FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり):モンゴルで邦人女性殺害

競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。

モンゴルで日本語教師の女性遺体、強盗殺人か…北海道出身


※ここから先にニュースの感想を書いていますが、
被害者の方に否定的な内容が含まれています。
被害者に酷く感情移入してしまう方などは回れ右をオススメします。
不快に思われたり、読んだ後に「お前は血も涙もない鬼畜か!」とか
言われても困りますので、その点ご承知置きください。



というわけで、私に馴染みの深いモンゴルでの
惨劇ということで、ちょっと目を引いたこのニュース。
被害者の方は15年ほど前からモンゴルに関わりがあり、
北方領土などでも日本語を教えていた日本語教師の女性だそうです。
十数年一貫して日本語教師をしていた、とても優秀な方だったようで。
こういう言い方をするのはアレですが、社会に有益な人材が
こういった形で失われるのはとても残念なことだと思います。


…が。

この方は何を思ってこんな危険な街で深夜に1人で帰宅なんてしたのかと。
いや、1番悪いのは犯人であり、殺された方の責を問うのはナンセンスだと
いうことは理解しています。ただ、ここ数年貧富の差が拡大する一方の
モンゴルでは、特に都市部の深夜は無法地帯の一歩手前だということは
ちょっと現地に詳しい人なら誰でも知っていることだと思います。
現に私も1年前、オランバートルで白昼堂々街中で襲撃に遭いましたから。

昼間であっても1人での出歩きはなるべくしない方が良い、
5時を過ぎたら男でもなるべく複数人で動くことを心がけろ、
日が落ちたら絶対外を出歩くな、ましてや女性1人で深夜に出歩くなど
相手からすればカモがネギ背負って来るようなもんだと、
向こうに行く前に現地を良く知る様々な方からアドバイスを受けました。
街中でこうなんですから、郊外にあるスラム街は推して知るべし。
のこのこ出かけて行ってカメラを構えて写真でも撮ろうとしようものなら
たちまち囲まれて身ぐるみはがれてほっぽり出されること請け合いです。

そんな危ない場所で、しかも現地を良く知るはずの被害者の方が
何ゆえそんな危険を冒したのか、正直理解に苦しみます。
友人宅で食事をしたというのなら無理を言ってでも泊めてもらうべき
だったと思いますし、それが翌日の講義に差し支えるのなら
そんな夜まで他人の家にいるべきではなかったのではないかと。
ましてや今は厳寒の2月、マイナス30度を下回るような寒さの中
好き好んで外を出回る人なんていないでしょうし、犯人側からすれば
閑散としたこの時期はまさに狙い時だったのではないでしょうか。
結果論だということは分かっていますが、本来現地の治安情勢に
最も明るいハズの方が被害に遭われたということで、慣れというか
油断なんかもあったのではないかと、そう思います。
かくいう私も初め中国に行った時は泥棒スリに遭わないよう
最新の注意を払っていましたが、第2の故郷だと公言できるまで
慣れ親しんでしまった今では警戒心のカケラもありません(爆)
次行った時は初心を思い出し、最低限注意を払おうと、日常生活でも
もう少し注意せにゃいかんなと、色々考えさせられた事件でした。



コメント
この記事へのコメント
ぷっ(≧3≦)ノシ
2009/02/14(土) 23:34 | URL | soyolgrl #-[ 編集]
soyolgrlさん
(゚Д゚)ハァ?

ところで下宿はめっかったんかいな。。。
2009/02/16(月) 20:44 | URL | チョルモン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/1298-8c12abe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック