FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり):POG馬出走結果~ツルマルジャパン マリーゴールド賞

競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。

どんだけ今さらなんだとか言われそうですが、
先々週のマリーゴールド賞の回顧。


1着:ツルマルジャパン
2着:バンガロール

勝ちタイム:1分20秒9(稍重)
ラップタイム:11.8-11.1-11.4-11.5-11.6-11.2-12.3


レース後のコメント

武豊騎手
「自信をもっての騎乗でしたが、その走りは想像以上で、
改めて素質の高さを感じました。 レコード勝ちもさることながら、
テン良し、中良し、終い良しと見事な競馬。
馬体も前走からさらに立派になった印象です。
距離も折り合いひとつでこなせそうで、今後がますます楽しみです。」



というわけで、ツルマルジャパンのレコード勝ち。
前走に続いて絶好のスタートで、ポンとハナを切るとそのまま逃げ切り。
道中飛ばし気味でしたしちょっと暴走気味かなと思ったのですが
最後はバンガロールに並ばれることなく押し切りました。
正直直線半ばを通過した時は捕まるかな~と思ったんですけどね。
新馬戦といい、追い出してからの勝負根性はなかなかだと思います。
今年の新潟はかなりの高速馬場でタイムを額面通りに受け取るわけには
いきませんが、ハナから6ハロン連続で11秒台の時計を刻んで、
時計を自分で作っての勝ちだけにレースの内容的にもなかなかだったかと。

それにしてもこの馬はスタートが抜群に上手いですねえ。
このスタートを毎回決められるとしたら今後も大きな武器になりそうですね。
末の切れなどと違ってあまり目立たないものですが、
きちんとゲートを決められるかも馬の“能力”のうちですからね。

しかしユタカの感触はコメントからも上々のようですが、
調教師の方がどうも弱気になっているようなんですね。
レースぶりからも早熟の短距離馬なのではないか、と。
結果、次走を新潟2歳Sから小倉2歳Sに方向転換することに。
まあ個人的にはより確実にポイントを稼げそうな小倉への出走は
願ったりなのですが、もうちょっと強気でもいいのではないかなーと。
まあ馬主が“ツルマル”ですし、ジョッキーの主戦場とかその辺りを考慮して
小倉に向かうことにしたのかもしれませんが。と言うかしたのでしょう。

せっかく1600から使って距離短縮するのは…とか色々な声がありますが、
そんな声を吹き飛ばす走りを今後とも期待したいものです。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/1070-0a2dc041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック