FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 10月 に掲載した記事を表示しています。
昨日デビューしたゴーンハリウッドは不利あっての6着と健闘。
いやー、実際もっとヒドイ負け方も覚悟してましたからね~。
あれなら近い内…とは言わずとも、期間内には勝ち上がれるのでは。

さて、懸念がひとつ払拭されたところでさらに新馬を送り込むチョルモン厩舎。
今日の阪神3Rにてアーリーデイズがデビューを迎えます。


指名馬を割とポピュラーな種牡馬で固めている自分ですが、
少しだけ冒険もしたいということで一枠だけ作った外国産馬枠。
とは言え、積極的に指名する気もなかったのでリストの最後に
置いておいて、取るか否かその行方をドラフトに委ねることに。
結果はご存知の通り、aji-sandさんと派手な殴り合いを繰り広げた結果、
もう余裕のよっちゃんでリストの端まで届いてしまいました(笑)

アメリカ産馬と言うとどうしてもダートのイメージが強いですが、
父は芝で活躍した馬ですし、母父もトウショウナイトをはじめ芝の方が走っています。
後々ダートに転向することになるかもしれませんが、
ひとまず芝を使ってみるのは良いことだと思います。
キーンランドエイプリルセールの試走ではハロン10秒フラットを計時、
とりあえずスピードに不足があるということはないでしょう。
このセール出身の馬はほとんどが10月~11月にデビューしますが、
この馬はその中でも最速、極めて順調に来たと言えるのでは。
…と言うか、今年の同セールで日本の馬主に買われた他の3頭を
今調べて来たんですが、3頭とも馬名登録すらされてませんでした(爆)
我ながら運がいいというか何と言うか…。来年は冒険するのやめよっかな(笑)

そんなわけで、アーリーデイズ。結構早い段階でデビュー目標が定められ、
デビューが近づくにつれ調教時計も着実に詰めてきました。
最終追い切りは栗東の坂路で 52.3-39.1-0.0-13.0を記録。
まずまず、初戦から期待できる時計なのではないでしょうか。
ただここは坂路で51秒台を出しているお宝さん指名のダノンカスガという
強敵がいるので勝てるとまでは言い切れない感じ。
あちらはユタカを確保して必勝態勢ですし、人気でも譲ることになりそうです。
しかしサイン馬券的にはこちらが有利なんじゃないですかね。
今話題のオリンピック、ブラジルのリオデジャネイロに決まったわけですが、
何と言ってもこの馬の父はブラジル出身ですから(爆)
馬自身はアメリカ産だろ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやいや、あちらの父馬はシンボリクリスエスで馬自身は日本産、
つまりブラジルに負けた日本とアメリカ両方の業を背負ってるわけですよ。
マイナス要素がひとつとふたつならひとつの方が勝つに決まってるじゃないですかd(*^▽^*)
んな無茶な!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
まあ、実際勝機はあると思いますので、頑張ってもらいたいです。


スポンサーサイト