ここでは、人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり)での 2010年 02月 に掲載した記事を表示しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでに週刊ですらない更新頻度になってますorzこんにちは。
ここ最近はパソコンがぶっこしたり角田さんが引退しちゃったり
朝青龍が引退しちゃったり仕事が忙しかったりでロクなことがありません(涙)


パソコンはなあ…。元々おかしな兆候はあったんですが、
ある日突然OS起動の5分後に必ずフリーズするという謎のエラー(涙)
いや兆候あったんだから突然ってほどでもないんですが(笑)
再インスコするのも面倒なのでバックアップシステムコピーや
OS修復をやってみたんですが、全く効果なし…Windows脆弱すぐる…(T_T)
仕方がないので最終的には再インスコしましたが…とりあえず
ダブルブートにしとくととても便利だということが分かった(笑)
今までダブルにして片方使わないままだったんですが、初めて役に立ちました。


角田騎手の引退はなあ…。騎手の引退年齢の平均なんて知りませんし、
これでも結構遅いほうなんでしょうけど、やっぱり残念ですねえ。
数字以上の存在感があった数少ないジョッキーでしたし、
もう少し営業力があったら余裕で1000勝ジョッキーになってたんでしょうね。
今後は調教師になるということで…つーか、調教師の試験に
コミュニケーション能力を見る項目もありましたよね?(笑)
何はともあれお疲れさまでした。調教師としても成功しますように。


朝青龍の引退は覚悟はしてましたけど、やっぱり残念ですねえ。
個人的には土俵上で面白い相撲を見せてくれれば横審の老害連中が拘る
品格(笑)とかどうでもいいと思っているので、辞めないでほしかったです。
ホント、相撲自体が面白いと思える数少ない力士だっただけに残念至極。
青が引退したら後は白の時代なんでしょうけど、ぶっちゃけ見る気しないし。
これで魁皇が引退したらホントに相撲に対する興味がなくなっちゃうなあ。
あ、魁皇の相撲が面白いとはこれっぽっちも思ってないですよ(笑)
こっちは土俵の内容云々じゃなく、初めて相撲を見た時から
20年近く応援しているので…今さらどうしようもないです(爆)

ところで、これに対して母国のモンゴルの世論は当然のことながら
日本とか相撲協会に対して反発するものになっているようで。それに対する
日本人の一般的な反応って、一言で言うと「うるせーよ、おい!」なんですよね(爆)
とにかく「辞めて当たり前」という意見の人が多いこと多いこと。
んでもって、内館の言ってたことはやっぱり正しかった。って、そうなんですかね?
そりゃまあ、今回問題起こしたのは事実だけど、今回問題になったのは
横綱としての品格(笑)とやらではなく、それ以前に人間として問題起こしたからでしょ。
それも結局刑事事件にもならないような(今後なるかもしれませんけど)もので。
ぶっちゃけてしまえば、ただ人一人殴っただけでクビってどうよ?と思うわけですよ。
もっとも、私自身の考えで言えば、引退するに至ったことに対して強硬に反対しているわけ
ではなく、朝青龍が引退することになったのは残念だし、引退まではしなくても良かったとは
思いつつ、日本の文化や考え方を考慮すれば仕方ないのかなとも思っているんですけどね。
ただ、事件の概要とか詳しいことを伝えられてるわけではないであろうモンゴルで
反発の声が上がるのは当然であり、それに対する反応がちょっと違うんじゃないかなあ、と。
仮にイチローがアメリカで人を殴ってそれで大リーグを追放されたらどう思うか。
そりゃしゃーないと素直に納得する日本人がどれだけの数いるんでしょうね?
私もそうですけど、ほとんどの人が「それくらいのことで…」って思うんじゃないですか?
相撲は神儀(笑)で野球とは違うとか、朝青龍は前科が云々とか、力士のパンチが
どれほどの威力を…とか反論されそうですけど、そんなことはどうでも良くて、
モンゴル国民から見たこの問題って結局そういうことになるんじゃないでしょうか。
そう考えると、やっぱ引退まではしなくても良かったのでは?と思ってしまいます。
つーか、そんなに品格(笑)だの神儀(笑)だ言うんだったら外国人出入り禁止にすれば?
んでもって、スポーツ枠での報道や新聞でスポーツ欄での掲載をやめさせろっつーの。
郷に入っては何とやらと言ったって、異なる文化圏の人間を受け入れるならある程度
妥協することも必要だと思いますけどね。まあどっちにしろ人を殴るのはダメですけど。




で、ようやっとPOGの話。
先週はPO馬が3頭出走、それぞれ結果を残してくれました。

ロードオブザリングは京都2400の500万下条件戦に出走。
未勝利戦の内容が評価され、条件戦で結果を残しているブラックゼットや
レッドバリオスを抑え、エクセルサスに次ぐ2番人気に支持されました。
この時期の長距離戦らしくスローのレースになりましたが、出遅れや
直線で追い出しを待たされる不利がありながら最後ひと伸びして1着同着。
昇級戦でいきなり結果を出したように、未勝利戦での走りは本物でしたね。
今後は一旦放牧に出され、青葉賞を目標に調整されるとのこと。
1着を分け合ったエクセルサスも同じ路線ということで、再戦が楽しみです。

ヴィクトリーマーチはエルフィンSに出走。
調教タイムが評価されたか1番人気に支持されましたが半馬身差の2着まで。
うーん、直線向いた時は絶好位で手ごたえもよく、勝ったと思いましたが。。。
追われてからの伸びが案外で、前を捕まえるどころか後ろに差されるかと思いました。
それでも最後は半馬身差の2着、最後にようやくエンジンがかかったように
見えましたが、あれは勝ち馬が止まったから伸びたように見えたんでしょうね(笑)
ただ、結局後ろの馬も押さえ込みましたし、長い脚を使えるのは確かなようです。
次はチューリップ賞で一発狙う予定だそうですが…ちとキツいんじゃないですかねえ。
抽選外れて自己条件からフローラSとか行ってくれないかな(爆)

アドマイヤジャガーは中京の芝2000未勝利戦に出走。
復帰戦惨敗でしたが、メンツが軽くなったことで穴人気に。
詳しくは省きますが、3コーナーから早め捲くりから差しきり勝ち。
メンバーのレベルが低かったこともありますが、この一変ぶりを考えると
やはり長めの芝が合いそうですね。とは言え、まだまだ緩そうですが。
ネオユニ最高傑作をあどまい屋さんから強奪しといてポイント未獲得というのも
ちとアレなのでとりあえず1勝することができてホッとしてます(笑)
一旦放牧に出るということで次走は未定。上のレベル云々と言えるような
内容ではありませんでしたが、目指すとすればダービーでしょうね。




今週のPO馬は2頭。
ポケットキャンディの復帰戦はまさかの芝1800戦。
セイクリッドセブンとかいるし、まるで勝てる気がしませんが、
とりあえずまさかの中距離覚醒に期待しておきますかね(笑)
現実的にはここを叩いての次に期待といったところでしょうか。

ダイワファルコンは昇級戦、東京芝マイル平場戦です。
中間感冒にかかったりして復帰が遅れましたが、調整は問題なさそう。
初戦は1番人気に支持されるも直線ジリ脚で3着に終わりましたが、
大型馬らしく2戦目でしっかり変わり身を見せて勝ち上がり。
中山でラスト33.9はなかなか出せるものではなく、レースの上がりが34.7、
ラスト1ハロンが11.6と前が止まっていない(2~5着は4コーナー4番手以内)
のを後ろから差したということで、レース内容もなかなか評価できるのでは。
ここも力を出せれば勝ち負けになるんじゃないかなー、と。
POG的にもダノンパッションの戦線離脱から牡馬戦線はこれといった馬が
出てきていないので、ここらでひとつ楽しめる馬が出てきてくれたらなと思います。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。