FC2ブログ
 
ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 10月 に掲載した記事を表示しています。
どうも、無事卒業試験に合格して地元に戻って翌日受けに行った
学科試験も 一発で受かりめでたく免許を取得したチョルモンです。

別に合格したから言うわけではないですが、卒業試験のヌルさに吹いた(笑)
試験場の技能試験と走る距離はそんなに変わらないんでしょうけど、
難易度が天と地ほど差がありました。とりあえず信号通りに走ってれば
まず落ちることはなかんべ、っていう…ぶっちゃけ仮免試験の方が難しいような(爆)

そんなわけで、無事教習所を卒業、その日の夕方には地元に戻り、
翌日(つまり昨日)学科試験を受けに試験場の方に行ってきました。
まあ、学科のほうは一度受かってますし、それほど心配してませんでしたが
特に問題なくあっさり通過、晴れて親父専属運転手の座を獲得してしまいました(涙)
これまで親父の送迎を一手に引き受けていた姉は負担が減ると喜んでいますが…。
そりゃ免許取得は素直に嬉しいですが、これでさらなる負担を被るのは…(-ω-;)ウーン



さて、時間がなくて先週のPO馬の回顧もやっていませんが、
いつか簡単にやるとしてとりあえず今週のPOG出走馬。

いよいよ牡馬では1番の期待馬グランクロワが初陣を迎えるであります。
早くから入厩してゲート試験を合格。尾花栗毛のド派手なルックスもさることながら、
乗り手を手こずらせる気性難、本番ではシャドーロールを着用ということで、
何かと話題が尽きない本馬ですが、最終追い切りは栗東のやや重のCWで
藤田騎手騎乗で 82.4-66.4-52.5-39.0-12.6 ⑧一杯 と水準以上の動きを披露。
少々話題先行の気がありますが、走りの方もまずまず期待できるのではないでしょうか。
ただ、この時期のこの距離の新馬戦ということでここはさすがに評判馬が揃った一戦。
ジャポニズム、アドマイヤプリンスとトップクラスの人気の2頭を始め他も侮れないメンツ。
ここに割って入るにはまだちょっと足りないかな~と思いつつ、パドックで暴れたり
しなければもしかしたらもしかするんじゃないかと淡い期待を抱いております。
牡馬勢が手薄なチョルモン厩舎にとってはこの馬は最後の砦みたいなものですし、
何とか期待が持てる走りを見せてくれたらと思います。



もう1頭、久々3ヶ月ぶりのサダムシンプウが本日3Rに登場。
今度こそ距離を伸ばすと思ったらまたもや1200ということで、どうも狙いが掴めませんが、
出てくるからには応援するのみであります。前走の負け方があまりに不可解ですし、
久々でここは大きな期待をかけるわけにはいきませんが、勝ち負けはともかく
走れる状態に戻ったことをアピールする走りは見せてもらいたいところ。
あとは軽い芝に適性があれば結果は自ずとついてくるんじゃないかな。


スポンサーサイト