FC2ブログ
 
競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
一次リーグで敗退しました、日本代表。
すでに巷で言われているようなことしか書くことがありませんが、適当に書いてみようと思います。

まずは、叩かれまくっているジーコ監督の功罪。
正直私も、現時点での、ジーコの監督能力については、それほど高くないと思います。
が、マスコミから個人サイトまで、あらゆるレベルでケチョンケチョンに貶されていますが、そこまで言われるほどに、指揮官としての能力が欠如していたとは思いません。
そもそも、協会がジーコに白羽の矢を立てたのは、指揮官としての能力を買ったからではなく、サッカー界における、世界的な知名度とカリスマ性を重視したためでした。
そして、その目論見は、以前では相手にされなかった超一流国と親善試合が行えたなど、ある程度当たったと言えると思います。
テレビでもどこでも、オーストラリアのヒディンク監督と比べられて論じられることが多いですが、それはあまりにも酷と言えます。
アジアの弱国をベスト4に導くなど、名将として確固たる実績を持つヒディンクと、選手としては神とまで呼ばれたものの監督経験のないジーコを比べるのは、V9巨人の監督川上哲治と、現役を引退してすぐ監督になった時の長嶋を比べるようなもの。
もちろん、プロとして結果を出せなかったのですから、ジーコが批判されるのは仕方ないことですが。
それに、結果は前回大会よりも落ちましたが、サッカーそのもののレベルは、上がったと思います。
ただ、前回はやはり、ホームで大会が行われるということが日本にアドバンテージを与えてくれました。
反対に、今回は欧州で行われたということもあり、逆にサッカー強豪国と言われる国のほとんどに、アドバンテージを与える結果となったわけです。
いくらレベルが上がったといっても、まだまだサッカー後進国の日本にとって、この差はあまりにも大きかったと思います。
前回の大会と常に比較されることとなったことは、ジーコにとっては不運だったと言わざるを得ないでしょう。
そしてもう一点、ジーコをここまで悪し様に言えるというのは、それこそ、日本がまだ後進国の域を出ていないことの証拠のように思えます。
実際、ジーコの監督しての評価は、欧州のマスコミレベルでは決して低くありません。
むしろ賞賛されることの方が多いようです。
ファンレベルでどのような評価をされているかは知りませんが、概ね「あの弱いジャパンをW杯に連れてくるとは流石ジーコだ」といったような感じのようです。
もちろん、これを額面通りに受け取るわけではありませんが、スーパースターを批判することはタブーであるということは、日本もアメリカも同じのようです。
日本で言えば、野球のONのように。
つまり、世界のサッカー界においては、ジーコは日本にとってのONのようなものだという事です。
ただ残念ながら、サッカー後進国の日本には、ONの偉大さは分かっても、ジーコの偉大さに関しては、認識できなかったようです。
とは言え、ジーコに批判されるべき点が多々あるのも事実。
次の監督はオシム氏になりそうですが、監督してのキャリアは申し分ないですし、ジーコよりは期待できるでしょう。
ただ、本人も言っているように、安易に過大な期待をかけるのは控えるべきです。
監督を変えただけで、すぐにチームが強くなるとは思えませんから。

続いてフィジカル面。
これはもう仕方ないでしょう。
長年の課題といえばそうですが、たった4年やそこらで日本人の体型が変わるわけではありませんし。
小さな身体でも当たり負けしない頑強さを作る、というのは理解はできますが、実行するのはそう容易いことではありません。
しかし、今回ベストイレブンに選ばれた、ブラジルのゼ・ロベルト選手の身長は、たったの172cmです。
この身長は、日本の選手の中に入っても、小さいほうと言えるでしょう。
それでいて、屈強な世界の選手たちと対等以上に渡り合っているのですから、これは見事と言う他ありません。
ただ、単純に身長が低いとは言っても、「ボールと一緒に生まれてくる」とまで言われているブラジルの選手ですし、黒人の筋肉の質は日本人のそれとは全く異なります。
そう考えれば、だから日本も頑張れ、という話にはなりません。
が、長いスパンで見なければなりませんが、努力すれば、日本の選手たちもこういったプレーができるようになるのは間違いないと思います。

続いて決定力不足。
これも長年言われている課題ですが、一向に解消される気配はありません。
日本の今回の大会での主力は、高原と柳沢でした。
ヨーロッパに出掛けて行ったものの、活躍どころか、試合に出ることもできないような両選手を使わざるを得ないというところに、日本の現実が表れていた気がします。
クロアチア戦でのシュートで、世界に一躍名を売ってしまった柳沢。
絶妙のクロスをアウトステップでゴールの外に蹴り出したシーンは、世界中に衝撃を与えた。
以下は外国の反応。

<イタリア ガゼッタ紙>
「本当にセリエAにいたのか?同姓同名の別人では?」

<朝鮮日報>
「韓国のFWならあの場面、誰もがゴールできた」

<ドイツ ビルト紙>
「柳沢のシュートは芸術品

<クロアチア デーリー紙>
「日本の13番は有能なFWで助かる

<フランス レキップ紙>  
「カシマというクラブに同情する」

<新華社通信>
「日本の勝利はキーパーの股を抜けていってしまった」

<元西ドイツ代表リトバルスキー>
「ルディー・フェラーならギブスをつけていても入るボール」

<元オランダ代表ヨハンクライフ>
「ジーコの顔に泥を塗った」

<元オランダ代表フリット>
理解不可能

<元イタリア代表パオロロッシ>
「あの位置からあのボールが枠にいかないシュートは、今後お目にかかることはないだろう」

<元イングランド代表リネカー>
「柳沢は12人目のクロアチアの選手だった」

とまあ、各方面からたくさんのコメントを頂きました。
あそこにポジショニングしていたところまでは良かったのですが、だからこそ、凡プレーが世界中の注目を浴びることとなってしまいました。
そしてもう一人、「ミスター100%」こと高原。
ミスター100%とは、ドイツ紙に付けられた屈辱的なあだ名。
100%ゴールを決めるではなく、100%シュートを外すという意味。
その高原がドイツ戦で2点も決めてしまったから、ドイツは驚いたわけです。
しかし、本番ではその実力を如何なく発揮。
柳沢は上記のように、ある意味では存在感を発揮したが、高原はピッチ上に存在するのか疑われるほど、何もできず。
ようやく存在感を見せたのがブラジル戦。
スタメンを外され、後半に途中交代で入ったのも束の間、プレー時間たったの3分で怪我をして、あえなく退場となってしまう。
その髪型とあわせて、3分しか活動できない、お前はウルトラマンか!
ということで、日本中の失笑を買う結果になってしまいました。
高原選手のHPが、批判のコメントが山ほど投稿されて困っているようですが、あのパフォーマンスでは仕方がないかもしれません。
W杯ワーストイレブンというものがあったら、間違いなく二人ともエントリーできると思います。
ただ、玉田選手のゴールは、久々にまともな日本の選手のゴールを見た気がしました。
日本のゴールって、しょぼいのが多いので。
それに、日本中に、たった10分間でも夢を見させてくれましたし。
FWに関しては、松井と平山は選ぶべきだったと思います。
少なくとも松井だけでも。
平山だって、FIFAの公式ページで、期待の若手の一人として紹介されたくらいですし。
実績重視を否定するつもりはありませんが、この点はジーコの失策だったと思います。


とまあ、ぐだぐだ書いてきましたが、一番の差は当然のことながら、実力です。
パス回しのスピード、クロスの正確さ、身体に吸い付くようなトラップ、浮き球を交えた創造性。その他諸々。
監督がどうだとか、フィジカルがどうだとか、そんな次元を超える実力差がありました。
オシム氏が言った
「日本はマスコミサポータを含めて楽観しすぎだ。日本はサッカー後進国であることを認識すべきだ。そして、W杯に行けただけでも満足すべきだ」
というのは、まさしく今の現状を的確に把握してると思います。
まあ、選手たちには、行けただけで満足されては困るのですが。

次回南アフリカ大会、オーストラリアもアジア連盟に転籍し、より熾烈な争いになると思います。
W杯に出れるかは分かりませんが、4年後に、今より成長した姿を見せてくれることを期待したいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/125-a6c1b322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック