FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり):先週の競馬その2 南部杯その他回顧

競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。

続けてダート競争を2つほど。


マイルCS南部杯

1着 ブルーコンコルド
2着 メイショウバトラー
3着 ワイルドワンダー

バトラー、頑張ったんですけどねえ。
流石にこの距離ではブルコンは強いですね。
でも直線では夢を見させてくれましたし、
次に大きな希望が持てる素晴らしい走りでした。
按上もノっているだけあって完璧な騎乗でしたね。
来週からのGⅠシリーズもこの調子でお願いします。
ブルーコンコルドはここを勝ったことによって
南部杯3連覇&GⅠ7勝目を達成したわけですが…。
どうにもこれまでGⅠ7勝を達成した馬と比べて
格が落ちる感は否めませんねえ。
ルドルフやディープは言わずもがな、オペラオーや
ドンと比べても影、薄いですよね(苦笑)
あ、オペラオーとドンを同格扱いしているのは仕様です(爆)
同じく地方交流GⅠが中心だったドンですが、
JBC3連覇など、あちらは完全に時代の中心にいた感じがしますし。
曲がりなりにも芝のGⅠも勝っていますしねえ。
ブルコンにとっての不幸は、これだけGⅠを勝ちながらも
いつも自分より強い(と思われる)馬がダート戦線にいたということでしょうね。
カネヒキリしかり。ヴァーミリアンしかり。カジノやブロッケンしかり。
まあドンにも晩年はタイムパラドックスという存在が立ちはだかったわけですが、
やっぱりブルコンのとは意味がちょっと違いますからね。



ペルセウスステークス

1着 バンブーエール
2着 ユビキタス

圧倒的人気を背負ったユビキタスですが完敗でしたねえ。
距離とか休み明けとか馬体重とか色々言い訳はあるでしょうが、
トップハンデ馬に捻じ伏せられる形でのこの着差では…。
強いと言われる3歳ダート世代ですが、芝で苦戦が続いているように
上の世代と走ってみると意外とそこまででもなかった…なんてことに
なる可能性もなきにしもあらずですね。
まあカジノドライヴとサクセスブロッケンは文句なしに強いと思いますが…。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/1129-5c8ad298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック