FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 06月 に掲載した記事を表示しています。

こんばんは、競馬に脳をやられちゃってるチョルモンです。

先ほどプロ野球のニュースを見ていたら、
「スウィーニー登録抹消」の文字が目に入り、
スウィーニー解雇かー、最近調子悪かったからな~、
日公好調だし待ってられんのだろうな~、なんて思っちゃったんですが、
よくよく考えたら2軍に落ちただけなんですね(爆)
抹消=引退と思ってしまう競馬脳が恨めしい…。

それはさておき、わくドキPOGの指名リスト提出が迫ってますね~。
明日の午前10時が締め切りということで、既にほとんどの方が
提出を終えた様子、まだ提出していないのは私も含めて3人のようです。

とりあえずリストはほぼできているんですが、
あと2頭ほど取るか否か迷っているのがいましてね~。
自分が調べたデータに引っかかるもので、頭を悩ませています(爆)
データはあくまでデータなので、例外もまた確実に存在するわけですが、
自分で調べて結論を出した以上、従うのが得策のような気も…ブツブツ

まあ、あんまり頭を悩ませても仕方がないので、
日付が変わったあたり、寝る前には出す予定でいます。
ギリギリまで粘るつもりで寝坊でもしたら目も当てられませんからね(笑)
これから4時間、情報収集に精を出したいと思います(`・ω・´)シャキーン


スポンサーサイト




POGに関することで役に立つかどうかも分からない、
どうでも良さげなことを研究するシリーズ第3弾。
という名の前回の続き。SS系以外の種牡馬について。


※データはnetkeibaのものを参照しています。
データの中に地方馬も含まれますが、
最高賞金獲得馬は中央馬限定となっています。
古馬参照がないのは種牡馬歴が浅く、
頭数が十分でないためデータが取れなかったものです。



アグネスデジタル

3歳馬102頭(牡47頭 牝55頭)

賞金額1位~20位  牡9頭  牝11頭
賞金額20位~40位  牡13頭  牝7頭 

賞金未獲得馬(未出走含) 牡20頭  牝24頭

牡馬最高賞金獲得馬 ケイアイテンジン  1736万
牝馬最高賞金獲得馬 グランプリエンゼル 5818万

牝馬の活躍割合は多めの傾向。
一昨年もエイムアットビップが出ましたし、
結構牝馬が活躍する種牡馬なのかも?
芝がダメでもダートも走りますし、結構ねらい目。



キングカメハメハ

3歳馬186頭(牡105頭 牝81頭)

賞金額1位~20位  牡 18頭  牝2頭
賞金額20位~60位  牡 28頭  牝12頭 
賞金額40位~80位  牡 18頭  牝22頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡39頭  牝40頭

牡馬最高賞金獲得馬 フィフスペトル  10340万
牝馬最高賞金獲得馬 トウカイミステリー 1540万

 こ れ は ひ ど い (爆)
まあ、噂は本当だったと、その一言につきますね(笑)
賞金額が下位に行けば行くほど牝馬の割合が増加。
賞金0率も頭数を考えると牝馬の方が遥かに上。
今後どうなるかは分かりませんが、別の傾向が
表れるまではキンカメ牝馬は即切りの方向で良いかと。



クロフネ

3歳馬111頭(牡49頭 牝62頭)

賞金額1位~20位  牡8頭  牝12頭
賞金額20位~60位  牡20頭  牝20頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡19頭  牝24頭

牡馬最高賞金獲得馬 ティアップゴールド 3867万
牝馬最高賞金獲得馬 マイティースルー 2230万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡57頭  牝43頭

マツクニ厩舎&金子氏所有のスーパーホースということで
キンカメと結構セットで語られることが多いですが、
牝馬 ダメ 絶対!のあちらとは対照的な傾向が。
賞金上位は半分以上が牝馬。賞金0率も低めですし、
過去の傾向を見ても平均以上の成績。牝馬狙いにはオススメ。



サクラバクシンオー

3歳馬90頭(牡38頭 牝52頭)

賞金額1位~20位  牡10頭  牝10頭
賞金額20位~50位  牡12頭  牝18頭 

賞金未獲得馬(未出走含) 牡16頭  牝20頭

牡馬最高賞金獲得馬 スパラート 2389万
牝馬最高賞金獲得馬 ルシュクル 3838万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡79頭  牝21頭

昨年は牝馬の活躍割合が大きいですが、
どちらかと言うと牡馬の方が活躍する傾向。
仕上がりは問題ないので積極的に指名していきたいですが
大物感はないので夏場の小銭稼ぎと割り切った方が良さそう。
シーイズトウショウは多分事故のようなもの(爆)
極端に嫌う必要はないですが、牡馬の方を優先したいです。



ジャングルポケット

3歳馬108頭(牡65頭 牝43頭)

賞金額1位~20位  牡16頭  牝4頭
賞金額20位~60位  牡26頭  牝14頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡24頭  牝25頭

牡馬最高賞金獲得馬 シェーンヴァルト 6530万
牝馬最高賞金獲得馬 テーマソング   960万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡56頭  牝44頭

頭数割合的に問題なさそうに見えますが、ジャンポケ自体が
当たり外れが大きく、牝馬の当たりとなるとさらに難しいですね。
古馬の割合も悪くないように見えますが、これは古馬の絶対数が少ない
ためで、古馬でも2000万以上稼いだ牝馬はたったの6頭しかいません。
トールポピーという当たりはいますが、忘れた方が良さそうです(笑)
地雷を踏みに行くこともいとわない人なら、あるいは…。
基本は牡馬のみを狙うという方向で無問題かと。



