー



白富士S

◎フサイチアソート
〇マチカネオーラ
▲シンゲン
△フォルテベリーニ




今週のPO馬の出走は3頭。
それも期待の新戦力トライアンフマーチの未勝利戦に
シェーンヴァルトの共同通信杯ということでテンションはやや高めです。
あ、もう1頭はマイネルクロッシュ@未勝利戦ですよ。←棒読み
オマケかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
まあ、本来はこれにトゥリオンファーレが500万下レースに
出る予定だったので、今週は今POG2回目の勝負週という
位置づけだったハズなのですが、放牧に出てしまったので…。


というわけで、土曜の出走は京都5R未勝利戦のみ。
前回と同じ舞台でトライアンフマーチが勝ち上がりをかけます。
前走は太目残りだった上レースで幼さを見せ、
直線では騎手が追えないほど蛇行を繰り返し、
ほとんど馬なりで回ってきただけで2着を確保。
この幼さが解消されない限り競馬どうこう言えるようなものではなく、
完成度という意味ではまだまだ半分にも満たないくらいだと思いますが、
走り自体は秘めたる素質の高さの片鱗を見せ付けるような内容でした。
POG的にはこの時点でこの完成度では今春に大きいところが
どうとか言えるものではないと思いますが、そういったもの抜きにすれば
今後かなりの伸び代が見込める前回の走りは成長したらどれだけの
ものになるのだろうと想像を掻き立てる馬だと思います。
相手を見ると前走馬券圏内に来た馬が多く、どの馬も必勝を期して
このレースに出て来ているであろうことが窺えるメンバー構成。
勝ち上がってもらいたいのはやまやまですが、前走の走りを見る限り
たった2週間でそこまで変わってくるとは思えず、
とりあえずここは成長の跡を見せてもらいたいと思うのが正直なところ。
逆にここで勝てるようなら時期的にもまだクラシックにも
間に合いますし…なんて、それなりに色気もあったりなかったりして…(笑)

結論!
成長が窺える内容なら良し!あわよくば勝利を…(爆)



さてもう1頭、先週の500万下戦に出たラターシュの結果を。


6着  ラターシュ


うーん、なかなか上手くいきませんねえ。
枠順や馬場状態から予想されていたことではありますが、
それが現実になるとやっぱり残念に思ってしまいます。

超人気薄の馬が1頭飛んできて単勝万馬券。
タイムは最終レースの1000万下のレースより早いスピード決着。
時計勝負になると分が悪いと良馬場のスタミナ勝負を願った
ラターシュには最悪の展開となってしまいましたね。
それにしてもこれで3戦連続で軽い馬場ってのは…イジメ?

まあ、人気を集めた飛梅賞組が全滅ということに
ちょっとは救いがあるような気がしないでもないですし、
終いは3番目だったようにこの馬なりに走っているんで、
そういう意味では特に心配などはしていないんですが。
あとは次、良馬場好枠でレースを迎えられれば、と。



親父がいない気楽さに安閑としていたら、いつの間にか木曜日。
POG馬の出走振り返りくらいはしなくては。というわけで、結果。

2月1日京都5R未勝利戦。


5着 タクティクス


はぁー…。
出走記事で、血統、厩舎騎手馬主その他ブランド全てで
フォゲッタブルに対抗できるのはこの馬しかいない!
と書きましたが、そんな着順で張り合うことないのに(爆)


えー、入れ込んでました。馬っ気出してました。
引っかかってました。競馬になりませんでした(涙)


というわけで、敗因は分かり安すぎるほどハッキリ
しているので今回はこの結果も仕方ないですね。
2倍切っていた単勝が3倍にまで跳ね上がるんですから、
パドックでは色んな意味で暴れん坊だったみたいです(笑)

まあ、アンカツさんも今後のために無理やり抑える競馬を
したと言っていましたし、次は変わってくれるでしょう。
こんな状態でも掲示板に載ったのは力がある証拠だと
思いますし、気性がよくなれば化ける可能性も充分かと。

それにしても、「寂しがって前の馬を追いかけた」って…(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。