FC2ブログ
 
競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
部屋を徘徊するゴッキーを、バシバシ叩く姉。
その手には、丸められた紙が…って、それ夜行バスのチケットじゃん!(爆

というわけで、しわくちゃにならないようにと、わざわざ紙に挟んでおいたバスの切符は、皮肉にも、そうして挟んでおいたことによって、私の前にしわくちゃになった姿を晒すことになったのでした…。orz

それにしても、侘びの一つもあってもいいはずなのに、悪びれない姉の態度。
私そっくりですね(爆



それはそうと、モンゴル遠征について。
とりあえず、フフホトにいる友達に連絡が取れたので一安心。
北京の大学に通っているんですが、夏休みでフフホトに帰っていて、連絡が取れなくなっていたんですな。
こちらの中国到着の日程を伝え、天津まで迎えに来てもらうことにしました。
ていうか、こっちからお願いする前に、迎えに行こうか?って言ってくるんですからね。
ありがたいことです。
日本で言えば、東京に住んでいる人間に、広島まで迎えに来てくれと頼むようなものですからね。

北京の大使館でモンゴル行きのビザを取らなければならないので、場合によっては、北京に数日滞在しなければならないのですが、宿の問題も一気に解決しました。
最初の2泊は予約した宿に泊まり、滞在期間が延びた時は、その友人の大学の寮に泊まらせてもらうことにしました。
金の問題から、最初から寮に来いと誘われたんですが、予約をキャンセルするのも面倒ですし、フフホト行きの汽車の切符はホテルに頼む予定だったので。
切符も友人の人脈を使えば取れないこともないんですが、ここは確実性を重視することにしました。


というわけで、とりあえず見通しは立ったんですが、問題は外モンゴルのほう。
元々腰が悪いので、湿布類とかを大量に持っていかなければならないので、荷物も多くなりがちなんですよね。
それに、昨日のバイトで体力の低下をしっかり認識した次第でありまして…。


どなたか私と一緒にモンゴル国内を回りませんかー?

いやもう、結構マジで。
特に目的があって行くわけではないので、帰る日にちゃんとウランバートルにいられれば、どこに行って何をしてもOKですので。
ぜひぜひ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/585-6c53a266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック