FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり):POG馬出走結果~シェーンヴァルト デイリー杯2歳S

競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。

ここまで重賞に2回出走して3着と4着だったチョルモン厩舎。
連続して微妙に惜しいような惜しくないような
-レース内容的に惜しくないだろ!ということは置いておいて-
結果でしたが、3度目の出走となったデイリー杯2歳S、
シェ-ンヴァルトが3度目の正直とばかりに見事勝利!


結果

1着:シェーンヴァルト
2着:ホッコータキオン
3着:キングスレガリア

勝ちタイム:1分33秒3 R
ラップタイム:12.2-10.8-11.5-11.7-11.7-11.2-12.2-12


レース後のコメント

北村騎手
「走る馬とわかっていたので、勝ててホッとしています。
とにかく柔らかく、騎乗していて気持ちのいい馬です。
今日は折り合い面だけに注意して、直線に向いてから追い出して、
いい反応を見せてくれました。直線に向いた瞬間、
勝てるのではという手応えを感じていました。
これからの馬ですし、次につながるレースができました」


レースはホッコータキオンが前走で見せた走りそのままに
軽快な逃げを打ち、800m通過が46.2と馬場の助けがあるとは言え
この時期の2歳戦としてはかなりのハイペース。
前に行った馬にとっては非常に厳しいレースになりました。
そんな展開にも関わらず、レースを引っ張って1番タフな
競馬を強いられたホッコータキオンが粘り直線半ばを過ぎても先頭。
このまま逃げ切りかと思われたところで中団を追走していた
シェーンヴァルトが鋭い脚を繰り出し、ゴール前徐々に
追い詰めてクビ差交わしたところがゴールでした。
勝ちタイムはビックリのコースレコード。


いやあ、それにしても強い競馬でしたねえ。
世間的には1番強い競馬をしたのはホッコータキオン
ということに落ち着いているみたいですが、
身びいきもあって思わず反論したくなってしまいますよ(笑)
もちろん、ホッコータキオンも強かったと思いますけどね。
あのペースで逃げて最後の上がりをこのタイムで
まとめられては後ろの馬はたまったものではありませんよ。
今回は京都の外回りということで届きましたが、
中山でやっていたら悠々と逃げ切っていたでしょうねえ。
逆に東京だったらもうちょっと楽に捕まえられたかもしれませんし、
結局のところ条件次第で変わるという意味では互角だったのでしょう。

心配された気性難も陣営の工夫もあって鳴りを潜め、
レースでも引っかかることなく楽に追走していましたし、
体重が+10kgがどうかとも思いましたがあっさりクリア。
まだまだ成長しているようで頼もしい限りですね。
スローでもハイペースでも展開に関係なく
溜めれば溜めただけ確実に伸びる末脚を持ってますし、
これはもしかしたら結構大物かもしれませんよ(笑)

北村騎手、岡田調教師ともにこれが重賞初制覇だそうで。
ヤネについては結構不安だとか何だとか言われていたので
北村騎手も結果を出せてホッとしているのではないでしょうか。
若手騎手や実績のない騎手の場合ミスがなくても
負けるとすぐ降ろされてしまいますからねえ。
昔の話ですが、柴田政@アローエクスプレスとか、
岸@ビワハヤヒデとか、南田@ホクトヘリオスとか。
そんなプレッシャーのかかる中での騎乗でしたが、
インで我慢して最短距離を走り、直線向いても
ジタバタせずに最内を突いて最後は逃げた馬の外に
持ち出して捻じ伏せるという文句のつけようのない騎乗でした。
ここまで3戦全て北村騎手が手綱を取っていますし
今後もこのコンビを継続してもらいたいものですね。
ユタカ@スーパークリークの例を出すまでもなく
名馬との出会いは騎手を成長させるもの。
シェーンヴァルトがそれほどの器かはまだ分かりませんが、
セキテイリュウオー@カツハルのように、例えGⅠを
勝てなかったとしてもファンの記憶に残るような、
或いは北村騎手自身が何十年後かに想い出の馬として
名を挙げるような名コンビになってもらいたいですね。

次は馬の様子を見てオーナーと相談して決めるとのことで、
候補としては朝日杯とラジオNIKKEI杯が挙げられているようですね。
個人的にはまたマイルの厳しい流れを走らせるより
出世レースであるNIKKEI杯のほうに出てもらいたいですが…。
この勝利で、怪我でもしない限り来年のダービーまで
出たいレースには確実に出られるようになりましたし、
自由にレース選択ができるのは大きいですね。
先々まで楽しめそうな馬ですし大きく育ててもらいたいものです。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/1153-547be047
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック