FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 10月 に掲載した記事を表示しています。
さて、先週まで指名馬が3週連続勝利と好調のチョルモン厩舎。
今週、そして来週とOP戦が続くので勢いを持続させたいところですね。
首位を走っていたゆうまりん厩舎にようやく追いついたとは言え、
まだまだ差はわずか、その差を少しでも開いておきたいところです。


というわけで、今週のPOG指名出走馬。
ダノンパッションがデイリー杯2歳Sに出走します。
前走札幌2歳Sでは1番人気に支持されるも4着敗退。
外枠だったせいで外々回らされたというのはあるかもしれませんが、
悪い言い方をするなら、思ったより強くなかったと思うような負け方。
特にジョッキーの感覚ではあの競馬で勝てなかった、
あるいは前を捕まえられなかったのはともかく、
後ろから来た馬にまで差されるとは思っていなかったのでは。
まあその辺はパドックで気性の若いところを見せていたとか、
レース間隔が2ヶ月以上空いてしかも輸送があったとか、
必ずしも実力だけが敗因ではないのかもしれませんが。

今回はまた1ヶ月ちょっと間隔が空きましたが、
前走後も間断なく乗り込んでいましたし、前走よりはいい状態なのでは。
最終追い切りでもCWで6ハロン78.9-64.4-51.6-39.1-12.6を馬なりでマーク。
軽めの仕上げだったようですが自己ベストを更新ということで、
とりあえず態勢は整ったと見て良いのではないでしょうか。
不安点としてはやはり当日の落ち着き、気性がどれくらい成長しているか。
それと遅いレースばかりだったので早い時計勝負についていけるかですね。

僚馬リルダヴァルの戦線離脱で前走と比べても重賞としてはかなり薄い面子、
他で有力視されるのはリディル、ダイワバーバリアン、そしてフローライゼ。
あとはアグネスティンクルやエイシンアポロンがそこそこ人気になりそうな感じ。
前走時の期待度で言えばこのメンバーならあっさり勝ってもらいたいところですが、
不安点も多い今回は成長しているところを見せてもらいたいというのが先ですね。
ダービーはともかく、皐月ならうまく成長すれば勝負になると思うので。
その結果去年のシェーンヴァルトに続いて指名馬での連覇となればと思います。



スポンサーサイト