FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 06月 に掲載した記事を表示しています。
スタートダッシュを目論むチョルモン厩舎、
先週に続いて新馬戦に指名馬が登場します。

早くからここ目標が伝えられていたツルマルジュピター。
そしてもう1頭、即戦力期待のポケットキャンディの2頭出しorz
いや、前々から噂はありましたし、まさか…って言うほど
予想外だったわけじゃないですが、なんでわざわざこんな
メンバーが揃っているところに出すんだか小一時間以下略。


えー、まずは人気を集めることが予想されるツルマルジュピター。
入厩して間もない頃から坂路で52秒台の好時計をマーク。
さらに指名リスト提出期限2日前の追い切りでは50秒台という
破格の時計を叩き出し、週末にドラフトを控える私をやきもきさせました(爆)
予定より指名順位を上げて提出、いざ蓋を開けてみたら競合なしであっさり獲得。
何で他に指名者がいなかったのか今でもナゾなんですが…(-ω-;)ウーン
そういや、この時計を出した時上がりがかかっているのを不安視する声がありましたが、
仮にラストを12秒台で走っていたら最低でも49.6ですよ(爆)
まだデビューしていないこの時期の2歳馬にどこまで求めるんだって話ですよね(笑)
先週は攻め駆けする古馬相手にDWで馬なりで楽々2馬身先着。
今週は軽めに終いだけ伸ばす追い切りでしたが、重い馬場で他馬が
伸びあぐねる中ラスト1F12.8の55.1と水準以上のタイムを出しています。
坂路だけでなくコースでも時計が出ているのは好感、態勢は万全のようです。
先週は僚馬エーシンダックマンが4馬身差で圧勝、そのダックマンを
調教で大差で千切ったというんですから普通に走ればまず勝ち負けでしょう。
按上には新馬戦2連勝中の武豊を配して必勝態勢。
相手は揃いましたがここは何とか初戦で通過してもらいたいところ。


そしてもう1頭、ポケットキャンディ。小柄な牝馬でいかにも初戦向きという感じ。
調教も動いていて期待できそうですが、よりによってなぜツルマルと同じレースに…(涙)
まあ、そうは言っても来週はシンメイフジがデビュー予定ですし、
番組の少ないこの時期ですからぶつかるのも仕方ないことかもしれませんが。
さし当たって不安なのはジャンポケの牝馬ということだけですかね。
坂で最高53.1の時計を出していますし、毎回相手にきっちり先着しているのも好感。
いかにも芝向きという感じですし、ここでも十分期待できるのではないかと。
ツルマルのおかげで配当に妙味がありそうですし、買うならこの馬からかな(笑)


というわけで2頭ともそれなりに期待できそうですが、ここはホント揃いましたね~。
コルドバ、ベストブルーム、モンキーマジック、エーシンリジル、サトノホクトと、
なんでまたわざわざこんな濃ゆいメンツのところに出たがるのかと(笑)
一説では開幕週のヴェラを避けてみなさんここに着地したとのことですが、
あながち間違いではなさそうですね。その恩恵を受けたダノパ一人勝ちですか?(爆)
そう考えるとまさしく禍福は糾える縄の如し、ダノパで楽させてもらった分
ツルマル(とポケットキャンディ)で苦労しろと、そういうことなんでしょうか(笑)

しかしヴェラを恐れてツルマル恐れないって、調教考えたら普通逆だと
思うんですが、やっぱり血統馬は怖いってことなんですかね~。

スポンサーサイト