ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2009年 11月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どーも、インフルエンザで床に伏せっている間にポケモソに
ハマって金リメイクのHGを買ってしまったチョルモンです(爆)
って今さらかよ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
いやー、何と言いますか、ポケモンって子供向きだと思われてるじゃないですか。
実際自分もそう思ってましたし、アニメとかは見る気もしませんからね。
ただ、ゲームに関しては高校生~大人向けでガチだと思います。
いやエンディングまでは子供向け、それ以降は大人向け、ですかね。
まあ、初代から3代目(ルビサファエメ)までは何もかも小学生向けだったと思いますが、
4代目(ダイパプラ)になってポケモンの種類もかなり増えた上、戦闘仕様の変更、
さらに技の種類が増えたことにより、戦闘自体を楽しめるゲームになったんですね。
種族値、固体値、努力値のシステムとそれによる固体選別、技の組み合わせ、
あとは相手を見ながらの読み合い、子供にはついて行けない世界です(笑)
自分がダイパをクリアしたのが3年以上前で、その時はやり込まないまま
放置してしまったので、気付かなかった楽しみに気付いてしまったって感じですね。

そういや昔遊戯王カードでも同じようなことを経験してましたっけ。
自分が中学生の頃は巷では遊戯王が大ブームでしたから、自分も御多分に漏れず
カード集めに精を出していたんですが、3期か4期くらいまでは楽しかったのが
新しいシリーズが出るにつれて戦略が複雑化してついていけなくなったんですね。
友達の中にはいまだに大会に出てるくらいヘビーなプレイヤーもいますが、
自分は高校生になってしばらくしてまったく対戦をやらなくなりました。
カードの方はちょこちょこ買っていましたが、コレクション専門って感じでしたね。
これも今やればまた楽しめるのかなとも思いますが、始めるための先立つものも
ネットワークも時間もありませんので(笑)その点ポケモソはリーズナブルですね(爆)
余談ですが、遊戯王は辞める時に9割方手放したんですが、21万円以上で売れました。
熱が醒めた時って急に第三者的な視点になると言いますか、
自分で売りに出しといて、こんなものに20万も出すなんて…なんて、
それまでのお前はどうなんだよ的なことを思ってしまったり(笑)
まあ、遊戯王は二度と始めないとは思いますが、初期の頃のデッキだけは
思い出として取っといてます。でも禁止カードだらけで対戦じゃ使えないんですよね(笑)
その辺、やっぱり当時はまだ種類が少なくて、ただの殴り合いだったんだなと思いますね。


というわけで、オンラインに潜る前にバトルタワーで勘を取り戻しています。
まだ主力をエメラルドから送り込んでいないので、かなり適当なメンバー構成。
ラプとキッスとケンタで突っ込んで、22戦目でロトムに3タテされました(笑)
つーか、スカーフとかイバンとか先制技とか、意表つかれまくりで焦りますね。
その辺の駆け引きが楽しくて始めたのでのぞむところではありますが。
とりあえず100連勝達成できたらオンライン行ってみますかねー。
キャスパーさんオンライン環境あるんでしたら対戦しませんか?(笑)



ジャパンカップ

◎リーチザクラウン
○コンデュイット
▲スクリーンヒーロー
△レッドディザイア
×マーシュサイド


今年のJCは有力外国馬の参戦もあり、いい意味で混戦ですね。
毎年せめてこれくらいのメンバーは揃ってもらいたいところです。

買い方としては完全にウオッカルメールに喧嘩を売る形(笑)
感情的な部分もありますが、力的にも秋のウオッカは落ち目なんじゃないかと。

あと有力所では、オウケンブルースリをバッサリ切ってみました。
ウオッカの守備範囲だったとは言え、あれだけ離されるのはいただけませんね。
状態は上向きでも、2頭の間には越えられない壁があるのではないかと。

穴的にはマーシュサイドが面白そうだと思いますが、いかがでしょう?
人気もないですし、ワイド馬券をこっそり買っておこうと思います(笑)


スポンサーサイト
一回書いたのが消えてしもた…orz
もっかい書く元気もないので簡略化しちゃいます。


ダノンパッション

黄菊賞は後方追走からあっさり抜け出し3馬身差の圧勝。
次走はスミヨンJで朝日杯。徐々に内容が良くなってるだけに楽しみ。


グランクロワ

初戦馬っけ出して6着も、2戦目で巻き返して勝ちあがり。
ゴール前差し返した勝負根性はなかなか、放牧に出たので復帰は年明けか。


ラナンキュラス

1番人気のファンタジーSは掲示板止まり。
馬群の外を走らせるほうがいいのかも?次走阪神JFでの巻き返し期待。


アドマイヤジャガー

長らく放牧に出てましたが、帰厩の報が入り一安心。
阪神開催中に1回くらい走るのではないかと。


ツルマルジュピター

京王杯2歳Sは脅威の二枚腰で3着に食い込みました。
次は堅実に500万下戦で勝ち上がりを狙うとのこと。14日が有力。


シンメイフジ

阪神JFを目指して順調に調整中。追い切りでも好タイムを連発しています。
今週の追い切りでも栗東坂路で52.1-37.6-24.6-12.1を計時。レースが楽しみ。


オースミアザレア

初戦は気性の幼さを出してまさかのブービー。
今週のマイル戦に出走。メンバーが揃ってますし厳しいとは思いますが、
逃げるか追い込むか極端な競馬をさせるとのことで巻き返しに期待。


ゴーンハリウッド

グランクロワが勝ち上がった未勝利戦で7着。
何だか3歩進んで2歩下がった感じ(笑)放牧に出たので次は来年か。


ヴィクトリーマーチ

デビューできるか心配でしたが、ノドも良くなったということで入厩。
ゲート試験も合格し、一旦放牧に出してデビューに備えるとのこと。


ポケットキャンディ

叩き2走目で前進を期待するも10着に沈んでしまいました。
放牧に出ましたがこれ以上上積みは…。地方に行っちゃわないか心配。


サダムシンプウ

陣営の飽くなき1200戦へのこだわりは何なのかと…。
次はさすがにダートか距離延長かしてくると思いますが(-ω-;)ウーン


ロードオブザリング

牧場で入念に乗り込んでようやく帰ってきました。
成長していればそこそこやれると思いますので、楽しみ。


アーリーデイズ

現在放牧中ですが、次走つわぶき賞に出走予定とのこと。
ということは近日中に戻ってくるのではないでしょうか。


ダイワファルコン

今日の東京6R後藤騎手でデビュー。
軽めの調教が多く、目立った時計も出していませんが、
その辺は血の力がカバーしてくれるんじゃないかと(笑)
指名馬唯一の関東馬(ポケキャン除外)ということで、
逆に言えば東西関係なく取りたかった馬なので。勝ち上がり期待。


グレナディーン

ファンタジーSはラナンキュラスには先着するも3着。
堅実に走ってはいるのですが、猛烈にエイシンタイガーの匂いがします(笑)
阪神JF目標、除外されたら同週の平場戦へ。ツルピタと重なりませんように。


どうも、生まれて初めてインフルエンザにかかりグロッキーなチョルモンです。
(-ω-;)ウーン熱にはそれなりに強い方だと思っていたんですけどねえ。
39度くらいまでは動けたんですが、さすがに40度を超えるときつくなってきますね(笑)

というわけで、仕方がないので積みゲーや積みアニメを崩してます(笑)
寝てろっつーの!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
噂のエンドレスエイトとやらも見てみました。…うん、こりゃ叩かれても仕方ないわ(笑)
まとめて見る分にはまだマシですが、さすがに5週くらいでダレてきますし、
これを毎週楽しみに、しかも夜中に眠いの我慢して見てたらキレるかもしれませんね。
つーか、3期に向けて話をストックしてるのが見え見えでちょっと萎えますなあ。
原作者がさっさと新作を出してくれればそんな問題も起きなかったのかもしれませんが。



あと、相性表更新しておきました↓

わくわくドキドキPOG相性2009-2010

総合成績表



今回からデータも集まったので先着率等々表に反映させています。

傾向としては、昨年度と比べるととにかく団子状態というイメージですね。
まあ、まだ対戦数が少ないチームが多いというのもありますが、
今のところ昨年のSさんやTさんのよう〝やられ役〟(失礼)がいません。
まだまだどのチームも巻き返し、あるいは滑り落ちる可能性はあるでしょうね。

ただ、やはり別格なのがaji-sandさんで、昨年度と同じくらいの率を誇っています。
OPでも未勝利戦でも出てくる馬全てが好走しているイメージがありますが、
対戦成績を見るとそれもあながち間違いではないのかもしれませんね。
メンツを見ると今後も数字をキープしていく可能性はかなり高そうで、
先着率に関してはすでに焦点は2着争いに絞られちゃったかもしれません(笑)

で、目につくのがお二人の間でも話題になっていましたが、藤沢さんと
熟をさんの対戦回数。すでに12回と異例の超ハイペースで回数を積み重ねています。
今までの最多が07-08年度のぶぅさん対藤沢さん、昨年度のチョルモン対花道さん
のそれぞれ13回ですから、記録更新はまず間違いなく、どこまで行くかが焦点になりそう。


個人的にはまずまずの数字はキープしているもののとにかくリズムが悪い印象。
先着数もラナキュとグレナが2レースで半分稼いでいるような状態ですからねえ。
未勝利戦で黒星が多いですし、このまま5割あたりをうろうろしそうな悪寒。
あとあるとしたら最多対戦ですかね。対戦数だけは多いだけにこのペースでいけば。


今週はPOG指名馬の出走もないし、マイルCSのメンツは
人馬ともショボいし、なかなかテンション上がりませんなー。
とりあえず激烈応援馬のヒカルオオゾラの馬券は買いますが(-ω-;)ウーン


◎ヒカルオオゾラ
○キャプテントゥーレ
▲カンパニー
△ストロングガルーダ
△ザレマ


こんなにワクワクしないGⅠも久しぶりですね~(爆)
どもども、一週間ぶりですおはこんばんちは。
いやー参りました。特に忙しかったわけではないのですが、
パソコンのモニタがポックリお亡くなりになってしまいまして(笑)
自分、腰が悪いもので寝ころがったままパソコンが使えるようにしてるのですが、
寝ようと思って枕を置くためにキーボードをモニタの横にやろうとして、
ちょっと、ホントにちょっとコツンとぶつけてしまい…チーン(涙)
競馬も含めて自分の趣味の99%はパソコンでできてますので…。



東京スポーツ杯2歳S

◎アーバンウィナー
○ニシノメイゲツ
▲モズ
△サンディエゴシチー
△トーセンファントム
×レッドスパークル

いやー、ホントに楽しみなメンバーが揃いましたね。
揃いすぎて他にも気になる馬がいたのに印が回りませんでした。

いずれ劣らぬ好素質馬たちですが、今回は人気を下げて
一発ありそうなアーバンウィナーから入ってみようと思います。
マークも緩くなるでしょうし、自分の競馬をすれば上位に来るのでは。

以下、中山での勝ちっぷりが良かったニシノメイゲツ。
ハイペースにならなければ前残り馬場で逃げねばりそうなモズ。
安定感ではサンディエゴシチーと乗り替わりがどうかトーセンファントム。
最後に人気薄から一発狙えそうな馬としてレッドスパークルを。



福島記念

◎マンハッタンスカイ
○レッツゴーキリシマ
▲リクエストソング
△サクラオリオン




ブエナから買っても面白くないので…

◎シャラナヤ
○ムードインディゴ
▲ブエナビスタ
△ミクロコスモス
△リトルアマポーラ


というわけで、不確定要素満載の外国馬シャラナヤから。
ムードインディゴは前走ハマりすぎは確かにしても人気なさ杉では?
当然抑えておかなければならないブエナビスタ。
そろそろユタカマジック(死語)が見たいなあとミクロコスモス。
とりあえず古馬の大将格としてリトルアマポーラ。

ブロードストリートは外回りは合わないんじゃないかな。
あとカワカミプリンセスは引退時を完全に逃しちゃったよね…。


今日は朝イチで朝市に行ってきました。
寒いわ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!
4時起きして親父を乗っけて朝市会場の港まで運転。
自分も寝ぼけてましたけど前走ってた人はありゃ寝てましたね(笑)
見通しのいい交差点で青信号でいきなり止まった時はマジでびびりました。


さて、昨日の出走ラッシュは微妙な結果が多かったですが…まあ、
ツルピタが復活してくれましたし、グラクロも勝ち上がってくれましたので、
コハルのショックからも何とか立ち直ることができました(笑)
贅沢を言えばツルピタは2着が良かったですが…うん、贅沢ですね。
というわけで、今週の6頭出し、昨日5頭出走したので
日曜日の今日は1頭のみ、ダノンパッションが黄菊賞に出走します。

前走デイリー杯2歳Sでは2番人気に推されるも痛恨の大出遅れ。
レース中は内々で上手く立ち回りましたが、1馬身差の3着が精一杯。
3馬身差もの出遅れがなければ…と、悔いが残る結果となりました。
次走どこを選択するか注目されましたが、重賞路線から方向転換、
自己条件で堅実に勝ち上がりを狙うことになりました。
デイリー杯もメンバーが薄い印象でしたが、ここはさらに軽くなったメンツ、
前走負かした馬が重賞勝ちに500万突破、さらに2着だった馬が
昨日の京王杯2歳Sを楽勝ということで、思ったよりは
レベルが高かったようで、ここは何が何でも落とせない一戦であります。
ただ、これまで手綱を取ってきた武豊が京都にいるにも関わらず乗り替わり、
スミヨンなら特に問題はないのですが、豊が何を思ってこのジャッジを下したのか、
あんまり深読みするのもアレですが、いささか気になるところであります。
馬も何だか勝ちきれないタイプっぽいですし、印ほど信頼感はないかと。
それでもこのメンツに少頭数、普通に走ればまず負けないとは思います。
間隔を空けて使っていますから状態は悪くないと思いますし、
今後のためにもここは内容よりも結果を求めてもらいたいですね。