シンボリクリスエス

3歳馬168頭(牡90頭 牝78頭)

賞金額1位~20位  牡17頭  牝3頭
賞金額20位~60位  牡27頭  牝13頭 
賞金額40位~80位  牡18頭  牝23頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡28頭  牝26頭

牡馬最高賞金獲得馬 サンカルロ   10508万
牝馬最高賞金獲得馬 ニシノルーファス 2136万

えー、キンカメ評のコピペでよろしいでしょうか?(爆)
キンカメよりちょっとだけマシにはなってますが、
元々の牡牝の割合を考えたらむしろ悪化したという考え方も…。
2000万を超えた馬もいるので一概にダメということもないんでしょうが、
頭数が多いことを考えると当たりを引くのは至難の業と言えそうです。
よほどのことがない限り、牝馬はスルーするのが得策かと。



タイキシャトル

3歳馬106頭(牡50頭 牝56頭)

賞金額1位~20位  牡10頭  牝10頭
賞金額20位~40位  牡10頭  牝10頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡11頭  牝20頭

牡馬最高賞金獲得馬 レッドスパーダ  7544万
牝馬最高賞金獲得馬 メイショウアツヒメ 1812万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡64頭  牝36頭

個人的にタイキシャトル産駒は敬遠する傾向にあるんですが、
データを見るとPOG的にはなかなか“狙い”の種牡馬のようで。
大物感はなくてもコツコツ稼ぐタイプが多く、賞金0率もかなり低め。
牝馬の活躍率も平均的、アレコレ考えずに良さそうなら取る方向で。




タニノギムレット

3歳馬85頭(牡53頭 牝32頭)

賞金額1位~20位  牡17頭  牝3頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡22頭  牝18頭

牡馬最高賞金獲得馬 セイクリッドバレー 3152万
牝馬最高賞金獲得馬 ピエナリリー     790万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡63頭  牝37頭

代表産駒に言わずと知れたウオッカがいるわけですが、
データを見る限りアレは例外中の例外と言えそう。
まあ、あんな成績残す時点で例外以外の何物でもありませんが。
現実にはウオッカを除くと賞金上位は牡馬の独壇場。
この辺は後に出てくる父BTの特徴を色濃く受け継いでいますね。
2匹目のドジョウを狙っても痛い目に遭う可能性大。牡馬狙い推奨。



ブライアンズタイム

3歳馬59頭(牡30頭 牝29頭)

賞金額1位~20位  牡12頭 牝8頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡13頭 牝14頭

牡馬最高賞金獲得馬 モンテアルベルト 1310万
牝馬最高賞金獲得馬 レディルージュ  5655万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡81頭  牝19頭

歴史的大種牡馬もそろそろ種牡馬として晩年が近づいてるようで。
かつてのような存在感はありませんが、それでも
こうしてキッチリ活躍馬を出してるのはさすがです。
ただ、牝馬狙いとなるとあまり推奨はできないですね。
パッと思い浮かぶのでもキャロ、ファレ、プリ、あと何かいたっけ?
という、後強いて挙げるならマイネヌーヴェルくらいでしょうか。
或いはサンデーサイレンス以上に牡馬優勢の種牡馬かも。



フレンチデピュティ

3歳馬89頭(牡41頭 牝48頭)

賞金額1位~20位  牡9頭  牝11頭
賞金額20位~40位  牡8頭  牝12頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡23頭  牝23頭

牡馬最高賞金獲得馬 エフティレガシー   800万
牝馬最高賞金獲得馬 リーチコンセンサス 2322万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡56頭  牝44頭

牝馬の方が活躍してる…と言うより、牡馬がひどすぎる(爆)
最高賞金800万て…。レジネッタやジュピタの活躍を見て、
フレンチの時代が来る!と意気込んで痛い目に遭った方も多いのでは。
まあ、去年が大ハズレだっただけで、走ることは走ると思います。
3歳馬、古馬ともに牝馬の活躍は多め。狙いがあるなら積極的に指名を。



ホワイトマズル

3歳馬96頭(牡47頭 牝49頭)

賞金額1位~30位  牡17頭  牝13頭

賞金未獲得馬(未出走含) 牡21頭  牝17頭

牡馬最高賞金獲得馬 ナリタカービン  2937万
牝馬最高賞金獲得馬 デリキットピース 2636万

※参照

古馬賞金額1位~100位  牡67頭  牝33頭

POG的に欧州血統は敬遠されがちですが、
そんな中で地味に活躍馬を安定して出す種牡馬。
数字にもこれといった特徴は確認できず、
牡牝の活躍のバランスは可もなし、不可もなしといったところ。
取りたい馬がいるなら取りに行っても問題なさそうです。



うーん、こうもハッキリした結果を見せ付けられると何も言えませんねえ。
イメージ通り、キンカメ・ボリクリ牝馬は走らないとデータにも表れてました。
今年ひょっこり活躍馬が出る可能性もありますが、さすがにこの結果を
見て取りに行く勇気はありませんね。今年は完全スルーの方向で。

最後に個人的牝馬獲得オススメ順。

S フジキセキ クロフネ

A タキオン デジタル 

B スペシャル タイキ フレンチ マズル

C ネオ マンカフェ

D ジャンポケ

E ダンス バクシンオー BT

× アリュール キンカメ ボリクリ ギムレット

こんな感じでしょうか。
あまり人気しないデジタルの牝馬なんか
穴で取ると大仕事してくれるかもしれませんね。
SS系全盛の時代ですが、一考してみてはいかがでしょうか。