FC2ブログ
 

人生万事塞翁が馬 (楽あれば苦あり):第500回「腹筋は何回ぐらい出来ますか?」

競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。

何だかやけにピンポイントなテーマですね…。
いつもならスルーするテーマですが、先日トレーニングを再開
したということで話題に乗らないわけにはいかなくなってしまいました(笑)


まあひとくちに腹筋と言ってもいろんなやり方がありますよね。
学校での体力測定では他の人に足を押さえてもらって
手は体の横に置いておくというやり方でした。
あのやり方だとホイホイできるんですよねー。
2年前にダイエットと平行して毎日トレしていた時、
最高516回(たしか)までやったことがありました。
お腹の疲労具合的にはもうちょっといけたかなと思うのですが、
お腹よりも首のほうが痛くなってしまって(笑)
そりゃそうですよねえ。
体を起こしたり倒したりするたびに、ガックンガックンなるんですから。
筋肉のなかでも最も鍛えにくい部分ですし、
こればっかりはどうしようもありませんね。

手を頭の後ろに回してやるやり方だと、とたんに難易度が上がりますね。
1週間前にトレーニングを再開した時は20回でギブアップしました。
それでもまあ頑張ったほうかなと思いますね。
翌日は一日中腹痛に悩まされましたが(笑)
今やってみたら何とか35回…。
…人間日々成長するということですね(笑)
でも本当に鍛えるつもりならこっちのやり方で
やらなければならないんでしょうねえ。
上のやり方だと惰性で結構出来てしまいますしね。
実際500回出来た時もそれほど筋力がついたようには思えませんでした。
こっちのやり方だと本当に筋肉を使わないと持ち上がりませんし、
疲れているときとかやろうとしてもなかなか上がりませんからねえ。
目的によりますが、基本的にはこちらのやり方でやるほうがいいでしょうね。

これらのことから分かること。
上のやり方のほうが記録が伸びやすいですし、
やっている時の気分がいいのでついついそちらに逃げてしまい勝ちですが、
気分が良くなるだけで、実際的には効果はさほど望めないんですよね。
やはり何をやるにしても、数字など目に見えるものに惑わされずに
物事の本質を見極めることが大切なのだということが分かります。
これは腹筋に限らず、あらゆるものに通ずるひとつの真理だと思います。


ってなに腹筋ごときでそんな語っちゃってんだよ…と思った方。
奇遇ですねえ。私もそう思いますよ(爆)

コメント
この記事へのコメント
おはようございます♪ よしお です。
腹筋は、手を頭の後ろに回す方法でですが、
300回くらいできま・・・・・・・・・した。
中学生の時の話ですけどね。(^_^;)
部活で毎日やらさせられていたら、もう何回でも出来るようになり、
お腹はカメの甲羅のようになってました。

しかし、月日が流れ25年後・・・。
分厚い脂肪でロールされた腹筋では、20回が限度ですね。(;^_^A
2008/05/28(水) 08:58 | URL | よしお #BXLmtraE[ 編集]
どうぞ遠慮なく
語って下さい、こだわりのある人が大好きです。

ちなみにロミも腹筋少しわれてます。
エアロビサークルの筋トレ大好きなので(笑)

でも、腹筋よりも腕立てのほうが好きです。
2008/05/28(水) 10:07 | URL | romiromi999 #-[ 編集]
よしおさん
よしおさん こんにちは♪
300回ですか!すごいですねえ。
私は小学校高学年から太り出したので、
お腹が亀の甲羅みたいになったことはないですね。
中学高校で部活をやっていた時も、なぜか先輩がいない
部活だったので基礎鍛錬をおろそかにしていました。おかげずーっとたるんだままです(笑)

分厚い脂肪…。
何とか薄くしようと頑張っているんですが…。
じっくり時間をかけて減らしていくしかないんでしょうねえ…。
2008/05/28(水) 14:55 | URL | チョルモン #-[ 編集]
romiromi999さん
それでは遠慮なく語らせて頂きます(笑)

割れているんですか!羨ましいですねえ。
適度に割れた腹筋ってかっこいいですよね。
そうなりたいとは思うのですが、これがなかなか…(汗)

腕立て!
私も好きですが、体が重いときついですねえ。
30回でギブアップです。
あと10kg絞れれば随分違ってくるんでしょうけど 。
2008/05/28(水) 15:06 | URL | チョルモン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cholmon.blog50.fc2.com/tb.php/932-dc3005ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック