FC2ブログ
 
競馬に野球に曲レビュー。その他思いついたことをつらつらと。
だー!忙しい!忙しすぐる!
なんだってこう、ウチの親父はこっちの予定とか
考えずに好き勝手に呼び出すんだー!
予定があると言えば理由を問い詰められるし、
イヤとかムリとか言ったら逆ギレされるし…。
つーか、やかんに水を入れてる間に電話がかかってきて
それで台所が大洪水になるとか、どんだけ?


てなわけで、いつまでも鬱な記事をトップに
置いておくわけにはいかないと思いつつも寝る暇もない
忙しさでついついサボリがちに…てかサボってばっか。
それでも、週末の競馬記事だけは外せないのでした(笑)


で。
今週のPO馬の出走は1頭。
プルシアンオリーブばゆきやなぎ賞に出走します。
当初の予定では若葉Sか毎日杯を目指すつもりだった
ようですが、予定を早めて自己条件の二四戦に出走。
これは皐月は諦めてダビ狙い一本に絞るということなのか、
それとも厩舎内での他の馬との兼ね合いなのか…。
いずれにしろ、毎日杯や若葉Sなら結果を残せれば
皐月という選択も残ったわけですが、500万下条件戦では
例え勝ったとしても皐月は賞金が足りませんからね。
青葉賞か京都新聞杯、あるいはプリンシバルSからの
ダビ狙いに切り替えたと見てまず間違いないでしょうね。
馬の状態がいいとはいえ、中1週、中1週とレース間隔が
せまいですし、良馬場を希望するもまた叶わず…。
どうにも嫌な予感しかしないのですが、メンバー的に圧倒的な
能力馬はいませんので、ここはすんなり突破してもらいたいですね。

11頭と少頭数ながら、内5頭がわくわくドキドキPOG指名馬と、
かなーりアツい戦いになりそうな予感がヒシヒシと(笑)
中でも某BM号のFさんがここは勝てるだろ的なことを仰ってましたが、
はっきり言っちゃいますよ~。多分勝つのはウチの馬です、と。
多分かよ!!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

まあ、勝つ勝たないはともかく、5頭の中で最先着してくれれば万々歳です。

年明けの新馬戦ではトップクラスの評判馬、
良血馬揃いとなった日曜の阪神新馬戦。
出走したジュウクタイザンの結果は。


結果

1着:ニシノホウギョク
2着:ジュウクタイザン
3着:ロードイノセント

勝ちタイム:2:07.6
ラップタイム:12.7-12.2-13.7-14-13.6-13.3-12.8-12.2-11.3-11.8


2000の新馬戦らしく、道中緩みまくりの超ウルトラどスロー。
開幕週の馬場でこれではさすがにレースレベル云々は言えませんね。

ジュウクタイザンは内枠を生かして好スタートから先頭へ。
見ての通りのマイペースのラップを刻み、後続を突き放し
逃げ切り態勢に入ったところへただ1頭、1番人気ニシノホウギョクが
襲い掛かり、最後は完全に両馬の一騎打ちの態勢に。
懸命に逃げるも残り100辺りで余裕を持って競りかけられ、
最後はクビ差をつけられ、着差的には惜しい2着という結果でした。
このペースで逃げて捕まったのと、割と相手に余裕があったように、
勝ち馬とは着差以上に差があったように思います。
ただ、上がりは3番目でしたし、後続を3馬身以上突き放しているように、
この馬もそれなりの実力があるところは示せたと思いますね。
次は勝ち上がりも期待できるのではないでしょうか。

それにしても、この馬が4番人気とは、やっぱり血統人気ってスゴいですね。
仮にテンペスタローザやトパンガがこの馬の
調教内容だったら余裕で1番人気だったと思います。
自分で指名しておいてなんですが、今回のメンバーの中では
この馬の血統はあまりいい方とは言えませんでしたからね。

先週のPO馬は出走した馬3頭が3頭とも
それぞれ次に繋がる走りを見せてくれました(喜)

まずは1頭目、土曜小倉3R芝2000未勝利戦。
色々な意味で(てか、私個人的に:笑)負けられない
戦いだったプルシアンオリーブですが、見事勝利!


結果

1着:プルシアンオリーブ
2着:テンシノマズル
3着:ホワイトライクミー

勝ちタイム:2:02.7
ラップタイム:12.3-11.8-12.6-13.2-12.7-11.7-11.9-12.2-12.2-12.1


スタートを決めるとじわじわと先頭へ。
騎手はガッチリ手綱を押さえていましたが、
スピードの違いでハナに立ったという感じですね。
前半の1000mは62秒台半ばというスローペースの逃げ。
後半に入って2ハロン続けて11秒台とペースアップ、
そのまま最後までバテることなく余裕を持って逃げ切りました。
前半スローながら後半は60秒1と、残り5ハロンからペースを
上げたこと、渋った馬場でこの時計、そして人気を背負って
目標にされていたことを考えたら決して楽な競馬ではなかったハズ。
にも関わらず、直線入っても脚色は衰えず、なおかつ
最後は12.2-12.2から12.1とペースを上げてフィニッシュですから、
着差は2馬身弱程度でしたが、全く後ろに交わされる気がしませんでしたし、
圧勝と言っても差し支えない勝ちっぷりだったと思います。
まあ、空き巣のローカルということでメンバーもそれほど強くは
ありませんでしたが、この競馬ぶりなら上でも充分通用するのでは?

ジョッキーのコメントを見ると、まだフワフワ走っていて心もとない、
みたいなことを語っていますが、それでこの走りなら楽しみが増すというもの。
大トビで良馬場でこそと思っていましたし、能力全開の走りを早く見たいですね。
次はどうするんでしょうねえ。地道に自己条件か、強気に毎日杯とか?
ダイワスカーレット引退で手駒が手薄なマツクニ厩舎、独特のローテに
こだわりがある師ですし、NHKマイルCを目指すウルトラCがあるかも?(笑)


そうそう、この馬の勝利のおかげでチョルモン厩舎、PO馬の
毎月勝利の記録を去年の6月~2月まで、9ヶ月連続まで伸ばしました。
元々出走予定がなく、諦めていたところへの急遽参戦での勝利、
薄皮一枚繋がったと言いますか、まさに薄氷の勝利でした。
翌日にトライアンフマーチが勝ったので3月はあっけなく勝利を記録。
まあ、上手く行くときはこんなものなのかもしれませんね(笑)
残るは4月と5月、今までより難易度は高いと思いますが、
マイネルクロッシュやプラチナチャリスの未勝利戦で何とか。


今週出走の3頭目は阪神5R、
芝2000の新馬戦にジュウクタイザンが登場。
チョルモン厩舎13頭目のデビューということで、
これが正真正銘最後の戦力となる模様。
残り2頭のうち1頭は既に登録を抹消されていますし、
もう1頭は結局今日までただの一つも情報が入らず(涙)
もしかしたらダービー週にひょっこり未勝利戦に出てきたり
するかもしれませんが(笑)、POG的にはひとまず終了ですね。

ところで、戦力にならなかった2頭と、デビューまでこぎつけた
馬の中では最後のデビューとなったジュウクタイザン、この3頭が
新種牡馬ということは偶然の一言では片付けられないですね。
ネオユニ産でデビュー間際にケガをしたスマートウェーブはともかく、
後の桜大統領産の2頭は明らかに私の読み違いでした。
特に情報もないのに指名を強行したキャンドル産駒は…(涙)
おとなしくキンカメ産指名しとけって話ですかね(笑)
今年も何頭か新種牡馬がいますし、この辺はしっかり反省しないといけませんね。


で、ジュウクタイザン。母父アフリートからダートデビューかとも
思ったのですが、師が思いのほか強気のようで、年明けの新馬戦で
最高のメンバーが集まったと言われる芝2000でのデビューとなりました。
ここ3週の追いきりはCWでいずれも併走馬に先着。
先々週は馬なりでなかなかの好時計、先週は終い重点で上がり11秒7、
今週は不良馬場で時計はあまり参考になりませんが、ドロドロの馬場で
最後追ってから12秒台を出すなどなかなか期待を抱かせる調教内容。
とにかく追って味があるということで、実戦に行けばさらに良くなりそうな予感。
入厩当初530kgあったという馬体もしっかり絞れ、どうやら500kg前後での
出走となりそうで、態勢はしっかり整ったと見て良さそうですね。

相手はバラ一族今年のエースと目されるテンペスタローザ、
調教内容が抜群のニシノホウギョクにバアゼルリバー、
レインボースター、ロードイノセント、さらに良血トパンガと、
まさに揃いも揃ったりという豪華な顔ぶれ。
さすがに初戦勝ちを望むのは酷かなとも思いますが、
調教の走りっぷりを考えれば勝負になっても…と考えてしまいますね。
ここで好走できれば未来が大きく拓けますので、頑張ってほしいです。

日曜日のPO馬の出走は2頭。

まずは1頭目。
トライアンフマーチが阪神3R芝マイル未勝利戦に登場。
新馬戦から2戦を2着→4着と好走。
前走も着順は落としたものの持ちタイムを大幅に更新し、
高いレベルのレースへの対応力を見せてくれました。
手ごたえの割りには追ってからあまり伸びないのが難点ですが、
開幕週の馬場ということで前残りを期待したいところ。
新馬戦で当たったスイリンカが500万下のレースを
楽勝したあたり、この馬も相応の素質はあるはずですので、
今回は内容より結果を重視したいところですね。

ただ、今回は芝マイルという絶好の舞台設定もあって、
現級上位馬がわんさかつめかけ、この戦績のマーチでさえ
伏兵扱いになるほど、メンバー的にはかなり揃った感があります。
前走掲示板に載った馬が16頭中9頭、そのうち馬券に絡んだ馬は
6頭と、出るところを間違えなければ確勝級の馬ばかり…(爆)
人気はトランセンドやナリタクリスタルあたりでしょうか?
素質では負けていないと思いますので、何とか勝利を。

先月まで毎月勝利を続けていたチョルモン厩舎ですが、
今月は先週終了時まで1勝も挙げられず、未勝利。
先週の時点で今週出走すると分かっていたのが
日曜日のトライアンフマーチとジュウクタイザンだけだったので、
ラターシュが負けた時点でオワタ…〇| ̄|_と思っていたのですが、
プルシアンオリーブが予定を前倒して土曜の小倉に出走する
というサプライズがあったので何とか首の皮一枚繋がりました(笑)
これがマイネルクロッシュとかだったりしたらまたアレなんですが、
プルシアンオリーブだったら充分希望が持てますので…。
ここで途切れるのは勿体ない記録ですので、何とか。

で、プルシアンオリーブ。
新馬戦では重馬場を追い込んで3着を確保。
前が強かったので届きませんでしたが、ロスがあっての
この内容なら次は確勝と思わせるなかなかの走りでした。
まあ、結果的に勝てなかったのであまり大きなことは言えませんが、
もしかしたらダービーになら間に合うかもと密かに
期待している馬だけにここは通過点にしてもらいたいところ。
空き巣の小倉遠征だけにメンバーも前回より確実に弱いですし…。
前走2着のツルマルノホシと一騎打ちでしょうか?
記録云々抜きにして、ここは圧勝まで期待したいですね。


ぎゃーっ!4日間放置していたらスパムなコメントが大量にー!(爆)


というわけで、最近アホみたいに忙しくてなかなか更新できません(泣)
皆様のブログにお邪魔してもなかなかコメを残せませんで…。
あと半月くらいはこんな状態が続くかも?何卒ご容赦の程を…m(_ _)m


で、先週のPO馬の結果。


6着  ラターシュ


スタートで後手を踏んで後ろから。
せっかくゲトォした好枠が全くのムダに…(涙)
直線それなりに伸びてはいましたが、キレのある
馬ではないので中位まで押し上げるのが精一杯…。

んー、良馬場で好枠でスムーズに競馬できれば…って、
そんな好条件が揃うことの方が珍しいのかもしれませんが、
とにかく能力以前に勝負運がない馬だという印象が…(笑)
ロスなく乗れればこのクラスくらいアッサリだと思うんですけどねえ。
勝ち上がるにはもうしばらくかかりそうですね。


さてさて、本格的なトライアル戦線開幕を前にして
すっかりトーンダウンしてしまったチョルモン厩舎。
まあ、シェーンヴァルトがケガさえしなければとりあえず
皐月とダビ、もしかしたらNHKマイルCにも1頭送り込めることは
確定しているのですが、その後が続いてこないのが辛いところ。


そんな落ち目のチョルモン厩舎、今週の出走馬は1頭のみ。
ラターシュが土曜京都ダート1800の500万下平場戦に登場。

昇級戦で2着になった時はすぐにでも勝ち上がれるかと思いましたが、
その後2戦するも不利な外枠と苦手な時計の出る馬場で敗戦。
この馬なりに頑張っていると思いますが、どうにも勝負運に欠ける感じです。
今回は願いが通じたのか待望の内枠を引き当てたわけですが、
昨日からの雨で京都のダートはまたも足抜きのいい馬場に…。
これで4戦連続湿った馬場ということで、これは相当な雨男なのでは?(爆)

ともあれ、今回は内枠で今までと比べれば楽に先行できると思いますし、
内側をロスなく走れれば後は豊富なスタミナで押し切ってくれるのではないかと。
メンバー的にもここ2戦よりは恵まれた感じですし、
勝てないまでもある程度の前進を期待したいものです。


さて、先週のPO馬の回顧をば。
新馬勝ちを期待したプルシアンオリーブでしたが、結果は。


3着  プルシアンオリーブ

んー、レースっぷりは良かったんですけどね~。
折り合いは問題なく、初戦から差す競馬ができましたし、
勝負所で上がっていって最後までしっかり伸びてましたしね。
4コーナーで外に膨らんでしまったロスがあったのと、前2頭が
止まらなかったので届きませんでしたが、内容としては上々、
贔屓目もありますが、先着した2頭より将来性では上だと思いました。

あとは騎手のコメントや戦評にもありましたが、
トビの大きな馬なので重馬場で終始ノメっていたとのこと。
それであの走りですから、良馬場なら?と思ってしまいます。
4着以下は大きく離していますし、今回のレースを見る限り
これでピリッとしてくれば次はほぼ確勝級なのではないかな~と。
皐月はともかくダービーでは…と思わせる走りでしたね。

次は3月8日の芝2000の未勝利戦?
時期的にもあまりのんびりしていられませんので、
ここはキッチリ勝ち上がってもらいたいですね。



それにしてもウチの指名馬、新馬戦の惜敗多すぎ…。
新馬戦15頭で6勝ってどんなマジックなんだか…(笑)



今週のPO馬の出走は1頭のみ。
土曜京都5R芝1800新馬戦にプルシアンオリーブがデビュー。

いやー、待ちました。
10月に入厩した時にはまさかデビューが
2月の半ばになるとは夢にも思いませんでしたから。

やっぱり指名馬にもそれぞれ指名した意図というものがあって、
私が本気でクラシック制覇を期待して指名した馬って
トゥリオンとパンチョス、それにチャリスとテーオーストーム、
そして最後にもう1頭、この馬を合わせて5頭だけなんですよね。
さんざん言っている通りタクティクスは取れると思っていなかったですし、
他も速攻要員やらマイル要員やらで、上の中でもチャリスや
パンチョスはダビや樫に駒を進めるとは思っていませんから、
明確に春のクラシック全体を意識して指名したのは残りの3頭だけということに。
残念ながらテーオーストームは骨折、いい雰囲気だったトゥリオンも
賞金を加算できないまま放牧と、ダビはともかく皐月は厳しくなった模様。
強力馬を抱える厩舎に挟まれた中でお先真っ暗なチョルモン厩舎を
救える可能性があるのはもはやこの馬だけしかいないのです。

順調さを欠いてここまでデビューが遅れたのは誤算でしたが、
昨年無理して使わず放牧で良化を促したのは確実に良い方向に出たようで、
放牧前最高で56秒台しか出なかった栗東坂路で最終追い切りでは
53.1 38.8 25.8 13.3 となかなかの時計で3歳OP馬に先着。
帰厩してから3週間での出走ということで、まだ追い足りないところは
あると思いますが、ようやく素質に仕上がりが追いついて来た模様。
ここから本気でクラシックを狙うなら仕上がりがどうとか言ってられないのです。
相手はトランセンド、トップオブパンチ、ゴッドフェニックス、さらには
アドマイヤアゲインに今日という日にダイレクトな名前のハマノバレンタインと、
良くもまあこれだけ集まったもんだと思う豪な華面子ですが、そんな中で
堂々の一番人気。素質ではこの仔も決して見劣ることはないはず。
ここらで一発、遅れてきた大物登場!となってほしいものです。