ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 10月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、無事卒業試験に合格して地元に戻って翌日受けに行った
学科試験も 一発で受かりめでたく免許を取得したチョルモンです。

別に合格したから言うわけではないですが、卒業試験のヌルさに吹いた(笑)
試験場の技能試験と走る距離はそんなに変わらないんでしょうけど、
難易度が天と地ほど差がありました。とりあえず信号通りに走ってれば
まず落ちることはなかんべ、っていう…ぶっちゃけ仮免試験の方が難しいような(爆)

そんなわけで、無事教習所を卒業、その日の夕方には地元に戻り、
翌日(つまり昨日)学科試験を受けに試験場の方に行ってきました。
まあ、学科のほうは一度受かってますし、それほど心配してませんでしたが
特に問題なくあっさり通過、晴れて親父専属運転手の座を獲得してしまいました(涙)
これまで親父の送迎を一手に引き受けていた姉は負担が減ると喜んでいますが…。
そりゃ免許取得は素直に嬉しいですが、これでさらなる負担を被るのは…(-ω-;)ウーン



さて、時間がなくて先週のPO馬の回顧もやっていませんが、
いつか簡単にやるとしてとりあえず今週のPOG出走馬。

いよいよ牡馬では1番の期待馬グランクロワが初陣を迎えるであります。
早くから入厩してゲート試験を合格。尾花栗毛のド派手なルックスもさることながら、
乗り手を手こずらせる気性難、本番ではシャドーロールを着用ということで、
何かと話題が尽きない本馬ですが、最終追い切りは栗東のやや重のCWで
藤田騎手騎乗で 82.4-66.4-52.5-39.0-12.6 ⑧一杯 と水準以上の動きを披露。
少々話題先行の気がありますが、走りの方もまずまず期待できるのではないでしょうか。
ただ、この時期のこの距離の新馬戦ということでここはさすがに評判馬が揃った一戦。
ジャポニズム、アドマイヤプリンスとトップクラスの人気の2頭を始め他も侮れないメンツ。
ここに割って入るにはまだちょっと足りないかな~と思いつつ、パドックで暴れたり
しなければもしかしたらもしかするんじゃないかと淡い期待を抱いております。
牡馬勢が手薄なチョルモン厩舎にとってはこの馬は最後の砦みたいなものですし、
何とか期待が持てる走りを見せてくれたらと思います。



もう1頭、久々3ヶ月ぶりのサダムシンプウが本日3Rに登場。
今度こそ距離を伸ばすと思ったらまたもや1200ということで、どうも狙いが掴めませんが、
出てくるからには応援するのみであります。前走の負け方があまりに不可解ですし、
久々でここは大きな期待をかけるわけにはいきませんが、勝ち負けはともかく
走れる状態に戻ったことをアピールする走りは見せてもらいたいところ。
あとは軽い芝に適性があれば結果は自ずとついてくるんじゃないかな。


スポンサーサイト
ややややヤパイっすよ!明日はいよいよ卒業試験っすよ!
もうね、緊張でヒザはガクガク体はブルブルおなかはゴロゴロ…
とりあえずもちつけ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

まあ、実際そこまで緊張はしてませんが、それなりにはね…。
つーか、明日受かんないとまずいことになるんですよねー。
明日受かればその日のうちに地元に帰って翌日試験場に行けますが、
1日でも遅れると土日挟んじゃうので試験場に行けるのは月曜日以降。
月曜日は親父を病院に車で送る予約が既に入っているので(笑)、
最悪また仮免練習中の札つけて乗らなきゃいけないことに…。うん、イヤだ。


そんな状況ではありますが、実は今日ちょっとハシャギすぎちゃいまして…。
ボウリング6ゲームもやったら腕から足まで凄まじい筋肉痛に…。
足はともかく腕はヤバいね。箸持ってるだけで震えて落としそうになるんだから(笑)
試験前日に何やっとんじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
だって今日は最後のみきわめ1時間だけだったし、それまでハードな日程だったし、
ホント久しぶりに午後まるまる自由時間だったんですよ?仕方ないじゃないですか!
逆ギレしてんじゃねえ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
自分でもちょっと過信していたところがありまして、 6ゲームくらいチョロイかなー、と。
何しろ昔は2時間投げ放題で平気で13ゲームとかやってましたからねえ。←2人で
でも体力の衰えを実感するまで長くはかからず、2ゲーム目にはやめたいなーなんて…。
はええな、おい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
あ、ちなみにスコアは146-138-117-124-115-121でした。
一般的なハウスボーラーですな。下手にはなってなかったのでそれだけが救いですね。
前半飛ばしたので後半はもうバテバテ。100キープするのにアップアップでした。


あ、でもマジで明日試験なんですよね~。どないしましょこの腕。
時間が経つほど痛みは増すだろうし、明日の朝にはさらなる激痛が襲うこと間違いなし。
ハンドル回すのもダルいくらいになってるんだろうな~。
こんなことなら調子に乗って6ゲームもやるんじゃなかったな~。
いまさらかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
とりあえず福島県内のK市在住の皆さん、お願いですから明日は信号のない
横断歩道では渡ろうとしないでください。見落とすと一発で落とされますので(爆)


どうも、合宿も終わりが近づき本格的にバテてきているチョルモンです。
このペースでいくと卒業検定の時に疲れのピークが来そうな感じ(笑)
元々あがり症で本番に弱いだけに…今からgkbr状態です。

昨日は危険運転予測なんたらとかいうので、いつも教官と
2人で走るところを他に2人の教習生と路上と出たんですが、
そのうちの1人は免許を持っていたことがある経験者で、
何年も乗ってたことがあるということで、既に教習生のレベルではありませんでした。
今回の教習のテーマはお互いの走りを見てその良い点と悪い点を
チェックして次の学科の時間で指摘しあうというものでしたが、
悪い点がなかなか見つからず…。苦し紛れに慣れてる故の…なんて言っておきました。

で、最初見ていてすごいなーと思ったのがギアチェンジのスムーズさ。
もうね、いつギアチェンしたの?ってくらい穏やかで正確で、
つーか教官より上手くね?とか思っていたら…オートマ車でした(爆)
いや、だっていっつもマニュアル車だし?オートマなんて滅多に乗らないし?
出る前に教官が言ってることよく聞いてなかったし?あとあと
言い訳にならんわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

まあ、こんな風に、いい感じでテンぱってきてます(笑)
今日は高速教習です。これもオートマで行くんですよね~。
やだなあ。オートマって走り方よく分かんないしエンブレ効かんし。
まあこの時期の東北の高速なら大して混んでないんでのびのび
走れるかも?少なくとも首都高とか走るよりははるかに楽だし。
でも2人1組なんですよね。例の上手い人と組めますように。
もう1人の人は正真正銘の初心者で命預けるのはちょっと…(笑)



今日は朝イチで路上に出ましたが、その後は楽な日程。

♪ああそれーなのーに それなーのにー ねえ?♪
なんで菊花賞の時間に教習入ってんだよ…orz

このパターン飽きたとか言われるかもしれませんが、事実なので…(涙)



菊花賞

◎リーチザクラウン
○ナカヤマフェスタ
▲イコピコ
△スリーロールス
×シェーンヴァルト



馬券的にはリーチと元PO馬のシェーンヴァルトから。
マーチはマイルから二千に戻るまでは買わないつもり。

しかしユタカ絶好調ですなあ。
これはノーリーズンフラグが…ゴニョゴニョ

やっちまった…。ポケットキャンディの出走記事落とした…orz

いやー、昨日はツルピタが大敗するし、ドラも大敗するし、楽天も大敗するし…。
あまりにイヤなことばっかりだったので不貞寝…していたわけではありません。
ただちょっとあまりにハードな日程が続いたので自分を労わっていただけです(笑)


まあ、ツルピタは負けたとは言え久々でしたし、次に期待ですね。
ツルマルジャパンの影がチラつかないと言えば嘘になりますけど。
未勝利戦の方の2頭もそれぞれ進境を見せてくれましたし、
初ポイントゲットということで全馬ポイント獲得にも何歩か前進しました。
勝てなくても何らかの収穫が得られるとうれしいものですね。


さて、今週の出走はもう1頭、かえで賞にアーリーデイズが登場。
新馬戦では二の脚早くさっと前につけるセンスを感じさせる走り、
3番手から前を楽に差し切るなかなかの勝ちっぷりでした。
血統的に馴染みがなく、あまり人気にならなさそうですが、
初戦の内容からここでもいい走りを見せてくれるのではないかと。
ファイティングピサやエーシンダックマンなど素質馬が揃いましたが、
むしろマークが薄くなって好都合なんじゃないですかね。
とりあえずゆうまりん厩舎のエーシンダックマンには先着してもらいたいなあ。


えー、仮免試験は無事一発で合格しました。
おかげで殺人的スケジュールをこなすことになりバテバテです(涙)

自分ではあんまりミスった感じはなかったんですが、
隣に乗ってる試験官の手が5回くらい動いてたんでどうかなーと
思ったんですが、寄せが甘いところが何ヶ所かあっただけらしく、
その辺は計算して捨てたところなので思い通りいって何よりでした。
まあ、あんまりこういう考え方は好ましくないんでしょうが、
寄りすぎて乗り上げたり接触して落とされるよりはいいですからね。
他は大丈夫だと思っていたので今回は安全策を取りました。
何しろ自分の前に受けたのが運転経験何年もあるベテランで、
全体通して減点1回の準パーフェクトでしたからねえ。
その後ともなれば上手く乗らなければとプレッシャーもかかってくるわけで。

でも自分の後の人が受かったのは…どうなんだろう?
ギアチェンジし忘れて坂道発進をセカンドでやってる時はドキドキでした。
エンジンをメーター振り切るまで吹かせて焦がしちゃいましたから(爆)
それでも受かってるんですから…試験場とは難易度の差にあまりに違いが…ブツブツ




さて、今週のチョルモン厩舎は4頭出しの大攻勢。
いちょうSとかえで賞では2位ゆうまりん厩舎と首位攻防戦があり、
さらに3位aji-sand厩舎とも対戦ということで、ここは落とせない一戦。


まずは土曜出走の2頭。
いちょうSには久々4ヶ月ぶり、ツルマルジュピターが登場です。
圧倒的人気に推された新馬戦、なかなかレベルの高い1戦でしたが、
好位の外目追走からあっさり抜け出し、能力を感じさせる勝ちっぷり。
その後ソエ治療で放牧、新潟2歳Sを目標にするも間に合わず。
デイリー杯復帰も囁かれていましたが、東京のこのレースを復帰戦に選びました。
帰厩後もなかなか早い時計を出さず、完治したか疑問の声も聞かれましたが、
先週の追い切りでは栗東坂路で51秒台を楽々マークして復活をアピールすると、
今週の最終追いきりでも栗東のCWで79.5-63.3-49.1-36.4-12.4(7)一杯 と
2歳馬離れした圧巻の動きを披露。出走態勢は整ったと見て良さそうです。
まあそれでもここは4ヶ月ぶりの休み明け、それに輸送競馬と条件は不利。
一度叩いてからかもしれませんが、期待の持てる追いきりだったのは確かですね。
アーバウィナーやトーセンファントムと強敵が揃っていますが、
力を出せさえすればここでも楽しみはあるのではないでしょうか。



もう1頭、京都の未勝利戦にゴーンハリウッドが登場。
チョルモン厩舎はコンスタントにレースに指名馬を送り込んでますが、
指名馬が未勝利戦に出走するのは実に2ヶ月ぶりだったりします。
何しろ指名馬がなかなか新馬戦で負けてくれないもので…。
って思いっきり自慢してんじゃねえ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
前走は直線スピードに乗ってきたところで前をカットされる痛恨の不利。
あれで降着にならないのは少々納得いきませんが、あれも競馬ってこと、
調教内容から全く期待していませんでしたが、そこそこ走ることが分かりましたし、
今回は一度使った上積みもあると橋口師も自信を深めている模様。
坂での動きは相変わらずですが、スムーズに競馬をできればもしかしたら?
相手も強いのであまり強気にはなれませんが、まずは掲示板目指して。





今日も今日とて朝から晩までビッチリスケジュールが…。
ていうか、いい加減寝ないとマジやばす。競馬なんて見てるヒマこれっぽっちも…(涙)


ガリガリくんを買い続けて苦節十数年、何十本も買っているのに
当たったことはなく、当たりバーの存在を疑っていましたが、ついに!
生まれて初めてアイスの当たりバーを拝むことができました。
ガリガリくんじゃなくてホームランバーですけど(爆)


大して長くない免許合宿も折り返し、明日は仮免の試験ということで、
合格すると午後から早速二段階に入って路上に学科とスケジュールびっちり。
落ちれば次の日の再試験までやることもないので自由時間。
やべえ…。めっちゃ落ちたいんですけど…(爆)
アホか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
うん、でもまあポカさえやらなければ受かると思います。
でも今週は4頭くらい出走馬がいそうな悪寒がするんですよね~。
受かっちゃうと忙しくなるので出走記事を書ききれるか微妙なところです。
って贅沢言ってんじゃねえ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!



というわけで、今週は(いつもに比べて)早めにPOG出走馬の結果を。
昨年のシェーンヴァルトに続くPO馬による連覇を狙ったデイリー杯2歳S。
2番人気に推されたダノンパッションでしたが、不完全燃焼の競馬で3着でした。

レース内容は特に語ることもないですかねえ。
札幌での競馬は外枠が響きましたが今回は内側の絶好枠。
前日まで絶不調だった按上も直前の3レース続けて好騎乗、
馬体重は減っていたものの好気配で態勢は整ったと思ったのですが…。
まさかの3馬身出遅れ(爆)(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`) ジェットストリームアチャー
その後内側を上手く立ち回って3着まで追い上げましたが、
ゴール手前でエイシンアポロンと脚色が同じになって万事休す。
最後は外を豪快に伸びたリディルに差されて3着入線。

まあ、あの出遅れでよくぞ3着まで追い上げたとは思います。
ただ、1馬身や半馬身の出遅れならともかく、あれだけ致命的な
出遅れとなると、その後いい競馬をしただけに悔いが残りますねえ。
出遅れなくてもリディルには勝てなかったと言う人もいますし、
事実1番強かったのがリディルだったというのに異論はありませんが、
出遅れなしで上手く立ち回っていれば勝つことも不可能でなかったかと。
出遅れ分はその後の好騎乗で取り戻したからプラマイゼロと言っても、
逆に言えばプラスにするチャンスがなくなったということですから。
…なんか出遅れって文字が非常に目につきますが、あれが全てだったということで。


さて、本賞金を稼ぐことができなかったのは残念でしたが、
札幌での走りで半信半疑だった馬の能力には自信が持てました。
まあ、現時点でクラシック云々言えるほどではないですが、
とりあえずOP~重賞ではどこでも勝負になるのではないでしょうか。
今後も堅実に走ってくれそうで、それはそれで楽しみであります。
次走は黄菊賞ということで、自己条件で必勝を期す模様。
ここで結果を残せばラジニケか朝日杯か。
今後の道を開くためにもここらで何とか賞金を加算してもらいたいですね。



今から教習で秋華賞見れない…orz
よりによってなぜこの時間に…。
もう時間がないのでとりあえず印だけ。


秋華賞

◎レッドディザイア
○ワイドサファイア
▲ブエナビスタ
△ミクロコスモス


今日は2時から技能教習。
3時からの中継には間に合うということで、
テレビ見ながらダノパの応援しようと思っていたら…。
福島じゃテレビ東京系放送してねえよ…orz



デイリー杯2歳S


まあ、自分はダノパをPOGで指名してるので、当然応援するわけですが、
もし指名していなかったら危険な人気馬ということでバッサリいくと思います(笑)

◎エイシンアポロン
○リディル
▲アグネスティンクル
△ダノンパッション


贔屓目なしで予想するならこんな感じ。
今回は前々で競馬をしそうなエイシンアポロン。
未勝利戦の内容がよかったリディル。
遠征してなかなかいい競馬をしたアグネスティンクル。
按上も復調してここが試金石のダノンパッション。


ダノンパッションの応援馬券を買いつつ、
エイシンアポロンからの流し馬券を潜ませておこうと思います(笑)


さて、先週まで指名馬が3週連続勝利と好調のチョルモン厩舎。
今週、そして来週とOP戦が続くので勢いを持続させたいところですね。
首位を走っていたゆうまりん厩舎にようやく追いついたとは言え、
まだまだ差はわずか、その差を少しでも開いておきたいところです。


というわけで、今週のPOG指名出走馬。
ダノンパッションがデイリー杯2歳Sに出走します。
前走札幌2歳Sでは1番人気に支持されるも4着敗退。
外枠だったせいで外々回らされたというのはあるかもしれませんが、
悪い言い方をするなら、思ったより強くなかったと思うような負け方。
特にジョッキーの感覚ではあの競馬で勝てなかった、
あるいは前を捕まえられなかったのはともかく、
後ろから来た馬にまで差されるとは思っていなかったのでは。
まあその辺はパドックで気性の若いところを見せていたとか、
レース間隔が2ヶ月以上空いてしかも輸送があったとか、
必ずしも実力だけが敗因ではないのかもしれませんが。

今回はまた1ヶ月ちょっと間隔が空きましたが、
前走後も間断なく乗り込んでいましたし、前走よりはいい状態なのでは。
最終追い切りでもCWで6ハロン78.9-64.4-51.6-39.1-12.6を馬なりでマーク。
軽めの仕上げだったようですが自己ベストを更新ということで、
とりあえず態勢は整ったと見て良いのではないでしょうか。
不安点としてはやはり当日の落ち着き、気性がどれくらい成長しているか。
それと遅いレースばかりだったので早い時計勝負についていけるかですね。

僚馬リルダヴァルの戦線離脱で前走と比べても重賞としてはかなり薄い面子、
他で有力視されるのはリディル、ダイワバーバリアン、そしてフローライゼ。
あとはアグネスティンクルやエイシンアポロンがそこそこ人気になりそうな感じ。
前走時の期待度で言えばこのメンバーならあっさり勝ってもらいたいところですが、
不安点も多い今回は成長しているところを見せてもらいたいというのが先ですね。
ダービーはともかく、皐月ならうまく成長すれば勝負になると思うので。
その結果去年のシェーンヴァルトに続いて指名馬での連覇となればと思います。



どーも、北の大地よりチョルモンです。
…うん、ごめん、言い過ぎた。
北って言うと北海道って感じがして仕方がないですね(笑)

というわけで、福島遠征中のチョルモンです。
免許の合宿なんて言っても一日の拘束時間はそれほどでもないわけで、
空いた時間は持ち込んだパソコンでネット三昧です。
どっか遊びに行けよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いや、どこか行きたいのはやまやまなんですけどねえ。
教習って言っても時間的に連続してあるわけではないですし、
1時間ずつ飛び飛びなんてーと宿舎に戻るのもめんどくさいくらいで…。
それ以前に3日目にしてすでに腰痛が限界に来ていたりして(爆)
まあ、明日から路上出るまでの数日間は楽になりそうなので
周辺のゲーセンなりボウリング場なりカラオケなり行こうと思ってます。
福島にしかないとこ行けよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

あ、教習の進み具合は至って順調ですのでご心配なく。
つーか、1回合格している過程ですし、親父のスパルタ教育もありましたし(笑)
バック、狭路、踏切その他、既に所内でやれることは全部やったので、
後は規定の時間数クリアするまで中をグルグル回ってるだけですね。
やることがないと教官が嘆いてるくらいです( ̄ー ̄)vニヤリッ
チョーシのんな!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

でも、肝心なところで落ちるのが自分なので、仮免試験や本番でどうなるか…。


閑話休題。

先週はりんどう賞にPOG指名馬2頭が出走。
わくわくドキドキPOG初(なのかな?)の同一厩舎によるワンツーを決めてくれました。

レースはユメノキラメキが先頭で引っ張り、その直後にコルドバが控える展開。
グレナディーンはまずまずのスタートから3番手の外を追走、
ラナンキュラスは少し出遅れ、外からアマファソンを見る形で6番手くらい。
前半の600通過が34.4ということで、まずまず平均ペースの流れ、
3コーナーあたりからラナンキュラスが進出を開始、手ごたえは悪く
騎手は手綱をしごきっぱなし(笑)それでも徐々に前に取り付き、
直線に向いた時は3番手で前2頭を完全に射程圏内に捉え、
同じく前のユメノキラメキを交わしにかかるグレナディーンと叩き合いの様相
…と思いましたが意外とあっさり交わして先頭に立ち、そのままゴール。
最後粘るユメノキラメキを捕らえたグレナディーンが1馬身1/4の差で2着。
勝ちタイムは1分20秒8(良)の2歳タイレコード。


結果ラナンキュラスが勝ったわけですが、どちらかと言うとラナンキュラスより
グレナディーンの方がよほど上手く立ち回っているように見えましたけどねえ。
それだけにラナンキュラスの強さが余計に際立って見えたわけで…。
タイムも早かったですし、心配されていた坂のない内回りも克服、
それも外回って楽々差し切り勝ちですから期待も高まるというものです。
次はファンタジーSから阪神JFという牝馬の王道路線を予定。
カレンナホホエミやステラリードやスズカベラミーと、現時点で牝馬戦線の
実力上位と見られている馬がこぞって出走予定ということで、
この相手に対してどんな競馬を見せるかここがひとつ試金石になりそうですね。
距離適性なんかは相手の方が向いていると思いますが、
外回りなら内回りよりはこの馬に向きそうですし、いい走りを見せてもらいたいです。

グレナディーンは騎手も言ってましたが今回は相手が悪かった感じ。
外枠からソツのないレース運びだったとは思いますが、あっさり交わされてしまいました。
まあ、追い不足の新馬戦を勝って中1週で2着なら上出来なのかもしれませんが。
次はファンタジーSを予定とのことでしたが、相手関係や同厩のカレンナホホエミの存在
などなど、諸事情から同じ週の1200の自己条件を目標にするとのこと。
ここを勝てれば阪神JFに出るということなんでしょうね。
本質的にこの距離は合わないと思いますが、今回そこそこのペースで
先行できましたし、全くついていけないということはないでしょう。
何とかここで結果を出して暮れの大一番に向かってもらいたいものです。




今週はデイリー杯にダノンパッションが登場。
来週出走予定のツルピタやアリデイも調教でいい動きを見せてくれましたし、
ここは勢いを次につなげる結果を期待したいですね。


集合時間に遅刻した…orz
新幹線乗り遅れた…(涙)
もう時刻表なんて信用しない(泣)
とりあえず前回更新から一月経ったので更新しておきました。
先着率順に並べなおそうかな~と思ったんですが、
まだまだデータも少ないということで見送りました。

先週から出走が増えてきてますし、次回か次々回には形にできるかな?


わくわくドキドキPOG相性表2009-2010

総合成績表



えー、予告(て言うのかあれは?)通り、明日から旅に出てきます。
旅の目的はですね…えー…何と言いますか…ゴニョゴニョ
いや、別に引っ張ることじゃないんですけどね。
ぢつは私、いまだに自動車の免許を取っていなくてですね…。
って、まだ取ってなかったんかい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

いやー、本免の学科までは受かったんですけどねえ。
教習所に通って仮免まではとんとん拍子で取れたんですが、
その後余裕ぶっこいたわけではないんですが、モンゴルなんか行っちゃって、
帰ってきたら教習期限が足りなくなっているというお間抜け(爆)
仕方ないので試験場で取得に挑戦したんですが、3回とも落ちてしまい、
そうこうしている間に仮免の期限が切れてあぼーんと、まあそんなわけです。

そのままほったらかしになっていたんですが、ちょっと時間が
ぽっかり空きまして、この際だから合宿で取ってしまおうと。
予定が決まったのが最近なので、あまり合宿所を選ぶヒマもなく、
福島なんて当たり障りのない…と言っちゃあ福島に失礼ですが、
母の実家の近くなのでそう思ってしまうのも仕方がない…所に。
ホントは金沢とか中国地方行ってみたかったんですけどねー。
まあ、いまさらウダウダ言っても仕方ないので、適当に楽しんできます。


久しぶりに重賞の予想ぞなも。

今日のメインは毎日王冠と京都大賞典。
さすがに伝統のGⅡだけあって少頭数ながら濃いメンツ。
というか、頭数的にはこれくらいが丁度いいのかも。
どうでもいい馬がわらわら出てこられても困りますし(笑)


毎日王冠

◎ウオッカ
○ナムラクレセント
▲ヤマニンキングリー
△カンパニー

能力、実績とも断然のウオッカ。
久々でもこのメンツなら何とかなるのでは?
落馬でもしない限り飛ぶことはないんじゃないかと。

形だけは昇級戦となるナムラクレセントを対抗。
スマートギアを応援している身としては
永遠のライバル(笑)ということで、頑張ってもらいたい。

そして、安定感光るヤマニンキングリーと、
GⅡなら無条件で買いのカンパニーを抑えで。

スマイルジャックは按上不安で切り。
スプリンターズSでの発言を取り消さない限りは
この乗り役の馬は買わないと固く誓ったので(笑)



京都大賞典

◎ジャガーメイル
○マイネルキッツ
▲スマートギア
△トーホウアラン

そろそろ重賞勝ちがほしいジャガーメイル。
というか「まだ勝ってなかったの?」という感すらある。
戦って来た相手的にもここは絶好のチャンス。

春天はフロックっぽい感じがしましたが、
宝塚でもそれなりにカッコをつけましたし、パワーアップは明らか。
前が止まらない馬場なら粘りこみもあるのでは。

心情的◎(笑)マーベラスサンデーファンの希望の星。
本格化は来年になってからだとは思いますが、
ともかく賞金を稼いで早めにオープンに上がりたいところ。
ここでも能力では劣っていないと思いますので。

そして昨年の覇者トーホウアラン。
一度叩かれて上積みあるでしょうし、ここは当然勝負。
大外枠で少し下げましたが上手く捌ければ。


今週から昇級戦が続きますチョルモン厩舎。
今週はりんどう賞にラナンキュラスとグレナディーンの2頭出し。

まずは血統的にも初戦の内容的にも人気になりそうなラナンキュラス。
新馬戦のタイムは1分21秒5は開幕週の馬場の助けがあったとは言え
かなり早いタイム。逃げ先行馬がテンの3ハロン33.6のハイペースで
引っ張ったせいで前の馬は壊滅状態、展開の助けもあったわけですが、
この馬自身の前半47.1も新馬戦としては決して遅くないペースでした。
特に真ん中の1ハロンは11.1で走って追い上げているわけで、
上がり4ハロンは45.5。相当長い脚を使っていたことが分かります。
今回はオープン戦ということでメンツ的に厳しいレースになりそうですが、
レースの流れとしては新馬戦よりきつい流れにはならないのではないでしょうか。
そうなると初戦の経験が生きてくるんじゃないかなー、と思ったり思わなかったり。
ハイペースならこの馬には願ったりですし、スローならある程度のポジションは
取れるでしょうから、何だかんだでそれなりにカッコつけてくれるんじゃないかな~。


そしてもう1頭、中1週でここに挑むグレナディーン。
出走表明段階ではラナンキュラスの相手筆頭に推されていましたが、
フタを開けて見ると野路菊4着のアマファソン参戦で現在3番人気。
新馬戦はラナンキュラスのような特筆するような内容ではありません
でしたが、好位から抜け出す地味に強いと思わせる勝ちっぷり。
文字通り馬群をこじ開けるような抜け出しは迫力ありました。
折り合いついて距離伸びて良さそうですし、ここも十分圏内でしょう。
今回も3番手あたりで競馬をするでしょうし、後ろから行くラナキュよりはむしろ
チャンスも多いんじゃないかとも。人気的にも馬券はこっちからですかね(笑)


とにかくここは有力馬全てわくドキPOG指名馬ということで、譲れないガチンコ対決。
展開向きそうなコルドバ(藤沢雄二厩舎)、調教抜群で変わり身ありそうな
オーロラナイト(aji-sand厩舎)も怖いですが、やっぱり1番警戒すべきは
アマファソン(ゆうまりん厩舎)ですか。POG的にも対戦成績的にも、
2頭出しのここで首位を走るゆうまりん厩舎を捕まえる&白星を稼ぎたいところ。
ここで好走できるようなら先々楽しみになりますので、頑張ってもらいたいですね。


…嫌な夢を見てしまいました。
りんどう賞でグレナディーンとラナンキュラスが揃って負ける夢(爆)
別にオカルトを信じているわけではありませんが、
やっぱりこういう夢を見るのは精神衛生上よろしくないですね。
しかもインピタのグレナは直線伸びそうで伸びずに6着、
最後方待機したラナQは直線飛んで来るもクビアタマ差の3着と、
なんだかやけに具体性があったのが気になるところ。
例によって1着2着馬は見てなかったので分からないんですが(爆)、
こうなったらアマファソンとコルドバとオーロラナイトを買いまくって
馬券における自分の逆神ぶりを炸裂させるしか…。
やめい!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
とにかく逆夢であることを祈るばかりですね…(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル



さて、先週出走したPO馬、日曜の芝1200の新馬戦に出走した
アーリーデイズが見事勝利、これでチョルモン厩舎は新馬戦6勝となり、
藤沢さんのわくわくドキドキPOG最多記録に並びました。

スタートはまずまずで二の脚速く、周りが気合を入れて前へ行こうと
する中ちょっと気合をつけただけでスーッと上がって行きました。
縦長の展開を前2頭を見る形で3番手追走、折り合いにも問題ない様子。
4コーナーで楽に2番手に並びかけると直線で力強く伸び、
逃げ粘るピエナスカイを残り100mで捕らえて最後は1馬身3/4の差をつけてゴール。
勝ちタイムは1分9秒8(良)。

まあ、前半それほど早くなかったということもあって勝ちタイムは平凡ですが、
好位からあっさり前を交わしたレースぶりはなかなかのものだったかと。
何より上がり34.3と、最後までしっかり脚を伸ばすことができたのは収穫ですね。
スピードの勝ったタイプですし、一本調子の逃げ馬かなーと思ってましたので。
今回のようにきっちり折り合えるなら距離伸びても問題なさそうですし、
これまた上でもそこそこ楽しめそうな馬が出てきたという感じですね。
次走は中2週でかえで賞を予定している模様。デイリー杯、いちょうSには
指名馬が出走するので、上手いことバラけてくれて助かりました。

2週連続新戦力の登場でしたが、ここからは昇級組が続々登場。
りんどう賞(グレナディーン、ラナンキュラス)→デイリー杯(ダノンパッション)→
いちょうS(ツルマルジュピター)→かえで賞(アーリーデイズ)、
そしてもしかしたらファンタジーSにグレナかラナキュが出るかも?
オースミアザレアやグランクロワも順調ですし、wktkが止まらない秋になりそうです。


今週は忙しくてなかなか更新の時間がとれませんねえ(泣)
しかも来週から3週間くらい旅に出るし(遊びじゃないけど)、
その後韓国に飛ばされるかもしれないし(しかも親父同伴)、
さらにさらにそこから内モンゴルに飛ばされる可能性もあっちゃったりして…テヘ。
キモいわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
パソコンが手放せない自分はどうしたらいいの…。
てなわけで、急いで手ごろなノーパソをヤフオクで購入。
手ごろとか言って今使ってるメインのパソよりスペック高いし(笑)
やっぱホテルに篭ってのネット三昧こそ旅の醍醐味ですよね~。
んなわけねーだろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!


というわけで、先週のPOG馬出走結果を簡単に。

まずは土曜の芝1800新馬戦に出走したゴーンハリウッド。
調教内容から期待値は低かったので、タイムオーバーしなきゃいいや
くらいの気持ちで見ていたんですが、6着とまずまずの結果でした。
しかも直線でトップスピードに乗ろうかという時に3着馬が前に
割り込んでくるという、致命的な不利があってのものですからね。
あれがなくても馬券圏内はむりだったかもしれませんが、
とりあえず掲示板に乗っていたのは間違いないでしょう。
まあ、足はあまり速くなさそうですが、追走に苦労するほどでもなく、
距離伸びて2000くらいを重点的に使えばいつか勝ち上がれるのでは?
出走前は夢も希望もない感じだったのですが、メドがついて一安心ですね。
あの調教内容でこれだけ走るとは、血統は嘘をつかないですね~。
キングフラダンスに謝れ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
うん、まあ、あれだ。あれはウオッカとかとは逆ベクトルの突然変異なんだよ(爆)


昨日デビューしたゴーンハリウッドは不利あっての6着と健闘。
いやー、実際もっとヒドイ負け方も覚悟してましたからね~。
あれなら近い内…とは言わずとも、期間内には勝ち上がれるのでは。

さて、懸念がひとつ払拭されたところでさらに新馬を送り込むチョルモン厩舎。
今日の阪神3Rにてアーリーデイズがデビューを迎えます。


指名馬を割とポピュラーな種牡馬で固めている自分ですが、
少しだけ冒険もしたいということで一枠だけ作った外国産馬枠。
とは言え、積極的に指名する気もなかったのでリストの最後に
置いておいて、取るか否かその行方をドラフトに委ねることに。
結果はご存知の通り、aji-sandさんと派手な殴り合いを繰り広げた結果、
もう余裕のよっちゃんでリストの端まで届いてしまいました(笑)

アメリカ産馬と言うとどうしてもダートのイメージが強いですが、
父は芝で活躍した馬ですし、母父もトウショウナイトをはじめ芝の方が走っています。
後々ダートに転向することになるかもしれませんが、
ひとまず芝を使ってみるのは良いことだと思います。
キーンランドエイプリルセールの試走ではハロン10秒フラットを計時、
とりあえずスピードに不足があるということはないでしょう。
このセール出身の馬はほとんどが10月~11月にデビューしますが、
この馬はその中でも最速、極めて順調に来たと言えるのでは。
…と言うか、今年の同セールで日本の馬主に買われた他の3頭を
今調べて来たんですが、3頭とも馬名登録すらされてませんでした(爆)
我ながら運がいいというか何と言うか…。来年は冒険するのやめよっかな(笑)

そんなわけで、アーリーデイズ。結構早い段階でデビュー目標が定められ、
デビューが近づくにつれ調教時計も着実に詰めてきました。
最終追い切りは栗東の坂路で 52.3-39.1-0.0-13.0を記録。
まずまず、初戦から期待できる時計なのではないでしょうか。
ただここは坂路で51秒台を出しているお宝さん指名のダノンカスガという
強敵がいるので勝てるとまでは言い切れない感じ。
あちらはユタカを確保して必勝態勢ですし、人気でも譲ることになりそうです。
しかしサイン馬券的にはこちらが有利なんじゃないですかね。
今話題のオリンピック、ブラジルのリオデジャネイロに決まったわけですが、
何と言ってもこの馬の父はブラジル出身ですから(爆)
馬自身はアメリカ産だろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやいや、あちらの父馬はシンボリクリスエスで馬自身は日本産、
つまりブラジルに負けた日本とアメリカ両方の業を背負ってるわけですよ。
マイナス要素がひとつとふたつならひとつの方が勝つに決まってるじゃないですかd(*^▽^*)
んな無茶な!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
まあ、実際勝機はあると思いますので、頑張ってもらいたいです。


GⅠシーズンに入って有力2歳馬の動きも活発になってきましたね。
今月から来月にかけてその一挙一動に泣き笑いする日が続きそうです(笑)

そんな世間の動きとは関係なしにマイペースでデビュー馬を送りこむチョルモン厩舎。
今週は2頭がデビューでこれで指名15頭中11頭のデビューとなります。
まずは1頭目、土曜阪神4Rにゴーンハリウッドが登場であります。

とまあ、勢い込んで書き始めたものの、特に書けるようなこともなし…。
今週の最終追い切りまで都合66本の登坂という、故戸山師もまっつぁおの
調教をこなしてきていますが、こなせどこなせどタイムは縮まらず…。
最終的にも54.0秒の壁を破れず一度も併走馬に先着できないまま…。
正直レース前の感触としては最悪、どう頑張っても期待値は上がってきませんねえ。
馬場がちょっと渋っているようなのでその辺がスピードと瞬発力がなさそうな
この馬に有利に働くことを願うくらいでしかポジることができません(笑)
そういえば去年のトゥリオンファーレも似たような調教時計だったので
(´Д⊂ ダメポと思ってましたが、一応勝ちあがってくれましたからね。
コース追いでの動きは見ていませんし、坂路が苦手なだけであることを祈るばかりです。

それにしても、何でこういう時に限って対戦があるんでしょうねえ…。
グレナディーンやラナンキュラスの新馬戦では誰とも当たらなかったというのに、
なぜに走らなそうな馬が出走する時に限って、しかも有力馬…(泣)
指名馬の成績的には去年よりいい感じですが、こと対戦に関しては去年より
遥かに悪いですねえ。とにかくめぐり合わせの悪さを感じずにはいられません。


気がつけばもう週末…って、毎回そればっか(笑)
何はともあれ先週のPO馬の出走回顧。

先週は日曜の阪神でグレナディーンがデビュー。
3番手に控えて直線抜け出す見事な競馬で新馬戦勝利。
チョルモン厩舎は新馬戦5勝目でわくドキPOGタイ記録に王手をかけました!

スタートはポンと出て、行き脚もついてハナに立つ勢い。
しかし外から上がって行く馬がいたのでこれを行かせて控えさせ道中は3番手。
淡々とレースは流れて直線へ向き、なかなかの手ごたえで先頭を窺う勢い。
一瞬前が壁になりそうになるが、進路を外に変えて外にいた馬を弾き飛ばし(笑)、
先頭に立つとそのまま押し切り態勢。外から詰め寄って来る馬もいたが
交わすほどの脚色はなく、余裕を持ってこれを抑えきって1着でゴール。
勝ち時計は1分9秒5(良)。

レース内容が地味だったのでラナンキュラスのように語ることがない(笑)
まあ、それでも地味は地味なりで地味に強いレース内容だったかと。
地味地味言い過ぎじゃ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
自分の指名馬では…そうですね、テーオーストームのイメージですかね。
大化けする気配はありませんが、どのレースでもそれなりに走りそうな、
地味なポイントゲッターになってくれそうな馬だと思います。
次走は中1週でりんどう賞。コルドバやラナンキュラスと対決ですね。
同厩のアディアフォーンと同じ路線に入りそうでちょっと心配ですが(笑)、
元々早い追い切り2本だけでのデビューでしたし、余力はあるということでしょうか。
もしそうなら1回使っての上積みも見込めるのかも?
抑えても折り合いはついていましたし、距離延長も歓迎でしょう。
京都開幕週で前も止まりませんし、今回のような競馬ができれば…。



世のドラファンにはおせーよ!と言われそうですが…。
立浪が昨日引退を正式に表明、本拠地最終戦が行われた
ナゴドでは試合後盛大に引退セレモニーが催されました。
立浪は3安打を放ち、最後はタイムリーツーベース。
打った打席は全部ストレートしか投げて来てなかったので邪推するなら
相手が華を持たせてくれたのかも…なんて考えもありますが、
まあ、そんなこと関係なしにみごとなバッティングでした。
PLのOBも清原、桑田、片岡、橋本、そして中村元監督と揃い踏み。
片岡は神宮で解説の仕事があったらしいですがキャンセルしたのかな?
野村や宮本がいなかったのが残念ですが、彼らも仕事がありますしね(笑)
つーか清原、何だアレ。どこの893さんかと思いましたよ(爆)
演出も凝っていましたし、さすがミスタードラゴンズと言われるだけあって
球団も相当配慮しましたね。今シーズン最多観客数を記録したそうですし、
チケットが手に入らず枕を涙で濡らしたドラファンもたくさんいそう。
この時ばかりはレフトの巨人ファン自重wチケ譲れよwとか思っちゃいました(爆)
この試合はCBCが立浪がタイムリーツーベースを打った最終打席の、
まさにインパクトする瞬間に放送を打ち切るという神業を見せてくれましたし、
TBSも試合後立浪のスピーチの直前に打ち切るという、
家で見ている人にとっては色んな意味で泣ける試合でしたからねえ…。
なおさら現地の人が羨ましくなりますよね。
昨日だけで相当数のドラファンがTBSとCBCのアンチになったのではないかと。
そして井上の扱いとのあまりの差にちょっと泣いた(笑)

それにしても、何かあまりにキレイに終わっちゃったんで、
この後ビジターでの試合が何試合かあるのがちょっと心配。
あれだけ感動を演出しておいて実はまだ出ますとか(笑)
CS出るのは構わないと思うけど、レギュラーシーズンは…(-ω-;)ウーン


ところで、名古屋とは縁も所縁もない生粋のドラファンな私ですが、
実はチームの中で特に好きになった選手って立浪しかいないんですよね。
例えば、自分の中でのドラ最高のエースは今でも今中なんですが、
それは純粋に投手として今中が凄いと思っているからで、今中が好きだからではない。
いや、もちろん今中は好きですが、それは井端と坂本どちらが好きかと
聞かれたら当然井端が好きだと答える、そういうレベルの話なわけです。

そんなわけで、自分の中では立浪は唯一と言っていい別格の存在。
物心ついてドラを応援し始めた時から今まで常に一線にいた唯ニの選手ですしね。
10年以上試合があった日はとりあえず立浪の成績だけはチェックしてましたし、
ヒット3本も打っていればチームが負けてても安らかに眠れました(笑)
ここ数年は特に代打での出場でしたから、試合に出ないことも多かったですし、
たまにタイムリーやホームランを打った時はとにかく嬉しくて…。
それだけに、昨年末に今年限りの引退が発表されましたが、今年の活躍なら
引退撤回もあるんじゃないかな~と、淡い希望を抱いていたんですけどねえ。
もちろん、あの発言には本音もあったんでしょうが、本人の意図しないところで
周りが勝手に盛り上がって引退が規定路線になってしまった感じなのが残念でした。
まあ、ボロボロになって晩節を汚して引退する人が多い中、これだけ惜しまれながら
引退するのは理想的ですし、昨年を考えれば最高の引き際なのかもしれませんが。

何にしても、22年間おつかれさまでした。いずれは監督として戻って来るんでしょう。
選手立浪には寛大だった名古屋のファンも監督には容赦ないですからね(笑)
勝負の世界なので結果が出なければ批判されるのは当然とはいえ、
やっぱり好きだった選手が監督になって批判の的になるは見たくないです。
願わくば、今後の野球人生にも幸多からんことを。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。