ちょっと今週は忙しく、なかなか更新できませんでした。
先週の結果もまだ振り返ってませんが、まあそれはさておき。
あ、別にラナンキュラスが負けてショックで寝込んでたとかじゃありませんから(笑)

というわけで、今週のチョルモン厩舎は出走ラッシュ。
京王杯2歳Sにツルマルジュピター、黄菊賞にダノンパッション、
その他新馬戦と未勝利戦に4頭、占めて6頭の出走であります。


まず土曜日から。

京王杯2歳Sにツルマルジュピターが登場。
2番人気に推されたいちょうSではハナを切って失速の12着惨敗。
評価急落も致し方ないところですが、久々と急に増えた馬体重、
そして折り合いを欠いたことを考えれば一変する可能性もなきにしもあらず…。
過剰な期待はかけられませんが、上手くすれば掲示板くらいはあるのでは。

京都の2Rにはサダムシンプウが登場。
またしても芝1200を使うということで、さすがにちょっとこの采配は…どうなんでしょ。
この道のプロの目からどう見えてこの距離に拘っているのかは分かりませんが、
血統に従ってダメ元で距離伸ばしてみるとかしてもいいと思うんですけどねえ。
前走は久々で掲示板確保、1頭強そうなのがいますが、もしかしたら…。

続いて京都の3R、グランクロワとゴーンハリウッドの2頭出し。
新馬戦は5本目の脚が発動してしまったせいか、それとも距離か、
いずれにしてもあまりよろしくない内容だったグランクロワ。
マイルを使うという声も聞こえていましたが、結局1800m戦に中1週で出てきました。
リディルのような、あそこまでの変わり身があるとは思いませんが、
力を出し切れなかったのも事実だと思うので、2戦目で改めて。
幸いこのレースは牝馬の出走が1頭だけのようですし(笑)
もう1頭ゴーンハリウッドは前走未勝利戦で3着巻き返しに成功。
調教駆けしない馬で、今週もDPで平凡な時計を出していますが(笑)、
とりあえず前走分走れば上位争いできるのではないでしょうか。
ここは割とメンバーが揃っていますが、どちらも頑張ってもらいたいですね。

そして京都5R、チョルモン厩舎心情的ドラ2、オースミアザレアがついにデビュー。
来週の牝馬限定戦に出るかなと思っていたのですが、混合のマイル戦に出てきました。
どうやら騎手の都合に合わせたらしく、按上が母の手綱を取った川島騎手と
聞いた時には???でしたが、いざ蓋を開けて見れば武豊。…ですよねー(笑)
騎手の都合に合わせて使わせるなんて芸当、できる騎手は相当限られてますからねえ。
混合マイル戦だけあってメンバーは揃っていますが、良い走りを期待したいですね。



というわけで、今日出走する5頭でした。
今週もポイントを獲得できればなんと8週連続出走&ポイント獲得。
連続出走の記録はもっと長いのありそうですが、ポイントの方はないんじゃないですかね。
ないと思います。ないでしょう。というわけで、勝手に新記録を名乗らせてもらいます(マテ
そういえばオースミアザレアにはウチの新馬戦シーズン7勝目がかかってましたっけ。
こちらは相当厳しいと思いますが、滅多にできない記録ですし更新できれば。


昨日出走したポケットキャンディはあえなく馬群に沈みましたが、本番はコチラ。
りんどう賞でワンツーを飾った2頭が揃ってファンタジーSに出走します。

まずは現在抜けた人気になっているラナンキュラス。
展開に恵まれた感もあった初戦でしたが、人気を背負った2戦目は
自分から動いて勝ちに行くなど、レース内容に進歩が窺えました。
血統は今さら語るまでもなく、時計面での裏づけも十分。
あとはこの一族の課題である馬体重には気をつけたいですね。
出遅れ癖、超前残りの馬場、多頭数の内枠など不安材料も多いですが、
外回りコースに変わりますし、末脚が全くの不発に終わることは考えづらいかと。
道中真ん中あたりのポジションが取れればチャンスは大きいのでは。
今日ここまで騎乗機会2戦2勝の按上も心強い限りで、
阪神JF、そして来年のクラシックに向けて何とか賞金を加算したいところです。


そしてもう一頭、りんどう賞ではラナンキュラスの後塵を拝したグレナディーン。
当初は昨日の自己条件に出走する予定でしたが、追い切りでの動きが
良かったようで、急遽カレンナホホエミから武豊を〝強奪〟する形で参戦。
初戦から地味地味言っていますが、前走もまた地味ながらよい競馬。
むしろ勝ったラナンキュラスより上手く立ち回っていたと思えるくらいでした。
まあ、現時点でラナンキュラスの方が能力的には上だと思いますが、
前走も途中で後ろから他馬にぶつけられるなどしたそうで、
スムーズでこの前残りの馬場なら一発あっても不思議はないかと。
スケールの大きさは感じませんが、どこに出ても地味に好走しそうで、
頭までは厳しいとは思いますが、何とか賞金を加算してJFへ向かってほしいですね。



というわけで、ファンタジーSと激烈応援馬スマートギア出走のアル共の予想。


ファンタジーS

◎ラナンキュラス
○グレナディーン
▲ベストクルーズ
△ユメノキラメキ



アルゼンチン共和国杯

◎スマートギア
○サンライズマックス
▲トウショウウェイヴ
△ダンスアジョイ


というわけで、今年度のリストを後出しにならないうちに晒してみます。
すでに十分後出しだ!という突っ込みは却下であります(笑)

一応今回の指名方針について書きますと、まず思い入れ指名は排除。
早めデビューを意識して、速攻型5頭、夏デビュー3頭、秋デビュー7頭をイメージ。
あまりにベタな良血評判馬は即回避(笑)例:シャガール トゥザグローリーなど
これは特に意味があるわけではありません。単に自分の性格の問題なので(笑)
種牡馬はSS系を中心に、スペシャル≧タキオン>フジキセキ>その他
外国産馬を1頭以上指名する(必ず獲ることを課しているわけではない)
なるべく牡馬優先も、牝馬も最低5頭以上は獲得できるようにする。
言うまでもなく関東より関西重視。馬房のやりくりが大変そうな人気厩舎は回避。


で、まずこれが最終的に提出したリスト。打消し線は競合により獲得ならず。

1位 ダノンパッション   アグネスタキオン×スターズインハーアイズ
2位 グランクロワ     スペシャルウィーク×マルバイユ
3位 ラナンキュラス    スペシャルウィーク×ファレノプシス
4位 セイクリッドセブン  フジキセキ×グレースランド
5位 アドマイヤジャガー  ネオユニヴァース×レジェンドトレイル
6位 ツルマルジュピター  マンハッタンカフェ×オマイタ
7位 シンメイフジ      フジキセキ×レディミューズ
8位 スクーデリアピサ  クロフネ×フサイチエアデール 
9位 ルクールダンジェ  アグネスタキオン×パーフェクトワールド
10位 コルドバ       シンボリクリスエス×マックスキャンドゥ
11位 オースミアザレア  スペシャルウィーク×オースミハルカ
12位 シャルルヴォア   スペシャルウィーク×フリーヴァケイション
13位 ゴーンハリウッド  ジャングルポケット×ハリウッドレビュー
14位 ヴィクトリーマーチ  アグネスタキオン×ヴィクトリークライ
15位 ポケットキャンディ  ジャングルポケット×サザンフェアリー
16位 サダムシンプウ   ネオユニヴァース×ウメノダンサー
17位 ブレイクチャンス   ファルブラヴ×コートアウト
18位 ロードオブザリング  ホワイトマズル×レディフューチャー
19位 ヤマカツハクリュウ  クロフネ×ヤマカツリリー
20位 アーリーデイズ    Leroidesanimaux×Java Drums


獲得できなかった馬も既出走馬はスクピサ以外はポイント獲得してますし、
指名としてはまずまずいいところをつくことができたのではないかと。

7頭競合で消えた結果、リストでは15頭に足りずに以下の2頭を追加指名。

追加1 ダイワファルコン  ジャングルポケット×ダイワルージュ
追加2 グレナディーン   スペシャルウィーク×タックスヘイブン

ダイワファルコンはよっぽど指名しようかとも思った馬でしたが、
上位に入れるところがなく、下位では絶対取れないと思い泣く泣く切った馬。

他に追加候補に挙げたのが以下の数頭。

リルダヴァル      アグネスタキオン×ヴェイルオブアヴァロン
ラフェクレール     スペシャルウィーク×アドマイヤマカディ
エクセルサス      スペシャルウィーク×ラタフィア
アギュエラ       スペシャルウィーク×ルカダンス
レーヴドリアン     スペシャルウィーク×レーヴドスカー
グリーンウィズダム  フジキセキ×シーキングマイラブ
マルティニーク     アグネスタキオン×カリブレディ
サトノサウザー     ネオユニヴァース×マリスターⅡ


ここでリストアップされるだけあって、どの馬も最後の最後まで
本ドラフトで指名するか検討を重ねられた馬ばかり。
特にエクセルサスは去年ラターシュを取っていただけに触手が動きましたが、
何となく晩成のような気がして…。マベサン→スペを考えたら行っても良かったかな?
その他ではレーヴドリアンは一時は1位の所に置かれていたこともあった馬。
が、馬体を見て繋ぎが立ち気味なのと、遅くなりそうということで回避しました。

ちなみに最終的にダノパを1位指名しましたが、それまで以下のような道を辿りました。
アーデルハイト→ジャポニズム→スクーデリアピサ→レーヴドリアン→
ヴェラブランカ→ダノンパッション 人気馬ばかりですが…1位指名くらいは…ね?
デルハイは怪我などにより調整が遅れているということで早々に回避を決定。
表向きは指名する気があるかのように装ってましたが(笑)
ジャポはネットで一時期出回った妙な写真を見て危険な香りがしたので回避。
それでも2位以降で指名しようかとも思いましたが、他との兼ね合いもあり指名せず。
スクピサは…何でしたっけ?クロフネが嫌だったのかなあ…。
ダメ元で下位指名しましたが当然のことながら上位で指名され獲得ならず。
ドリアンは前述の通りで、ヴェラはにんじん屋さんとの衝突回避で。

グレナディーンを選んだのは、まずスペシャル産駒だということ、
そして上が万遍なく、早期に活躍しているということ、そしてPOG的には
最も信頼度の高い橋口厩舎であることが決め手になりました。

指名しなかった中で気になるのはやっぱりリルダヴァルですが、
ダノパを1位で取った手前、似たような血統馬を2頭取るのはどうかと思いまして(笑)


以下その他のリストアップ馬
 
ミッキーバラード  フサイチペガサス×セイントリースカウト
メテオロロジスト  ゴールデンミシル×バイユーストーム

サルヴェレジーナ    アグネスタキオン×アドマイヤハッピー
クリスマスキャロル   アグネスタキオン×クリスマスツリー
マシュケナーダ     アグネスタキオン×ケイウーマン
シアトルムーン      アグネスタキオン×シアトルサンセット
カドデュソレイユ     アグネスタキオン×スーヴェニアギフト
ナショナルフラワー    アグネスタキオン×ナショナルフラッグ
ニシノオフェンス     アグネスタキオン×ニシノフラワー
ディープデザイア     アグネスタキオン×ダンジグウィズウルブズ
ザタイキ          アグネスタキオン×フローラルレディ
アドマイヤプリンス    アグネスタキオン×プロモーション
ラプリマステラ      アグネスタキオン×ラプーマ
レッドステラーノ     アグネスタキオン×ロンドンブリッジ

ほとんど人気所ですが、ラプリマやドステやサルヴェあたりは一次選考落ち。
理由はベタすぎるから(爆)あとはアドマイヤプリンスも…理由は言わずもがなですね。
タキオンで最後まで迷ったのがディープデザイア、シアトルムーン、クリスマスキャロル。
特にデザイアはここんとこの調教の凄まじさからめっちゃ後悔しているんですが…。
最終選考までは残してたんですが、最後母父ダンジグが気になって切っちゃいました。

アドマイヤテンクウ    キングカメハメハ×エルダンジュ
アパパネ           キングカメハメハ×ソルディビッド
ルアーズストリート    キングカメハメハ×フィラストリート

テンクウはアドマイヤだし、アパパネは関東だし、ルアーズストリートは情報ないし。
それ以前にキンカメは今年の惨状から様子見と決めてましたので。チェックだけ。

テイラーバートン      ジャングルポケット×ブリリアントカット
フィールドペガサス     シンボリクリスエス×シンコウエンジェル

テイラーバートンは角居厩舎が気になったんですよね~。馬房のやりくりが…。
フィールドペガサスは昨年度ダノンカモンをすんでのところで逃した苦い思い出が…。
が!そこはそれ。ボリクリは基本的に信用してないんで結局回避。

イザベルドスメーン    スペシャルウィーク×エリザベスローズ
スペースアーク      スペシャルウィーク×サミットヴィル
グリューネワルト      スペシャルウィーク×シェーンクライト
ライツェント         スペシャルウィーク×ソニンク
ティルス           スペシャルウィーク×タイキダイヤ
リュウシンクイーン    スペシャルウィーク×ファイナルキス
モズ             スペシャルウィーク×ベストブート
ナリタディライト      スペシャルウィーク×ロングディライト

改めて見ても、さすがに今年のスペ産は充実していますね~。
上の方でほとんど名前を挙げたと思っていましたが、まだこんなにいました。
この中で結果を残しているのはモズですが…これは珍名好きの方が
指名すると思ったので(実際指名獲得されました)ぶつかるのを避けました。

ダノンシュナップス    デュランダル×ミスベルベール

昨年の反省もあって新種牡馬は取らないつもりでしたが、この馬は結構悩みました。
関西の厩舎だったら指名したかもしれませんが、関東ということで結局指名せず。

ルナーコロナ       ネオユニヴァース×オリーブクラウン
インペリアルマーチ   ネオユニヴァース×キョウエイマーチ
トーセンファントム    ネオユニヴァース×バースデイローズ
マカリオス        ネオユニヴァース×ハッピーリクエスト
スーブルソー       ネオユニヴァース×フレンチバレリーナ
ヴィクトワールピサ    ネオユニヴァース×ホワイトウォーターアフェア

ネオは昨年度の活躍もあって人気になりそうだったので、逆に軽視してました。
それでも結局2頭取っちゃってるんですけどね。昨年プルシアンオリーブを持ってたので、
ルナーコロナは結構悩みました。後はトーセンファントムですかねえ。
血統馬体その他問題なしでしたが、トーセンというのが引っかかって結局見送り。
ダノン1位だけどそっちはいいのかよという突っ込みは受け付けません(笑)

イオス             バゴ×チューニー

バゴが気になった。それだけ。

グロッタアズーラ      フジキセキ×サダムブルーアイズ
ベストブルーム       フジキセキ×タヤスブルーム
スカイフォレスト       フジキセキ×テイクミーハイヤー
ムーンライトソード      フジキセキ×ムーンライトダンサー

アマファソン         フレンチデピュティ×アドマイヤセラヴィ
フレイムヴェイン       フレンチデピュティ×スカイクレイバー

スマートジェネシス     マンハッタンカフェ×フロムファースト

アグネスティンクル    Giant's Causeway×Morning Devotion
ビジュアルショック     Kingmambo×Reach for the Moon


他にも何頭かリストに挙げましたが、ひとまずこれだけ。
最終的な結果が出ないと何とも言えませんが、ピックアップした中からは
まずまずの確率で活躍馬を抜き出すことができたと言えるのではないでしょうか。
ただ、リルダヴァルやトーセンファントムを指名しなかった理由を見ても、
余計な先入観に囚われているところがあるので、その辺柔軟に対応したいですね。
でもただでさえドラフトでのぶつかり合いが凄かったのに、この2頭まで指名してたら
どんなことになっちゃってたのか…。見たいような、見たくないような…(笑)
今年は早め意識ということで、秋デビュー予想の馬も中距離ヒッターを揃えた
つもりですが、来年度はもうちょっと博打に出てもいいかもしれませんね。
大鑑巨砲主義を唱えるつもりは毛頭ありませんが、ベタ血統2頭くらいなら…。



時間がないので書いてなかった先々週のも併せて簡単にPO馬回顧。


10/24 未勝利戦 ゴーンハリウッド 3着
前2頭には離されましたが、2戦目で馬券圏内は予想以上。
初戦不利があったので結果以上にやれるとは思っていましたが、
今回の結果でひとまず完全にメドが立ったと見て良いのではないかと。
あとは相手に恵まれれば期間内に勝ち上がることができるのでは。

10/24 いちょうS ツルマルジュピター 12着
北村なぜ逃げたし…。それなりに期待していたので残念でしたが、
体重も増えてましたし久々で息がもたなかったのでは(と思い込みます)。
折り合いさえつけばもうちょっとやれると思うので、次走の巻き返しに期待。


10/25 未勝利戦 ポケットキャンディ 4着
ずいぶんと久しぶりのレースでしたが、掲示板を確保してくれました。
パワーアップした感はありませんが、ローカルでなら安定して
上位に来れるくらいの力は元々あったということでしょうか。
今週中1週で出走、今度は牝馬限定戦ですし、前進を期待。

10/25 かえで賞 アーリーデイズ 9着
うーん、何とも言えない結果ですねえ。新馬戦の分だけ走れば
もうちょっと何とかなったと思いますが…まあ、力不足ということでしょうか。
放牧に出たので次は年明けかな?リフレッシュ効果に期待ですね。


10/31 未勝利戦 サダムシンプウ 5着
こちらも久しぶりの出走、前走は不可解な負け方だったのでどうかと思いましたが、
かなり立派になった…というか明らかに太い体で掲示板を確保。
結局あのシンガリ負けは何だったのかと…。ひと叩きされた次が楽しみ。

10/31 新馬戦 グランクロワ 6着
心配してたことが現実に…。秘技!5本足発動!(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`) ジェットストリームアチャー
まあ、それ抜きにしても上位には完敗でした。専門誌では距離が長いと見る向きが
多かったですが、実際どうなんでしょ?それでも6着なら悲観することはないですかね。
次も同距離を予定しているということで、とりあえず4本足での走りを見たいです(笑)



この2週間はちょーっと勢いがないチョルモン厩舎ですが、
それでも地味にポイントは獲得しています。これで6週連続出走&ポイント獲得。
今週も3頭出走しますし、その次はゴンハリやグラクロ、ツルピタ、アザレア、
ダノパあたりがスタンバってますので、この記録がどこまで伸びるか注目してます。
連続出走はともかく、連続週ポイント獲得はわくドキ記録も狙えるんジャマイカ?


ここ2日ほど、結構冷え込んだようですねえ。まさか自分が
11月中に長袖を着ようと一瞬でも思う日が来ようとは…(着なかったけど)
寝る時も窓閉めようか迷っちゃいました(閉めなかったけど)
あと寝る時いつものタオルケットじゃなく毛布かけようか迷いました(かけなかったけど)
ええ、結局いつも通り半そでで、一日中窓開けっ放しで、
風呂上りにアイスを食べて、タオルケット一枚で寝ましたが。何か?

でもねえ、やっぱり寄る年波には勝てんとですよ。
少なくとも昔なら年が明ける前に長袖着る気になるなんてことなかったのにねえ。
何年か前、年間通して一度だけ長袖を来た、なんて年がありましたが、
現状を踏まえるとさすがにそこまでの無茶はもうできそうにないです(T_T)


さてさて、ここ数日は親父に運転の練習という名目でいいようにこき使われ、
天皇賞はじめなかなか競馬をじっくり見る時間がありません(涙)
ただ、今日はちょっとだけ時間があったのでJBCクラシックをネット中継で見られました。
ヴァーミリアンがGⅠ8勝目、ついにシンボリルドルフの呪い(笑)を破ったということで、
この馬を応援してきたいちファンとしてはやはり感慨深いものがあります。
で、出てくるのが初のGⅠ8勝馬にヴァーミリアンが相応しいのかどうかという、ね。
いや、別に相応しいも何もなくね?現実にこの馬はGⅠ8勝したんですから。
これからヴァーミリアンが歴代最強馬の座につくというのは何だか違和感が…って、
GⅠ8つ勝ったからってヴァーミリアンが最強馬だと思う人はほとんどいないのでは?
そりゃあ歴代GⅠ最多勝馬なんですから最強馬論争に参加する資格はあると思います。
あくまでダート馬としてですが、GⅠ7勝目を挙げた時点で、もっと言えば
秋のダートGⅠを3連覇した時点で語られる資格を得たと個人的には思います。
けど、やっぱりどうしてもネックになるのがカネヒキリの存在なんですよね~。
ダート最強馬論争でメイセイオペラやアドマイヤドンよりホクトベガやアブクマポーロの
名が多く出るのは、やっぱり好敵手に負けてない、或いは勝ち越してるのが大きいかと。
ライブリマウントなんて連勝してた当事の勢いを考えればもっと知られていても
いいはずなのに、ちょうどホクトベガと入れ替わりになったせいで…ねえ?
とまあ、長々とうだうだ書いてますが、とにかくGⅠの勝ち数というのは
最強馬論争においては〝基準〟にはなっても〝条件〟にはならないということ。
GⅠを何個勝っているからこの馬は強い、という論理は成り立っても、
GⅠを何個以上勝ってないからこの馬は強くないというわけではないということですね。
その辺は、古今東西の最強馬候補にテイエムオペラオーよりマルゼンスキーや
サイレンススズカの名前が多く挙がるという現実が物語っているのではないかと。
そもそもこういうのって現役を通じた通算成績よりもどちらかと言うと瞬間風速的な
インパクトの方が重要ですからねえ(期間が長い方が良いのは言うまでもないですが)
そう考えると、GⅠ8勝目挙げたからと言ってヴァーミリアン最強説に
異を唱えるのは議論以前の問題なんじゃないかと、そう思った次第です。
異を唱える以前にそもそも最強ではないというのが世間一般の認識なのですから。

あ、思うまま書きなぐって推敲してませんので、突っ込みはご容赦願います(汗)



ところで話は変わりますけど、今マイル路線で強い馬って何かいましたっけ?
来週のエリ女は3歳3強再激突+αということで楽しみな組み合わせですが、
ふとその次のマイルCSの出走メンバーを考えてみたら…あれ?てな感じで。
とりあえずカンパニーは出てくるのかな?それはいいとしてもスパホはお休みですし、
ここんとこウオッカが安田勝ったりブルメンが引退したりで、最激戦区のはずの
マイル路線の空洞化って実はスプリント路線よりひどいんじゃないかなーと。
まともなマイラーってダメジャー(も完全なマイラーじゃないですが)以降いないんじゃ…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。