FC2ブログ
 
競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
春競馬を締めくくる、グランプリ宝塚記念。
有馬記念や天皇賞などに比べ、存在自体が地味なレースですが、今年は各路線のトップホースが集まり、近年屈指の豪華メンバーとなりました。
去年なんてねえ…。ディープ以外はどうでもいいような面子だったのに。


◎メイショウサムソン
○ポップロック
▲シャドウゲイト
△ウオッカ


収まるところに収まったって感じ。

メイショウサムソンはねえ…。
いまだに全然強いと思っていないんですが、ことここに至っては実力を認めざるを得なくなってしまったという感じです(笑)
まあ、何だかんだ言ってもGⅠ3勝馬、今回も主役なのは間違いないでしょう。

対抗は、昨秋のメルボルンカップ以来充実著しいポップロック。
京都記念ではムーンとクビ差、目黒記念ではトップハンデをものともせず、見事に勝利を飾っている。
相手は一気に揃いましたが、本格化した今なら十分勝ち負けでしょう。

で、今回の宝塚最大の目玉であるウオッカ。
抑えにしていますが、一番勝つ可能性が高いのはこの馬だと思います。
この馬の実力を考えたら51kgは軽すぎでしょう。四位騎手も減量ご苦労様です(笑)
まあ、規定ですので言っても仕方がないことではありますが。
場合によっては、有力古馬をまとめてぶっちぎるなんてことも考えられると思います。
それなのに何故△止まりなのかと言いますと、まあ早い話が勝ってほしくないからです。
勝てば快挙、秋には凱旋門賞に挑戦ということで盛り上がるんでしょうが、他の馬のことも考えると、必ずしもそれが日本の競馬全体にとってプラスになるとは思えないのです。
ていうかぶっちゃけ、国際GⅠ馬やGⅠ4勝馬が、ケツの青い3歳牝馬に負ける姿は見たくない。
そりゃあ負けても、斤量差とか色々言い訳は出来るでしょうが、負けたという事実は消えませんからね。
自分的には2着というのがあらゆる面で最高の結果だと思うんですが、さてどうなることやら。


カワカミはファインモーションの影がちらつきます。
ここで惨敗するようだと今後について考え直したほうが良いかと。

ムーンは岩田騎手なので却下。
ていうか、やっぱりユタカは乗らないんですね…。
やっぱりオーナーと何かあったんでしょうか。

メジャーも捨てがたい、ていうか主役の一頭だとは思うのですが、距離の問題で切り。
メンバーが手薄ならば十分勝ち負けできる距離だとは思いますが、このメンバーではちょっときついかと。
ベストの距離でも確勝とは言えないくらいの面子が集まりましたからね。
守備範囲、っていうくらいではちょっときついのではないかと。


スイープの回避は残念ですが、それでも歴代宝塚屈指の豪華メンバー。
このメンバーに相応しいレースを期待しています。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/542-0c061b8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック